格安SIMのiPhone 7セット販売価格を比較! 安く使えるおすすめの契約先を紹介!

書いた人: 迎 悟

カテゴリ: iPhone, ガイド, 格安SIM ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIMのiPhone 7セット販売価格を比較! 安く使えるおすすめの契約先を紹介!

2018年12月頃から一部の格安SIMでiPhone 7のセット販売が立て続けに受付を開始しました。

各社販売価格は様々。iPhone 7はApple公式オンラインショップ(Apple Store)でも販売中

この記事では、キャリアでiPhone 7を契約する場合とどれくらいの料金差があるのか、どの格安SIMがiPhone 7をよりお得に契約できるのかなど、販売価格を比較していきながら解説していきます。

目次:

格安SIMでiPhone 7を使う場合の注意事項

以降で解説するポイントを覚えておけば、安心して格安SIMでもiPhone 7を使うことができます。

しっかり把握していないと、契約後に使うことができず、時間と費用が無駄にかかってしまうこともあるので、注意しましょう。

キャリアで購入したiPhone 7を格安SIMでも継続する場合は、必ず動作確認をすること

もし、既にキャリアで購入したiPhone 7を持っていて、それを格安SIMでも継続利用したいという場合は、必ず事前に契約先の格安SIMの公式サイトで動作確認をするようにしましょう

ほぼ全ての格安SIMにおいてiPhone 7での動作確認はとれていますが、au回線プランの格安SIMで使用する場合は、一部テザリングなどの機能が利用できないケースがあるので注意しましょう。

また、iPhone 7購入元のキャリアとは別回線の格安SIMを使用する場合は、SIMロック解除が必要です。(※格安SIMとセットで購入したiPhone 7はロック解除必要なし)

各キャリア別にSIMロック解除ができる条件は異なりますので、各公式サイトにて同時進行で確認・手続きするようにしましょう。

キャリアから格安SIMへ乗り換える手順の解説はこちら

SIMカードのサイズはnano SIMサイズを選ぶこと

iPhone 7のSIMカードのサイズは「nano SIM」サイズです。このSIMカードのサイズを違うサイズで申し込みしてしまうと、利用することができません。

後々3,000円近い変更手数料を支払って再申請をする必要があり、実際に手元に到着するまでに再度時間がかかってしまいます。

au回線プランの場合は、「au VoLTE対応SIM(nano サイズ)」を選択することをおすすめします。通常の「nano SIM」を使用する場合、SIMロック解除は不要ですが、テザリングができないケースがほとんどです。

一方で、au VoLTE対応SIM(nano サイズ)の場合はSIMロック解除が必要ですが、テザリングが可能になります。最新のiPhoneは基本的にau VoLTE対応SIMがベースなので、将来的な面も見据えて選択しましょう。(※最近ではMVNO側でもau VoLTE対応SIMのみの受付が主流になってきています。)

iPhone 7を格安SIM もしくは キャリアで使った場合の料金比較

iPhone 7を格安SIMで契約することで、キャリアでの契約時よりどれくらい料金が安くなるのか、実際に計算してみました。

今回は例として、格安SIMはUQモバイル、キャリアはauで、ほぼ同じ契約条件での料金を比較します。

●検証条件

UQモバイル ・新規契約
・iPhone 7(32GB)
・おしゃべりプランL(データ通信量21GB+5分間かけ放題)
au ・新規契約
・iPhone 7(32GB)
・auフラットプラン20 + スーパーカケホ(データ通信量20GB+5分間かけ放題)

●料金比較表(税込)

UQモバイル au
基本料金(通信 + 通話) 1年目:5,378円
2年目以降:6,458円
1年目:5,940円
2年目以降:7,020円
端末代金(24回払い) 1,404円
(※初回のみ1,944円)
1,740円
月額料金 6,782円~ 7,680円~

※auはアップグレードプログラムEX・スマホ応援割を適用した場合で算出します。

ご覧の通り、UQモバイルでiPhone 7を契約する方が、毎月約900円も安く利用することができます。2年間相当で約20,000円程の節約が可能です。

iPhone 7をセット購入できる格安SIMを紹介・販売価格を比較

格安SIMでiPhone 7を契約した方が、キャリアよりもお得なことがお分かりいただけたと思いますが、iPhone 7をセット販売している格安SIMはUQモバイル以外に数社あります。

現在公式オンラインショップにてiPhone 7のセット販売を受付している格安SIMは以下の通りです。(※以降の情報は更新日時点のものです。)

・UQモバイル
・Y!mobile(ワイモバイル)
・BIGLOBEモバイル

また、それぞれ販売しているiPhone 7の容量別での販売価格は以下の通りです。

UQモバイル Y!mobile BIGLOBEモバイル
32GB 67,932円 73,116円 60,912円
128GB 80,892円 86,076円 73,872円

一見、BIGLOBEモバイルが安く見えますが、記載の料金からそれぞれ各社各種割引を別途適用して最終的なコストが算出されていきます。

結論、UQモバイルとY!mobileは同じ料金でBIGLOBEモバイルよりも安く手に入れることができます

ただし、UQモバイル・Y!mobileはともにプラン契約に2年縛りがついてくるので、
注意です。また、BIGLOBEモバイルにはドコモ回線を使ったDプランとau回線を使ったAプランがあり、iPhone 7をセット契約できるのはAプランのみです。

UQモバイル:auのサブブランドで安心の通信速度とサポート力!

uq-mobile

UQモバイルはauのサブブランドとして、安心の通信速度とサポート力が魅力。モバレコが実施する「格安SIM通信速度比較調査」では常に上位をキープ。

日本各地に実店舗があるのでサポート面も安心。au回線を使った格安SIMなので、キャリアで購入したiPhone 7を継続利用する場合はSIMロック解除が原則必要なので注意です。

●UQモバイルのかけ放題付き音声通話プラン

プラン名 データ通信量 月額料金 通信回線
おしゃべりプランS
(5分間かけ放題)
3GB ※1 1,980円~ ※2 au
おしゃべりプランM
(5分間かけ放題)
9GB ※1 2,980円~ ※2 au
おしゃべりプランL
(5分間かけ放題)
21GB ※1 4,980円~ ※2 au
ぴったりプランS
(月間60分間かけ放題)
※1
3GB ※1 1,980円~ ※2 au
ぴったりプランM
(月間120分間かけ放題)
※1
9GB ※1 2,980円~ ※2 au
ぴったりプランL
(月間180分間かけ放題)
※1
21GB ※1 4,980円~ ※2 au

※1:データ増量適用時
※2:2年目以降は+1,000円

UQmobile公式サイトはこちら

Y!mobile:ソフトバンクのサブブランドで格安SIMトップの通信速度!

ymobile

Y!mobileはソフトバンクのサブブランドというだけあって、格安SIMの中でもトップクラスで速度が速いです。モバレコが毎週計測して公開している「格安SIM通信速度比較調査
でも、常にトップを維持。

また、日本各地で実店舗を展開しているので、何かトラブルがあった場合にでもすぐ対応できるサポート体制も魅力。

プランは、10分間のかけ放題が組み込まれているかけ放題プランを提供している為、格安SIMでも通話は頻繁にしたい人にはおすすめです!

●Y!mobileの料金プラン

プラン名 データ通信量 月額料金 通信回線
スマホプランS 3GB ※1 1,980円~ ※2 ソフトバンク
スマホプランM 9GB ※1 2,980円~ ※2 ソフトバンク
スマホプランL 21GB ※1 4,980円~ ※2 ソフトバンク

※1:データ増量適用時
※2:2年目以降は+1,000円

ワイモバイル公式サイトはこちら

BIGLOBEモバイル:エンタメフリーオプション加入で動画や音楽がたっぷり楽しめる!

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、特定の動画・音楽アプリがカウントフリーで利用できるようになるエンタメフリーオプションが他にはない魅力。

「YouTubeの見すぎで毎月速度制限にかかってしまう。」なんていう人には、毎月の料金も節約できて速度制限を気にするストレスも無くなるので、かなりおすすめです。

割引含めて端末の支払額は、UQモバイル・Yモバイルに比べると高くなるので、しっかり使い方を見極めて選択しましょう。

●BIGLOBEモバイルの音声通話付きプラン

プラン名 データ通信量 月額料金 通信回線
音声通話スタートプラン 1GB 1,400円 docomo / au
3ギガプラン 3GB 1,600円 docomo / au
6ギガプラン 6GB 2,150円 docomo / au
12ギガプラン 12GB 3,400円 docomo / au
20ギガプラン 20GB 5,200円 docomo / au
30ギガプラン 30GB 7,450円 docomo / au

おまけ:iPhone 7端末はApple Storeで購入することも可能

前述の通り、iPhone 7はApple Storeで購入することも可能です。32GBの値段は54,864円(税込)です。24回分割計算で、2,286円/月(税込)です。

格安SIMとのセット契約よりも割高になるので、あまりおすすめはしませんが、データ専用SIMと組み合わせて使いたい場合には、必然的にこちらの選択を取ることになります

音声通話とのセットを希望するならMVNOにて、データ専用のみでなるべく節約して使いたいならApple Storeにての購入を検討してみると良いでしょう。

まとめ

格安SIM各社でも、iPhoneとのセット販売受付が増えてきました。

既にキャリアで購入したiPhone 7を持っている人も、これから新規でiPhone 7の利用を考えている人も、ぜひ格安SIMとのセット契約で、少しでも料金を節約して使うことをおすすめします。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

三度の飯より携帯が好きすぎて、資格も仕事も投げだし20代のほとんどを携帯販売に費やした元携帯ショップ店員。家電量販店からキャリアショップ、併売店まで色々経験してきました。今は[kuropon.mobi]でブログを書きつつ、ライターとしてあちこちにて記事を執筆中。そうでないときは大体"夢の国"にいます。Twitter:@kuropon