ASUS ZenFone Zoom Sを購入したらまず確認したい8つの機能・設定項目

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ASUS ZenFone Zoom Sを購入したらまず確認したい8つの機能・設定項目

2017年6月23日(金)から日本国内向けの発売が始まった、ASUSTeK Computer(以下、ASUS)の光学ズームカメラ搭載スマホ「ZenFone Zoom S ZE553KL」。このZenFone Zoom Sをより便利に使うため、購入したらはじめにチェックしておきたい機能・設定項目を8つ取り上げ紹介します

SIMフリースマホを使うのは初めてという人から、APN設定など初歩的な内容以外に触っておくべきオススメの設定はある?という人まで、ぜひ参考にしてみてください。

ASUS ZenFone Zoom S

ASUS ZenFone Zoom S
カラー:ネイビーブラック / シルバー
指紋認証:○
バッテリー:5,000mAh
デュアルカメラ搭載

目次:

1. はじめに:SIMカードを差し込む

はじめてSIMフリースマホを使う人のために、SIMカードを乗せるカードスロットの位置、使い方から確認しておきましょう。

ZenFone Zoom S 設定:SIMカードを差し込む

カードスロットは本体の左面にある。パッケージ同梱のSIMピンを穴に差し込むとトレイが取り出せる
ZenFone Zoom S 設定:SIMカードを差し込む

ZenFone Zoom Sではトレイにカードスロットが2つある
ZenFone Zoom S 設定:SIMカードを差し込む

SIMカードとmicroSDメモリカードを差す場合はこのように乗せて差し込む
ZenFone Zoom S 設定:SIMカードを差し込む

SIMカードを2枚差す場合はmicroSDメモリカードを乗せる場所にもSIMカードを

ZenFone Zoom Sでは、カードトレイには2つのスロットが設けられており、このうち片方がSIMカード専用、もう一方はSIMカードとmicroSDメモリカードのどちらか1枚を乗せられる排他設計です。

ZenFone Zoom Sはカメラ機能が最大のウリな機種なので、保存できる残ストレージ容量を気にしたくないのであればmicroSDメモリカードを。2つの電話番号で音声着信を待ち受ける、あるいは特徴の異なるプランで契約したSIMカードを組み合わせて使いたい場合などはSIMカードを2枚差して使いましょう。

2. APN情報を設定する

SIMカードを挿したら、続いては通信をするために必要な「APN情報」を設定します。

ZenFone Zoom S 設定:APN情報を設定するZenFone Zoom S 設定:APN情報を設定する

設定画面から【もっと見る】→【モバイルネットワーク】の順に選ぶ
ZenFone Zoom S 設定:APN情報を設定する

設定するSIMカードスロットを選択したら【アクセスポイント名】をタップ
ZenFone Zoom S 設定:APN情報を設定する

表示される一覧に使いたいAPN情報が見つかればそれを選ぶだけ。今回は手動で設定するので右上の新規追加マークを選ぶ
ZenFone Zoom S 設定:APN情報を設定する

APN(アクセスポイント名)の編集画面に。回線事業者から指定された項目のみ、入力していく
ZenFone Zoom S 設定:APN情報を設定する

必要な情報が間違いなく、漏れなく入力できたら、右上のメニューボタンをタップ
ZenFone Zoom S 設定:APN情報を設定する

ここで【保存】を選択。これを忘れると入力した内容が破棄されるので要注意!
ZenFone Zoom S 設定:APN情報を設定する

先程の一覧画面に戻るので、今登録したAPN情報を探す
ZenFone Zoom S 設定:APN情報を設定する

チェックを付け、少し待つと、アンテナピクトの横に「4G」「3G」といった文字が表示された

これでSIMカード1枚分のAPN情報登録が完了しました。

もし使うAPN情報にチェックを付けても「4G」「3G」といったデータ通信に接続できたことを示す文字がでなければ、手動で入力したAPN情報の内容に誤りがあることが考えられます。APN名をタップすると編集画面が開きますので、入力した内容が正しいか、再度確認してみてください。

なおSIMカードを2枚差して使う場合で、2枚のSIMカード両方でモバイルデータ通信を使う可能性があるのであれば、2枚のSIMカードそれぞれにAPN情報を設定する必要があります。

ここではSIMカードスロット2用のAPN情報の設定画面の開き方についても触れておきますね。

ZenFone Zoom S 設定:

【ネットワーク設定】の画面で【SIM2】を選んだ後に【アクセスポイント名】をタップすること

設定画面を開いた後の手順は、先に説明した内容と基本的に同じです。

3. Dual SIMの設定をする

2枚のSIMカードを同時に差して音声着信を待ち受ける、あるいはプランの異なる2枚のSIMカードを使い分ける。このような場合は「どのSIMカードを何の機能に使うのか」を割り振る必要があります。

ZenFone Zoom S 設定:デュアルSIMの設定をする

設定画面から【デュアルSIMカード設定】を開く
ZenFone Zoom S 設定:デュアルSIMの設定をする

【デュアルSIMカード設定】の画面

この画面で最低限設定しておきたい項目は「音声発信」「SMSメッセージの送信」「モバイルデータ通信」の3つ。それぞれどちらのSIMカードを使うのかを割り当てていきます。

ZenFone Zoom S 設定:デュアルSIMの設定をする

最低限設定しておきたい項目は3つ
ZenFone Zoom S 設定:デュアルSIMの設定をする

【音声呼び出し】では、音声通話発信の際に使うデフォルトのSIMカードを指定
ZenFone Zoom S 設定:デュアルSIMの設定をする

【常に確認する】に設定しておけば、ダイヤル画面から発信する際に使うSIMカードを選ぶことも可能
ZenFone Zoom S 設定:デュアルSIMの設定をする

【SMSメッセージ】では、SMSを送信する際に使うデフォルトのSIMカードを指定
ZenFone Zoom S 設定:デュアルSIMの設定をする

【データサービスネットワーク】では、モバイルデータ通信を行う際に使うデフォルトのSIMカードを指定

なおSIMカードを1枚だけ差して使う場合は、この項目で紹介した設定は不要です。

4. 片手モードのクイック起動を有効にする

ZenFone Zoom Sが搭載する画面のサイズは5.5インチ。手が大きい人であっても、楽に片手操作ができるサイズではありません。

このことにストレスを感じるのであれば、ぜひZenFoneシリーズに共通して用意されている「片手モード」を活用してみましょう。

ZenFone Zoom S 設定:片手モードのクイック起動ZenFone Zoom S 設定:片手モードのクイック起動

設定画面から【ZenMotion】→【片手モード】の順に進む
ZenFone Zoom S 設定:片手モードのクイック起動

【クイック起動】の項目を有効にする
ZenFone Zoom S 設定:片手モードのクイック起動

以降はホームボタンのダブルタップだけで片手モードが呼び出せるように!

例えば電車で吊革に捕まりながらスマホを操作したいときなど、日常で両手での操作ができないシーンは多く考えられます。

そのような時、ホームボタンのタブルタップだけで片手モードを簡単に呼び出すことができれば、呼び出し~その後の操作も含めて片手だけで扱いやすく便利ですよ。

迷ったらとりあえず設定しておくのがベターでしょう。

5. バッテリー残量をパーセンテージで表示する

ZenFone Zoom Sが搭載するバッテリー容量は5,000mAhと大容量。しかしそれでも、スマホを使うならバッテリー残量は気になるものです。

バッテリー残量は画面右上で常に確認できますが、初期状態ではイラストのみの表示。より具体的に残量を把握したい場合は、バッテリー残量のパーセンテージ表示も有効化しましょう。

ZenFone Zoom S 設定:バッテリー残量をパーセンテージ表示

設定画面から【電池】を開く
ZenFone Zoom S 設定:バッテリー残量をパーセンテージ表示ZenFone Zoom S 設定:バッテリー残量をパーセンテージ表示

右上のメニューボタンをタップ後【電池残量をパーセントで表示】にチェックをつける
ZenFone Zoom S 設定:バッテリー残量をパーセンテージ表示

これでバッテリーピクトの脇にパーセント表示が出現する

パーセンテージ表示をオン・オフする項目は、他の設定項目に比べると場所がややわかりづらくなっています。ここで紹介した内容を参考に、ぜひ一度確認しておくのがオススメです。

6. 省電力機能の使い方を確認する

バッテリーのパーセンテージ表示と別に、スマホの動作を必要に応じて制限し、バッテリーの消費を節約することも可能です。

普段からさほど高い負荷をかけることがないのであれば制限設定の見直しを。またそうでない場合も万が一の際に備えて、省電力機能の設定方法を確認しておくと安心です。

ZenFone Zoom S 設定:省電力機能を設定するZenFone Zoom S 設定:省電力機能を設定する

設定画面から【電力管理】→【省電力設定】の順に進む
ZenFone Zoom S 設定:省電力機能を設定する

省電力設定のメイン画面

ここで覚えておきたい操作は大きく2つ。「バッテリーモードの変更」と「省電力のために推奨される設定変更のスキャン」です。

バッテリーモードの変更はメイン画面の下にて、自分で細かく設定する「カスタマイズ」を含めた5つから選ぶことが可能。

ZenFone Zoom S 設定:省電力機能を設定する

バッテリーモードは5種類から選べる

初期状態ではほどほどのパフォーマンスと省電力性を意識した「スマート」になっているはず。「もう少しバリバリ動いてほしい」「もっとバッテリーの消費を節約したい」といった希望にあわせて、まずは気になるものを試してみるとよいでしょう。

なお迷ったら、筆者個人がとりあえずオススメするのは「スマート」です

次に推奨される設定変更のスキャン。画面右上のボタンを押せばスキャンが実行できます。

ZenFone Zoom S 設定:省電力機能を設定する

スキャンをする場合はボタンを押す
ZenFone Zoom S 設定:省電力機能を設定する

数秒待った後に……
ZenFone Zoom S 設定:省電力機能を設定する

省電力のために推奨される設定変更の内容がリストアップされる

スキャンによってリストアップされた“省電力のために推奨される設定変更の内容”は、その横に表示されたボタンを押すだけで簡単に適用できます。もちろん変えたくない設定があれば、それは無視したままでも大丈夫ですよ。

使う中でストレスを感じない範囲で、無理なく、省電力に取り組んでみてはいかがでしょうか。

7. カメラのクイック起動を有効にする

ZenFone Zoom Sの最大の特徴である、背面搭載のデュアルレンズカメラ。通常の広角撮影に加え、高精細のズーム撮影もサポートし、活躍の機会は増えることでしょう。

そんな目玉機能をより手軽に呼び出すことができるのが、カメラのクイック起動。あらかじめ機能を有効化しておく必要があるので、ぜひともチェックしておきましょう。

ZenFone Zoom S 設定:カメラのクイック起動

設定画面から【ロックスクリーン】を開く
ZenFone Zoom S 設定:カメラのクイック起動

【インスタントカメラ】の項目をオンにすればOK

以降は画面が消灯している(あるいはロックがかかっている)状態でも、端末の右面にある音量ボタンをダブルクリックすればすぐ、カメラが起動できます。

「スマートな明るさ」と「ガイドライン」も有効化しよう

ZenFone Zoom Sのカメラをより便利に活用したいのであれば、あわせてカメラの設定項目から「スマートな明るさ(カメラ起動時のみ画面輝度をあげる)」と「ガイドライン」も有効化しておくことがオススメです。

ZenFone Zoom S 設定:カメラのクイック起動

カメラを起動したら画面端の設定アイコンをタップ
ZenFone Zoom S 設定:カメラのクイック起動

共通設定(スパナアイコン)をタッチ後に【スマートな明るさ】【ガイドライン】にチェックをつける

カメラ起動時に画面輝度を上げる【スマートな明るさ】は、日差しの下では画面が見づらいという有機ELディスプレイの弱点をサポート。屋外もしっかり画面の表示を確認しながらカメラが使えるようになりますよ。

また【ガイドライン】は写真撮影をする際、構図や水平を取るために役立つサポート機能。ぜひ画面に表示させて、より満足できる写真を撮影するためにも活用してみてください。

8. 指紋認証機能を有効にする

ZenFone Zoom Sでは背面に指紋認証用のセンサーも備えます。一定のセキュリティ性を担保しつつ、ロック解除の手間を大きく省ける便利な機能なので、こちらも忘れず設定しておきましょう。

ZenFone Zoom S 設定:指紋認証機能ZenFone Zoom S 設定:指紋認証機能

設定画面から【指紋】→【指紋の管理】の順に進む
ZenFone Zoom S 設定:指紋認証機能

万が一指紋で認証ができない場合に備え、予備のロック解除方法を設定する
ZenFone Zoom S 設定:指紋認証機能

選択した予備のロック解除方法をデバイスの起動時にも求めるか否かを選ぶ
ZenFone Zoom S 設定:指紋認証機能

今回はPIN入力を選んだので、同じ番号を2回入力して登録する
ZenFone Zoom S 設定:指紋認証機能

端末ロック中に受け取った通知を表示するか、伏せるかを選択
ZenFone Zoom S 設定:指紋認証機能ZenFone Zoom S 設定:指紋認証機能

いよいよ指紋の登録へ。画面の指示に従い、登録する指の指紋をセンサーへ押し当てる
ZenFone Zoom S 設定:指紋認証機能ZenFone Zoom S 設定:指紋認証機能

指の位置を少しずつずらしながら、繰り返しセンサーに押し当てていく
ZenFone Zoom S 設定:指紋認証機能

最短で10回押し当てると登録が完了する
ZenFone Zoom S 設定:指紋認証機能

指紋をいくつ登録しているかは【指紋の管理】画面で確認できる
ZenFone Zoom S 設定:指紋認証機能

【指紋】(1つ前の画面)に戻ると、指紋認証センサーを用いた追加機能の設定も可能に

登録できる指(指紋)の数は最大5つまで。センサーが背面中央に設置されていることを考えると、まずは両手の人差し指(あるいは中指)を登録。残ったところは必要に応じて別な指を登録するのがよいかもしれません。

もちろん一方で、無駄な指を登録しない=セキュリティの向上につながるという考え方もできますので、必要最低限の指だけ登録するというのもひとつの方法です。

まとめ

今回8つの機能・設定項目を取り上げて紹介しました。この中でもZenFone Zoom Sをより便利に活用するために漏らさずチェックしてみてほしいのは、やはりカメラ関係の設定です。

魅力あふれるZenFone Zoom Sをより便利に・より楽しく使い倒すために、まずはぜひ、この記事で紹介した内容を参考にしてみてください。

●モバレコ バリューストアでもASUS ZenFone Zoom S好評販売中!

当サイトが運営するモバレコ バリューストアでもZenFone Zoom Sを取り扱いしています!一括56,160円、分割払いにも対応し月々2,339円(24回)のとなっており、オンライン上で購入することができ、いつでも購入することができますよ。

ぜひ、一度チェックしてみてください!

ASUS ZenFone Zoom S

ASUS ZenFone Zoom S
カラー:ネイビーブラック / シルバー
指紋認証:○
バッテリー:5,000mAh
デュアルカメラ搭載

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。