モバレコ編集部「今月のイチオシスマホ」ZenFone 3 を1ヶ月使ってみた!買う理由がそこにはある

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: レポート

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
モバレコ編集部「今月のイチオシスマホ」ZenFone 3 を1ヶ月使ってみた!買う理由がそこにはある
ZenFone 3
ZenFone 3ZenFone 3ZenFone 3

ZenFone 3

ASUS ZenFone 3
エイスース/ゼンフォン・スリー
販売価格(税抜):36,291円(一括)1,512円(分割)
(モバレコバリューストア特別価格)

日本のSIMフリースマートフォンの中でも急激にシェアを伸ばし、SIMフリースマホの定番ともいえる「ASUS」(エイスース)。昨年度の後半から「ZenFone 3 シリーズ」として、ZenFone 3、ZenFone 3 Laser、ZenFone 3 max、ZenFone 3 Deluxe、ZenFone 3 Ultraなどのラインナップを次々と発売しました。
そのZenFone 3 シリーズの中のメインといえる端末「ZenFone 3」を1ヶ月間、実際に使ってみて、感想・評価をまとめました。

結論から言います!

下の6項目のうち3個以上当てはまったら、「ZenFone 3」は買いです!

SIMフリースマホが欲しい
スペックには妥協したくないけど安い方がいい
可愛いより格好イイ端末が好きだ
DSDSを使ってみたい
au系SIMとdocomo系SIMのどちらを使うか迷っている
完全に迷っているので無難な1台が欲しい

ASUS ZenFone 3 を購入する理由①「SIMフリースマホが欲しい」

ZenFone 3(ゼンフォン・スリー)を購入する上の大前提として「SIMフリースマホ」であることが上げられます。

今、docomo、au、SoftBankなどの「キャリア」と呼ばれる大手携帯会社のスマートフォンを使っていて、格安SIMへ端末ごと買い替えることを検討している人。iPhoneを使っているけどAndroidも使ってみたい、2台持ち用のスマホを探している人。SIMを先に購入したけど、何の端末を買おうか迷っている人。SIMフリースマホを購入しようという動機は色々あります。


近年、世間での「SIMフリースマホ」の需要は高まっています。それに合わせて日本でも「ASUS」「Huawei」を始めとして様々なSIMフリースマホが登場ています。

今、使っているキャリアのスマホをSIMロック解除して使うのもいいですが、新しい端末の購入を検討しているなら、先のことを見越して「SIMフリースマホ」の購入をおススメします。
新しい端末を購入する際の2択、

docomo、au、SoftBankなどのキャリアで購入したい
SIMフリースマホを購入して、格安SIMを使いたい

の中で「SIMフリースマホを購入したい」と思った人に、是非ともおすすめしたいのがこの「ZenFone 3」なんです。

何と言っても特徴は、高スペックでありながら4万円を切る価格設定。分割にすると2,000円を切る低価格で購入できます。

ASUSのZenFoneはスペックの割に価格が安く、コストパフォーマンスが高いことでも有名です。「初めてのSIMフリースマホ」「2台めのSIMフリースマホ」におススメなスマートフォンです。

ZenFone 3

ASUS ZenFone 3
エイスース/ゼンフォン・スリー
販売価格(税抜):36,291円(一括)1,512円(分割)
(モバレコバリューストア特別価格)

ASUS ZenFone 3 を購入する理由②「スペックには妥協したくないけど安い方がいい」

SIMフリースマホというと格安スマホの印象が強く「安いけど性能は劣る」というイメージが付きがちです。
もちろん、「1万円程度で購入できるように」と性能を削ってとにかく安くしたスマートフォンもありますが、「ZenFone 3」はミドルスペックの中でも高い性能を誇り、その上で価格4万円以下に抑えたコスパの高いスマートフォンなんです。
まずは、スペックを見てみましょう。

サイズ 約 146.8mm × 73.9mm × 7.69mm
重さ 約 144g
OS Android 6.0
CPU Snapdragon 625
オクタコア 2.0GHz Adreno 506
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 5.2inch / 1920×1080 (フルHD)
IPS液晶 / ゴリラガラス3
メインカメラ 1,600万画素 / F値2.0
サブカメラ 800万画素 / F値2.0
SIM スロット数:2
デュアルSIM/デュアルスタンバイ対応

スロット:micro / nano
※nanoSIMを利用する場合はmicroSD利用不可
指紋認証
ハイレゾ

さらに詳しくはコチラ
ASUS「ZenFone 3」レビュー!高級感あふれるガラスボディが魅力の格安スマホ

スペックの中の、CPUは【オクタコア 2.0GHz】、メモリ【3GB】、ストレージ【32GB】、ディスプレイ【フルHD】と基本的な部分は間違いの無いミドルスペック。ハイスペックと呼ばれるスマホよりは劣る部分はありますが、実際に普段使っている中で不便を感じることは無いスペックです。

何よりもZenFone 3がすごいのは、これだけの高いスペックでありながら

36,291円!(税抜:モバレコ バリューストア価格)

キャリアのスマホであれば、様々な割引を適用して分割をすることが多いのであまり払っている感覚がなくなる場合がありますが、「iPhone」や「Xperia」「Galaxy」などのメジャーな端末は8~10万円くらいの端末金額です。
その半額以下で買えるZenFone 3」。お得感はハンパないです。


実際に使ってみて通常使いには問題なし!
オクタコアCPUに3GB RAM、普通に使う分にはまず問題ない。キャリアのハイスペック端末と比べても、動きが悪くなることはなかった
低価格の「格安スマホ」と比べると明らかに動きは良く、3万円台で買えるスマホとは思えない安心感を発揮する。

ZenFone 3

ASUS ZenFone 3
エイスース/ゼンフォン・スリー
販売価格(税抜):36,291円(一括)1,512円(分割)
(モバレコバリューストア特別価格)

ASUS ZenFone 3 を購入する理由③「可愛いより格好イイ端末が好きだ」

ASUS ZenFone 3の特徴の一つは、洗練されたデザイン。
今までのZenFoneシリーズはプラスチックのボディを採用しており、人気のあったZenFone 2 Laserなどは「格安スマホ」のイメージが強いものでした。今回 ZenFone 3 に採用されたのは2.5Dの強化ガラスを使った「ガラスボディ」。


今、各種メーカーが採用しているトレンドは金属の質感を打ち出したアルミ系のボディが多い中、ZenFone 3の「ガラスボディ」はより高級感のある光沢と質感を醸し出しています。
光の加減で風合いが変わる輝くボディと縁取られるシルバー、間に挟まれたサイドのデザインのマット仕上げと素材感の使い方がうまい。洗練された格好イイ系スマホです。


もちろんデザインは好き嫌いがありますが、多くの人に「格好イイ」と支持されるスマホではないでしょうか?

デザイン部分の気になるところとしてはカラー展開が少ない、無難な色しか無く可愛さに欠けるところ。女子がケースを着けずに持つにはちょっと物足りないかも。
両面ガラスボディはキレイな部分もありますが、どうしても落としてしまった時のことを考えると怖いですね。

実際に使ってみて綺麗だけど気になる点も
ガラスボディの光沢感、触った時のしっとり感、シルバーのアクセントなど見た目には申し分無い。実際に手に持った時に触れるサイド部分のマット加工のフィット感が心地良い
ただし、サファイアブラックの背面のガラスボディは「指紋」が目立つので、気になる人には注意。

ZenFone 3

ASUS ZenFone 3
エイスース/ゼンフォン・スリー
販売価格(税抜):36,291円(一括)1,512円(分割)
(モバレコバリューストア特別価格)

ASUS ZenFone 3 を購入する理由④「DSDSを使ってみたい」

ASUS ZenFone 3 が欲しくなる点のひとつに最近話題の「DSDS対応」という点があります。DSDSとは、「dual sim dual standby」の略で、簡単に言うと2枚のSIMを同時に使うことが出来る機能です。「キャリアのSIM」と「格安SIM」、「通話し放題」と「データ無制限」、「仕事用」と「プライベート」など様々な組み合わせで使うことができるのが特徴です。


2枚のSIMを同時に使えるDSDS。話題にはなっていますが、まだまだ対応スマホは多くありません。しかし、これからのSIMフリースマホは間違いなくDSDS対応機種が増え、格安SIMもそれに応じた販売をしていく可能性が高いです。
もし「DSDSに興味がるなら、ZenFone 3 オススメです

実際に使ってみてデータ無制限とのセットが使える!
ひとつは「通話付きの高速プラン」、もうひとつは「データ専用無制限SIM」を挿れて使ってみた。普段は通話付きの高速プランを使っているけど、動画や音楽など「データ容量」が気になる時には無制限SIMを使用。
1ヶ月ではまだまだわからないけど、長期的に見るとかなりお得になるのでは?

ZenFone 3

ASUS ZenFone 3
エイスース/ゼンフォン・スリー
販売価格(税抜):36,291円(一括)1,512円(分割)
(モバレコバリューストア特別価格)

ASUS ZenFone 3 を購入する理由⑤「au系SIMとdocomo系SIMのどちらを使うか迷っている」

SIMフリースマホを選ぶ際に「au系のSIMを使うのか、docomo系のSIMを使うのか」、これは最初に決めておかなくてはいけません。というのも端末によっては使えない場合があるからです。
とは言っても、ずっと同じSIMを使うとも限らないし……

そんな風に迷っている人におすすめできるのが「ZenFone 3」。というのもZenFone 3は、docomo系だけでなく、auのVoLTEにも対応したスマホなんです。
au系にも対応したDSDS対応スマホなので、au系とdocomo系の2つのSIMを挿すなんてことも可能です。今後はどちらの系統の電波も対応できるSIMフリースマホが増えてくると思われます。そういう意味では、ZenFone 3は一歩先を見た最新型スマホとも言えるでしょう。


実際に使ってみて将来のことに迷わない!

新しいスマートフォンを買うのに契約するSIMを迷ってしまう。または、今持っているdocomo系のSIMに合わせてSIMフリースマホを買おうと思っているけど、いつまでもずっと同じSIMを契約しているとは限らないし……
そうやって将来のことを考えると、なかなかどのSIMフリースマホを買って良いのかわからなくない。

そういう悩みが一気に解消する「ZenFone 3」。これを購入しておけば、今後au系でもdocomo系でもどちらでもいけます!

ZenFone 3

ASUS ZenFone 3
エイスース/ゼンフォン・スリー
販売価格(税抜):36,291円(一括)1,512円(分割)
(モバレコバリューストア特別価格)

ASUS ZenFone 3 を購入する理由⑥「完全に迷っているので無難な1台が欲しい」

様々な特徴のあるスマートフォンの中で完全に迷ってしまった場合、どのような基準でスマホを選ぶのがよいのでしょうか?
ZenFone 3 は「ある程度の高スペックなミドルスマホが4万円以下で買える」というのが大きな特徴ではありますが、何か一つの機能に特化したスマホではありません。


ただし、逆を言うとこれと言った欠点もあまりないのです。最近のSIMフリースマホでも当たり前となってきた【指紋認証】に対応、これは一度慣れてしまうと戻れない便利さです。またミドルスペックながら【ハイレゾ】にも対応、音にこだわりのある人にもオススメです。

現代のスマホ事情で重要視される【カメラ機能】も超高速オートフォーカス、F値2.0の1,600万画素カメラ。使い勝手の良いカメラです。
※写真はオートでリサイズのみ行っています

ボケ味のある立体感のある写真が撮れる

ボケ味のある立体感のある写真が撮れる
料理写真もダイナミックに

料理写真もダイナミックに
陰影のある構図でも奥までくっきりと

陰影のある構図でも奥までくっきりと

実際に使ってみて細かい便利機能をしっかりと押さえた1台
「指紋認証」「ハイレゾ」は、絶対的に必要ではないけど、あると便利で一度体験するとやめられなくなる。カメラも問題なく使い易い1,600万画素。決め所が無く迷っているなら、買って損の無いスマートフォン。

ZenFone 3

ASUS ZenFone 3
エイスース/ゼンフォン・スリー
販売価格(税抜):36,291円(一括)1,512円(分割)
(モバレコバリューストア特別価格)

ASUS ZenFone 3 を使ってみて感じたデメリット

スマホを選ぶにあたって、良い点だけではなくネガディブなデメリットもしっかりと見ておきましょう。ZenFone 3 を使ってみて感じた、気になる点を挙げてみました。

カメラの出っ張り

ZenFone 3 の背面カメラは1mm程ボディより出っ張っています。ポケットや鞄から取り出す際に気になるほどの出っ張りではありませんが、デスクにおいて見ると、ちょっと浮いてグラグラする。デザイン的にもちょっと目立ち過ぎる感がある。


インターフェース

iPhoneなどから乗り換えた際によく聞くのが「ASUSのインターフェースが使いにくい」という言葉。使い慣れてしまえば問題ないけれど、人によって好き嫌いが別れる所。


防水じゃない

ZenFone 3 は「防水仕様」ではありません。SIMフリースマホだと防水機能を持っていることの方が少ないですが、国産のSIMフリースマホは防水仕様が多い中、ちょっと残念な所。お風呂で動画や音楽を楽しむといった使い方をしたい人にはNG。


背面の指紋認証

指紋認証は高速。ストレスを感じることほとんどありませんが、場所が背面なのでデスクに置いたたま使おうというときにちょっと面倒くさい
カメラのでっぱりでグラグラなのも、元々デスクに置いて使うような場面を想定していないのかもしれません。そのような使い方したい人は注意。

ASUS ZenFone 3 を購入する理由

ZenFone 3 を購入する理由として、

SIMが自由に選べるSIMフリースマホ
■ 高性能なミドルスペックなのに4万円を切る価格
ガラス加工が美しく洗練されたデザイン
DSDS対応で様々な使い方ができる
auのVoLTEにも対応しているのでSIMを迷わない
指紋認証ハイレゾなど便利機能をしっかりと押さえている

と6つのポイントを挙げました。
日本で販売しているSIMフリースマホの中でも、様々なシーンに合せて汎用性の高いAndroidスマホ。「ロースペックの格安スマホは嫌だ、ハイスペックまでは必要ない」と迷った人におススメの1台。

au VoLTE、DSDS対応のSIMフリースマホ「ASUS ZenFone 3」
モバレコ編集部のイチオシスマホです!

モバレコではどこよりも安い価格を目指して販売しています。

36,291円(税抜:モバレコ バリューストア価格)

一括購入価格で4万円を切ったこの価格。24ヶ月の分割にすると、月々1,512円から購入できます。

ZenFone 3

ASUS ZenFone 3
エイスース/ゼンフォン・スリー
販売価格(税抜):36,291円(一括)1,512円(分割)
(モバレコバリューストア特別価格)

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

こんにちは、モバレコ編集部です。 2017年の6月に入りました。梅雨の時期ともあって、スッキリとしない天気が続いていますね。一方でスマホ業界は、2017年夏モデルが発表・発売になりフレッシュな話題が続いています。夏の思い出を楽しくするために、NEWスマホに乗り換えてみてもいいかもですね。iPhoneの新モデルもいつ発表になるんでしょうか?【G1 CLIMAX】と一緒に注目していきたいと思います。