ASUS ZenFone ARを便利に愛用するための設定・使い方8項目

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ASUS ZenFone ARを便利に愛用するための設定・使い方8項目

ZenFone ARは世界初「Tango」と「Daydream」に対応しており、拡張現実と仮想現実を1台で楽しめてしまうスマートフォンです。

そんなZenFone ARの基本的な設定からASUS独自の機能まで、便利に使うための設定項目をまとめました。この記事を参考に設定して、長く愛用してください。

目次:

1. SIMカードを入れてAPNを設定

SIMピンを差し込んでトレイを取り出すタイプ
SIMピンを差し込んでトレイを取り出すタイプ

SIMトレイにはnanoSIMカードを2枚セットすることができ、DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)に対応しています。SIMスロット2はmicroSIMカードと共用のため、DSDSとmicroSDカードを同時に利用できない点は注意してください。

SIMカードをセットしたらZenFone ARでデータ通信が行えるよう、APN設定を行いましょう。

【設定】 > 【もっと見る】> 【モバイルネットワーク】【設定】 > 【もっと見る】> 【モバイルネットワーク】
【設定】 > 【もっと見る】> 【モバイルネットワーク】
【アクセスポイント名】 からAPNを選択する【アクセスポイント名】 からAPNを選択する
【アクセスポイント名】 からAPNを選択する

国内の主要MVNO事業者のAPNはプリセットされています。利用している事業者のAPNを選ぶだけで完了です。同様の手順でSIM2も設定できます。ここで一度モバイルデータ通信が使えるか確認して問題なければOKです。

アクセスポイントの登録画面
アクセスポイントの登録画面

もし、APNが登録されていない場合は、APN選択画面右上の+から新たに追加します。入力する内容は基本的に事業者の公式サイトに掲載されているので、同じように入力して保存してください。もしくは以下の記事を参照してください。

2. 便利がつまったZenMotionを使ってみよう

【設定】 > 【ZenMotion】【設定】 > 【ZenMotion】
【設定】 > 【ZenMotion】

タッチジェスチャー

【タッチジェスチャー】と起動するアプリの変更画面【タッチジェスチャー】と起動するアプリの変更画面
【タッチジェスチャー】と起動するアプリの変更画面

タッチジェスチャーは、ダブルタップでスリープモードに移行したり、スタンバイ中にアルファベットを書くとアプリを起動することができる機能です。ジェスチャー設定では任意のアプリを割り当てられます。

モーションジェスチャー

【モーションジェスチャー】をON
【モーションジェスチャー】をON

モーションジェスチャーは、着信時に画面を操作することなくミュートや着信応答の操作ができます。チュートリアルで利用シーンのアニメーションを見て、どのようなシチュエーションで使えるのか具体的にイメージしてから必要ならONにするといいでしょう。

片手モード

【片手モード】のクイック起動を有効に
【片手モード】のクイック起動を有効に
片手モードを有効にしたところ
片手モードを有効にしたところ

ZenFone ARのディスプレイサイズは5.5インチと結構大きめで、片手で操作するとタッチしづらい部分があります。これを解消するのが片手モードです。ホームキーをダブルタップすると片手モードになります。左右の配置変更や画面縮小率も可能で、快適に片手操作できます。

3. 省電力設定でロングライフを実現

【設定】 > 【電力管理】 > 【省電力設定】【設定】 > 【電力管理】 > 【省電力設定】
【設定】 > 【電力管理】 > 【省電力設定】
バッテリーモードとスマート切り替え
バッテリーモードとスマート切り替え

バッテリーモードを変更すると性能や機能を調整して駆動時間を調整できます。一番おすすめなのは、賢く調整してくれるスマートモード。電池残量が少なってきたらバッテリーモードを切り替えたいところですが、いちいち設定するのは面倒。そんな時は電池残量に応じて自動で切り替えるスマート切り替えがおすすめです。

スキャン結果
スキャン結果

スキャンすると最適化できる内容が表示されます。提案された内容に基づいて設定の変更や操作することで電力の消費を抑え、稼働時間の延長が期待できます。意外なところで電力を消費していたり、気づかないような設定変更で持ち時間が変わってくるので、試してみてください。

4. アプリの起動を高速化するOptiFlex

【設定】 > 【OptiFlex】【設定】 > 【OptiFlex】
【設定】 > 【OptiFlex】

OptiFlexはあらかじめ選択したアプリの起動を、同じ容量のRAMを搭載した端末よりも高速化できるとしています。チェックつける前と後で実際に試してみましたが、体感できるくらい劇的に速くなったということはありませんでした。

5. スリープ状態でも情報を表示するAlways-on Panel

【設定】 > 【Always-on Panel】【設定】 > 【Always-on Panel】
【設定】 > 【Always-on Panel】
時計スタイルは5種類から選択できる
時計スタイルは5種類から選択できる

Always-on Panelはピクセルごとに発行できるという有機ELディスプレイの特性を生かして、スリープ状態でも時刻や通知件数を表示します。消費電力が小さいのが特徴で、スマートフォンでよく時刻を確認する人にぜひ使って欲しい機能です

6. 使い方に合わせて最適なモードを選ぶ

ZenFone ARの性能や特徴から予想できるユーザー層は、スマートフォンを難なく使いこなせるでしょう。よって、この設定は不要な方が多いと思いますが、いずれ新しい機種に乗り換えて、ZenFone ARをご両親やお子さんに譲るときに思い出してください。

簡単モード

【設定】 > 【簡単モード】【設定】 > 【簡単モード】
【設定】 > 【簡単モード】
簡単モードのホーム画面
簡単モードのホーム画面

簡単モードは操作をできるだけ簡単にするモードで、見た目も操作方法もシンプルになります。初心者の方でも使いやすいように工夫されているので、スマートフォンの操作に不慣れな方に使ってほしいモードです。

キッズモード

【設定】 > 【キッズモード】【設定】 > 【キッズモード】
【設定】 > 【キッズモード】
キッズモードのホーム画面
キッズモードのホーム画面

キッズモードは、あらかじめ設定したアプリを設定した時間だけ利用できるというもの。ペアレンタルコントロールで使いすぎを防止したり、インターネットを安全に使うために制限をかけることができます。

7. 指紋でスマートにロック解除

【設定】 > 【指紋】【設定】 > 【指紋】
【設定】 > 【指紋】
画面の指示に従って指紋を登録
画面の指示に従って指紋を登録

ZenFone ARのホームボタンには指紋センサーが内蔵されています。あらかじめ指紋を登録しておけば、タッチするだけでロック解除したり、データへセキュアにアクセスすることが可能。位置的に親指の指紋を登録するのがおすすめです

8. モバイルマネージャーで端末管理

【設定】 > 【ユーザー補助】 > 【モバイルマネージャー】【設定】 > 【ユーザー補助】 > 【モバイルマネージャー】
【設定】 > 【ユーザー補助】 > 【モバイルマネージャー】
モバイルマネージャーの画面とスキャンした結果モバイルマネージャーの画面とスキャンした結果
モバイルマネージャーの画面とスキャンした結果

モバイルマネージャーは端末をスキャンし、最適化できる項目を教えてくれます。様々な観点から端末全体をメンテナンスできるので、定期的にスキャンと最適化をしてみてください。

まとめ

8個の設定をご紹介しました。いかがでしたか? 筆者の一押しは指紋の登録とモバイルマネージャーです。指紋センサーを使うには指紋の登録は欠かせない設定なので、まず最初に済ませておくといいでしょう。モバイルマネージャーは端末をベストな状態に保つためにぜひ活用してほしい機能で、定期的にクリーンにしておくのが長期間快適に利用するコツです。

当サイトが運営するモバレコ バリューストアでもZenFone AR(RAM6GB版)を取り扱いしています!一括84,240円、分割払いにも対応し月々3,510円(24回)のとなっており、オンライン上で購入することができます。

ZenFone AR

ASUS ZenFone AR(ZS571KL-BK64S6)
Tango AR & Daydream VR 対応
カラー:ブラック

価格:84,240円(税込)

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

マイナーなガジェットを追いかける変態端末愛好家。変わったものと新しいものはとりあえず買ってみるをモットーに活動中。