ワイモバイル「Android One X1」レビュー!おサイフケータイ対応でメインで長く使えるちょうどいいスマホ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ワイモバイル「Android One X1」レビュー!おサイフケータイ対応でメインで長く使えるちょうどいいスマホ

ワイモバイルから2017年6月30日に発売された「Android One X1」(アンドロイド・ワン・エックスワン)。Android Oneシリーズでは初めてFeliCaを搭載した本機をレビューします。

デザインやスペックのほか、実際に触れてみて感じた使い勝手などを紹介していきます。

目次:

Android One X1のスペックをチェック

まずは、Android One X1のスペックを確認してみましょう。

Android One X1スペック情報(参照:製品ページ
OS Android 7.1
SoC Qualcomm Snapdragon 435(MSM8940)
1.4GHz + 1.1GHz(オクタコア)
内蔵メモリ RAM : 3GB / ROM : 32GB
外部メモリ microSD/microSDHC/microSDXC(最大256GB)
ディスプレイ 5.3インチ Full HD (1,920×1,080px)
バッテリー 3,900mAh
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約152mm×約74mm×約8.9mm
重量 約169g
カメラ メイン:1,640万画素
サブ:800万画素
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth ver.4.2
防水/防塵 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
カラー ダークパープル、ミントグリーン、ホワイト

SoCはQualcommのSnapdragon 435、RAMが3GBという事で処理能力は低めの印象。

Android One初となる「おサイフケータイ」機能が搭載されたモデルとして注目されています。SHARPが生産していることもあり、防水/防塵にも対応しており国産スマホでほしい機能はニーズに答えられているといったところでしょうか。

スペック上の特徴は電池持ちで、3,900mAhとかなり大容量のバッテリーを踏査しており、他機種と比べても電池持ちはよいでしょう。

実際にベンチマークを測ってみた結果が以下のとおりです。

AnTuTu

AnTuTu
Geekbench 4

Geekbench 4

やはりミドルスペックのSoCということで、ベンチマークのスコアは低め。WebやSNSといった用途で不満を感じることはありませんが、3Dゲームをプレイしたり高負荷なアプリを複数起動していたりすると快適とは言えない感じです。

デザイン・外観を確認

前面

前面
背面

背面

背面は3D曲面のクリスタルパネルによって質感の良いデザインに仕上げられています。

下部にUSB Type-Cのポート

下部にUSB Type-Cのポート
上部に3.5mmのヘッドフォンジャック

上部に3.5mmのヘッドフォンジャック
右側面にボリュームボタンと電源ボタン

右側面にボリュームボタンと電源ボタン
左側面にSIMカード・SDカードスロット

左側面にSIMカード・SDカードスロット

充電端子は、Android Oneシリーズでは初めてmicro USBではなく最近主流になってきたUSB Type-Cに対応しています。

1,640万画素のメインカメラ

1,640万画素のメインカメラ
ホームボタン部に指紋センサーを内臓

ホームボタン部に指紋センサーを内臓
SIMカードとSDカードは1つのトレイにまとめられている

SIMカードとSDカードは1つのトレイにまとめられている
ディスプレイ面のガラスから側面フレーム、背面パネルへとなめらかに繋がるラウンド形状を採用

ディスプレイ面のガラスから側面フレーム、背面パネルへとなめらかに繋がるラウンド形状を採用
丸みのあるデザインで持ちやすい

丸みのあるデザインで持ちやすい

持つとこんな感じです。5.3インチの平均的なディスプレイサイズかつ丸みのあるデザインなので持ちやすいです。

カラーは3種類

カラーは3種類

Androido One X1のカラーは全部で3種類。ダークパープル、ミントグリーン、ホワイトから選ぶことができます。今回はダークパープルを使用しています。

Android One X1のカメラ性能は?

Android One X1のカメラ性能は?

Android One X1のメインカメラは1,640万画素。実際に撮影した作例を見てみましょう。
撮影は全てオートモードで行なっています。

Android One X1 カメラ作例:晴れた日の高層ビル

晴れた日に高層ビルを撮影。晴れているとカメラの性能を全力で発揮できます
Android One X1 カメラ作例:少し逆光のある風景

がっつり逆光でもそこそこ写りますね
Android One X1 カメラ作例:やや白とびしている

明暗差が激しいと白とびしてしまっています
Android One X1 カメラ作例:オート撮影

HDRはないので空が全体的に白くなっています
Android One X1 カメラ作例:植物を撮影

花の色もちゃんと捉えられています
Android One X1 カメラ作例:食べ物を撮影

ラーメンです。美味しそう
Android One X1 カメラ作例:食べ物を撮影

暗い店内だとピントが合いづらくなってしまいます
Android One X1 カメラ作例:食べ物を撮影

全体的にピントが甘いですね…
Android One X1 カメラ作例:食べ物を撮影

肉のシズル感をもっと引き出したい

暗い場所だとお世辞にも綺麗!とはいかなく、ピントが合わせづらかったり色合いを映し出すのが苦手な印象。しかし、明るい場所であれば、風景の写真は建物のディテールをしっかりと捉えることができ、花の色味もしっかりと出すことができました。ラーメンの写真も綺麗に捉えることができています。

インスタグラムやTwitterなど、SNSに載せたい写真であればAndroid One X1のカメラは問題ないといえるでしょう。

Android One X1の特徴

Android One X1はフラッグシップではないですが、シンプルながらも押さえるところは押さえていてくれている、そんなスマートフォンです。ここでは、Android One X1のポイントを紹介していきます。

常に最新のOSが使える

Android One X1の最大の特徴はAndroid Oneシリーズであるということ。

Android Oneブランド

Android Oneとは、アジアなどの開発途上国や新興国市場での流通を目的としたミドル〜ローエンドの低価格帯スマホ。

ハイスペックなスマホは高価すぎてこれらの国では購入されず、しかし低価格な端末だと性能が低すぎるうえにOSアップデートが提供されないという問題があります。

高価格なスマホ、低価格なスマホの双方がかかえる問題を解消するためにGoogleが市場に展開したのがAndroid Oneです

ハードウェアはその国にあった高品質なもので、OSにはAOSP(Android Open Source Project)というGoogleが提供するそのままのAndroidが搭載されています。また、発売から最低2年間の毎月のセキュリティアップデート、18ヶ月間までOSアップデートを最低でも1回以上の提供することが保証されています

違うメーカーのスマホを比べると、かなりそれぞれの会社ごとでカスタマイズが異なるのがわかると思いますが、Android Oneは非カスタマイズのOSが入っているというわけです。

多くの場合は新しい機種にしか提供されないOSのアップデートですが、Anedroid Oneは比較的古いモデルでも最新のAndroidバージョンへのアップデートが保証されています。

OSのアップデートは、機能追加や最新のアプリへの対応だけでなく、セキュリティパッチの提供などの意味でも重要な部分だと思うので、常に最新のOSが提供されるというのはよいですね。

Android Oneのコンセプト通り、無駄のないシンプルな構成になっています。

ホーム画面1面とGoogle Nowホーム画面1面とGoogle Now

ホーム画面1面とGoogle Now
プリインストールアプリは29個プリインストールアプリは29個

プリインストールアプリは29個

ホーム画面は1画面のみで左側にGoogle Nowがある「Google Nowランチャー」が使用されています。また、プリインストールのアプリも29個のみ。Google関連のアプリに加え、ちょっとだけY!mobileのメールやガイドがあるだけと、厳選されたアプリがインストールされています。

キャリアで販売されているスマホだとプリインストールアプリが大量にあり、使わないアプリでも削除できないということがよくありますが、そういった不満が解消されます

Android 7.1.1が搭載されているので、「マルチウインドウ」「アプリショートカット」といった最新の機能も使えます。

マルチウインドウ

マルチウインドウ

マルチウインドウを使えば2つのアプリを同時に表示できるので、YouTubeを見ながらWebブラウジングしたり、値段を計算しながら計画的にネットショッピングも楽しめます。

アプリショートカット

アプリショートカット

アプリショートカットは対応するアプリアイコンを長押しすると特定の機能が使えるというもの。例えば、Googleマップでは自宅や職場などよくいく場所へのナビをすぐに開始するショートカットが表示されます。他にも、電話やGmail、Googleフォトなどいろいろなアプリで使うことができますよ。

安心・便利な指紋認証

Android One X1は指紋認証に対応。

指紋センサーはホームボタン部分に

指紋センサーはホームボタン部分に

ホームボタン部にセンサーが内臓されているので自然な形でロックを解除することができます。

指紋認証は、ロック画面の解除だけでなくGoogle Playでの決済などにも使えて便利ですし、生体認証ということでセキュリティの面でもパスワードなどよりも安全です。
購入したら最初に設定しておきたいですね。

国内向け機能も充実

ハードウェアは国内メーカーのSHARPが作っているということで、国内向けの機能もちゃんとあります。

おサイフケータイに対応

おサイフケータイに対応

Android Oneとしては初の「おサイフケータイ」に対応。国内のスマホならあたりまえだよね、という機能はしっかりおさえていますね。ワンセグではなくフルセグだったらさらに満足ではありますが。

特におサイフケータイ機能は、もはや生活に欠かせないと言っても過言ではないレベルだと思うので、対応してくれているのはありがたいです。

また、防水防塵機能もIP6/8相当としっかりしているので、濡れても安心です。

まとめ

必要最低限なアプリや機能などシンプルな設計と、飽きがこなく手に馴染むデザインのAndroid One X1。個性があまりないといえばそれまでですが、設定などは自分の好きなように細かくカスタマイズできるため、さらに使いやすくすることができます。

Android Oneなので最新のOSが使えたり、毎月配信されるセキュリティアップデートで長期間サポートしてくれたりと安心感があるのもいいですね

防水・防塵に加えて国内向けの機能もしっかりあるので、ハード面でも長期間使える端末になっています。

気になる人は、ぜひワイモバイルショップや家電量販店で手にとって見てください。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ・カメラ・アイドルを愛する高専卒、Twitter在住のオタク。Xperia、iPhone、MacBook、Surfaceが好きです。趣味丸出しなブログ「でこにく」を書いています。