ワイモバイル Android One S2を購入したらまず押さえておきたい3つの設定

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ワイモバイル Android One S2を購入したらまず押さえておきたい3つの設定

18ヶ月以内で最低1回以上のソフトウェアアップデート、および24ヶ月のセキュリティアップデートが保証されたY!mobile「Android One」シリーズ第二弾となるスマートフォン「S2」。

防塵防水・耐衝撃性を備えることから、ソフトウェア面でも、ハードウェア面でも、より安心して長く使える1台に仕上がっています。

そんなS2について、この記事では購入したらまず確認したい設定項目を3つ取り上げて紹介します。シンプル設計のソフトウェアだけに弄れる点は多くありませんが、だからこそ、ぜひポイントを押さえて使ってみましょう

目次:

カメラのクイック起動を見直す

S2では右側面に配置された電源キーを2回押すと、カメラをクイック起動できる機能が搭載されています。とっさのシャッターチャンスを逃したくない場合はONに、誤操作での起動を防ぎたい場合にはOFFにしておきたい機能です。

設定画面の場所を覚え、使い方に応じて設定を見直してみましょう。

アプリドロワー(アプリ一覧)から【設定】を選ぶ
アプリドロワー(アプリ一覧)から【設定】を選ぶ
【ディスプレイ】の項目を選択
【ディスプレイ】の項目を選択
【電源ボタンを2回押してカメラを起動】の項目を切り替えて設定を変える
【電源ボタンを2回押してカメラを起動】の項目を切り替えて設定を変える

ちなみに初期状態ではクイック起動が有効になっているはず。まずは機能を試してみて、使う機会が無いようであればOFFにしておくのがよいかもしれませんね。

バッテリーセーバーの起動方法を確認する

S2は公表値で連続3日間の使用にも耐える省電力性を特徴としてうたいます。とはいえ、搭載するバッテリー容量は2,300mAhと決して大きくはありません。

省電力性に甘えすぎてしまい、気づいたら外出先でバッテリー残量がわずかに……。そんなとっさのピンチを乗り切る方法として、バッテリーセーバー機能の起動方法も確認しておくことをオススメします。

設定画面から【電池】を選ぶ
設定画面から【電池】を選ぶ
画面右上のメニューボタンをタップ
画面右上のメニューボタンをタップ
バッテリーセーバーのメイン画面
バッテリーセーバーのメイン画面

バッテリーセーバー機能を起動する方法としては、手動での切替、およびバッテリー残量に連動した自動での切替、2種類が用意されています。

手動で切替する場合は、この画面の右上にあるスイッチをONにするだけでOKですよ。

バッテリーセーバーが有効になると画面上下がオレンジ色にバッテリーセーバーが有効になると画面上下がオレンジ色に
バッテリーセーバーが有効になると画面上下がオレンジ色に

一方、バッテリー残量に連動させた自動で切替は【自動的にON】の項目から設定できます。

【自動的にON】をタップ
【自動的にON】をタップ
自動で切替するバッテリー残量を選ぶ
自動で切替するバッテリー残量を選ぶ
選んだものが表示されていることを忘れず確認
選んだものが表示されていることを忘れず確認

自動での切替だけを使う場合は、画面右上のスイッチはONにする必要がありません。この点は注意しましょう。

バッテリー残量の数値表示を有効化する

S2で画面右上に表示されるバッテリー残量は、画面右上のバッテリーピクトのみ(イラストのみ)となっています。ただ筆者もそうですが、中には「残量を数値で確認できるほうが安心して使える」なんて人もいるはず。

実はちょっとしたテクニックを使うと、追加のアプリを入れずとも、バッテリー残量を数値でも表示することが可能です。

画面上から引き出せるクイック設定エリアにて、設定マークを長押し(ロングタップ)
画面上から引き出せるクイック設定エリアにて、設定マークを長押し(ロングタップ)
指を離すと設定画面に切り替わり、メッセージが表示される
指を離すと設定画面に切り替わり、メッセージが表示される
設定画面の下から2番目に【システムUI調整ツール】の項目が出現。これをタップする
設定画面の下から2番目に【システムUI調整ツール】の項目が出現。これをタップする

このシステムUI調整ツールは一部の機種にのみ試験的に実装されている機能。あくまでお試し機能(設定)であり、今後のソフトウェアアップデートで使えなくなる可能性もある、ということは覚えておきましょう。

はじめに注意メッセージが表示される
はじめに注意メッセージが表示される

バッテリー残量の数値表示は、システムUI調整ツールの中にある【ステータスバー】から設定します。

【ステータスバー】を選択
【ステータスバー】を選択
設定できる項目がずらりと表示される
設定できる項目がずらりと表示される
下へ進むと【電池】の項目が現れる
下へ進むと【電池】の項目が現れる
数値表示をONにする場合はここを【常に割合を表示】に
数値表示をONにする場合はここを【常に割合を表示】に
数値表示OFFの場合、右上の残量表示はイラストのみ
数値表示OFFの場合、右上の残量表示はイラストのみ
数値表示をONにすると、イラスト内に数値も表示される
数値表示をONにすると、イラスト内に数値も表示される

なおここでは、他の表示内容も調整を加えることが可能です。たとえば時刻は秒まで確認したい!なんて場合は【時間】の項目を触ってみるとよいかも。

右上の時刻表示を時分秒の形式にすることも可能
右上の時刻表示を時分秒の形式にすることも可能

システムUI調整ツールを削除(非表示化)にする

いろいろ自分好みに設定ができる楽しいシステムUI調整ツールですが、つい遊びすぎて元の設定を忘れてしまった……なんてケースも起こりえますね。そうなって後から困らないよう、設定項目を削除(非表示化)にする方法もセットで覚えておきましょう

設定エリアにて、設定マークを長押し(ロングタップ)
設定エリアにて、設定マークを長押し(ロングタップ)
設定項目の削除(非表示化)する確認メッセージ。【削除】を選ぶ
設定項目の削除(非表示化)する確認メッセージ。【削除】を選ぶ
設定画面から【システムUI調整ツール】の項目が消えた
設定画面から【システムUI調整ツール】の項目が消えた

なおシステムUI調整ツールの項目を削除すると、このツールを用いて行なった設定(調整)もすべてリセットされます。上の写真でも、バッテリー残量の数値表示が再び消えていることがわかりますね。

表示・非表示は何度でも繰り返せますので、機能が不要になった、あるいは元の設定を忘れてしまったという場合は、一度項目を削除するのがよいでしょう。

まとめ

機能もソフトウェアもシンプルなだけに、弄れる項目も正直多くはないS2。その分、動作も軽いですし、必要な最低限の機能だけを、アプリなどで追加することもできますね。

バッテリー残量を%表示できるようにする設定は、細かいところですがS2を使用する上で実用的な設定ポイントです。

今回紹介した内容をぜひ参考に、S2をしっかり使い倒してみてください。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。