格安SIMでiPhone SEをお得に契約できるのはどこ? 販売価格を徹底比較!

書いた人: Yusuke Sakakura

カテゴリ: SIMカード

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIMでiPhone SEをお得に契約できるのはどこ?  販売価格を徹底比較!

コンパクトなサイズ感で端末代金も安くおさえられたスマホを代表する「iPhone SE」。技術の進歩に伴い、大型・値段の高騰化が進む中で未だに根強い人気を集めています。

そんなiPhone SEですが、既にApple公式オンラインショップ(Apple Store)での販売受付は終了しています。

しかし、一部の格安SIMでは、まだiPhone SEとのセット販売をオンラインでも受付しています。(※キャリアは店舗にて在庫があれば販売中)

そこでこの記事では、iPhone SEを格安SIMで使う場合に注意しておくべきことや、どの格安SIMがiPhone SEをよりお得に契約できるか、販売価格を比較していきながら解説していきます。

目次:

格安SIMでiPhone SEを使う場合の注意事項

以降で解説するポイントをおさえておかないと、契約後に使えないということになりかねないので、必ず頭にいれておきましょう。

キャリアで購入したiPhone SEを格安SIMでも継続する場合は、必ず動作確認をすること

もし、既にキャリアで購入したiPhone SEを持っていて、それを格安SIMでも継続利用したいという場合は、必ず事前に契約先の格安SIMの公式サイトで動作確認をするようにしましょう

ほぼ全ての格安SIMにおいてiPhone SEでの動作確認はとれていますが、au回線プランの格安SIMで使用する場合は、一部テザリングなどの機能が利用できないケースがあるので注意しましょう。

また、iPhone SE購入元のキャリアとは別回線の格安SIMを使用する場合は、SIMロック解除が必要です。(※格安SIMとセットで購入したiPhone SEはロック解除必要なし)

各キャリア別にSIMロック解除ができる条件は異なりますので、各公式サイトにて同時進行で確認・手続きするようにしましょう。

キャリアから格安SIMへ乗り換える手順の解説はこちら

SIMカードのサイズはnano SIMサイズを選ぶこと

iPhone SEのSIMカードのサイズは「nano SIM」サイズです。このSIMカードのサイズを違うサイズで申し込みしてしまうと、利用することができません。

後々3,000円近い変更手数料を支払って再申請をする必要があり、実際に手元に到着するまでに再度時間がかかってしまいます。

au回線プランの場合は、「au VoLTE対応SIM(nano サイズ)」を選択することをおすすめします。通常の「nano SIM」を使用する場合、SIMロック解除は不要ですが、テザリングができないケースがほとんどです。

一方で、au VoLTE対応SIM(nano サイズ)の場合はSIMロック解除が必要ですが、テザリングが可能になります。最新のiPhoneは基本的にau VoLTE対応SIMがベースなので、将来的な面も見据えて選択しましょう。

iPhone SEでセット購入できる格安SIMを紹介・販売価格を比較

前述の通り、一部の格安SIMでは、まだiPhone SEとのセット販売をオンラインでも受付しています。

現在公式オンラインショップにてiPhone SEのセット販売を受付している格安SIMは以下の通りです。(※以降の情報は更新日時点のものです。)

・Y!mobile(ワイモバイル)
・QTモバイル

また、それぞれ販売しているiPhone SEの容量・色(カラー)・販売価格は以下の通りです。

格安SIM 容量 色(カラー) 販売価格
Y!mobile 32GB スペースグレー
シルバー
ゴールド
ローズゴールド
32,400円
(※一括払いのみ)
QTモバイル 16GB ローズゴールド 39,600円
(1,650円×24回)

ご覧の通り、現在公式オンラインショップでiPhone SEのセット販売をしているのは、Y!mobileとQTモバイルのみです。

楽天モバイルでも受付をしていますが、現在は一時申し込み受付を中断している状態です。その他、BIGLOBEモバイルやLINEモバイル、UQモバイルでも以前は販売していましたが、既に終了しています。(※UQモバイルは在庫次第では店舗での購入が可能)

結論、Y!mobileで契約することで、最もお得に契約が可能です。32GB版をゲットでき、希望の色を選択できます。(QTモバイルは16GB・ローズゴールドのみ)

しかし、Y!mobileは最低契約期間2年のかけ放題プランのみでの受付となるので、どうしても2年縛りを避けたい人はQTモバイルを検討してみるのも良いでしょう

また、QTモバイルではBBIQ光を利用中の方は、iPhoneSEが30%キャッシュバックで27,720円で購入できます。月額料金割引キャンペーンなども適時展開しているので、契約内容によってはお得です。

Y!mobile:ソフトバンクのサブブランドで安心の通信速度・サポート力

ymobile

Y!mobileはソフトバンクのサブブランドというだけあって、格安SIMの中でもトップクラスで速度が速いです。モバレコが毎週計測して公開している「格安SIM通信速度比較調査
でも、常にトップを維持。

また、日本各地で実店舗を展開しているので、何かトラブルがあった場合にでもすぐ対応できるサポート体制も魅力。

プランは、10分間のかけ放題が組み込まれているかけ放題プランを提供している為、格安SIMでも通話は頻繁にしたい人にはおすすめです!

●Y!mobileの料金プラン

プラン名 データ通信量 月額料金 通信回線
スマホプランS 3GB ※1 1,980円~ ※2 ソフトバンク
スマホプランM 9GB ※1 2,980円~ ※2 ソフトバンク
スマホプランL 21GB ※1 4,980円~ ※2 ソフトバンク

※1:データ増量適用時
※2:2年目以降は+1,000円

QTモバイル:トリプルキャリア対応! 九州住まいの人は特におすすめ!

QT

QTモバイルは九州電力グループの通信会社「QTnet」が提供する格安SIMサービスです。格安SIMでは数少ないトリプルキャリア回線に対応したプランが特徴的。

BBIQ光などの九州地域限定サービスとのお得なセット割引を始め、そうでない人にも嬉しい各種割引サービスがキャンペーンで提供されていることもあります。

●QTモバイルの料金プラン(Dタイプ・Aタイプ:データ+通話コース)

容量 月額料金
(~12ヵ月目)
月額料金
(13ヵ月目以降)
1GB 890円 1,450円
3GB 990円 1,550円
6GB 990円 ※ 2,250円
10GB 2,690円 3,250円
20GB 4,690円 4,900円
30GB 6,690円 6,900円

※ばり得キャンペーン適用時(2019年5月31日まで)

●QTモバイルの料金プラン(Sタイプ:データ+通話コース)

容量 月額料金
(~12ヵ月目)
月額料金
(13ヵ月目以降)
1GB 1,140円 1,700円
3GB 1,240円 1,800円
6GB 1,240円 ※ 2,500円
10GB 2,940円 3,500円
20GB 4,890円 5,100円
30GB 6,890円 7,100円

※ばり得キャンペーン適用時(2019年5月31日まで)

まとめ

現在では、iPhone SEをオンラインで販売している格安SIMも少なくなってきました。

そこで、もし格安SIMへの乗り換えと同時にiPhone SEの端末を求めている方は、SIMロック解除がされている白ロム端末のiPhone SE or SIMフリーiPhone SEの中古品をオークションなどで購入して使うという手段もあります。

その場合は全て自己責任の上で進めていただくことになるので、販売状況を慎重に確認しておきましょう。

また、iPhone SEだけでなく、iPhone 7やiPhone 8をセット販売し始めてきている格安SIMも増えてきているので、別機種を検討してみるのも良いかもしれません。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマートフォンやウェアラブルなどを専門的に取り扱う「携帯総合研究所」を運営しているブロガーです。前職はシステムエンジニアでプログラムの経験を活かしてアプリの開発もはじめました!