どちらを買うべき?ZenFone 3 vs 3 Laser 徹底比較!

書いた人: 小暮ひさのり

カテゴリ: 比較

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
どちらを買うべき?ZenFone 3 vs 3 Laser 徹底比較!

優秀な海外製SIMフリースマホを探していると、自然と検討対象に入ってくるのがASUSの「ZenFone」シリーズです。最新モデルは「ZenFone 3」と、「ZenFone 3 Laser」となりますが、果たしてこの2機種はどういった違いがあるのでしょうか。

スペック上の違い、デザインの違い、カメラの違いなど、さまざまな角度からその差を分析。果たして自分に最適なZenFoneはどちらになるのか? 2大人気SIMフリースマホ・ZenFone 3とZenFone 3 Laserを徹底比較してみます。

※掲載する価格は税込み表記です。最新の情報は販売先にてご確認ください

ZenFone 3
ZenFone 3

モバレコ バリューストア販売価格:
分割払い…初期費用:0円/月額料金:1,633円(分割 24回)
一括払い…初期費用:39,194円(メーカー価格:42,984円)

購入はこちら

ZenFone 3 Laser
ZenFone 3 Laser

モバレコ バリューストア販売価格:
分割払い…初期費用:0円/月額料金:1,157円(分割 24回)
一括払い…初期費用:27,756円(メーカー価格:30,024円)

購入はこちら

目次:

ZenFone 3とZenFone 3のスペックの差を知ろう

ZenFone 3とZenFone 3 Laser
ZenFone 3(左)とZenFone 3 Laser(右)。この2機種の違いは?

まずはこの2機種、数字の面ではどのような差があるのかを確認しておきましょう。以下表をどうぞ。優れている点は赤字にしています。

●ZenFone 3とZenFone 3 Laserのスペック比較表
ZenFone 3 (ZE552KL) ZenFone 3 Laser (ZC551KL)
搭載OS Android 6.0.1
(7.0へアップデート可能)
Android 6.0.1
サイズ 高さ146.8×幅73.9×厚さ7.69mm(144g) 高さ149×幅76×厚さ7.9mm(150g)
CPU CPU: Qualcomm Snapdragon 625 (オクタコアCPU)
GPU: Adreno 506
CPU: Qualcomm Snapdragon 430(オクタコアCPU)
GPU: Adreno 505
メモリ 3GB 4GB
ストレージ 32GB 32GB
ディスプレイ 5.2インチ(1,920×1,080ドット) 5.5インチ(1,920×1,080ドット)
カメラ画素数(アウト) 1,600万画素
レーザーオートフォーカス
デュアルカラーLEDフラッシュ
1,300万画素
レーザーオートフォーカス
デュアルカラーLEDフラッシュ
カメラ画素数(イン) 800万画素 800万画素
SIMスロット SIM 1: microSIMスロット×1
SIM 2: nanoSIMスロット×1
(DSDS対応)
SIM 1: microSIMスロット×1
SIM 2: nanoSIMスロット×1
(両スロットとも4G/3G/2G回線の接続に対応するも、片方は2G専用になるため、国内では同時利用不可)
USBポート USB-C(QuickCharge対応) microUSB
バッテリー容量 2,650mAh 3,000mAh
本体価格(メーカー公式) 42,984円 30,024円

モデル名の後ろに何か文字が付くと”上位互換”的なイメージがあります。確かにメモリ容量はLaserのほうが1GBほど上、バッテリーサイズも1割ほどLaserの方が上。画面サイズは(お好みですが)若干Laserの方が大きな画面と、Laserが勝るポイントはいくつかあります。
しかし、CPUやカメラ、DSDS対応である点など、全体的に見るとZenfone 3のほうが上位機種であるということは間違いないでしょう。

「でもZenFone 3 Laserは高速なレーザーオートフォーカスが使えるんでしょ?」と思う方もいるかもしませんが、実は無印のZenFone 3もレーザーオートフォーカス搭載です。加えて、Laserには非搭載の光学手ぶれ補正機能も利用できるなど、カメラ機能でもZenFone 3のほうが上だったりするのです。ここ大事なポイントです。

見た目、持ちやすさの違いは?外観・デザインを比較!

本体、指紋認証、カメラ周り

ZenFone 3 Laser 背面
ZenFone 3 Laserの背面はつや消しアルミニウム

ZenFone 3 Laserはアルミニウム筺体となり、つや消しのサラサラとした手触り。メタル感の好きな方には好きなデザインですが、やや引っかき傷には弱そうですね。鍵と一緒にカバンやポケットに入れておくとちょっと残念な傷が付きそうな予感がします。

ZenFone 3 背面
ZenFone 3の背面はガラス

一方ZenFone 3はというと、背面はガラスで覆われています。見栄えは良く、小キズは付きませんが、落とした時に打ちどころが悪いと、それはそれは残念な蜘蛛の巣アートが完成する可能性もあります。また、指紋の汚れが付きやすいため、こまめに拭いてあげるといったお手入れも必要ですね。

でも、スベスベしっとりとした手触りで高級ガジェット感マシマシです!

ZenFone 3 指紋認証
両者とも指紋認証対応(写真はZenFone 3)

最近は指紋認証端末も増えてきましたね。両機種とも背面に指紋センサーを搭載しています。感度はかなり高く、やはり背面の方が自然な動作で指紋認証できるので、個人的にはこの位置がベストだと感じます。

ZenFone 3 カメラが少し出っ張っている
ZenFone 3の出っ張ったカメラ。気になる人は気になるポイントです

しかし残念なことにカメラは出っ張っています。極端な出っ張りではありませんが、レンズを囲む台座は美しいエッジカット加工がされており、傷が気になってしまうのは僕だけではないはず。優しく置きましょう。

また、カメラ左部にあるのが赤外線でのレーザーオートフォーカスです。ZenFone 3 Laserではレーザーオートフォーカスで、約0.03秒の超高速オートフォーカスが利用可能。ZenFone 3では同性能のレーザーオートフォーカスに加え、約0.03秒の像面位相差オートフォーカス、コンティニュアスオートフォーカスの3つの技術を利用した「TriTech AF」が採用されています。

●本体、指紋認証、カメラ周りのまとめ
・ZenFone 3はガラス、ZenFone 3 Laserはアルミニウム筐体
・どちらも指紋認証に対応
・背面のカメラはやや出っ張りぎみ
・ZenFone 3 は約0.03秒の超高速オートフォーカスを含む「TriTech AF」に対応

ディスプレイ、本体サイズ

ZenFone 3 とZenFone 3 Laser
ビューワーとしては5.5インチも魅力的

写真や動画を大画面で楽しみたいといったニーズには、ZenFone 3 Laserの5.5インチの大画面は魅力的です。一方、屋外でも画面は見やすい方が良いというならば、ZenFone 3の液晶の方が輝度が高いため見やすくなります。

ZenFone 3 を持ってみたところZenFone 3 Laser を持ってみたところ
2機種を握ってみたところ。サイズはお好みで!

5.2インチのZenFone 3、5.5インチのZenFone 3 Laser、それぞれを平均的な手の大きさの成人男性が持ってみたところです。5.2インチZenFone 3の方がホールド感は高め。でも、両手で使うことを前提とするならば、5.5インチの大画面もまた魅力なので、このあたりはお好みですね。

ちなみにですが、実は5.5インチ版のZenFone 3(ZE552KL シリーズ)も発売されています。

ZenFone 3 の2モデルとZenFone 3 Laser
左からZenFone 3(5.2インチ)、ZenFone 3(5.5インチ)、ZenFone 3 Laser(5.5インチ)

5.5インチ版のZenFone 3は、5.2インチ版と基本的なスペックは同等で、画面サイズが異なります(その他ストレージ容量やメモリ容量などが異なる)。価格は46,224円と若干高くなりますが、大画面ニーズを満たしたいならば、こちらも検討したい端末です。

なお、ZenFone 3 Laserよりも一回り大きいうえにガラスでスベスベなので、より一層慎重に扱うようにしましょう。

●ディスプレイ、本体サイズのまとめ
・ZenFone 3は5.2インチ、ZenFone 3 Laserは5.5インチ
・ZenFone 3の方が液晶の輝度が高く屋外でも見やすい
・ZenFone 3 には5.5インチ版(ZE552KL)も。公式価格は46,224円

ZenFone 3 / ZenFone 3 Laserの購入はこちら

ZenFone 3
ZenFone 3

モバレコ バリューストア販売価格:
分割払い…初期費用:0円/月額料金:1,633円(分割 24回)
一括払い…初期費用:39,194円(メーカー価格:42,984円)

購入はこちら

ZenFone 3 Laser
ZenFone 3 Laser

モバレコ バリューストア販売価格:
分割払い…初期費用:0円/月額料金:1,157円(分割 24回)
一括払い…初期費用:27,756円(メーカー価格:30,024円)

購入はこちら

定価より安く販売中!5.5インチ版ZenFone 3はこちら

ZenFone 3 Laser
ZenFone 3

モバレコ バリューストア販売価格:
分割払い…初期費用:0円/月額料金:1,881円(分割 24回)
一括払い…初期費用:45,144円(メーカー価格:46,224円)

購入はこちら

同じようでかなり違う!カメラ性能を比較

ZenFone 3は1,600万画素で、ZenFone 3 Laserは1,300万画素。撮影画素数はZenFone 3の方が上です。まずは日中に撮影サンプルを見比べてみましょう。どちらも標準設定で、AUTOモードで撮影しました。

カメラ作例:ZenFone 3 屋外
ZenFone 3(屋外)
カメラ作例:ZenFone 3 Laser 屋外
ZenFone 3 Laser(屋外)

色合いとしてはZenFone 3 Laserの方がやや青が強い印象ですね。画質に関しては、拡大しないとその画質の差はわかりませんが、拡大するとやはりZenFone 3の方が解像度が上なだけあり、細部まで表現されていることが確認できました。

カメラ作例:ZenFone 3 屋内
ZenFone 3(屋内・接写)
カメラ作例:ZenFone 3 Laser 屋内
ZenFone 3 Laser(屋内・接写)

接写性能はどちらも優秀。レーザーオートフォーカスのお陰でタップしたところにパシパシとフォーカスが合います。思い切り拡大すると差はわかりますが、1,300万画素のZenFone 3 Laserでも、プリンター印刷にも耐えられる画質ですね。

カメラ作例:ZenFone 3 屋外・夜景
ZenFone 3(屋外・夜景・F2.0、シャッタースピード1/8、ISO3200)
カメラ作例:ZenFone 3 Laser 屋外・夜景
ZenFone 3 Laser(屋外・夜景・F2.0、シャッタースピード1/15、ISO3200)

夜景に関してはZenFone 3の方が明るく撮れます。両方ともF2.0とレンズの明るさは同じなのですが、EXIFを見るとZenFone 3ではF2.0、シャッタースピードは1/8。ZenFone 3 LaserはF2.0、シャッタースピードは1/15で撮影されていました。

ZenFone 3には光学式・電子式の手ぶれ補正機能が搭載されているため、シャッタースピードに余裕を持たせた撮影ができ、より明るく撮るといった調整が行われているのだと思われます。

ただ、個人的にはややオーバーに明るさを強調しているイメージも受けました。夜景をクッキリと写したいのであれば良いカメラですが、自然に写したい場合は調整が必要です。また、今回は「AUTO」モードで撮影していますが、ZenFoneシリーズには暗所撮影向きの「ローライト」モードもあるので、そちらで撮ればまた表現は変わるかもしれません。

カメラ作例:ZenFone 3 シリーズ マニュアル撮影
実はマニュアル撮影も楽しい!

撮影モードをマニュアルに切り替えれば、マニュアルで自分好みの撮影が楽しめます。標準のカメラアプリで、ISO感度、シャッター速度、ホワイトバランスその他諸々調整できて、まるでデジカメで撮影しているような感覚。コダワリ設定で撮ってる俺カッコイイ。的な楽しを得られます。

特に夜景撮影はマニュアルでの調整をオススメします。三脚的なものを持参するとなおさらGoodです。

ZenFone 3 で撮影
手ブレ補正があってもブレないわけじゃありません(ZenFone 3で撮影)

ZenFone 3なら、光学式と電子式の両方の手ぶれ補正機能で手ブレなんてもう過去のものへ……! というわけではありません。
屋内で光量が足りない&被写体がちょこまか動くといったシーンではやはりブレブレになってしまいますし、フォーカスも泳ぎます。片手でさっと流し撮りと言ったことも非推奨。

基本に忠実に、両手でしっかりとホールドして撮影。光量が足りないなと思ったらフラッシュを利用しましょう。なお、どちらの端末もLEDフラッシュは「デュアルカラーLEDフラッシュ」で、色味の再現度の高いフラッシュとなっています。

ココに注目したい!2機種の特徴

ZenFone 3とZenFone 3 Laser。似たような端末ですが、比較してみるとやはりそれぞれに特徴があります。それぞれの特徴や、ココがいい!といったポイントをおさらいしてみましょう。

ZenFone 3はココがおすすめ

ガラスボディがカッコイイ!
両端末を比べた時に、やはり一番大きく違うのが見た目。ZenFone 3のガラスボディは上位モデルのみぞ許された者感があり、個人的には本当に好きな仕上げです。スベスベなので落としやすい点、割れた時にショックが大きすぎる点を除けば完璧なデザインだと思います。

CPU性能が高い
長く使いたいのであれば、やはり性能は高いほうが安心できますね。3年後を見据えた買い物をしたいのであれば、基本性能の高いZenFone 3がおすすめです。

DSDS対応!
やや上級者向けの機能となりますが、SIM2枚差しによるDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)に対応しているのは便利です。国内で、通話SIM・データ通信SIMを使い分けたいのであれば、ZenFone 3一択です。

ZenFone 3 はDSDS対応
片方で音声通話、片方でデータ通信といった同時利用・使い分けができます

カメラ性能が優れている!
カメラ性能としてはやはり光学式手ぶれ補正を効果的に利用したZenFone 3の方が1ランク明るく撮れますし、相対的に見れば手ブレの少ない写真を撮れるでしょう。手ブレ写真が多く、写真に苦手意識を持っているという方は、この2機種の中ではZenFone 3をおすすめします。

\カメラ性能など高性能重視ならこちら/

ZenFone 3 Laserはココがおすすめ

大きく見やすい画面
ZenFone 3 Laserは5.5インチと一回り大きな画面で、動画・静止画コンテンツを見るビューワーとしてもピッタリ。個人的にはスマホはこのサイズの迫力に慣れてしまったため、5.2インチだとやや物足りなく感じてしまうんですよね。大画面ならZenFone 3 Laserです。

ケーブルがどこでも手に入るmicroUSB!
充電・データ転送端子がmicroUSBというのもポイントです。最新規格ではないというのはデメリットかもしれませんが、microUSBケーブルならコンビニでも、それこそ100円ショップなどでも購入でき、ケーブルのバリエーションも豊富です。

ZenFone 3 LaserはmicroUSB
microUSB。使い古された規格ながら汎用性は武器です

ベーシックな機能は全て備えている
ZenFone 3と比べると下位機種として見られてしまいますが、大画面、大容量メモリ、高画質カメラと、エントリー機種以上の性能を持っています。この端末が備えているパフォーマンスは、その価格を考えれば非常に高いと言えるでしょう。

\とにかく価格!コスパ重視ならこちら/

まとめ:性能と悩ましい価格差。どっちを買うべき?

公式ストアの価格は、ZenFone 3が42,984円、ZenFone 3 Laserが30,024円となっています。トータルの性能面で見ればやはり上位機種たるZenFone 3の方が高性能なのですが、その価格差は12,960円。この性能差と価格差が悩ましいところ。自分が欲しい機能はこの価格差を出資する価値があるのか? が焦点となります。

例えば、写真が下手なのでスマホに助けてもらいたい! といった方なら、光学式手ブレが備わっているZenFone 3がよいでしょう。また、DSDS機能で音声通話SIMとデータ通話SIMを分けたいというのであれば、多少高くてもZenFone 3を選ぶ価値はあります。

ZenFone 3
ZenFone 3

モバレコ バリューストア販売価格:
分割払い…初期費用:0円/月額料金:1,633円(分割 24回)
一括払い…初期費用:39,194円(メーカー価格:42,984円)

購入はこちら

一方で、オクタコアCPU・メモリ4GB・5.5インチ液晶・カメラ性能も1,300万画素で、レーザーオートフォーカス付きの端末が3万円! といったZenFone 3 Laserのインパクトは素晴らしい。コストパフォーマンスの高さには本当に驚きます。これだけの性能・機能があれば、「最新じゃなくてもほどほどの機種が欲しい」といったニーズには完璧に答えてくれるでしょう。

ZenFone 3 Laser
ZenFone 3 Laser

モバレコ バリューストア販売価格:
分割払い…初期費用:0円/月額料金:1,157円(分割 24回)
一括払い…初期費用:27,756円(メーカー価格:30,024円)

購入はこちら

ちなみに実際に触ってみたレスポンスはどちらもサクサクと快適です。CPUに優位性のあるZenFone 3も、メモリに優位性のあるZenFone 3 Laserも違いは体感できませんでした。重い3Dゲームなどになると変わってくるのかもしれませんけどね。

モバレコ限定の端末セールを実施中!

当サイトが運営するモバレコ バリューストアではスマホの最安値販売に挑戦中!メーカー販売サイトはもちろんどこよりも安い価格での販売を目指しています。

今回ご紹介した「ZenFone 3」「ZenFone 3 Laser」はどちらもモバレコ バリューストアでの取り扱い端末。こちらから購入すると公式価格よりも安く手に入りますよ。パソコン・スマホからオンラインで購入できるので時間や場所を選びません。

ZenFone 3であれば一括39,194円(公式価格:42,984円)、ZenFone 3 Laserなら一括27,756円(公式価格:30,024円)とコスパはさらに高くなります。

格安SIMとのセット端末や他ZenFone 3シリーズもあるので、MVNOデビューを狙っている方は、こちらからの購入も検討してみましょう。

●その他ZenFone 3シリーズも好評販売中です

機種 価格 販売サイトへ

ZenFone 3 (ZE520KL)
39,194円 (メーカー販売額:42,984円) > 購入

ZenFone 3 (ZE552KL)
45,144円 (メーカー販売額:46,224円) > 購入

ZenFone 3 Laser
27,756円 (メーカー販売額:30,024円) > 購入

ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL)
56,160円 (メーカー販売額:60,264円) > 購入

ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)
92,880円 (メーカー販売額:96,984円) > 購入

ZenFone 3 Max (ZC520TL)
19,656円 (メーカー販売額:21,384円) > 購入

ZenFone 3 Ultra (ZU680KL)
59,940円 (メーカー販売額:59,800円) > 購入

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

群馬県在住のフリーライター。PC誌やWEB媒体でデジタルアイテムのトレンドを追いつつ趣味の農業を楽しんでいる。ただし、毎年稲刈りの時期とiPhoneの発売時期がかぶるのには頭を悩ませている。特技はお掃除。特に水回り系のお掃除が得意。