格安SIMとiPhone SE(第2世代)は相性バツグン? セット運用のメリット・デメリット解説

書いた人: 恐竜也

カテゴリ: 格安SIM

格安SIM iPhone SE

持ちやすいサイズ感と低価格で好評の「iPhone SE」の第2世代が、2020年4月24日に発売されました。

小さいボディながら、iPhone 11 Proと同等のA13 Bionicチップを搭載しており、4万円代から購入できることから、第2世代のiPhone SEも話題を呼んでおります。

iPhone SE(第2世代)の購入を考えており、スマホ代を安くしたいという人は、格安SIMでiPhone SE(第2世代)を利用することをおすすめします。

大手キャリア(doomo、au、Softbank)の利用料金と比べても、格安SIM+iPhone SE第2世代の組み合わせは断然おトクです。

この記事では、iPhone SE第2世代を格安SIMで使うことのメリットやデメリットについて、またiPhone SE第2世代におすすめの格安SIMをご紹介します。

目次:

【料金比較】格安SIMでiPhone SE(第2世代)を運用すればもっとお得に!

iPhone SE

まず、格安SIMでiPhone SE第2世代を使うと、大手キャリアと比べてどれくらい安いのかを比較してみましょう。ここでは次の条件で比較してみます。

iPhone SE(第2世代)の料金比較条件

・iPhone SE第2世代の128GBを購入
・大手キャリアはdocomoのギガライト(~3GB・定期契約なし・通話無料オプションなし)+iPhone SEはスマホおかえしプログラム適用
・格安SIMはLINEモバイルの音声通話SIM(3GB)+ iPhone SEはApple StoreでSIMフリー版

  docomo LINEモバイル
料金プラン/月(税込) 4,378円 1,628円
端末/月(税込) 1,738円 2,283円
合計/月(税込) 6,303円 3,911円

このように、docomoとLINEモバイルを比較すると、LINEモバイルのほうが毎月2,000円近くもスマホ代がおトクになることが分かります。

格安SIMは会社によってプラン料金が異なりますが、大手キャリアでiPhone SE(第2世代)を運用するよりは、安く利用できることが期待できます。

格安SIMでiPhone SE(第2世代)を運用する場合の注意点・デメリット

iPhone SE

しかし、「格安SIMにはデメリットがあるんじゃないの?」と思っている人も多いのではないでしょうか。

確かに、格安SIMには大手キャリアにはないデメリットや注意点があります。それは次の3つです。

格安SIMのデメリット・注意点

・大手キャリアから乗り換える場合、SIMロック解除が必要な可能性がある
・大手キャリアのサービスが使えなくなる
・格安SIMを提供するMVNOではiPhone SE第2世代のセット販売がない

とはいえ、大手キャリア独自のサービスが使えなくなること以外は、そこまで大きなデメリットではありません。

さらに言えば、大手キャリアのサービスが必要なければ、格安SIMにするデメリットはありません。

では、上で触れたデメリット・注意点について詳しく深堀りしていきましょう。

大手キャリアのiPhone SE(第2世代)を使用する場合はSIMロック解除に注意!

「SIMロック」とは、大手キャリアで購入したスマホを他社回線で利用できないようにする制限のことです。

大手キャリアでスマホを購入すると、基本的にSIMロックがかかっています。例えばdocomoからauに乗り換えた場合、スマホにSIMロックがかかっているため、そのままではスマホで通信ができません。

このように乗り換え先の格安SIMが別の回線だと、スマホを使うためにSIMロックの解除が必要になるのです。

SIMロックは、携帯ショップにスマホを持っていき、手数料の3,000円(税抜)を払うことで解除できます。もしくはWeb上で手続きすれば、手数料なしで自力で行うことも可能です。

SIMロックの解除には、店頭で手続きしてもらうと手数料がかかること以外には大きなデメリットはありません。

Appleで購入したiPhoneにはSIMロックはかけられていないのですが、大手キャリアから乗り換える場合にはSIMロック解除の必要があるかもしれないことを覚えておきましょう。

大手キャリアのサービスは受けられない

大手キャリアから格安SIMに乗り換えると、大手キャリアでのサービスは受けられなくなります。

これによる一番大きなデメリットは、キャリア独自のメールアドレスが使えなくなることです。「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」などといったキャリアメールを使っている人は、格安SIMに乗り換えるとそのキャリアメールが使えなくなってしまいます。

しかし、現在ではGmailやYahoo!メールなど、フリーメールのサービスが充実しています。スマホ代を安くしたいと考えている人は、これを機にフリーメールへの移行を考えてみるのもよいでしょう。

また大手キャリアには、端末が故障したときに修理代金を負担してくれるサービスも充実しています。格安SIMではまだまだこのような補償サービスは付帯しているところも多くはないことには注意しましょう。

MVNOでiPhone SE(第2世代)のセット販売は行っていない

格安SIMを提供する会社であるMVNOで、現在ではiPhone SE(第2世代)のセット販売を行っていることはありません。そのため、Appleで購入する必要があります。

しかし、AppleでiPhone SE第2世代を購入するのは、大手キャリアで購入する場合よりも端末代が割高です。

以下、それぞれのキャリアとAppleでiPhone SE第2世代の128GBを購入する場合の端末代についてまとめました。

  Apple docomo※1 au※2 Softbank※3
iPhone SE(第2世代)の端末代(税込) 54,780円 41,712円 31,970円 32,040円
毎月分割(24回払い)時の端末代(税込) 2,283円 1,738円 1,390円 1,335円

※1:スマホおかえしプログラム適用時
※2:かえトクプログラム適用時
※3:トクするサポート+(特典A)適用時

このように、AppleでiPhone SE第2世代を購入するよりも大手キャリアで購入したほうが安いことがわかります。

しかし、ここでご紹介したのはキャリアの割引プログラムを使った場合です。

これらの割引プログラムは、2年使用したあとに端末を返却することではじめて割引が適用となるため、今後サブスマホとして活用する予定がある人は、SIMフリー版の購入をおすすめします。

Apple
iPhone SE
(第2世代)

端末のご購入・予約はこちら

iPhone SE(第2世代)におすすめの格安SIM3選

格安SIM各社のSIMカードとパッケージ

前の章では、格安SIMでiPhone SE(第2世代)を使うことのデメリット・注意点について解説しました。

次に、iPhone SE(第2世代)におすすめの格安SIMを3社ご紹介します。

iPhone SE第2世代におすすめの格安SIM

・LINEモバイル
・mineo
・OCN モバイル ONE

LINEモバイル

LINEモバイル

LINEモバイルは、メッセージアプリの「LINE」が提供する格安SIMです。LINEモバイルのおすすめポイントは次の3つです。

LINEモバイルのおすすめポイント

・トリプルキャリア回線に対応
・持ち込み端末補償サービスあり
・LINEがデータフリー

まず、LINEモバイルは大手キャリアの3社ともに対応している「トリプルキャリア回線」です。つまり、ほとんどの場合は乗り換え時のSIMロック解除が必要ありません。しかし機種が古いと解除が必要になることがあります。

またLINEモバイルでは、持ち込み端末の補償サービスがあります。LINEモバイルで購入していない端末でも、月額550円でスマホが故障したときに補償が受けられるのです。

さらに、LINEモバイルの大きな特徴である「LINEデータフリー」が月額0円で使えます。これにより、LINEのデータ通信は無制限で使えます。さらに、LINEモバイルには月額280円でTwitterやInstagramのデータ通信が無制限になる「SNSデータフリー」もあります。

月額利用料が最大2ヶ月0円~

mineo

mineo

mineoは、関西電力系列のMVNOです。mineoのおすすめポイントは次の3つ。

mineoのおすすめポイント

・トリプルキャリア回線に対応
・持ち込み端末補償サービスあり
・パケット放題 / パケットシェアなど、独自サービス充実

mineoもLINEモバイルと同様に、トリプルキャリア回線に対応しています。そのため、ほとんどの場合は乗り換え時のSIMロック解除が必要ありません。

またmineoも持ち込み端末の補償サービスがあります。月額500円で、上限4万円までの故障・修理に対して補償が受けられます。

さらにmineoの大きな特徴として、パケット放題やパケットシェアといった独自サービスが充実していることがあります。

パケット放題とは、月額350円で最大500kpsのデータ通信が無制限で使用できるというもの。パケットシェアとは、他のmineo回線にデータ通信容量をシェアできるものです。

このように、mineoは格安SIMのデメリットを感じさせないプランやサポートが充実しており、顧客満足度が高いことで評判です。

今なら6ヵ月間の月額料金が
800円割引データ1GB増量

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは、NTTコミュニケーションズ株式会社が提供している格安SIMです。OCN モバイル ONEのおすすめポイントは次の3つ。

OCN モバイル ONEのおすすめポイント

・持ち込み端末補償サービスあり
・ドコモ回線でトップクラスで安定した通信速度
・月額料金が業界最安級

OCN モバイル ONEにも、持ち込み端末の補償サービスである「あんしん補償」があります。月額500円ですが、音声通話SIMのみ加入できます。

またOCN モバイル ONEの回線はドコモ回線で、その中でも通信速度の安定性が非常に高く、実際の計測でもその安定性が確認できました。詳しくは以下の関連記事をご覧ください。

さらに、OCN モバイル ONEは格安SIMの中でも料金が最安クラス。例えばデータ通信3GBのプランだと、多くの会社が900円〜1,000円ですが、OCN モバイル ONEは月額800円。また音声通話付き3GBプランでも、多くは1,800円〜2,200円程度ですが、OCN モバイル ONEは1,480円です。

まとめ:格安SIM×iPhone SE(第2世代)は相性バツグン!

この記事では、iPhone SE(第2世代)を格安SIMで使うことのメリットやデメリットについて、またiPhone SE(第2世代)におすすめの格安SIMをご紹介しました。

大手キャリアはキャリアメールや端末補償などのサービスが強みですが、それらは格安SIMでも代用できます。

またなんと言っても格安SIMは料金面でのメリットが大きいです。

iPhone SE(第2世代)の購入を考えている人は、これを機に格安SIMに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

恐竜也

恐竜也

音と言葉を編集するフリーランス

プロフィール

1991年愛知県生まれ・在住。中京大学国際教養学部卒。

2016年からブロガーとして活動を始め、名古屋のWeb制作会社でライターとして勤務。その後、2018年1月にフリーランスのライターとして独立。

とにかく便利なものが好きで、パソコン・タブレット・スマホ・時計全てApple製品で統一。モバレコでは、スマホやアプリに関する情報を分かりやすく解説し、皆さんの生活が快適になる情報を発信します。
その他、インタビュー・お金・Webマーケティングのメディアでも記事執筆中。

ライター以外にも、お笑い芸人「ダイノジ」が主催するDJイベント、「ジャイアンナイト」の妹分チーム「ジャイコナイトナゴヤ」でDJとして活動中。

得意カテゴリー

スマホ・格安SIM・インタビュー・お金

ブログ・SNS

Twitter(@ryu_n_11)
https://mobile.twitter.com/ryu_n_11

特集コンテンツ

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

d-card

【THE Wi-Fi】スゴイ!がつまったモバイルルーター

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン