「ASUS ZenFone Live」レビュー!コンパクト端末好きにオススメしたいエントリーモデル

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「ASUS ZenFone Live」レビュー!コンパクト端末好きにオススメしたいエントリーモデル

ASUSから2017年7月14日に発売されたSIMフリースマホ「ASUS ZenFone Live(ZB501KL)」をレビューします。

スペックや外観などを見てみると、よくあるエントリーモデルのように見えますが、自撮り機能に特化していたり薄型軽量で持ちやすいサイズなど他社とうまく差別化しています。

今回はスペックや外観、カメラ性能などを一通りチェックしてみてZenFone Liveの魅力やイマイチな点などをご紹介します。

目次:

ZenFone Liveのスペック

まずはじめにASUS ZenFone Liveのスペックを見てみましょう。下記の表はASUS公式サイトを参考にしました。

本体カラー ネイビーブラック / ローズピンク / シャンパンゴールド
サイズ 約141.1mm × 約71.7mm ×約7.9mm
重量 約120g
ディスプレイ 約5.0インチ 1,280×720(HD)IPS液晶
OS Android™ 6.0.1
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 400 1.4GHz(クアッドコアCPU)
RAM 2GB
ROM 16GB
背面カメラ 約1,300万画素 LEDフラッシュ
前面カメラ 約500万画素 LEDフラッシュ
バッテリー 2,650mAh
SIMカード nanoSIMスロット×2
※SIM2とmicroSDカードは排他利用となるため、同時に使用することはできません。
充電端子 microUSB

ZenFone Liveはau回線も対応しているので、格安SIMで人気のUQ mobilemineoなども使用できます。

エントリーモデルということもあって、CPUやメモリなどが心許ないこと、ディスプレイはHD解像度など不満もあるかもしれません。

また、上位機種にはある指紋認証センサーやジャイロセンサー、次世代高速Wi-Fi規格「11ac」などは非搭載です。本体価格が安いなりに機能がカットされていますが、使い方次第でカバーできる範囲だと思います。

エントリー向けのため本体性能は低め
エントリー向けのため本体性能は低め

参考までにベンチマークアプリの「Antutu Benchmark」にて測定したスコアは26,894でした。最近のフラグシップモデルと比べると大きく差が開きますが、ブラウジングやSNSなどのライトな使い方であれば問題なく使用できました

とはいえ、3Dゲームやなどでは処理落ちやカクつきが多く見受けられたので、あくまでもエントリーモデル向けと考えて良さそうです。

デザイン・外観を確認

続いては付属品や本体のデザイン・質感などをチェックしてみます。

充電器やイヤホンなど最初から一通り揃っている
充電器やイヤホンなど最初から一通り揃っている
充電器やイヤホンなど最初から一通り揃っている

付属品はZenFone Live本体、ユーザーマニュアル、microUSBケーブル、充電器、イヤホンのセット。最近では充電器を省くメーカーも増えているなか、SIMフリー端末では安価なモデルでも一通り揃っています。

正面からはスタンダードなデザイン
正面からはスタンダードなデザイン

正面からのデザインは無難にまとめたスタンダードなデザイン。2.5D曲面ガラスを採用して安っぽさを感じさせない造りです。

ナビゲーションキーは全て画面外のタッチ式
ナビゲーションキーは全て画面外のタッチ式

画面外に出たナビゲーションボタンは全てタッチ式で、左から順番にバックボタン、ホームボタン、タスクボタンの順で並びます。

前面にもLEDフラッシュを搭載
前面にもLEDフラッシュを搭載

上部には受話口やインカメラ、近接センサーに加えてインカメラ撮影用のLEDフラッシュを内蔵しています。セルフィーを取る時に活躍してくれそうですね。

2.5D曲面ガラスでスワイプ操作がやりやすい
2.5D曲面ガラスでスワイプ操作がやりやすい

スマホのトレンドになりつつある2.5D曲面ガラスで、画面端からのスワイプも引っかからずスムーズに行なえます。このデザインは縁が曲がったデザインのため高級感が出る反面、ガラスフィルムなどは端が浮いてしまうデメリットもあります。

下部には充電ポートとスピーカーとマイク
下部には充電ポートとスピーカーとマイク

側面下部にはmicroUSBコネクタとスピーカー、マイクが配置。側面の丸みはiPhoneに似ているデザインです。

上部にはイヤホンジャックとマイク
上部にはイヤホンジャックとマイク

側面上部にはイヤホンジャックとマイクが付いています。マイクが2つ付いていることによって動画撮影時の雑音を除去できるらしいです

右側面にはスリープボタンとボリュームボタンを配置
右側面にはスリープボタンとボリュームボタンを配置
右側面にはスリープボタンとボリュームボタンを配置

右側面にはスリープボタンとボリュームボタンが並びます。よく見るとZenFoneシリーズお馴染みのスピン加工が施されています。

左側面にはSIMスロット
左側面にはSIMスロット
左側面にはSIMスロット

左側面にはSIMとmicroSDスロットを内蔵。SIMはnanoSIMが2枚入りますが、SIM2スロットはmicroSDと排他仕様のため同時に使用することは出来ません。また、上位機種にはある4G+3GによるDual SIM Dual Standbyには対応していないので注意が必要です。

背面は樹脂製でもチープさはそこまでない
背面は樹脂製でもチープさはそこまでない

背面はつや消しの樹脂製で光の当たり方によって色味が変化します。今回お借りしたシャンパンゴールドは落ち着いた色味で男女問わず使えるカラーですね。ZenFone Liveのカラーバリエーションは、シャンパンゴールド、ローズピンク、ネイビーブラックの全部で3色展開となっています。

カラーは3色展開
カラーは3色展開
カメラレンズは飛び出ていない
カメラレンズは飛び出ていない

背面上部にはカメラレンズとフラッシュ。中央付近にASUSのロゴが配置されています。カメラレンズはフラットに収まっています。

ZenFone Liveの持ちやすさ・使い勝手をチェック

ラウンド形状で持ちやすいデザイン
ラウンド形状で持ちやすいデザイン

側面から背面まで滑らかにラウンドしているので持ちやすさは抜群に良いです

手に持ってみると想像以上に軽くて驚く
手に持ってみると想像以上に軽くて驚く

実際に手に持ってみると、第一印象は「とにかく軽い!」でした。それもそのはず、ZenFone LiveはZenFoneシリーズ最軽量の120gしかありません。本体もコンパクトで男性であれば片手操作も問題ない範囲です。

ボタンの配置も使いやすい
ボタンの配置も使いやすい

電源ボタンの配置も、ちょうど指が届く位置にあるお陰で使いやすいです。

解像度はそれなりでも発色は綺麗
解像度はそれなりでも発色は綺麗

ディスプレイはHD液晶で少々荒く感じるところもありますが、IPS液晶で発色や輝度、視野角などは全く問題ないレベル。上位機種と比べてもほとんど差がないので十分綺麗です。

ZenFone Live
ZenFone Live

ASUS ZenFone Live(ZB501KL)
カラー:シャンパンゴールド、ローズピンク、ネイビーブラック
世界初「美人エフェクトLive」搭載
軽くてコンパクトなデザイン

価格:21,000円(税込)

カメラ性能をチェック

ZenFone Liveのカメラは背面が約1,300万画素、セルフィーなどに使う前面カメラが500万画素と一般的なスマートフォンと同等レベルの画素数です。

標準カメラのUIはシンプルで実用的
標準カメラのUIはシンプルで実用的

標準のカメラアプリのUIはシンプルで分かりやすく、設定項目も必要最低限です。暗い時の場面では自動的にローライトモードの切り替えボタンが表示されます。

HDRやパノラマ撮影など一通り揃っている
HDRやパノラマ撮影など一通り揃っている

カメラモードは全部で12種類。HDR撮影やパノラマ撮影、夜景モードやQRコード読み取りなど一通り揃っている印象です。

美人エフェクトを使えばもっとセルフィーが楽しめる
美人エフェクトを使えばもっとセルフィーが楽しめる

「美人エフェクト」を使うと目の大きさや小顔効果、肌の質感などを細かく調整できるオプションが用意されています。

インカメラでもLEDフラッシュが使える
インカメラでもLEDフラッシュが使える

インカメラのLEDフラッシュを活用すると暗い店内でも明るく撮れたり、顔を自然な色味に表現するのに役立ちます。

美顔効果をリアルタイムに反映できる「美人エフェクトLive」
美顔効果をリアルタイムに反映できる「美人エフェクトLive」

さらに、SNSなどで動画配信で使える「美人エフェクトLive」機能では、対応アプリで動画配信を始めるとリアルタイムに美顔機能がオンになる優れもの。これまでは撮影して加工だったのがリアルタイムで加工しつつ配信することが出来るようになりました

ZenFone Liveで撮った写真を紹介

ZenFone Liveで撮影した写真を作例としてご紹介します。設定は基本的に全てオートで撮影しており、シーンに応じて夜景モードやローライトモードなどを活用しています。

崖のゴツゴツした感じが描写できている
崖のゴツゴツした感じが描写できている
暗い室内だとピントが合わない
暗い室内だとピントが合わない
沖縄の市場で熱帯魚を撮影
沖縄の市場で熱帯魚を撮影

オートでパシャパシャと撮影してみると、明るい場所では問題なく撮影できるものの暗い室内や動きのあるものに弱く、しっかりと構えていないと写真がブレやすくなります。

ZenFone Live HDRオフZenFone Live HDRオン
HDRオフ(左)・HDRオン(右)の比較

逆光のシーンで木を見上げるように撮影してみました。HDRオフの写真では逆光により黒つぶれが起きている場所も、HDRをオンにすると葉っぱの緑がちゃんと出ています。

夜景モード
夜景モード
ローライトモード
ローライトモード

夜の国際通りで町並みやお店を夜景モードとローライトモードで撮影してみました。夜景モードの方はノイズも少なめで綺麗に撮れていると思います。ローライトモードではディティールが潰れてしまっています。

お刺身
お刺身
肉じゃが
肉じゃが
ハンバーグ
ハンバーグ
蜂蜜がけフランスパン
蜂蜜がけフランスパン
トマトチキンカレー
トマトチキンカレー

お次は食べ物を色々と撮影してみました。全体的に色味が青く薄暗い写真のため、そのままの状態だとあまり美味しそうに見えないです。写真加工アプリなどを使って明るさや色味を補正するなど工夫が必要ですね。

男性でも自撮りで盛れます

最後に自分撮りの美人エフェクトを使ってセルフィーをしてみました。諸事情によってモザイク掛けていますが、肌が明るく健康的な色味になり肌の粗さが多少緩和されたように見えます。本当は可愛い女の子が撮ったらもっと素敵な写真になると思うのですが…。

画面上に表示されたシャッターボタンを上に引っ張るだけでセルフタイマーが起動するのは便利でした。自撮りを良くする方はオススメの機能です。

ZenFone Liveの価格と購入場所


ASUS ZenFone Liveのメーカー価格は21,384円(税込価格)です。オンラインショップ、家電量販店で購入できます。MVNOからは、mineoとIIJmioとBIGLOBE SIMなどから格安SIMとセットで販売しています。

コンパクトなデザインに、持ってみると分かる軽くて持ちやすい仕様。SNSでセルフィーやLive機能が流行になっている今、「美人エフェクトLive機能」が搭載していることは魅力のポイントとなっています。が価格も低価格に抑えてあり、初めてのSIMフリーモデルにもSNS専用の2台目にもオススメのモデルです。

モバレコが運営している、スマホ・格安SIMのオンラインショップ「モバレコ バリューストア」でも、ASUS ZenFone Liveをベストプライスで販売しています。ぜひチェックしてみてください。

ZenFone Live
ZenFone Live

ASUS ZenFone Live(ZB501KL)
カラー:シャンパンゴールド、ローズピンク、ネイビーブラック
世界初「美人エフェクトLive」搭載
軽くてコンパクトなデザイン

価格:21,000円(税込)

ZenFone Liveはこんな人にオススメ

ZenFone Liveを一通り触ってみて、値段が安いなりに機能や見た目を頑張って良くしようとしているメーカーのこだわりを感じる端末だなと感じました。欲を言えばもう少しCPUやカメラを強化して欲しいのが本音ですが…。

ハイエンドモデルと比べると確かに見劣りする点も多いですが、高性能を必要としないライトユーザーやコンパクトモデルが欲しい方にはアリじゃないかなと思います。性能に不満が出てきたら徐々に上位機種へステップアップしていくような使い方がオススメです。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi