どっちがオススメ?コスパに優れた格安スマホ「ZenFone 3 Laser」と「HUAWEI nova lite」を比較してみた

書いた人: でこい

カテゴリ: 比較

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
どっちがオススメ?コスパに優れた格安スマホ「ZenFone 3 Laser」と「HUAWEI nova lite」を比較してみた

どんどん新しい端末が登場する格安スマホ市場。価格も1万円を切るものからちょっと高級志向(格安なのか?)までたくさんあります。

今回は、税込み3万円のコスパの高い格安スマホ「ASUS ZenFone 3 Laser」と、それよりも1万円ほど価格の安い「HUAWEI nova lite」の2つを比較し、それぞれの特徴や使い勝手をまとめてみました。

目次:

コスパに優れたZenFone 3 Laserとnova liteの特徴

ZenFone 3 Laser」は、本体価格27,800円(税抜)ながらメタルボディを採用し5.5インチフルHD(1080×1920)、オクタコアプロセッサ、4GBのRAM、指紋認証にも対応するコストパフォーマンスに優れたモデルです。

ZenFone 3 Laser

ZenFone 3 Laser

HUAWEI nova lite」は、オクタコアプロセッサに3GB RAM、5.2インチフルHDディスプレイ、指紋認証機能を有しながらもMVNOから発売されている価格帯が20,000円前後という圧倒的なコスパを誇る端末です。

nova lite

nova lite

スペックを比較

ASUS ZenFone 3 Laser HUAWEI nova lite
OS Android 6.0.1 Android 7.0
CPU Snapdragon 430
1.4GHz×8 / 64bit
オクタコア
Huawei Kirin655
4×2.1GHz + 4×1.7GHz
オクタコア
メモリ RAM : 4GB / ROM : 32GB RAM : 3GB / ROM : 16GB
バッテリー 3,000mAh 3,000mAh
ディスプレイ 5.5インチ, FHD(1920×1080px), IPS 5.2インチ, FHD(1920×1080px), IPS
サイズ 約149 × 76 × 7.9mm 約147.2 × 72.94 × 7.6mm
重量 約150g 約147g
カメラ メインカメラ:1,300万画素(F2.0/レーザーAF)
インカメラ:800万画素
メインカメラ:1,200万画素(F2.2)
インカメラ:800万画素
バンド W-CDMA : B1/2/5/6/8/19
FDD-LTE : B1/2/3/5/6/7/8/18/19/B28
TD-LTE : B38/41
W-CDMA : B1/5/6/8/19
FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
TD-LTE : B40
Wi-Fi 802.11b/g/n 802.11b/g/n
Bluetooth Bluetooth v4.2 Bluetooth v4.1
カラー シルバー、ゴールド ホワイト、ブラック、ゴールド

大きな違いはCPUとRAMでしょうか。ZenFone 3 LaserがQualcommのSnapdragon なのに対してnova liteはHiSiliconのKirinを搭載しています。KirinはSnapdragonに比べてゲームとの相性があまり良くないと言われているので、ゲームをする人には向かないかもしれません。

RAM容量はZenFone 3 Laserが4GB、nova liteが3GBです。正直3GBでも十分な気がしますが、多い方が安心という人もいますしね。

実際どのくらいの差が出るのかベンチマークアプリで計測したところ、処理性能、描画処理ともにnova liteがZenFone 3 Laserを上回る結果となりました

ベンチマークスコア

ベンチマークスコア

ZenFone 3 LaserはRAMが4GBありますが、nova liteの方は自社製(厳密には子会社)のSoCを搭載しているのでこのあたりのチューニングがいい感じなんでしょうか。

普通に使ってみて明らかに違うという感じはありませんでしたが、高い負荷のかかる場面では差が出てくるかもしれません。

グラフィック性能については、スコア上ではnova liteの方が少し上ですが、3Dのゲームをやると明らかにZenFone 3 Laserよりもカクツキが目立つなという感じがしました。

●詳細・商品ページはこちら(税抜)

ASUS ZenFone 3 Laser 25,700円
HUAWEI nova lite 20,000円

バッテリー性能を比較

ZenFone 3 Laser、nova liteともにバッテリー容量は3,000mAhとなっています。容量こそ同じですが、利用時間にどれほどの差が出るのかをベンチマークアプリのバッテリーテストモードで計測しました。

その結果が以下。

バッテリーテスト

バッテリーテスト

グラフを見てわかるとおり、同じ容量でもかなり差が出ています。こちらもベンチマーク同様プロセッサの性能が関与しているものと考えられます。

ちなみに、最終的にはZenFone 3 Laserは7時間50分で電源が落ち、nova liteは10時間25分で電源が落ちました

バッテリーテストモードはあくまでもテストモードで実際の利用とは異なることもあります。しかし、両者を同様に使ってみてもnova liteの方が利用時間が長くなることが多かったので、バッテリー持ちはnova liteに軍配があがると言っていいでしょう

デザイン・外観、大きさ比較

ZenFone 3 Laserとnova liteのサイズを比較すると、ZenFone 3 Laserの方が高さ・幅・厚み共にわずかに大きくなっています。

ホーム・戻る・タスクボタンの配置も異なります。ZenFone 3 Laserは画面外にボタンが配置されいるタッチキータイプですが、nova liteは画面の中にボタンがあるオンスクリーンキーです。

少しだけnova liteのほうが小さい

少しだけnova liteのほうが小さい
ZenFone 3 Laserの前面

ZenFone 3 Laserの前面
nova liteは画面の中にボタンがあるオンスクリーンキー

nova liteは画面の中にボタンがあるオンスクリーンキー

どちらも背面にはカメラと指紋センサーが配置されていますが、ZenFone 3 Laserは大きなカメラがセンターにあるのが特徴です。

また、背面はZenFone 3 Laserがアルミなのに対してnova liteにはガラスが採用されていてスッキリとしたデザインになっています。

大きなカメラが特徴的なZenFone 3 Laser

大きなカメラが特徴的なZenFone 3 Laser
nova liteのカメラは左上に搭載

nova liteのカメラは左上に搭載
左サイドにはSIMスロットが配置

左サイドにはどちらもSIMスロットが配置されています。両者ともSIMピンを使ってトレイを取り出すタイプ
右側には上から音量ボタン、電源ボタン

右側には上から音量ボタン、電源ボタン
下部はmicro USBポート

下部もどちらも同じくmicro USBポートが
上部にはイヤホンジャックが配置

上部にはイヤホンジャックが配置されています
ZenFone 3 Laserはカメラがしっかりと出っ張っている

ZenFone 3 Laserはカメラがしっかりと出っ張っているのも特徴

どちらも角が緩やかにカーブしていますが、ZenFone 3 Laserは背面がしっかりと丸みを帯びているため、多少サイズが大きいものの持ちやすいデザインになっています

両機種の操作性を比較

サイズ感とカメラ周り、端末の素材が違うことでそれぞれの特徴がデザインから分かりましたが、スマホとしての操作性はどうでしょうか?毎日、扱うスマホの操作性は重要ポイントです。機能性に注目して比較していきます。

片手での操作性

ZenFone 3 Laser

ZenFone 3 Laserはサイズが大きい部分、背面のラウンドフォルム加工にし持ちやすさの工夫が見られます
HUAWEI nova lite

nova liteのほうが、少しだけサイズが小さいのでその分フィット感はあります

両機種とも5インチを超えるサイズで、持ち手と反対側のボタンや通知パネルに手が届きづらいことがありますが、どちらにも片手で快適に使える機能があります。

ZenFone 3 Laser、nova liteともに画面を縮小表示させて対角線上のボタンにも指が届きやすいようになります。

ZenFone 3 LaserHUAWEI nova lite

ZenFone 3 Laser(左)nova lite(右)

また、nova liteは設定から、表示されているナビゲーションキーの並び替えと通知バーを下ろすボタンの追加が可能。この辺りは物理的なボタンのないnova liteの方が便利ですね。

ナビゲーションキーの入れ替えが可能

ナビゲーションキーの入れ替えが可能

指紋センサー

両機種共に指紋認証機能があり、どちらも指紋センサーは背面に配置されています。

指紋センサーはどちらも背面に
指紋センサーはどちらも背面に

指紋センサーはどちらも背面に

機能面では、ZenFone 3 Laserはタッチコントロールをサポートしており、端末ロック中でもカメラ起動等のアクションが行えます。

タッチコントロールをサポート

タッチコントロールをサポート

nova liteは、長押しでの写真/ビデオの撮影やアラーム操作、スライドでの通知パネルの表示のほか、アプリにロックをかけられる「アプリのロック設定とアクセス制御」をオンにして利用することも可能です。

長押しやスライドでのアクション長押しやスライドでのアクション

長押しやスライドでのアクション

nova liteの方が少しばかり多機能になっていますが、ZenFone 3 Laserも着信応答などポイントは押さえてある印象です。両機種の設定周りは以下の記事を参考にしてください。

●詳細・商品ページはこちら(税抜)

ASUS ZenFone 3 Laser 25,700円
HUAWEI nova lite 20,000円

カメラ性能を比較

スマホでよく使う機能の一つであるカメラ。画素数は「ZenFone 3 Laserは1,300万画素」「nova liteが1,200万画素」と、少しの違いしかありませんが、ZenFone 3 LaserはレーザーAFを搭載しておりオートフォーカスの速さがウリ。また、f値も異なりZenFone 3 Laserの方が若干明るくなっています。

カメラ性能を比較

カメラ性能を比較

実際の作例と共にどれくらいの差があるか見てみましょう。写真左がZenFone 3 Laserで右側がnova liteになります。画像をタップ・クリックすることで大きいサイズを表示できます。

カメラ比較:ZenFone 3 Laserカメラ比較:HUAWEI nova lite

暗所なのでどちらもノイズが目立ちますね。かなり色味が異なっていますが、これに関しては好みでしょう
カメラ比較:ZenFone 3 Laserカメラ比較:HUAWEI nova lite

同じく暗所で。個人的には、ZenFone 3 Laserの方が美味しそうに見えます
カメラ比較:ZenFone 3 Laserカメラ比較:HUAWEI nova lite

ZenFone 3 Laserは全体的に赤っぽいですね。桜の白さはnova liteの方が出ています
カメラ比較:ZenFone 3 Laserカメラ比較:HUAWEI nova lite

ごりごりの逆光を撮ってみました。nova liteは白飛び部分が多いです

やはりというか、カメラを推しているだけあって全体的にZenFone 3 Laserの方がよく撮れている感じがします。特に暗所は、nova liteだとピントが合うのが遅かったり、そもそもピントが外れてしまうこともありました。

とはいえnova liteの方も写りが悪いというわけではないですし、2万円台のスマホとしては上出来でしょう。

nova liteとZenFone 3 Laserを実際に使ってみて分かったオススメポイント

スペック・カメラ性能共にバランスの取れた好機種ZenFone 3 Laser

スペック・カメラ性能共にバランスの取れた好機種ZenFone 3 Laser

「ZenFone 3 Laser」は、定価27,800円で高負荷のゲームアプリもプレイできる性能、片手持ちで快適に操作できるモード、高級感のあるアルミボディ、綺麗なカメラとバランスが良い機種です

デザインとスペックなどのバランスを重視したい人、スマホはカメラが綺麗じゃなきゃ!という人には「ZenFone 3 Laser」がオススメです

詳細・商品ページ:ZenFone 3 Laser
※モバレコ バリューストアでは定価よりも安くベストプライスで販売中!

ディスプレイも綺麗に便利機能も多彩なHUAWEI nova lite

ディスプレイも綺麗に便利機能も多彩なHUAWEI nova lite

「nova lite」に限らず、Androidを独自にカスタマイズしたEMUIを採用しており、nova liteも例に漏れず便利に使える使い勝手に仕上がっています。2万円前後と低価格ながらも、同価格帯に比べてワンランク上の処理性能や使い勝手の良いソフトウェア、綺麗なディスプレイをしっかり備えた「本当にコスパの良い機種」に仕上がっています。

便利な機能が詰まっていた方がいい人、コスパという言葉が好きな人にはnova liteがオススメ

詳細・商品ページ:HUAWEI nova lite
モバレコ バリューストアで販売中!

ZenFone 3 Laserとnova liteの価格・購入情報

ZenFone 3 Laserは定価が27,800円。MVNOだと、主にNifMo、UQ mobile、DMMmobile、BIGLOBE SIM、OCNモバイルONE等で購入が可能。

また、モバレコが運営しているスマホ・格安SIM販売サイト、モバレコ バリューストアだと一括25,700円(税抜)、分割だと1,071円で購入できます。

ASUS ZenFone 3 Laser

ASUS ZenFone 3 Laser

販売価格(税抜):25,700円(一括)1,071円(分割)
モバレコ バリューストアにてベストプライスで販売中!

nova liteの価格帯はMVNOの販売価格で20,000円前後。IIJmio、イオンモバイル、OCNモバイルONE、DMMモバイル、NifMo、BIGLOBE SIM、LINEモバイル、楽天モバイル等で購入ができます。

nova liteは端末単体で購入できるところがZenFone 3 Laserより少ないので、端末だけが欲しい人はZenFone 3 Laserの方が手に入れやすいかもしれません。

モバレコ バリューストアだとHUAWEI nova liteが端末単体で購入することができます。ぜひチェックしてみてください。

HUAWEI nova lite

HUAWEI nova lite

販売価格(税抜):20,000円(一括)833円(分割)
モバレコ バリューストアにてベストプライスで販売中!

比較まとめ

ZenFone 3 Laserは税込み3万円でスペックのバランスがよく、カメラにも特化していて、nova liteは2万円以下なのに普段使いにはもんだいないスペックと、どちらの端末も価格の割にスペックや機能、使い勝手がよく本当にコストパフォーマンスがいいなと感じました

カメラ重視の「ZenFone 3 Laser」か、とことん価格を抑えていく「nova lite」か、この比較記事が参考になれば幸いです。

機種 価格 販売サイトへ
ZenFone 3 Laser
ZenFone 3 Laser
25,700円 > 購入
nova lite
HUAWEI nova lite
20,000円 > 購入

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ・カメラ・アイドルを愛する高専卒、Twitter在住のオタク。Xperia、iPhone、MacBook、Surfaceが好きです。趣味丸出しなブログ「でこにく」を書いています。