「Galaxy S8 / S8+」を速攻レビュー!新しく進化したSamsung渾身のフラッグシップモデル

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「Galaxy S8/S8+」を速攻レビュー!新しく進化したSamsung渾身のフラッグシップモデル

2017年6月8日にauから発売されたサムスンのフラッグシップモデル「Galaxy S8 SCV36」と「Galaxy S8+ SCV35」をレビューします。今夏モデルの中でも特に注目されているので、気になっている方も多いのではないでしょうか。

2016年発売のフラッグシップモデル「Galaxy S7 edge」から新しくなった部分だけでなく、従来モデルから引き継がれているところまで余すところなく魅力をご紹介していきます。

※ドコモより発売の Galaxy S8 SC-02J / Galaxy S8+ SC-03J と基礎性能は同様のものになります。

目次:

【スペック】Galaxy S8は圧倒的なハイスペック

Galaxy S8/S8+ スペック情報(参照:SCV36製品ページ / SCV35製品ページ
サイズ Galaxy S8:高さ 約149 × 幅 約68 × 厚さ 約8.0mm
Galaxy S8+:高さ 約160 × 幅 約73 × 厚さ 約8.1mm
OS Android 7.0 Nougat
重量 Galaxy S8:約150g
Galaxy S8+:約173g
SoC Qualcomm Snapdragon 835
RAM 4GB
ROM 64GB
外部メモリ microSDカード(最大256GB)
バッテリー容量 Galaxy S8:3,000mAh
Galaxy S8+:3,500mAh
ディスプレイ Galaxy S8:約5.8インチ 2,960 × 1440(QHD+)
Galaxy S8+:約6.2インチ 2,960 × 1440(QHD+)
カメラ アウトカメラ 約1,220万画素
インカメラ 約800万画素
カラー Galaxy S8:オーキッド グレー / コーラル ブルー / ミッドナイト ブラック
Galaxy S8+:ミッドナイト ブラック / アーティスティック シルバー
備考 生体認証・防水(IPX5/IPX8)・防塵(IP6X)・おサイフケータイ・ワンセグ・フルセグ・VoLTE・ワイヤレス充電
AnTuTu Bencmark v6.2.7のベンチマークスコアAnTuTu Bencmark v6.2.7のランキング

AnTuTu Bencmark v6.2.7のベンチマークスコアとランキング

スペックはさすがフラッグシップモデルといったところ。現時点で最高の性能を誇り、何をしてもサクサク動きます。AnTuTu Bencmarkで計測したスコアは「165,354」と高得点の結果になりました。

SoCは性能を向上させつつも消費電力を削減。4GBもの大容量のRAMは、電源投入後の立ち上がりやアプリ起動時間の高速化を実現しました。高いパフォーマンスを要求するゲームも快適にプレイできます。

【デザイン】強烈なインパクトを与える外観

前面

前面

従来モデルでは前面の中央に物理ホームボタン、その両サイドにタッチセンサーの履歴ボタンと戻るボタンが配置されていました。Galaxy S8/S8+では一新され、ディスプレイ部分にソフトウェアキーが表示されます。不要なときは非表示にできるので、より多くの情報を表示できます。

背面のカメラの両脇に心拍センサーと指紋センサー

背面のカメラの両脇に心拍センサーと指紋センサー

指紋センサーとしての機能も兼ねていた物理ホームボタンの廃止に伴い、背面に搭載されています。これは賛否が別れるところで、今まで通り前面にあった方が使いやすいと感じる方もいると思います。

右側面に電源ボタン

右側面に電源ボタン
左側面にはボリュームキーとBixbyキー

左側面にはボリュームキーとBixbyキー
下部には3.5mmイヤホンジャック・USB Type-Cポート・マイク・スピーカー

下部には3.5mmイヤホンジャック・USB Type-Cポート・マイク・スピーカー
上部にはnanoSIMカード+microSDカードスロット

上部にはnanoSIMカード+microSDカードスロット
トレイを取り出したところ

トレイを取り出したところ
ディスプレイの両端がカーブしているデュアルエッジスクリーン

ディスプレイの両端がカーブしているデュアルエッジスクリーン
フロントだけでなく、バックパネルもカーブしている

フロントだけでなく、バックパネルもカーブしている
丸みを帯びた形状でグリップしやすい

丸みを帯びた形状でグリップしやすい

フロントもバックもカーブしているため持ちやすく、手に吸い付くようにフィットします。背面はGalaxyシリーズのテイストを残しつつ、前面は既存のスマートフォンとは全く違う新たなカタチを提案しています。背面とフレーム部分は鏡のような光沢感で指紋は目立ちますが、所有欲を満たしてくれる仕上がりです。

【特徴】Galaxy S8の特徴的なポイントをピックアップ

驚異的な画面占有率を実現した「Infinity Display」

大画面をコンパクトにおさめるベゼルレスデザイン

大画面をコンパクトにおさめるベゼルレスデザイン

Galaxy S8/S8+で最も目を引くのがディスプレイでしょう。まさにフレームレスで、まるでディスプレイを持っている感覚です。Galaxy S6 edgeの画面占有率は約72%、Galaxy S7 edgeは約76%でした。Galaxy S8/S8+はなんと約84%に達します。狭額縁を謳う他のスマートフォンが野暮ったく見えてしまうくらい凄まじいインパクトがあります。

Infinity Displayは、18.5:9の特殊なアスペクト比になっています。この比率は21:9の映画に近いため、大きく表示して没入感を高めます。さらに、色鮮やかなSuper AMOLED(有機EL)ディスプレイと明暗差がある映像も美しく表示するモバイルHDRが組み合わさることで、今まで体験したことがないような映像表現を堪能できます。

Galaxy S8+(左)とiPhone 7 Plus(中央)とGalaxy S8(右)の表示領域比較

Galaxy S8は約5.5インチのiPhone 7 Plusより小型ながら、約5.8インチのディスプレイを搭載しています。iPhone 7 Plusとほぼ同サイズのGalaxy S8+は約6.2インチです。こうして普通のスマートフォンと並べてみると表示領域の広さ、すなわち画面占有率の高さがよくわかります。

感圧センサー対応のホームボタン

従来の使い勝手を継承した新しいホームボタン

従来の使い勝手を継承した新しいホームボタン

限界まで表示領域を増やすために、今まで搭載されていた物理ホームボタンは無くなりました。ソフトウェアキーに変更されたことで、ナビゲーションバーの配列はGalaxy標準の「履歴ボタン・ホームボタン・戻るボタン」と、Android標準の「戻るボタン・ホームボタン・履歴ボタン」から選べるようになりました。

ホームボタンには感圧センサーが内蔵されています。押下に対して振動させることで、擬似的に物理ボタンを押したような感触がフィードバックされます。スタンバイ時に押し込むとディスプレイが点灯するので、今までのホームボタンと同じ感覚で使えるようになっているのは素晴らしい工夫です。

生体認証搭載のセキュリティをチェック

指紋認証、虹彩認証、顔認証の3種類の生体認証を利用できます。パターンやパスワード、PINよりもスマートで安全な認証方法です。それぞれ一長一短で、指紋認証と虹彩認証を併用するのがおすすめ。その理由は指紋センサーの位置と虹彩認証の弱点です。

指紋センサーの位置はいまいち

指紋センサーの位置はいまいち

従来は物理ホームボタンに指紋センサーが搭載されていましたが、ソフトウェアキーの採用に伴い背面カメラの横に移動しました。筆者はカメラの下に配置されていたほうが使いやすかったと思います。縦に長い形状なので、特にGalaxy S8+では意識的に指を上に持っていかないと触れません。

虹彩センサーは赤く発光する赤外線LEDと青く発光する専用カメラで構成されている

虹彩センサーは赤く発光する赤外線LEDと青く発光する専用カメラで構成されている

虹彩認証は赤外線を照射して、インカメラの横にある専用カメラで読み取る仕組みです。認証スピードはかなり速いので、距離感さえ掴んでしまえば指紋と同じくらい快適に使えます。直射日光下やサングラス着用時などはスキャン出来ないこともあります。

全く新しい次世代アシスタント「Bixby」

Bixby Homeの画面

Bixby Homeの画面

Bixby(ビクスビー)はユーザーのあらゆる情報と行動を読み取ってアシストします。本体に専用のボタンが設けられていることから、目玉機能と言っても過言ではないでしょう。Bixbyキーを押すか、ホーム画面で右にスワイプするとBixby Homeにアクセスできます。

Bixby Homeではスケジュールやリマインダーの管理、ヘルスケア情報やニュースなど様々な情報が集約されています。目新しいものではありませんが、ポイントはそれらがBixbyに集約されていること。ワンプッシュですぐ呼び出せるのは便利です。

Bixby Visionで店舗情報を取得したところBixby Visionで店舗情報を取得したところ

Bixby Visionで店舗情報を取得したところ

Bixby Visionはカメラを向けた対象を解析して認識します。これにより何が変わるのか、具体的な例をひとつ出すと、QRコードを読み取るためにQRコードリーダーを起動する必要はないというわけです。テキストの翻訳や、場所に関する情報を取得するなど、自動で被写体に適したアクションを起こします

なお、対話形式でアプリケーションを操作するBixby Voiceはソフトウェアアップデートで提供される予定です。

OS標準より使いやすいマルチウィンドウ機能

マルチウィンドウは画面を分割して2つのアプリを同時に利用できる機能で、Android 7.0 Nougatから標準で搭載されています。お店を調べながらマップで場所を確認したり、動画を流しながらSNSを楽しむなど、使い方の幅が広がります

標準のマルチウィンドウよりもスマートにアプリを起動できる標準のマルチウィンドウよりもスマートにアプリを起動できる

標準のマルチウィンドウよりもスマートにアプリを起動できる

通常はアプリ履歴から選択するため、マルチウィンドウで表示したいアプリを一度起動しておく必要があります。Galaxy S8/S8+は、「他のアプリ」でアプリ一覧から選べるので、この一手間を省くことができます。さらに、アプリの一部を固定して表示できる独自のスナップウィンドウ機能も搭載しており、縦長のディスプレイをうまく活用できます。

有機ELの特性を活かして常時点灯する「Always On Display」

表示部分のピクセルだけピンポイントで発光する

表示部分のピクセルだけピンポイントで発光する

Always On Displayはその名の通り、常に時計やカレンダーなどを表示する機能です。便利なのは確かですが、バッテリー消費量が気になりますよね。有機ELはそれぞれの素子が単体で発光するため、1日でせいぜい1%程度しか消費しないとのこと。これなら安心して使えます。

エッジスクリーンがもたらす恩恵

エッジパネルの「APP EDGE」エッジパネルのカスタマイズ画面

エッジパネルの「APP EDGE」とカスタマイズ画面

エッジスクリーンをスワイプするとエッジパネルを呼び出すことができます。使用頻度が高いアプリを配置して素早くアクセスできる「APP EDGE」や、画面をキャプチャできる「スマート選択」など様々な機能にすぐアクセス可能。さらに、機能をカスタマイズしたり、追加でダウンロードすることもできます。

エッジスクリーンは本体の幅をスリムにするだけでなく、エッジパネルで利便性が向上し、カーブしていて端からでもスワイプしやすいといったように複数のメリットがあります。従来機種では手が触れて誤動作することもありましたが、その辺りもしっかりチューニングされているようで、使い勝手は上々です。

【比較】Galaxy S8とS8+の違いは?

Glaxy S8+(左)とGalaxy S8(右)

Glaxy S8+(左)とGalaxy S8(右)

Galaxy S8とGalaxy S8+を比較してみます。S8の画面サイズが約5.8インチ、S8+は約6.2インチと大きいのと、バッテリー容量もS8が3,000mAh、S8+が3,500mAhとわずかに差があります。その他、基本的な性能に差はありません。操作性はやはり小型なGalaxy S8に軍配が上がりますが、Infinity Displayの新しい没入感をより体感できるのはGalaxy S8+だと思います

本体サイズと他に異なるのは、カラーバリエーションです。Galaxy S8はオーキッド グレー、コーラル ブルー、ミッドナイト ブラックの3色展開。Galaxy S8+は、ミッドナイト ブラックとアーティスティック シルバーの2色展開となります。

●Galaxy S8とGalaxy S8+のスペック表はこちら

【カメラ】作例からカメラ性能に迫る

フラットになったアウトカメラ部分

フラットになったアウトカメラ部分

インカメラは約500万画素から約800万画素へと画素数がアップし、Galaxyシリーズで初めてオートフォーカスを搭載しました。アウトカメラはGalaxy S7 edgeから変更されていませんが、カメラ部分の突出が解消されてほぼフラットになっています。高速なオートフォーカスを実現するデュアルピクセル技術も健在です。

それでは、約1,220万画素のメインカメラで撮影した作例でカメラ性能を確認していきましょう。作例は全てオートモードで撮影しました。

Galaxy S8 カメラ作例花

Galaxy S8 カメラ作例松の木

松の木
Galaxy S8 カメラ作例盆栽

盆栽
Galaxy S8 カメラ作例庭園

庭園

低性能のスマートフォンで植物を撮影すると色あせて見えます。Galaxy S8/S8+で撮影した写真は緑色や黄色を鮮やかに表現できます。また、拡大しても細い松の葉が潰れておらず、精細に撮影できていることがわかります。

Galaxy S8 カメラ作例おつまみ盛り合わせ

おつまみ盛り合わせ
Galaxy S8 カメラ作例フライドチキン&ポテト

フライドチキン&ポテト
Galaxy S8 カメラ作例鰹のタタキ

鰹のタタキ
Galaxy S8 カメラ作例天ぷらせいろ

天ぷらせいろ

最初の2枚は少し暗めの店内でしたが、明るく美味しそうに撮影できました。次の2枚は白色の光源下で撮りました。鰹の赤身や天ぷらの黄色をうまく捉えています。

Galaxy S8 カメラ作例明かりが暗い庭園で撮影。手持ちでもブレていません

明かりが暗い庭園で撮影。手持ちでもブレていません
Galaxy S8 カメラ作例川沿いからの夜景を撮影

川沿いからの夜景を撮影

かなり暗い場所ではさすがにノイズがのった写真になりましたが、十分実用範囲内です。手持ちでブレずにこれだけ綺麗に撮れれば、暗所にも強いと言っていいでしょう。

左右にスワイプして撮影モードの変更も楽しめる左右にスワイプしてフィルターやスタンプも楽しめる

左右にスワイプして撮影モード(左)の変更、フィルターやスタンプ(右)なども楽しめる

カメラ機能は、8種類の撮影モードを搭載しており、標準のカメラアプリだけで十分撮影を楽しめます。他にもリアルタイムでプレビューしながらフィルターを適用したり、エフェクトをかけることも可能。かなり多機能ですが、UIはシンプルなのでとても使いやすいです。

カメラ性能総評

スマートフォンのカメラとしては十分美しく撮影できてます。カメラモジュールを変更しなかったのは、変更する必要がなかったからかもしれませんね。技術面では進化していて、1回のシャッターで3枚撮影しブレの少ない写真を撮影するマルチフレームワークテクノロジーを搭載しています。ブレやすいズーム時に特に威力を発揮します。

評価まとめ:新しく、速く、美しい

前モデルで好評だった部分はしっかりブラッシュアップして継承しつつ、順当にスペックアップしています新たな挑戦のInfinity Displayは、スマートフォンのカタチを再定義しました。手にした時、これほどの衝撃を受けたのは久しぶりです。

一方でBixbyは、筆者の期待を超えるものではなかったというのが本音です。Google NowのGalaxy版という印象を受けました。Bixbyじゃなければできない、日常生活を変えてしまうような革新的な何かが欲しかったです。とは言え、まだ登場したばかりですから、今後の進化に期待したいところ。

新規性だけを追求しているわけではなく、ユーザーエクスペリエンスの向上につながっているのは高く評価したい部分です。全体的に完成度が高く、夏モデルの中でもイチオシの機種です。店頭で見かけたら、ぜひ一度手にとって体験してみてください。

前モデルのGalaxy S7 edgeのレビュー記事はこちら

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

マイナーなガジェットを追いかける変態端末愛好家。変わったものと新しいものはとりあえず買ってみるをモットーに活動中。