Galaxy S8/S8+を便利に使うために押さえておきたい8つの設定・機能

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
Galaxy S8S8+を便利に使うために押さえておきたい8つの設定・機能

Galaxy S8/S8+は、2017年6月8日にauとドコモから発売された高性能なフラッグシップモデルです。機能面においてもフラッグシップの名に恥じない仕上がりです。今回は、購入したら確認しておきたい設定項目をピックアップしました。参考に設定してみてください。

目次:

1. セキュリティ性が高い生体認証を活用しよう

端末の情報を守るために画面ロックをかけて、セキュリティはしっかりしておきましょう。Galaxy S8/S8+は、顔認証、指紋認証、虹彩認証から選ぶことができます。

生体認証の設定生体認証の設定

【設定】 > 【ロック画面とセキュリティ】
生体認証の設定生体認証の設定

画面の指示に従って指紋と虹彩を登録する
生体認証の設定

【画面ロックの種類】で指紋認証と虹彩認証がONになっていることを確認

指紋認証と顔認証は同時に利用できないため、今回は指紋認証と虹彩認証の設定手順をご紹介しました。PINやパターンなどよりもセキュアで、シームレスにロックを解除できます。購入したらまず最初に設定してほしい項目です。

2. クイック設定の項目をカスタマイズ

クイック設定の項目をカスタマイズクイック設定の項目をカスタマイズ

画面上部から下にスワイプし、歯車アイコンをタップして設定項目を出す
クイック設定の項目をカスタマイズクイック設定の項目をカスタマイズ

ボタンの順序とグリッド数を変更できる

クイック設定パネルではWi-FiやBluetooth、自動回転など様々な項目のON / OFFを切り替えることができます。ボタンの順序では不要な項目を削除したり、よく使う設定をタッチしやすい位置に配置できます。

ボタングリッドは1ページに配置できるボタンの数です。好みに応じて変更するといいでしょう。

3. エッジスクリーンを便利に使えるエッジパネル

エッジスクリーンを便利にエッジスクリーンを便利に

【設定】 > 【ディスプレイ】 > 【エッジスクリーン】
エッジスクリーンを便利に

【エッジパネル】と【Edge lighting】をONにする

Galaxy S8/S8+は画面サイドがカーブしているエッジスクリーンを採用しています。この部分を活用するための機能として、エッジパネルとEdge lightingが搭載されています。

エッジスクリーンを便利に

【エッジパネル】の設定画面

エッジパネルは、画面の端に表示されるエッジパネルハンドルを画面中央にスワイプすると多数の便利機能が利用できるというもの。アプリランチャーや天気など表示内容をカスタマイズしたり、追加でダウンロードすることも可能です。

エッジスクリーンを便利にエッジスクリーンを便利に

【Edge lighting】の設定画面

Edge Lightingは通知を受信するとエッジ部分を点灯させる機能です。エッジスクリーンにより、画面を下にして置いても通知がわかるのがポイント。光らせるタイミングと通知を受信するアプリを選択できます。

4. ナビゲーションバーの順番を変えていつもの使い心地に

ナビゲーションバーの順番を変えるナビゲーションバーの順番を変える

【設定】 > 【ディスプレイ】 > 【ナビゲーションバー】
ナビゲーションバーの順番を変える

【ナビゲーションバー】の設定画面

Galaxy S8/S8+は、ナビゲーションバーにソフトウェアキーを採用しており、配置を変更することが可能

好みに合わせてGalaxy標準の「履歴ボタン・ホームボタン・戻るボタン」と、Android標準の「戻るボタン・ホームボタン・履歴ボタン」から選べます。

5. Always On Displayでいつでも情報をチェック

Always On Displayを設定Always On Displayを設定

【設定】 > 【ロック画面とセキュリティ】 > 【Always On Display】
Always On Displayを設定

Always On Displayの設定画面

Always On Displayは、画面消灯時でも常時コンテンツを表示しておける機能です。表示できるのは大きく分けて時計、カレンダー、画像の3つ。他にも通知やバッテリー残量が表示されます。Always On Displayのバッテリー消費量は僅かなので、電池持ちが気になる人もぜひ使ってもらいたい機能です。

6. 片手でもらくらく操作できる片手モード

片手モードの設定片手モードの設定

【設定】 > 【高度な機能】 > 【片手モード】
片手モードの設定

【片手モード】の設定画面(片手モードONの状態)

快適な片手操作をサポートする片手モードへの切り替え方法は、【画面端からのスワイプ】と【ホームボタンの3回タップ】から選択できます。

特にGalaxy S8+は片手でスムーズに操作するのは難しいので、重宝すると思います。

7. 指紋センサーでジェスチャー操作

指紋センサーでジェスチャー操作指紋センサーでジェスチャー操作

【設定】 > 【高度な機能】 > 【指紋センサーのジェスチャー】
指紋センサーでジェスチャー操作

【指紋センサーのジェスチャー】の設定画面

Galaxy S8は、アスペクト比が18.5:9の縦に長いディスプレイを搭載しています。これにより、画面上部に指が届きにくくタッチしづらいことがあります。

そこで便利なのが指紋センサーのジェスチャーです。センサーを上下にスワイプで画面上部で操作する通知パネルを開閉できます。

8. 様々な機能が集約されている端末のメンテナンス

端末のメンテナンス端末のメンテナンス

【設定】 > 【端末のメンテナンス】
端末のメンテナンス

最適化をタップすると、改善点を提案してくれる

端末のメンテナンスは、現在の端末の状態を点数で示してくれます。また、どうすれば点数が上がるのか、要するにもっと良い状態で使えるのかを提案してくれます。

今回はウイルススキャンをONにして10pアップさせることがおすすめされています。

端末のメンテナンス端末のメンテナンス

【バッテリー】と【パフォーマンスモード】の画面

最初の画面の下側に表示されている「バッテリー、パフォーマンス、ストレージ、メモリ、端末の保護」をタップすると、それぞれ詳細な情報を取得したり設定を変更することができるようになっています。

例えばバッテリーでは省電力モードの切り替え、パフォーマンスモードでは用途に合わせて性能を調整できます。

使い方まとめ:自分だけの相棒に

まず最初に指紋と虹彩認証を登録し、ロック解除できるようにしておきましょう。有機ELの特性を活かしたAlways On Displayは使わない手はありません、少ない消費電力でいつでも時間や情報をチェックできるのは便利です。

また、Android標準のナビゲーションバーに慣れている人は配列の変更がおすすめです。Galaxy S8+は特に、片手モードと指紋センサーのジェスチャーを有効にしておくと便利です。

設定パネルやナビゲーションバーの順序変更など基礎的な設定から、エッジスクリーンや指紋センサーを活用した便利機能まで幅広くご紹介しました。便利な機能でもデフォルトでOFFになっているものがあるので、購入後に一度確認してみてください。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

マイナーなガジェットを追いかける変態端末愛好家。変わったものと新しいものはとりあえず買ってみるをモットーに活動中。