モバレコ編集部「今月のイチオシスマホ」HUAWEI P10 Plus を1ヶ月使ってみた! 買う理由がそこにはある

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: レポート

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
モバレコ編集部「今月のイチオシスマホ」HUAWEI P10 Plus を1ヶ月使ってみた! 買う理由がそこにはある
P10 plus
P10 plusP10 plusP10 plus

HUAWEI P10 Plus

HUAWEI P10 Plus
ファーウェイ/ピー・テン・プラス
[グリーナリー、ダズリングゴールド]

販売価格 66,960円(税込)

HUAWEI P10

HUAWEI P10
ファーウェイ/ピー・テン
[ダズリングブルー、プレステージゴールド、ミスティックシルバー、グラファイトブラック]

販売価格 56,999円(税込) メーカー価格 71,064円

この春夏に発売されたのSIMフリースマートフォンの中でも注目を浴びたのは「HUAWEI P10/P10 Plus」(ファーウェイ・ピー・テン/ピー・テン・プラス)ではないでしょうか? 前作の「HUAWEI P9」がLEICAのダブルレンズを搭載して話題となり、モバレコのライター陣の中でも2016年のベストスマホとして挙げる人も多くいました。その後継機として登場した「P10」、少しサイズが大きい「P10 Plus」。発表されてすぐに評判の高いスマホとなり、在庫がなくなってしまう店舗も多いようです。

今回は、この「HUAWEI P10 Plus」を1ヶ月間みっちりと使ってみました

…良いスマホです。

個人的にHUAWEI Pシリーズ好きという贔屓目も多少ありますが、実際に使ってみた感想を踏まえて、「買い」のポイントをご紹介します!

下の6項目のうち3個以上当てはまったら、「HUAWEI P10 Plus」は買いです!

SIMフリースマホが欲しい
スマホにもオシャレを求める
写真を撮るのが好き
スマホで写真や映像をよく見る
iPhoneからの乗り換えを考えている
画面は大きい方が良い!でも持ちやすい方がいい

HUAWEI P10 plus

HUAWEI P10

HUAWEI P10 Plus を購入する理由「SIMフリースマホが欲しい」

HUAWEI P10 Plusを購入する上の大前提として「SIMフリースマホ」であることが上げられます。

数年前まで大半の人がdocomo、au、SoftBankなどの「キャリア」と呼ばれる大手携帯会社でスマートフォンを購入しており「スマホはキャリアで購入するもの」、必然的にその携帯会社の通信を使うのが普通でした。

SIM(通信)を自由に選べるSIMフリースマホ
SIM(通信)を自由に選べるSIMフリースマホ

しかし、近年「格安SIM」と呼ばれるMVNOが販売するSIMカードを購入し、それとは別にスマートフォン本体を用意することで、携帯料金を安くする使い方が人気となり大きな話題となっています。
携帯会社に縛られず「どこのSIMカードを挿しても使える」、それを前提に作られているのが「SIMフリースマホ」です。

HUAWEI P10 Plus は下の二択の中で

docomo、au、SoftBankなどのキャリアで購入したい
SIMフリースマホを購入して、格安SIMを使いたい

SIMフリースマホを購入

SIMフリースマホを購入したい」と思った人向けのスマホです。

HUAWEIは、世界では「Apple」や「Samsung」に次ぐ世界3位のシェアを誇るスマホメーカー、2016年からは「P9」「P9 lite」「honor 8」「Mate 9」「nova」「nova lite」と新端末を次々に日本に投入し高い評価を得ています。

HUAWEIスマホのは、フラッグシップの「Mateシリーズ」、ミドルスペックの「Pシリーズ」、若者向けのエントリーモデル「novaシリーズ」の3つがあります。
P10 Plusは「ミドルスペック」という位置づけですが、その中でも「P10/P10 Plus」と「P10 lite」と2種類あり、このP10/P10 Plusは必要十分な性能を誇る、HUAWEIのメインとなるスマホといえます。

Mateシリーズ Mate 9
Pシリーズ P10 P10 Plus
P10 lite
novaシリーズ nova
nova lite
HUAWEI P10 Plus

HUAWEI P10 Plus を購入する理由「スマホにもオシャレを求める」

HUAWEI P10 Plusを使ってみて、好きなところは……
とにかくデザインが良い

デザインは「良い」「悪い」と言っても、個人によって感じるところが違うので、絶対的な評価はできないかと思います。
ただ、国内で発売されるスマホはほとんど見る、一般の人たちよりも多くのスマホに触れてきている私ですが「P10はデザインがいいなぁ」と思ってしまうのです。

直線と曲線のバランスが良い
直線と曲線のバランスが良い
光沢のラインがアクセント
光沢のラインがアクセント

全体的な直線と曲線のバランスが美しいです。横からの視点では薄く細長く、直線の印象が強くなりますが、角張ったところは無く丸みを帯びています。でも、丸過ぎない角がちょうどいい。前面と側面の間に施された光沢のラインが持つ角度によってシャープに輝くアクセントになっています。

電源ボタンの周りは赤の縁取り
電源ボタンの周りは赤の縁取り
ゴールドにはゴールド、グリーナリーにはシルバー
ゴールドにはゴールド、グリーナリーにはシルバー
カメラの部分にはツートンカラー
カメラの部分にはツートンカラー

電源ボタンにだけ、赤いラインが仕込んであったり、耳を当てる部分のスピーカーのデザイン、ダブルで並んだカメラレンズのところだけツートンカラーなど、細かい部分の遊びのデザインがセンスがいい

前面のディスプレイ周りと指紋認証はホワイト
前面のディスプレイ周りと指紋認証はホワイト

個人的に「もうちょっと」と思うデザインは、前面のディスプレイ周りの「白」と「指紋認証」のところです。前面の白い部分は明るく透明感があって良いのですが、少し女子感が強く、物足りない感じがします。

指紋認証はパっと見ではわからないような溶け込むデザインですが、もう少しハッキリして遊び心のあるデザインであっても良いかなと思うところです。

グリーナリーもゴールドも捨てがたい魅力
グリーナリーもゴールドも捨てがたい魅力

そして、今回なんと言ってもおすすめしたいのが、この色と素材です。P10 Plusには、「グリーナリー」と「ダズリングゴールド」の2種類のカラーが用意されていますが、どちらも捨てがたいぐらいにイイ!

2017年のトレンドカラーのグリーナリー
2017年のトレンドカラーのグリーナリー

まずは「グリーナリー」ですが、色を専門に扱う世界的権威でもある「PANTONE」が発表した2017年のトレンドカラー。日本で発売されるスマホは落ち着いた色が多い中、ひときわ目立つフレッシュな色合いで目を引くこと間違い無し!

HUAWEI P10 Plus

そして、個人的に気に入っているのが、この「ダズリングゴールド」。元々、ゴールド系はあまり好きではないのですが、このダズリングゴールドはひと味違う。
金属に肉眼では捉えられないほどの細かいピラミッドのようなハイパーダイヤモンドカットを施し、独特の風合いを出しています。

ハイパーダイヤモンドカット

しっかりと、金属の質感を出しながらも優しい色合いを放ち、触れてみると独特の触感に虜になります。

金属の光沢のある輝きは美しいのですが、磨き上げれば上げるほど、触った時の指紋や皮脂汚れが目立つようになり、常に手に持つスマホとしては「致命的なジレンマ」を産んでしまいます。

しかしこのダズリング加工、指紋などの汚れがほぼわからないのです。美しさと機能性を両立したダズリング加工、オススメです!

  • ダズリングゴールドの「ハイパーダイヤモンドカット」はクセになるさわり心地
  • グリーナリーの淡いグリーンの発色は個性がありながら溶け込むナチュラルさ
  • 細かいところにこだわりのある、人に自慢したくなるデザイン

HUAWEI P10 plus

HUAWEI P10

HUAWEI P10 Plus を購入する理由「写真を撮るのが好き」

2016年のP9でLEICAとの共同開発によるダブルレンズを搭載して依頼、HUAWEIのスマホに対するカメラの評価はとても高くなっています。
スマホに対するカメラの重要度は年々高まっており、各メーカーが新しいスマホを開発するにあたってカメラにはとても力を入れています。

スペックだけで見ると「画素数」「F値」「AFの速度」など様々な値が出てきますが、なかなか数字だけでは測れない部分、「実際に撮影してみてどう思うのか」が重要です。
HUAWEIのスマホ、特にPシリーズは実際に使ってみた人のカメラの評判がとても高いスマホなんです。

今回も色々なシーンで撮影をしてみました。

HUAWEI P10 Plus カメラ作例HUAWEI P10 Plus カメラ作例
奥行きのある写真も接写も迫力のある画
HUAWEI P10 Plus カメラ作例HUAWEI P10 Plus カメラ作例
赤と緑のコントラスト、白と緑のコントラスト
HUAWEI P10 Plus カメラ作例HUAWEI P10 Plus カメラ作例
接写で迫力のある写真が撮れる。とくに赤がいい
HUAWEI P10 Plus カメラ作例HUAWEI P10 Plus カメラ作例
明るい店内ではないが、明るくクッキリ
HUAWEI P10 Plus カメラ作例
曖昧な色合いのグラデーションが綺麗に表現

※全てオートで撮影。リサイズのみ。一部トリミング

全てオートで撮影しました。F値、明るさを前面に押し出してくるスマホが多い中、P10 Plusはただ明るいだけじゃなく、「味のある写真」を撮影してくれます。
特に近いもののブツ撮りは他のスマホと比べても迫力があり、キッチリと締まった表現をしてくれているように思いました。

全体的に「赤」の表現力が素晴らしいと思いましたが、日が落ちる直前の空の微妙なグラデーションも、見た目に近い何ともいえない色合いを表現できています。

風景や食事、ブツ撮りなどがメインの方にHUAWEI P10 Plusのカメラはイチオシです!

  • ただ「明るい」だけでなく「味のある写真」が撮れる
  • フルオートで素人でも使いやすく、「PROモード」にすれば、多彩な機能が設定できるのでプロでも楽しめる
  • 自撮りだけじゃなく、風景やモノを撮りたい人におススメ

HUAWEI P10 Plus を購入する理由「スマホで写真や映像をよく見る」

写真を撮影するのもそうですが、撮った写真が綺麗に表示されるかも重要です。P10 Plusを持ったときに一番最初に思ったのは、「画面が綺麗」でした。

「5.5インチ WQHD 2,560×1,440px」というスペック上の数字でも綺麗なのはわかりますが、実感として「画面の中に写真を見てるような滑らかさ」「ドット感が無い美しさ」があるんです。

HUAWEI P10 Plus

私は仕事柄、常に数台のスマホを持ち歩いていますが、動画を観るときはこのP10 Plusを選びます。画面がとにかく綺麗なのと、本体が持ちやすくて長時間手に持っていても苦にならないんです。
イヤホンジャックを廃止したスマホもありますが、やはり家で落ち着いて動画を観るときなどは有線イヤホンが繋がるのもありがたいですね。

画面が綺麗で持ちやすい
画面が綺麗で持ちやすい
  • 画面の綺麗さは抜群。写真のハメ込み合成かと思うくらい綺麗
  • 手に持って動画などを観ることを考えると「持ちやすい」のも重要なポイント

HUAWEI P10 plus

HUAWEI P10

HUAWEI P10 Plus を購入する理由「iPhoneからの乗り換えを考えている」

今回のP10 Plusをおススメする理由のひとつとして、「iPhoneからの乗り換え」をポイントに上げさせていただきました。
というのも私がiPhoneとHUAWEIをメインで使っているからなのですが、HUAWEIはAndroidの中でも、iPhoneユーザーに優しいスマホだと思います。UIが馴染みやすいんですよね。

HUAWEIとiPhoneは相性が良いかもしれない
HUAWEIとiPhoneは相性が良いかもしれない

P10 / 10 Plus以前のHUAWEIスマホは背面の指紋認証などの扱いの違う部分もありましたが、今回のPシリーズからは前面に指紋認証が来て、ますますiPhoneからの乗り換えに優しくなりました。

スペックの面でもiPhoneから乗り換えても違和感が無いですし、おススメします!

  • iPhoneを使うユーザーにとっては違和感なく使えるAndroidかも
  • 指紋認証のボタンはiPhoneとはちょっと使い方が違うので注意

HUAWEI P10 Plus を購入する理由「画面は大きい方が良い!でも持ちやすい方がいい」

スマートフォンは画面が大きいことで受ける恩恵は色々とあります。一度に見える情報量が多いですし、写真や動画を見ても迫力があります。
しかし、基本的に「両手で使う人」「片手で使う人」、普段「かばんに入れている人」「ポケットにいている人」など、その使い方によってはあまり大きくない方が良い場合もあります。

HUAWEI P10HUAWEI P10
右手で左上の部分を抑えるのはちょっとむずかしい
HUAWEI P10HUAWEI P10
鞄の中に入れておく人は◎ ポケットに入れるには少し大きいか

今回P10 Plusを使ってみて、最初に驚いたのが「大画面なのに持ちやすい」というところです。私は「iPhone 7」を使っていますが、それ以上大きくなると「片手では持ちづらい」というイメージがあります。

しかし、このP10 Plusは「プラス」と名前がついてるだけあって画面が大きいのですが、手に持った感覚はあまり大きいと感じないのです。

真横から見るとわかりますが、背面に向かって曲線を描き、背面の方が前面より若干小さいようなデザインになっています。コレによって手に持った時にしっくりと来るんです。

同じHUAWEIの「Mate 9」と比べると、縦の幅よりも横幅が小さいのがよくわかります。数ミリ小さいだけなのですが、この数ミリが重要で「持った感覚」が全然違います。

横幅の違いが持ちやすさに大きく影響する
横幅の違いが持ちやすさに大きく影響する

スマートフォンは一日に何十回も手に持って使うだけに、この「持ち心地」はとても大事だと思います。

  • 大画面タイプなのに手に持つと大きく感じない
  • 横幅がスリムで持ちやすく、ホールド感もしっかり

HUAWEI P10 plus

HUAWEI P10

HUAWEI P10 Plus 使ってみて感じたデメリット

スマホを選ぶにあたって、良い点だけではなくネガディブなデメリットもしっかりと見ておきましょう。P10 Plus を使ってみて感じた、気になる点を挙げてみました。

指紋認証が前面

これは慣れれば使い易いのですが、今までHUAWEIのスマホで慣れてきた人は、ついつい背面に人差し指を滑らせてしまいます。
特に背面の認証は目で見て押さないので、しばらくの間「あれ?あれ?」なんて探している場合も。

背面の指紋認証に慣れた人には最初は違和感が
背面の指紋認証に慣れた人には最初は違和感が

値段が高い

値段は決して安い方では無いです。発表時のメーカー価格で8万円近いので、サブスマホとしてポンと買うには少々お高いスマホです。
しかし数年間メインで使うのなら十分に8万円の価値があり、カメラ性能がとても良いので、デジタルカメラを別に持つことを考えればお得とも言えます。

防水性能が低い

HUAWEI P10 Plusはギリギリ「防水」です。
P10 Plusは「IPX3」なので防水、P10は「IPX2」なので防滴になるようです。大きさ以外はカメラ性能とディスプレイがちょっと違うという認識でしたが、細かくはこんなところが違うんですね。そういう意味でも「P10 Plus」がオススメです。

しかし、iPhoneも防水になり、国産メーカーでは「防水は当然」、「濡れた状態での操作の円滑さ」にもこだわりを見せている中で、この「防水」というジャンルは、少々弱いHUAWEIと言えるかもしれません。

HUAWEI P10 Plus を購入する理由

HUAWEI P10 Plus を購入する理由として、

格安SIMで料金を抑えるSIMフリースマホが欲しい
抜群のデザインセンス!スマホにもオシャレを求める
定評のあるLEICAのレンズ!写真を撮るのが好き
使ってみてわかる美しいディスプレイ!スマホで写真や映像をよく見る
iPhoneからの乗り換えを考えている
画面は大きい方が良い!でも持ちやすい方がいいというわがままな人

と6つのポイントを挙げました。
前回のHUAWEI P9につづいてヒット作になること間違い無し。発売後すぐに品薄状態が続いているようです。
今までの使ってきたスマホの中でも、中身の性能はもちろん、手にした触感、見惚れるデザイン、多くの面で本当に買ってよかったと思えるスマホです!

LEICAのダブルレンズを搭載した名機P9の後継機
SIMフリースマホ「HUAWEI P10 Plus
モバレコ編集部のイチオシスマホです!

HUAWEI P10 Plus の購入

モバレコでは人気の「HUAWEI P10 Plus」を特別価格で販売中。ネットでの購入なら、ショップでの待ち時間も無く、自宅から簡単に購入できて、しかも安い!

HUAWEI P10 Plus

モバレコならメーカー価格78,624円のところ、6万6,960円(税込)
一括購入価格で約11,000円も安いモバレコ。24ヶ月の分割にすると、月々2,790円から購入できます。

HUAWEI P10 / P10 Plusは発売から品薄で在庫切れになることも多いので、こまめにチェックしてみて下さい!

HUAWEI P10 Plus

HUAWEI P10 Plus
ファーウェイ/ピー・テン・プラス
[グリーナリー、ダズリングゴールド]

販売価格 66,960円(税込)

HUAWEI P10

HUAWEI P10
ファーウェイ/ピー・テン
[ダズリングブルー、プレステージゴールド、ミスティックシルバー、グラファイトブラック]

販売価格 56,999円(税込) メーカー価格 71,064円

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

いよいよ2017年も残すところわずか!年末に向けて、世の中全体が慌しくなってきましたね。モバレコ編集部も年末年始のドタバタを少しでも軽減するため、月初から通信速度MAXで突っ走っていきます♪もちろん手抜きはしませんよ~。2017年、やり残しの無いよう、全力でいくモバァ!!