[画像付き]iPhoneのテザリング設定方法

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: iPhone, iPhoneの基本設定, ガイド ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneのテザリング設定方法を解説

テザリングの設定ってよくわからない!そんな方のためにこの記事では画像を追うだけで設定ができる「iPhoneのテザリング方法」をご紹介します。

docomoでもauでもSoftBankでもやり方は同じです。サクッと設定を終わらせてしまいましょう!

テザリングには実は3種類ある

USBテザリング

iPhoneを親機にしてテザリングをするには、「USB」、「Wi-Fi」、「Bluetooth」と、3つの接続手段があります。
それぞれの違いは以下のとおり。

            

メリット デメリット
USB ・通信速度が一番速い
・常に給電状態
・設定がカンタン
・USBを持ち歩かなければならない
・1台としかテザリングができない
Wi-FI ・Wi-Fiスポットだと便利
・いっぺんに5台まで接続できる
・Wi-Fi環境が必須
Bluetooth ・電池の消耗が少ない
・いっぺんに5台まで接続できる
・通信速度が一番遅い

一番通信速度が速いのがUSBでのテザリング。次に速いのが、Wi-Fiで行うテザリングです。

お持ちのiPhoneが接続可能なWi-FIスポットであれば、動画再生やファイルのダウンロードも快適に行えるという利点があります。

通信速度が最も遅いのがBluetoothでのテザリングです。

しかし、電池の消耗が少なくバッテリーに優しいというメリットがあります。
親機側も子機側も電池消費を抑えてネット接続が可能になるというのがいいですね。

テザリングの設定方法

テザリングの違いを踏まえた上で設定方法をご紹介します。

テザリング設定は途中まで、「USB」、「Wi-Fi」、「Bluetooth」ともに同じです。なお、「USB」で設定する場合は、あらかじめUSB端子をiPhoneとテザリングしたいデバイスに接続してから、下記の手順を踏んでください。

「モバイルデータ通信」を選択
ホーム画面の「設定」より、「モバイルデータ通信」を選択
「モバイルデータ通信」をオンに
「モバイルデータ通信」をオンにします
「インターネット共有」をオンに
「インターネット共有」をオンにします
「Wi-Fi/Bluetooth/USB」を選択
利用するものに応じて選択する

なお、下記の「USBのみ」を選択すればUSBによるテザリング設定は完了します。

ここからは「Wi-Fi」と「Bluetooth」で、テザリングの設定方法が異なります。

「Wi-Fi」のテザリング設定

まずは「Wi-Fi」からテザリングを行っていきます。

「“Wi-Fi”パスワード」をテザリング先で入力
「“Wi-Fi”パスワード」をテザリング先で入力
Wi-Fiのテザリング接続が完了
Wi-Fiのテザリング接続が完了しました

「Bluetooth」のテザリング設定

「iPhone」へのテザリングの要請
Bluetoothをオンにします
「ペアリング」を選択
子機側(PC)のBluetoothもオンにし、「ペアリング」を選択
数字が表示されます
子機側(PC)と親機側(iPhone)に数字が表示されます
テザリング先で数字が一致しているか
数字が一致していれば、「ペアリング」を選択
BT テザリング接続が完了
“Bluetooth”でのテザリング接続が完了しました

PCの設定

Windows8.1で接続

Bluetoothで接続するには、パソコンとiPhoneのペアリングを行う必要があります。その代わり、Wi-Fi接続で使用するようなパスワードの入力はありません。なおiPhoneの場合は、インターネット共有をオンにしておけば、Bluetoothテザリングも利用できます。

Windowsの画面右下の▲をクリックしてメニューを出し、Bluetoothマークをクリック。表示されたメニューで「Bluetooth デバイスの追加」をクリックする

Windowsの画面右下にある、▲をクリックしてメニューを出し、Bluetoothマークをクリックします。表示されたメニューで「Bluetooth デバイスの追加」をクリックします。

「Bluetoothデバイスの管理」画面が現れるので、iPhoneのホスト名を選択し「ペアリング」をクリックする

「Bluetoothデバイスの管理」画面が現れるので、iPhoneのホスト名を選択し「ペアリング」をクリックします。

WindowsパソコンとiPhoneでペアリング番号が表示される。コードが同じことを確認して、Windows側では「はい」をクリックし、iPhone側では「ペアリング」をタップする

するとWindowsパソコンとiPhoneでペアリング番号が表示されます。コードが同じことを確認して、Windows側では「はい」をクリックし、iPhone側では「ペアリング」をタップします。

コントロールパネルの「デバイスとプリンター」の中に、iPhoneが携帯電話のアイコンで表示される

コントロールパネルの「デバイスとプリンター」の中に、iPhoneが携帯電話のアイコンで表示されます。

アイコンを右クリックをして、「接続方法」→「アクセスポイント」と選択すると接続が完了

アイコンを右クリックをして、「接続方法」→「アクセスポイント」と選択すると接続が完了です。

Mac OS X 10.10で接続

MacでBluetoothテザリングを利用する方法を説明します。ペアリングが必要といった基本的な手順はWindowsパソコンで利用する場合と同じです。あらかじめMac側のBluetoothをオンにしておきましょう。

画面上部にあるメニューバーのBluetoothのアイコンをクリックし、「Bluetooth環境設定を開く」をクリックする

画面上部にあるメニューバーのBluetoothのアイコンをクリックし、「”Bluetooth”環境設定を開く」をクリックします。

環境設定が開きiPhoneのホスト名を確認したら、「ペアリング」をクリック

環境設定が開きiPhoneのホスト名を確認したら、「ペアリング」をクリックします。

MacとiPhoneの両方でペアリング番号が表示されるので、コードが同じことを確認して、iPhone側で「ペアリング」をタップする

MacとiPhoneの両方でペアリング番号が表示されます。コードが同じことを確認して、iPhone側で「ペアリング」をタップします。

最後に、Mac側の「Bluetooth環境設定」でiPhoneを選択し、「ネットワークへ接続」を選択

最後に、Mac側の「”Bluetooth”環境設定」でiPhoneを選択し、「ネットワークへ接続」を選びます。

まとめ

自宅や職場などiPhoneを充電できる環境にいる場合は、USBやWi-Fiでのテザリングでも大丈夫ですが、外出先での接続は基本Bluetoothの方がいいと思います!

やはり消費電力を抑えられるという点が大きいですね。電池切れでiPhoneを使えなくなってしまったら元も子もありませんからね。

ただ、「容量の大きいデータを急ぎで送らなければならない」等、Wi-Fiでのペアリングを活用した方がいい場面に備えてスムーズにペアリングができるよう、あらかじめ一度でもテザリング接続を行っておくのが良いと思います。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

入学・就職、そして新元号の発表!新生活がスタートする4月です!こんな季節には心機一転、モバレコで新しいスマホをゲットして、新しい出会いもゲットしませんか?