最新おすすめスマホはこれだ!2017夏モデル総まとめ【ドコモ・au・ソフトバンク・Y!mobile】

書いた人: Yusuke Sakakura

カテゴリ: まとめ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめスマホはこれだ!2017夏モデル総まとめ【ドコモ・au・ソフトバンク・Y!mobile】

毎月の料金が安い格安スマホ。安い料金の反面で通信速度が遅かったり、端末価格が高く分割払いが選択できない、OSアップデートや端末サポートに加え通信サービスのアフターサポートが充実していないなどキャリアにはない不安な要素がいくつもあります。

そういったこともあって、最近では格安スマホからキャリアに戻ったという人も見かけるようになりました。まだまだキャリアスマホの人気は健在です。

今夏に発売される各キャリア 2017年夏モデルには、格安スマホに対抗した低価格で使えるスマートフォンや新たな低料金プラン、OSアップデートが保証されたスマートフォンなどが発表されています。

この記事ではドコモ・au・ソフトバンクから発表された2017年 夏モデルのスマートフォンを一挙21機種まとめてご紹介します。

目次:

NTTドコモ 2017夏モデル 8機種

NTTドコモ 2017夏モデル

NTTドコモ 2017夏モデル

auがUQ mobile、ソフトバンクがワイモバイルといったサブブランドの格安スマホを展開するのに対して、ドコモは自社で格安スマホを持ちません。

格安スマホへの流出を食い止めたいドコモは新プラン「docomo with」を発表。2017年夏モデルの対象機種を購入すると2年間といった期限付きの割引ではなく、毎月ずっと1,500円を割引く驚きのプランを発表しました。

高い料金は抑えたいけど、通信速度やアフターサポートなど格安スマホに対して不安もある人にとっては最適なプランです。

そんなドコモの2017年夏モデルは8機種。人気のXperiaとGalaxyシリーズ2機種、docomo with対象の2機種などをラインナップしています。

Xperia XZ Premium SO-04J

Xperia XZ Premium SO-04J

Xperia XZ Premium SO-04J

「Xperia XZ Premium SO-04J」は世界最大級の展示会で最優秀賞を受賞したXperia XZシリーズのプレミアムモデル。

ディスプレイは世界初となる4K HDRに対応。フルHDの4倍となる高精細な4Kに加えて色鮮やかな映像を再現するHDR動画が楽しめます。特にHDRの効果は非対応モデルと比べて一目瞭然。

4K映像はdTVとスポーツ専門の動画見放題サービスDAZNで、HDR動画はdTV、ひかりTV、Amazonビデオで楽しめます。さらに、YouTubeなどの非対応動画でも4K解像度に変換するアップスケーリングにも対応するなど手軽に映像美を楽しむことができます。

通信速度は最大788Mbpsに対応(2017年8月以降予定)することで動画の再生も止まることなく快適に楽しめます。2017年6月15日発売。

Xperia XZ Premium SO-04Jのスペック(参照:Xperia XZ Premium SO-04J|NTTドコモ
OS Android 7.1 Nougat
ディスプレイ 約5.5インチ、4K(3,840×2,160)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約156×77×7.9mm・191g
CPU Qualcomm MSM8998
2.45GHz+1.9GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,920万画素CMOSカメラ/1,320万画素CMOSカメラ
内蔵メモリ(ROM/RAM) 64GB/4GB
バッテリー容量 3,230mAh
カラー ディープシーブラック/ルミナスクロム

Xperia XZ Premium SO-04J

●NTTドコモ 2017夏モデル
Xperia XZ Premium SO-04J
機種代金:—円

Xperia XZs SO-03J

Xperia XZs SO-03J

Xperia XZs SO-03J

「Xperia XZs SO-03J」はスーパースローモーション撮影に対応するなどカメラが大幅に進化したモデル。

今回のモデルから新たに搭載されたMotionEyeカメラシステムによって実現したスーパースローモーション撮影は通常の動画撮影時に比べて32倍のハイスピードカメラでスローモーション撮影できる機能。水滴が水面に落ちた時の水ハネの様子などもスマホのカメラで記録できます。

さらに被写体の動きを自動で検知して最大4枚の写真を撮影してボールを蹴る瞬間など決定的なタイミングやシーンを記録できる「先読み機能」にも対応。

光を多く取り込めるようになったことで夜景でも明るく撮影できることで花火など夜景を楽しんだり、スポーツの季節となるこの夏に活躍間違いなしのカメラです。2017年5月26日発売。

●この端末をさらに詳しく

>>Xperia XZsのレビューを読む

Xperia XZs SO-03Jのスペック(参照:Xperia XZs SO-03J|NTTドコモ
OS Android 7.1
ディスプレイ 約5.2インチ、フルHD(1,920×1,080)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約146x72x8.1mm・約161g
CPU Qualcomm MSM8996
2.2GHz+1.6GHz
クアッドコア
カメラ(メイン/サブ) 約1,920万画素/約1,320万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 32GB/4GB
バッテリー容量 2,900mAh
カラー アイスブルー/ウォームシルバー/ブラック/シトラス

Xperia XZs SO-03J

●NTTドコモ 2017夏モデル
Xperia XZs SO-03J
機種代金:—円

Galaxy S8 SC-02J

Galaxy S8 SC-02J

Galaxy S8 SC-02J

「Galaxy S8 SC-02J」は大画面ながら圧倒的な持ちやすさを実現したこれまでにないモデル。

これまで画面下に配置していたホームボタンを廃止して画面周りのフレームを極限まで削ぎ落とし、画面比率が18.5:9の細長い「インフィニティディスプレイ」を採用することで大画面と持ちやすさを両立させています。

これまでの指紋認証に加え、瞳で画面ロックを解除できる虹彩認証や顔の特徴を認識して解除する顔認証といった3つの生体認証に対応することで用途に応じて認証方法を使い分けできます。2017年6月8日発売。

●この端末をさらに詳しく

>>Galaxy S8のレビューを読む

Galaxy S8 SC-02Jのスペック(参照:Galaxy S8 SC-02J|NTTドコモ
OS Android 7.0
ディスプレイ 約5.8インチ、QHD(1,440×2,960)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約149×68×8.0mm・約150g
CPU Qualcomm MSM8998
2.35GHz+1.9GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 約1220万画素/約800万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 64GB/4GB
バッテリー容量 3,000mAh
カラー ミッドナイト ブラック/オーキッド グレー/コーラル ブルー

Galaxy S8 SC-02J

●NTTドコモ 2017夏モデル
Galaxy S8 SC-02J
機種代金:—円

Galaxy S8+ SC-03J

Galaxy S8+ SC-03J

Galaxy S8+ SC-03J

「Galaxy S8+ SC-03J」は大画面と持ちやすさを両立したGalaxy S8のディスプレイサイズをさらに大きくしたモデル。

ドコモスマホ史上最大となる6.2インチの巨大なディスプレイを搭載しながら横幅は73mmで5.5インチのXperia XZ Premiumより4mmもコンパクトサイズになっています。

大画面化にともなって1画面に2つのアプリを表示できるマルチウィンドウがさらに快適になり、ドコモのスマートフォンとして最大容量クラスの3,500mAhで動画やゲームも長時間楽しめます。

通信速度は2017年8月開始予定の国内最速の下り788Mbpsに対応。2017年6月8日発売。

●この端末をさらに詳しく

>>Galaxy S8+のレビューを読む

Galaxy S8+ SC-03Jのスペック(参照:Galaxy S8+ SC-03J|NTTドコモ
OS Android 7.0
ディスプレイ 6.2インチ、QHD(1,440×2,960)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約160×73×8.1mm・約173g
CPU Qualcomm MSM8998
2.35GHz+1.9GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 約1220万画素/約800万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 64GB/4GB
バッテリー容量 3,500mAh
カラー ミッドナイト ブラック/アークティック シルバー

Galaxy S8+ SC-03J

●NTTドコモ 2017夏モデル
Galaxy S8+ SC-03J
機種代金:—円

AQUOS R SH-03J

AQUOS R SH-03J

AQUOS R SH-03J

「AQUOS R」はAQUOS ZETAシリーズに変わるシャープの新フラグシップモデル。

臨場感ある映像美の「Reality」、圧倒的に気持ちよい操作感の「Response」、かしこくサポートする人工知能の「Robotics」、ずっと使える信頼性の「Reliability」といった4つの“R”が特徴です。

映像美を実現するのは従来機種の約1.8倍も高精細化されたWQHDディスプレイ。色の再現範囲は23%アップし、HDRに対応することで表現豊かな映像が楽しめます。

ディスプレイはハイスピードIGZOで画面スクロールや動きの激しいスポーツなどの動画でも残像を抑えたなめらかな映像と、1.5倍もアップした応答速度でなめらかで気持ち良い快適な操作感を実現しています。

通信速度は2017年8月以降に提供予定の下り最大788Mbpsに対応。従来機種の2倍以上の高速通信が利用できます。2017年7月7日発売。

●この端末をさらに詳しく

>>AQUOS Rのレビューを読む

AQUOS R SH-03Jのスペック(参照:AQUOS R SH-03J|NTTドコモ
OS Android 7.1
ディスプレイ 約5.3インチ、WQHD(1,440×2,560)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約153×74×8.7mm・169g
CPU Qualcomm MSM8998
2.2GHz+1.9GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 2,260万画素/1,630万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 64GB/4GB
バッテリー容量 3,160mAh
カラー ジルコニアホワイト/マーキュリーブラック/クリスタルラベンダー

AQUOS R SH-03J

●NTTドコモ 2017夏モデル
AQUOS R SH-03J
機種代金:—円

arrows Be F-05J

arrows Be F-05J

arrows Be F-05J

「arrows Be F-05J」は日本国内で設計・開発から製造まで実施された安心の国産モデル。

防水・防じんはもちろん、耐衝撃・耐振動・耐日射・防湿・塩水耐久など米国国防総省が定めた14項目のMIL規格に準拠することで長期間安心に利用できます。

画面割れにも強く、成人男性の耳の高さに相当する1.5mからコンクリートに落としたり、ディスプレイに100kg以上の荷重をかけても画面が割れたりボディが変形することなく、正常に動作します。

バッテリー容量は2,580mAh。3日間の電池持ちを実現するなどボディや画面のタフネスさに加えて長期間・長時間使える安心のモデルです。2017年6月1日発売。

なお、「arrows Be F-05J」はずっと月額1,500円が割り引かれる新プラン「docomo with」の対象機種です。

arrows Be F-05Jのスペック(参照:arrows Be F-05J|NTTドコモ
OS Android 7.1
ディスプレイ 約5.0インチ、HD(720×1,280)、IGZO液晶
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約144×72×7.8・141g
CPU Qualcomm MSM8916
1.2GHz
クアッドコア
カメラ(メイン/サブ) 1,310万画素/500万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 16GB/2GB
バッテリー容量 2,580mAh
カラー レッド/ブラック/ホワイト

arrows Be F-05J

●NTTドコモ 2017夏モデル
arrows Be F-05J
機種代金:—円

Galaxy Feel SC-04J

Galaxy Feel SC-04J

Galaxy Feel SC-04J

「Galaxy Feel SC-04J」は片手操作に最適な4.7インチのコンパクトモデル。

本体は幅67mm、薄さ8.3mm、そして画面サイズは片手操作に最適な4.7インチと手になじむサイズ感を実現。メタルフレームとガラスパネルを採用した高級感のあるボディには指紋認証センサが搭載されています。

コンパクトモデルで気になる電池持ちは4インチ台のドコモスマホとしては最大容量となる3,000mAhで長時間利用することができます。2017年6月15日発売。

なお、「Galaxy Feel」はずっと月額1,500円が割り引かれる新プラン「docomo with」の対象機種です。

Galaxy Feel SC-04Jのスペック(参照:Galaxy Feel SC-04J|NTTドコモ
OS Android 7.0
ディスプレイ 約4.7インチ、HD(720×1,280)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約138×67×8.3mm・149g
CPU Exynos 7870
1.6GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,600万画素/500万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 32GB/3GB
バッテリー容量 3,000mAh
カラー ムーンホワイト/インディゴブラック/オパールピンク

Galaxy Feel SC-04J

●NTTドコモ 2017夏モデル
Galaxy Feel SC-04J
機種代金:—円

Disney Mobile on docomo DM-01J(新色)

Disney Mobile on docomo DM-01J

Disney Mobile on docomo DM-01J

「Disney Mobile on docomo DM-01J」はミッキーたちと水の世界を楽しむスマートフォンがテーマのディズニー・モバイル

2017年冬モデルとして発売されたDM-01Jの新色ホワイトが今夏モデルとして追加されました。デザインもミッキーを採用した発売済みのカラーとは異なり、ディズニー・モバイルとして初めてドナルド&デイジーデザインが採用されています。

コンテンツには360度のパノラマでドナルドやデイジー、ミッキーなどのディズニーキャラクターが水の世界を楽しんでいる様子を描くライブ壁紙や「モアナと伝説の海」の壁紙を収録しています。2017年7月発売予定。

Disney Mobile on docomo DM-01Jのスペック(参照:Disney Mobile on docomo DM-01J|NTTドコモ
OS Android 6.0
ディスプレイ 約5.0インチ、HD(720×1,280)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約143×71×8.3mm・138g
CPU Qualcomm MSM8937
1.4GHz+1.1GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,310万画素/500万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 16GB/2GB
バッテリー容量 2,700mAh
カラー ホワイト(新色)/ピンク/ブルー

Disney Mobile on docomo DM-01J

●NTTドコモ 2017夏モデル
Disney Mobile on docomo DM-01J
機種代金:—円

▲目次にもどる

au 2017夏モデル 7機種

au 2017夏モデル

au 2017夏モデル

auからは他社が取り扱う5機種に加え、auオリジナルモデルなど全7機種のスマートフォンが発表されました。

今夏モデルから受信時最大590Mbpsの高速データ通信に対応するスマートフォンも登場しました。

Galaxy S8 SCV36

Galaxy S8 SCV36

Galaxy S8 SCV36

「Galaxy S8 SCV36」はフレームをそぎ落とすことで大画面でありながらスリムで握りやすいコンパクトサイズのスマートフォン。

ベゼルレスデザインによって画面占有率が80%を大きく超え、大画面ながら片手でも操作できるサイズ感をキープしています。

細長い18.5:9の画面比率によって映画など横画面で動画を楽しむ時は迫力ある映像を、縦画面でSNSを楽しむ時は1画面に多くの情報量を表示することができます。

通信速度は受信最大590Mbpsの高速データ通信に対応。2017年6月8日発売。

●この端末をさらに詳しく

>>Galaxy S8のレビューを読む

Galaxy S8 SCV36のスペック(参照:Galaxy S8|au
OS Android 7.0
ディスプレイ 約5.8インチ、QHD(1,440×2,960)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約149×68×8.0mm・約150g
CPU Qualcomm MSM8998
2.35GHz+1.9GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 約1220万画素/約800万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 64GB/4GB
バッテリー容量 3,000mAh
カラー オーキッド グレー/コーラル ブルー/ミッドナイト ブラック

Galaxy S8 SCV36

●au 2017夏モデル
Galaxy S8 SCV36
機種代金:—円

Galaxy S8+ SCV35

Galaxy S8+ SCV35

Galaxy S8+ SCV35

「Galaxy S8+ SCV35」はGalaxy S8よりもさらに大画面のディスプレイを搭載したスマートフォン。

フレームを極限までそぎ落とすことで6.2インチの巨大スクリーンを搭載しながら5.5インチのGalaxy S7 edgeと同じ幅をキープ。大画面と使いやすさを両立したコンパクトサイズです。

今回、新たにインテリジェンス機能「Bixby」を搭載。スマホの使い方や位置情報、時間を解析して適切なタイミングで機能をオススメしてくれたり、リマインドしてくれるBixby Home、物や建物(場所)にカメラをかざすだけでオンラインでの商品検索や場所の情報、テキストの翻訳が利用できるBixby Visionなど、スマートフォンをより便利に使うための新しいインターフェースが搭載されています。

通信速度は受信最大590Mbpsの高速データ通信に対応。2017年6月8日発売。

●この端末をさらに詳しく

>>Galaxy S8+のレビューを読む

Galaxy S8+ SCV35のスペック(参照:Galaxy S8+|au
OS Android 7.0
ディスプレイ 6.2インチ、QHD(1,440×2,960)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約160×73×8.1mm・約173g
CPU Qualcomm MSM8998
2.35GHz+1.9GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 約1220万画素/約800万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 64GB/4GB
バッテリー容量 3,500mAh
カラー ミッドナイト ブラック/アークティック シルバー

Galaxy S8+ SCV35

●au 2017夏モデル
Galaxy S8+ SCV35
機種代金:—円

Xperia XZs SOV35

Xperia XZs SOV35

Xperia XZs SOV35

「Xperia XZs SOV35」はなにげない一瞬を印象的に記録できるスーパースロー撮影に対応したスマートフォン。

最大の特徴はカメラ。スポーツ番組や映画で見るような1秒960コマのスーパースロー映像や動く被写体を自動検知して最大4枚の写真を撮影することでベストショットを残すことができます。

ディスプレイ面、側面、背面のすべてを同じ色でカラーリングされた360度美しいデザインのボディは高輝度・高純度のメタル素材アルカレイドにサンドブラスト加工を施したマットな質感で見て触って素晴らしいデザインになっています。

通信速度は受信最大370Mbpsの高速データ通信に対応。2017年5月26日発売。

●この端末をさらに詳しく

>>Xperia XZsのレビューを読む

Xperia XZs SOV35のスペック(参照:Xperia XZs SOV35|au
OS Android 7.1
ディスプレイ 約5.2インチ、フルHD(1,920×1,080)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約146x72x8.1mm・約161g
CPU Qualcomm MSM8996
2.2GHz+1.6GHz
クアッドコア
カメラ(メイン/サブ) 約1,920万画素/約1,320万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 32GB/4GB
バッテリー容量 2,900mAh
カラー ブラック/ウォームシルバー/アイスブルー/シトラス

Xperia XZs SOV35

●au 2017夏モデル
Xperia XZs SOV35
機種代金:—円

AQUOS R SHV39

AQUOS R SHV39

AQUOS R SHV39

「AQUOS R SHV39」はAQUOS SERIEにかわるフラグシップスマートフォン。

5.3インチのIGZO液晶は、指が濡れていたり画面に水滴が付いていても誤操作を起こさないお風呂でも使える防水に対応。動作の激しい動画やスクロール時でも残像がほぼ見えないなめらかで気持ち良い表示が可能です。

パッケージに同梱されている充電スタンド「ロボクル」にAQUOS Rを挿すと人の顔をサブカメラで検知し、人がいる方向にくるっと回転。進化したエモパー 6.0がメールの新着通知や不在着信、天気や急上昇ワードなどの情報を通知してくれます。

通信速度は受信最大590Mbpsの高速データ通信に対応。2017年7月7日発売。

●この端末をさらに詳しく

>>AQUOS Rのレビューを読む

AQUOS R SHV39のスペック(参照:AQUOS R SHV39|au
OS Android 7.1
ディスプレイ 約5.3インチ、WQHD(1,440×2,560)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約153×74×8.7mm・169g
CPU Qualcomm MSM8998
2.2GHz+1.9GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 2,260万画素/1,630万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 64GB/4GB
バッテリー容量 3,160mAh
カラー マーキュリーブラック/ジルコニアホワイト/ライトゴールド

AQUOS R SHV39

●au 2017夏モデル
AQUOS R SHV39
機種代金:—円

HTC U11 HTV33

HTC U11 HTV33

HTC U11 HTV33

「HTC U11 HTV33」はシンプルな“握る”操作で新たな世界に導くスマートフォン。

ボディの側面下部に配置された独自センサー「エッジセンス」が握る操作を検知し、スリープモードからカメラを起動して写真を撮影したり、お気に入りのアプリを起動したり、AI機能「Google アシスタント」を起動できます。

カメラは明るいF値1.7のレンズ、光学式5軸手ブレ補正、高速オートフォーカスに対応。DxOMark mobileにおいてiPhoneなどを抜いて史上最高評価を獲得した世界最高のカメラを搭載しています(2017年5月末時点)。

通信速度は受信最大558Mbpsの高速データ通信に対応。2017年7月14日発売。

HTC U11 HTV33のスペック(参照:HTC U11 HTV33|au
OS Android 7.1
ディスプレイ 約5.5インチ、WQHD(1,440×2,560)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約154×76×8.3mm・170g
CPU Qualcomm MSM8998
2.36~2.45GHz+1.9GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,200万画素/1,600万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 64GB/4GB
バッテリー容量 3,000mAh
カラー サファイア ブルー/ブリリアント ブラック

HTC U11 HTV33

●au 2017夏モデル
HTC U11 HTV33
機種代金:—円

TORQUE G03

TORQUE G03

TORQUE G03

「TORQUE G03」はTORQUE史上最強のタフネススマートフォン。

新たに画面割れを防ぐ独自のガラス割れ防止構造「ハイブリッドシールド」、衝撃を受けやすい四隅をガードする「コーナーバンパー」、背面カバーの外れを防止する「背面ロック機構」などを搭載。屋外や作業現場での通話利用や写真撮影を想定して高さ1.8mから鉄板やコンクリートに落下させる独自試験もクリアしています。

防水・防じんはもちろん耐海水、塩水耐久、温度耐久など米国国防省が定める耐久試験MILの19項目に準拠したタフネス設計です。2017年6月30日発売。

TORQUE G03のスペック(参照:TORQUE G03|au
OS Android 7.1
ディスプレイ 約4.6インチ、HD(720×1,280)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約145×71×13.6mm・198g
CPU Qualcomm MSM8953
2.0GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,300万画素/500万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 32GB/3GB
バッテリー容量 2,940mAh
カラー グリーン/ブラック/ブルー

TORQUE G03

●au 2017夏モデル
TORQUE G03
機種代金:—円

Qua phone QX

Qua phone QX

Qua phone QX

「Qua phone QX」は通話品質を高め、丈夫さと使いやすさを兼ね備えたauのオリジナルスマートフォン。

音声通話を騒がしい場所でも聞きやすいよう「スマートソニックレシーバー」を搭載。ディスプレイ全体が振動することで耳の当てる位置を気にせずにクリアな音声が聞き取れます。
さらに「聞こえ調整」により、相手の声をやわらかく・はっきりと・おさえめにと3段階に調整できます。

同じ相手から10分以内に2回以上の不在着信が続くと段階的に着信音を大きくしたり、バイブレーションを長く振動させることで着信が気づきやすくなる機能を備えます。

耐衝撃、防水、温度耐久など6項目のMIL規格に準拠した丈夫なボディには使いやすさを考慮してディスプレイ下の正面に電源ボタンを配置しています。2017年7月14日発売。

Qua phone QXのスペック(参照:Qua phone QX|au
OS Android 7.1
ディスプレイ 約5.0インチ、HD(720×1,280)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約146×73×8.9mm・139g
CPU Qualcomm MSM8937
1.4GHz+1.1GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,300万画素/500万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 16GB/2GB
バッテリー容量 2,600mAh
カラー ホワイト/ブラック/ピンク

Qua phone QX

●au 2017夏モデル
Qua phone QX
機種代金:—円

▲目次にもどる

ソフトバンク / ワイモバイル 2017夏モデル 6機種

ソフトバンク 2017夏モデル

ソフトバンク 2017夏モデル

ソフトバンクからは5機種、ワイモバイルから1機種の2017年夏モデルが発表されました。

夏モデルの発売に合わせて高音質な通話を実現する「VoLTE(HD+)」がスタート。ソフトバンクのスマホ史上最速となる受信時最大612Mbpsに対応するモデルも発表されています。

Xperia XZs

Xperia XZs

Xperia XZs

「Xperia XZs」は通常の32倍のコマを撮影できるスーパースローモーション撮影機能対応のスマートフォン。

最大の特徴となるカメラは通常1秒30コマで撮影するところ32倍の960コマで撮影する「スーパースローモーション」撮影に対応。そのほか、シャッターボタンを押した瞬間から遡って3枚の写真を同時に記録することで決定的な瞬間を逃さない「先読み撮影」に対応しています。

バッテリー機能ではSTAMINAモードが進化。ユーザーの使用環境を学習してバッテリー切れの時間を予測していつもよりバッテリーの使用量が多い時は通知してお知らせする機能を搭載しました。
起床時間などを考慮して充電することでバッテリーの寿命を長くする「いたわり充電」ではアラームの設定時間を参照することでより最適に充電できるようになっています。

通信速度は受信最大350Mbpsの高速データ通信に対応。2017年5月26日発売。

●この端末をさらに詳しく

>>Xperia XZsのレビューを読む

Xperia XZsのスペック(参照:Xperia XZs|ソフトバンク
OS Android 7.1
ディスプレイ 約5.2インチ、フルHD(1,920×1,080)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約146x72x8.1mm・約161g
CPU Qualcomm MSM8996
2.2GHz+1.6GHz
クアッドコア
カメラ(メイン/サブ) 約1,920万画素/約1,320万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 32GB/4GB
バッテリー容量 2,900mAh
カラー アイスブルー/ブラック/ウォームシルバー/シトラス

Xperia XZs

[最大4万円キャッシュバック対象機種]
●ソフトバンク 2017夏モデル
Xperia XZs
機種代金:月々5,733円~
(端末代 + 通話し放題 + ネットし放題)

AQUOS R

AQUOS R

AQUOS R

「AQUOS R」はAQUOS Xxにかわるフラグシップスマートフォン。

ディスプレイは最大120HzのハイスピードIGZO液晶で残像を抑えたなめらかな表示が可能。激しい動きの動画でも目が疲れず利用できます。

カメラは広角22mm相当の2,260万画素でAQUOS史上最高の超広角レンズ、高画素センサーを搭載。インカメラも広角23mm相当の1,630万画素で外付けレンズや自撮り棒などを用意することなく風景写真の撮影やセルフィーが楽しめます。

なお、OSアップデートは発売日から2年間継続対応。最新のOSでAQUOS Rをより長く利用できます。

通信速度はソフトバンクスマホ史上最高の受信最大612Mbpsの高速データ通信に対応。2017年7月7日発売。

●この端末をさらに詳しく

>>AQUOS Rのレビューを読む

AQUOS Rのスペック(参照:AQUOS R|ソフトバンク
OS Android 7.1
ディスプレイ 約5.3インチ、WQHD(1,440×2,560)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約153×74×8.7mm・169g
CPU Qualcomm MSM8998
2.2GHz+1.9GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 2,260万画素/1,630万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 64GB/4GB
バッテリー容量 3,160mAh
カラー マーキュリーブラック/ブレイズオレンジ

AQUOS R

[最大4万円キャッシュバック対象機種]
●ソフトバンク 2017夏モデル
AQUOS R
機種代金:月々5,733円~
(端末代 + 通話し放題 + ネットし放題)

AQUOS ea

AQUOS ea

AQUOS ea

「AQUOS ea」は消費電力を大幅に抑えたIGZO液晶と大容量の3,010mAhのバッテリーで長時間の電池持ちを実現したスタミナスマートフォン。

画面に水滴が付いたり、指が濡れた状態で操作しても誤操作しにくいためお風呂や台所など水回りでも快適に利用できる防水にも対応しています。

人工知能「エモパー」も最新のバージョン6.0を搭載。使っている人の利用方法や好みに応じて成長することで適切なタイミングでメッセージを語りかけてくれます。2017年7月14日発売。

AQUOS eaのスペック(参照:AQUOS ea|ソフトバンク
OS Android 7.0
ディスプレイ 約4.7インチ、フルHD(1,920×1,080)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約142x71x8.8mm・約135g
CPU Qualcomm MSM8952
1.5GHz/1.2GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 約1,310万画素/約500万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 16GB/2GB
バッテリー容量 3,000mAh
カラー ホワイト/ブラック/ピンク

AQUOS ea

[最大4万円キャッシュバック対象機種]
●ソフトバンク 2017夏モデル
AQUOS ea
機種代金:月々3,404円~
(端末代 + 通話し放題 + ネットし放題)

HTC U11

HTC U11

HTC U11

「HTC U11」は圧倒的な臨場感で楽しめる高品質VRが楽しめるスマートフォン

HTC U11と別売りのモバイルVRデバイス「LINK」をつなぐと、まるで自分がVR空間に存在するかのように、自由に動き回る高品質なVR体験が気軽に楽しめます。

オーディオはハイレゾ対応の高性能ノイズキャンセリングイヤホンが同梱。内耳の構造を認識して聞き取りづらい音をイコライザで自動補正してくれる機能を備えます。

ボディの側面下部には独自センサー「エッジセンス」を握ることでスリープモードからお気に入りのアプリを起動したりカメラを起動してシャッターボタン代わりに利用することもできます。2017年7月14日発売。

HTC U11のスペック(参照:HTC U11|ソフトバンク
OS Android 7.1
ディスプレイ 約5.5インチ、WQHD(1,440×2,560)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約154×76×8.3mm・170g
CPU Qualcomm MSM8998
2.36~2.45GHz+1.9GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,200万画素/1,600万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 64GB/4GB
バッテリー容量 3,000mAh
カラー アメイジング シルバー/ブリリアント ブラック/アイス ホワイト

HTC U11

[最大4万円キャッシュバック対象機種]
●ソフトバンク 2017夏モデル
HTC U11
機種代金:月々5,733円~
(端末代 + 通話し放題 + ネットし放題)

DIGNO G

DIGNO G

DIGNO G

「DIGNO G」はスマホ初心者でも使いやすく長持ちのスマートフォン。

防水・防じんに加え、耐衝撃などMIL規格に準拠したタフネス仕様が特徴。ディスプレイは濡れた指で操作しても誤動作しにくく、お風呂など水回りでも快適に使えます。バッテリーの容量は2,300mAhで出張や旅行でも安心の3日間以上の電池持ちを実現しています。

ホーム画面やメニュー画面はスマホ初心者にも使いやすい設計に。携帯電話に近い感覚で使えるホームアプリや文字入力アプリが搭載されているためスマホデビューの人でも迷うことなく操作できます。

その他にも携帯電話のデータをスマホにカンタンに移行できるよう赤外線センサーや歩数や消費カロリーを確認できる歩数計など便利な機能を搭載しています。2017年7月上旬発売予定。

DIGNO Gのスペック(参照:DIGNO G|ソフトバンク
OS Android 7.1
ディスプレイ 約5.0インチ、HD(1,280×720)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約143×72×10.6mm・142g
CPU Qualcomm MSM8917
1.4GHz
クアッドコア
カメラ(メイン/サブ) 1,300万画素/200万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 16GB/2GB
バッテリー容量 2,300mAh
カラー ホワイト/ブラック/レッド

DIGNO G

[最大4万円キャッシュバック対象機種]
●ソフトバンク 2017夏モデル
DIGNO G
機種代金:月々2,505円~
(端末代 + 通話し放題 + ネットし放題)

Android One X1

Android One X1

Android One X1

「Android One X1」はAndroid Oneシリーズとして初めておサイフケータイに対応したスマートフォン。

「Android One」シリーズは、最新バージョンのAndroidが18ヶ月に1回以上配信され、セキュリティアップデートも毎月提供されるモデル。そのAndroid Oneとして初めてFeliCa搭載のおサイフケータイに対応することでモバイルSuicaなどが利用できます。

省電力に優れたIGZO液晶と3,900mAhの大容量バッテリーによって4日間を超える電池持ちを実現するスタミナ性も魅力的。防水・防じんに対応するほか、広角レンズで高精細なフロントカメラを搭載しています。2017年6月30日発売。

Android One X1のスペック(参照:Android One X1|Y!mobile
OS Android 7.1.1
ディスプレイ 5.3インチ、フルHD(1,920×1,080)
大きさ(縦×横×厚さ)・重さ 約24×152×8.9mm・約189g
CPU Qualcomm MSM8940
1.4GHz+1.1GHz
オクタコア
カメラ(メイン/サブ) 1,640万画素/800万画素
内蔵メモリ(ROM/RAM) 32GB/3GB
バッテリー容量 3,900mAh
カラー ダークパープル/ミントグリーン/ホワイト

Android One X1

●ソフトバンク 2017夏モデル
Android One X1
機種代金:—円

▲目次にもどる

まとめ:Galaxy S8 / S8+、HTC U11に注目!

4キャリアから発表された2017年夏モデル21機種を紹介しました。中でも人気を集めるのはGalaxy S8 / S8+でしょう。ドコモとauから発売されると、両キャリアのオンラインショップではやくもXperia XZsを抑えて1位を獲得しました。

他にも“握る”というこれまでになかった操作感やこれからスマホのトレンドになるAIとしてGoogleアシスタント、Amazon alexa、HTCセンスコンパニオンといった3つのAIに対応するほか、世界最高のカメラを搭載する「HTC U11」が面白い存在です。

さらに、以下の機種は当サイトで取扱販売している機種の中で、最大4万円キャッシュバックの対応機種となっています。

月々の支払いも[端末代+通話し放題+ネットし放題]と、Web販売ならではのシンプルな料金体系なので、この機会にぜひチェックしてみて下さい!

Xperia XZs

[最大4万円キャッシュバック対象機種]
●ソフトバンク 2017夏モデル
Xperia XZs
機種代金:月々5,733円~
(端末代 + 通話し放題 + ネットし放題)

AQUOS R

[最大4万円キャッシュバック対象機種]
●ソフトバンク 2017夏モデル
AQUOS R
機種代金:月々5,733円~
(端末代 + 通話し放題 + ネットし放題)

モバレコでは各機種の詳細レビューを掲載する予定なので新機種を購入する際は参考にしてください。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマートフォンやウェアラブルなどを専門的に取り扱う「携帯総合研究所」を運営しているブロガーです。前職はシステムエンジニアでプログラムの経験を活かしてアプリの開発もはじめました!