UQモバイル「DIGNO V」をレビュー!安心して長く使える高耐久な格安スマホ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
UQモバイル「DIGNO V」をレビュー!安心して長く使える高耐久な格安スマホ

UQモバイルから2017年7月14日に発売された「DIGNO V」をレビューします。安心感と使いやすさにこだわった、京セラらしいスマートフォン。そのこだわりと特徴にフォーカスしてご紹介していきます。

目次:

UQ mobile モバレコ店

バランスのよいスペック

DIGNO V スペック情報
サイズ 高さ 約146 × 幅 約73 × 厚さ 約8.9〜9.2mm
OS Android 7.1 Nougat
重量 約139g
SoC Qualcomm Snapdragon 430 Octa-core
(1.4GHz Quad-core+1.1GHz Quad-core)
RAM 2GB
ROM 16GB
外部メモリ microSDカード(最大256GB)
バッテリー容量 2,600mAh
ディスプレイ 約5インチ HD(1280×720)
カメラ アウトカメラ 約1,300万画素
インカメラ 約500万画素
カラー ホワイト・ネイビー
備考 VoLTE・ おサイフケータイ・赤外線通信・防水・防塵・耐衝撃・温度耐久・耐振動

スマートフォンの頭脳とも言えるSoCにはメインストリームのSnapdragon 430を採用。メモリ容量やディスプレイ解像度からも、ライトユーザーをターゲットにしていることがわかります。快適にゲームをプレイしたいならパワー不足を感じると思いますが、ブラウジングやSNS程度であれば全くストレスは感じません。

AnTuTu Bencmark v6.2.7Geekbench 4
AnTuTu Bencmark v6.2.7とGeekbench 4のスコア

性能を数値化して評価するベンチマークアプリを2種類走らせてみました。スコアはまずまずといったところで決して高くはありませんが、ミッドレンジの中では良いと思います。価格と性能のバランスがとれたスペックという印象です。

シンプルで洗練されたデザイン

前面
前面
ディスプレイ周りの縁が若干高くなっており、平面に置いた時に直接触れないため傷がつきにくい
ディスプレイ周りの縁が若干高くなっており、平面に置いた時に直接触れないため傷がつきにくい
背面
背面
背面のモノラルスピーカーは音質も迫力も物足りない
背面のモノラルスピーカーは音質も迫力も物足りない
右側面にボリュームキー
右側面にボリュームキー
左側面は何もなし
左側面は何もなし
背面から側面にかけての緩やかなカーブが持ちやすさを向上させている
背面から側面にかけての緩やかなカーブが持ちやすさを向上させている
上部には3.5mmイヤホンジャック、nanoSIMカードとmicroSDカードスロット
上部には3.5mmイヤホンジャック、nanoSIMカードとmicroSDカードスロット
下部はmicroUSBポート・マイク・ストラップホール
下部はmicroUSBポート・マイク・ストラップホール
リングストラップをつけたところ
リングストラップをつけたところ

最近では珍しくなったストラップホールを搭載しています。できるだけシンプルに。でも、使い勝手を損なわないように設計されていると感じました。本体はコンパクトで手にフィットする形状なので、とても持ちやすいです。

UQ mobile モバレコ店

特徴となるポイントをピックアップ

正面中央に配置された電源ボタン

ホームボタンではなく、電源ボタン
ホームボタンではなく、電源ボタン

一般的に本体側面にある電源ボタンが前面に配置されている珍しい仕様です。中央に配置することで、右手でも左手でも押しやすくなっています。筆者はホームボタンと間違えて押してしまうことが多かったのですが、慣れたら操作ミスなく快適に利用できました。

長く使用できる安心の耐久性能

見た目からは想像できないタフな仕様
見た目からは想像できないタフな仕様

ディスプレイの保護ガラスには「Dragontrail X」を採用し、傷がつきにくく衝撃に強くなっています。IPX5/IPX8の防水とIPX5の防塵性能を備え、振動にも耐えられるとのこと。さらに、高温・低温にも耐久性があり、アウトドアシーンでも安心して使えます。

※実際の使用時すべての状況での動作を保証するものではありません。試験環境の詳細は公式サイトをご覧ください。

耳をどこに当ててもクリアに聞こえるスマートソニックレシーバー

受話口がなく、画面を振動させて声を伝える仕組み
受話口がなく、画面を振動させて声を伝える仕組み

DIGNO Vには受話口がありません。ディスプレイ全体を振動させる京セラの独自技術「スマートソニックレシーバー」により、耳を当てる位置を気にせず通話できます。また、騒音が多い場所でもクリアに聞こえるのが特徴です。

聞こえ調整でもっと聞きとりやすく

聞きやすい音質に調整する機能を搭載
聞きやすい音質に調整する機能を搭載

プリインストールされている電話アプリの通話設定から、聞こえ調整を設定できます。デフォルトではOFFになっており、これは音の全体バランスを考慮した標準音質設定です。一度通話してみて聞き取りにくいと感じたら設定を変更するといいでしょう。

“わかりやすさ”に配慮した電話アプリ

メニューで隠さず一画面にボタンを表示
メニューで隠さず一画面にボタンを表示

従来機の電話アプリと比較すると、画面の構成が変わっていることがわかります。メニューに内包していた機能をボタンで表示し、一画面で完結するように変更されました。また、表示される説明もわかりやすく変更されており、操作方法と結果がわかるようになっています。

同じ相手から10分以内に2回以上の不在着信があった場合、段階的に着信音を大きくしたり、バイブを長く振動させて気付きやすくする「ステップアップ着信」機能も搭載しています。デフォルトでONになっていますが、不要な場合は通話設定からOFFにすることも可能。

最新のAndroid 7.1を搭載

マルチウィンドウはアプリを同時に使える機能
マルチウィンドウはアプリを同時に使える機能

マルチウィンドウは、画面を分割して2つのアプリを同時に利用できるというもの。お店の情報をみながらマップで場所を調べたり、動画を視聴しながらSNSを楽しむなど、慣れるととても便利な機能です。

一発で特定の機能を呼び出せるアプリショートカット
一発で特定の機能を呼び出せるアプリショートカット

アプリショートカットは、アプリアイコンをロングタップするとメニューが表示され、特定の機能が使えます。例えばカレンダーアプリでは、アプリを起動してメニューから予定の登録ボタンを選択するという一連の操作が、ロングタップして「新しい予定」を選ぶだけで同じ操作になります。一部のアプリで利用できるので、試してみてください。

UQ mobile モバレコ店

作例でカメラ性能をチェック

約1,300万画素のメインカメラ
約1,300万画素のメインカメラ

独自の画像処理エンジン「AINOS Engine」を搭載しており、薄暗い場所でも綺麗に撮影できると謳っています。それでは早速、作例でその実力をみていきましょう。全てオートで撮影しました。

花壇
花壇
花を接写
花を接写

全体的に暗くなってしまう傾向があるようです。赤が色褪せた感じになってしまい、精細感もやや物足りない印象です。フォーカススピードは高速で快適でした。

うどん
うどん
脳天の刺身
脳天の刺身
マンゴーバーガー
マンゴーバーガー
源たれはらみ丼
源たれはらみ丼

明るいところでは綺麗に撮影できます。一方で、暗所はかなり苦手という結果になりました。暗めの店内で撮影した最後の写真は、ノイジーでディテールが崩れてしまいました。

まとめ

シンプルなデザインでスペックは控えめですが、赤外線センサーやおサイフケータイに対応するなど機能は盛りだくさん。さらに、防水・防塵・耐衝撃・温度耐久・耐振動で安心して使えます。安心と使い勝手には妥協していません。

カメラ性能はもう一歩頑張って欲しかったです。スピーカーの音は少々迫力不足でした。また、DIGNO Vと同価格帯のスマートフォンでも多くの機種に搭載さている指紋センサーがないなど、いくつか残念な点も見受けられました。

本機がターゲットとしているのは、フィーチャーフォンの延長線上でスマートフォンを使い始めたユーザーだと思います。となれば、電話とメールが主な用途となるはず。コミュニケーションツールとしての使いやすさには重点的にアプローチされており、ここを重視する人におすすめです。

UQモバイルのスマホを買うなら「UQ mobile モバレコ店」

UQ mobile モバレコ店

「UQ mobile モバレコ店」では通常UQモバイルでスマホを買うと発生する3,000円のSIMパッケージ料金がなんと無料!、さらに11,000円のキャッシュバックキャンペーン!
UQモバイルの公式で購入するより合計14,000円も安くなるんです!

UQモバイル スマホ 人気ランキング

UQモバイルはau系の格安SIMで、docomo系に比べ、対応しているスマホが少ないという印象がありますが、最近ではかなりの端末が対応をしています。その中からオススメ第1位は「ZenFone 3 Laser」。リーズナブルでコスパの高いSIMフリースマホで間違い無し!オススメ第2位は「HUAWEI P9 lite PREMIUM」。人気のHUAWEIから出ているリーズナブルなP9 liteのUQモバイルに対応版と位置づけらるPREMIUMですが、実は中のCPUなども結構変わったお買い得なスマホです。

ZenFone 3 Laser

ZenFone 3 Laser

安くて安定した人気のあるスマホを探している人にオススメ

月額 2,480円~

>UQ mobile モバレコ店で購入する
(初期費用 3,000円OFF & 11,000円キャッシュバック!)

P9 lite PREMIUM

P9 lite PREMIUM

安いだけじゃないプレミア感を求める人にオススメ

月額 1,980円~

>UQ mobile モバレコ店で購入する
(初期費用 3,000円OFF & 11,000円キャッシュバック!)

ZenFone 3

ZenFone 3

ミドルスペックで安い、バランス重視の人にオススメ

月額 2,980円~

>UQ mobile モバレコ店で購入する
(初期費用 3,000円OFF & 11,000円キャッシュバック!)

UQモバイルを安く購入する方法

UQモバイルを購入するなら「モバレコ バリューストア」がお得です。公式よりも安い初期費用で格安SIMを購入できるので是非チェックしてみよう。

●UQ-mobile|モバレコ バリューストア
(モバレコ バリューストア価格 初期費用:3,000円 → 1,150円

データ専用プラン
プラン名 データ容量 速度(受信) 月額金額
データ高速プラン 3GB 150Mbps 980円
データ無制限プラン 無制限 500Kbps 1,980円
音声通話付きプラン
プラン名 データ容量 速度(受信) 月額金額
データ高速+音声通話プラン 3GB 150Mbps 1,680円
データ無制限+音声通話プラン 無制限 500Kbps 2,680円
ぴったりプラン(無料通話付きプラン)
プラン名 データ容量 無料通話 速度(受信) 月額金額
ぴったりプラン S 2GB 60分 225Mbps 1,980円
ぴったりプラン M 6GB 120分 225Mbps 2,980円
ぴったりプラン L 14GB 180分 225Mbps 4,980円
おしゃべりプラン(5分かけ放題付きプラン)
プラン名 データ容量 無料通話 速度(受信) 月額金額
おしゃべりプラン S 2GB 5分かけ放題 225Mbps 1,980円
おしゃべりプラン M 6GB 225Mbps 2,980円
おしゃべりプラン L 14GB 225Mbps 4,980円

DIGNO Vの設定・使い方はこちら

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

マイナーなガジェットを追いかける変態端末愛好家。変わったものと新しいものはとりあえず買ってみるをモットーに活動中。