HUAWEI P10 lite レビュー!低価格はそのまま、容量とデザインが進化した最新モデル!

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
HUAWEI P10 lite レビュー!低価格はそのまま、容量とデザインが進化した最新モデル!

HUAWEI(ファーウェイ)の最新スマートフォン「P10(ピー・テン)」の低価格ラインナップとして発売された「P10 lite(ピー・テン・ライト)」。
先代のP8lite、P9 liteともにコスパの高い機種として定評がありましたが、今年のP10 liteはより一層磨きがかかっています。今回は飛躍的に質感が高まったその外観の紹介に加え、性能やカメラの作例なども交えてP10 liteの使い勝手を紹介していきます。

HUAWEI P10 lite

HUAWEI P10 lite
ファーウェイ/ピー・テン・ライト
[サファイアブルー、パールホワイト、ミッドナイトブラック、プラチナゴールド]

販売価格 26,792円(税込) メーカー価格 32,378円

目次:

HUAWEI P10 liteのスペックを確認

まずはP10 liteのスペックシートを確認していきます。

サイズ 高さ約146.5 mm
幅約72 mm
厚さ約7.2 mm
重さ約146 g
カラー サファイアブルー、パールホワイト、ミッドナイトブラック、プラチナゴールド(SIMフリー専用)、サクラピンク(UQモバイル専用)
OS Android™ 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1
プロセッサ Huawei Kirin658 オクタコア (4×2.1GHz+4×1.7GHz)
RAM 3GB
内蔵ストレージ 32GB
バッテリ- 3,000mAh
画面サイズ 5.2インチ
解像度 1,920×1,080
メインカメラ 1,200万画素(1.25μmピクセル/ 開口部F2.2/ 像面位相差AF+コントラストAF/ 電子手振れ補正/ BSI)
インカメラ 800万画素(開口部F2.0/FF/BSI)
通信速度 下り(受信時)最大262.5Mbps
上り(送信時)最大50Mbps
通信方式 FDD-LTE : B1/3/5/7/8/18/19/26 (au VoLTE対応予定※3)
TDD-LTE : B41
2CA対応
W-CDMA : B1/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
セカンダリーSIM : GSMの上記周波数

低価格帯のSIMフリースマートフォンは16GBのストレージのものが多い中、P10 liteはしっかり32GB搭載。microSDで容量の増設も可能なため、基本的にストレージ容量には困らない安心感のあるモデルとなっています。RAMも3GB、バッテリーも3,000mAhの大容量のものを搭載しており、低価格ながらスペック面での不安が少ない機種です。

HUAWEI P10 lite

先代モデルとスペック比較

高いコスパを誇るモデルとして人気だった先代モデルのP8liteとP9 liteのスペックを交えて比較していきます。

P8lite P9 lite P10 lite
サイズ 高さ 約143 × 幅 約71 × 厚さ 約7.7mm 高さ 約146.8 × 幅 約72.6 × 厚さ 約7.5mm 高さ 約146.5 × 幅 約72 × 厚さ 約7.2 mm
重量 約131g 約147g 約146g
プロセッサ Kirin 620 1.2GHz Octa-core Kirin650 Octa-core (2GHz Quad-core + 1.7GHz Quad-core) Kirin658 オクタコア (4×2.1GHz+4×1.7GHz)
バッテリー容量 2,200mAh 3,000mAh 3,000mAh
画面サイズ 5インチ 5.2インチ 5.2インチ
解像度 1,280×720 1,920×1,080 1,920×1,080
メインカメラ 約1,300万画素 約1,300万画素 約1,200万画素
インカメラ 約500万画素 約800万画素 約800万画素
RAM 2GB 2GB 3GB
内蔵ストレージ 16GB 16GB 32GB

先代のP9 liteでバッテリー容量、P8liteで抱えていた解像度に関する不安は取り払われていたものの、やはりRAMと内蔵ストレージ容量が少ないことが普段使いで気になる点でした。今回のP10 liteはこれらの不満が全て取り払われており、安心して使うことができるスペックとなっています。

P10 liteのベンチマークスコア

AnTuTuベンチマークにより計測したスコアは以下のとおり。

AuTuTuスコアは57954

AuTuTuスコアは57954

スコアは57954となっており、先代のP9 liteからのスペックアップが感じられます。プロセッサに独自のKirinプロセッサを採用しているのもファーウェイの機種の特徴。P9 liteで搭載していたKirin650から今回Kirin658に変更されており、低価格ながらにコスパの良い性能を底上げする形となっています。

HUAWEI P10 lite

飛躍的に磨きがかかった質感の高いP10 liteの外観をチェック

P10 liteの一目で分かる最大の特徴はその「外観」。P8lite、P9 liteは背面のプラスチックにコストダウンを感じる外観となっていましたが、P10 liteでは一変。光沢フィルムにガラスを重ねた背面はその価格帯を感じさせない質感に仕上がっています。

背面の質感

背面の質感

P10 lite最大のデザイン上の特徴である背面の質感は角度によって表情を変える独特の反射をするもので、P8liteやP9 liteのプラスチックから飛躍的に完成度が上がっています。

指紋センサー

指紋センサー

指紋センサーは背面上部に配置されています。指紋認証によるロック解除だけでなく、スワイプで通知パネルを表示する機能などが利用できるトラックパッドとしても機能する便利機能も搭載されています。

背面上辺

背面上辺

背面の最上部はアンテナラインに合わせて質感がツートンになっていますが、違和感も無く上手く馴染んでいます。

前面

前面

本体前面は下部にHUAWEIロゴがプリントされているほか、画面は2.5Dガラスで丸みを帯びており、手に馴染む形状。

右側面

右側面

右側面にボリューム・電源ボタンを配置。例年のファーウェイの廉価モデルと比較するとフレームの処理が変わっており、従来の廉価モデル特有の光沢感などが抑えられ、マットな金属フレームで高級機に近い質感に変更されています。

上辺

上辺

イヤホンジャックは上部に配置されています。

左側面

左側面

左側面に配置されているSIM・microSDトレイはSIMピンで取り出すオーソドックスなもの。

下辺

下辺

下辺にはmicroUSB端子を搭載。

SIMトレイ

SIMトレイ

SIMトレイを取り出したところ。デュアルSIM端末となっていますが、2枚目のSIMスロットはmicroSDスロット兼用となっており、デュアルSIMとmicroSDの同時利用はできません。

HUAWEI P10 lite

P10 liteのカメラ性能を作例を交えて紹介

P10 liteには約1,300万画素のメインカメラが搭載されています。ファーウェイのカメラは昨年のLeica監修のダブルレンズ搭載の「P9」を皮切りに近年高い評価を受けていますが、P10 liteも上位モデルのようなダブルレンズこそは搭載していないものの、価格帯に対して高いレベルの写真が撮影できる機種となっています。

撮影モード

撮影モード

P10 liteのカメラには様々な撮影モードが搭載されており、HDRやパノラマなど撮影モードを使い分けて使うことが可能。なお、料理に最適化された写真を撮影できるナイスフードモードはデフォルトでは表示されておらず、「その他」からダウンロードして導入する必要があります。

実際に撮影した作例は以下のとおり。

HUAWEI P10 lite カメラ作例:料理を撮影したところ

料理を撮影したところ。デフォルトのモードでも食欲をそそる自然な発色になっています
HUAWEI P10 lite カメラ作例:花を接写

花を接写。被写体のディテールが細部まで描写できている一方で、背景もしっかりボケています
HUAWEI P10 lite カメラ作例:渋谷にて109を撮影

渋谷にて109を撮影。空の色も不自然にならず撮れています
HUAWEI P10 lite カメラ作例:夜の秋葉原にて

夜の秋葉原にて。夜景も健闘しています

ナイスフードモードを試す

カメラ作例:通常モードカメラ作例:ナイスフードモード

通常のモード(左)とナイスフードモード(右)で料理を撮影したところ。通常のモードでは自然な色ですが、ナイスフードモードはアプリでフィルタをかけたような強調された発色になります。

カメラ作例:通常モードカメラ作例:ナイスフードモード

こちらも通常のモード(左)とナイスフードモード(右)で撮影。コントラストが非常に強調されることがわかります。

光量不足のシーンではオートでそのまま撮影してもオートフォーカス精度、色の再現度などもこの価格帯としては実用的で、写真をよく撮ってSNSなどに投稿したいといったニーズにも応える機種となっています。

HUAWEI P10 lite

まとめ

代々コストパフォーマンスの高さが評価されてきたファーウェイのPシリーズのliteモデル。
今回の比較から、P8liteからP9 liteで改善された「バッテリー容量」「解像度」などの良い点はそのまま、P9 liteの弱点であった「ストレージ容量」「RAM」などのスペック的な弱みが改善されました。
例年価格相応だった外観に関しても飛躍的に上位モデルに近い質感にブラッシュアップされており、昨年以上の完成度の高い機種に仕上がっています。

SIMフリースマホとしてはデュアルSIMには対応するものの4G+3GのデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に非対応な点、2つ目のSIMスロットがmicroSDスロット兼用の排他仕様である点などは弱点として挙げられるものの、今回内蔵ストレージ容量が16GBから32GBにアップしているためmicroSD無しでの運用も楽になり、海外渡航時に4G+2Gで運用するにも実用的になっています。

スペックカメラデザインと、三拍子揃ったP10 lite。
本体価格を抑えながらも、普段使いに必要十分な性能、SNS投稿にも便利なカメラ、質感の高い外観を兼ね備えた、コストパフォーマンスの高いおススメの1台です。

HUAWEI P10 lite の購入

モバレコでは人気の「HUAWEI P10 lite」を特別価格で販売中。ネットでの購入なら、ショップでの待ち時間も無く、自宅から簡単に購入できて、しかも安い!

HUAWEI P10 lite

カラーは、「サファイアブル―」「パールホワイト」「ミッドナイトブラック」「プラチナゴールド」の4色。このスペックで3万円を切る価格帯。高いコストパフォーマンスを誇るHUAWEI P10 liteオススメです!

HUAWEI P10 lite

HUAWEI P10 lite
ファーウェイ/ピー・テン・ライト
[サファイアブルー、パールホワイト、ミッドナイトブラック、プラチナゴールド]

販売価格 26,792円(税込) メーカー価格 32,378円

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ブログ「ガジェットショット」を作った大学生、デザイナー、ライター。Apple製品を中心に愛用しています。