「AQUOS R」を人気機種と徹底比較!「Xperia XZs」や「Galaxy S8」との違いは?

書いた人: でこい

カテゴリ: 比較

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「AQUOS R」を人気機種と徹底比較!「Xperia XZs」や「Galaxy S8」との違いは?

シャープから7月7日に発売されたAQUOS R(アクオス アール)。これまでキャリアごとに異なっていたデザイン・仕様が統一され、機能面でも進化して今までのAQUOSとは違うなという機種になっています。

そんなAQUOS Rを、同時に発売された人気端末であるXperia XZs、Galaxy S8の2機種と比較!どのような特徴の差があるのか、ハイスペック端末同士でどんな違いがあるのかを見ていきます。

目次:

「AQUOS R」と「Xperia XZs」の違い

まずは、ソニーから発売されたフラッグシップモデルのXperia XZsと比較していきます。

「AQUOS R」と「Xperia XZs」のスペック比較

両者のスペックを比較した表がこちら。優れているであろう点は赤字にしています。

AQUOS R Xperia XZs
OS Android 7.1 Nougat Android 7.1 Nougat
サイズ(高さ × 幅 × 厚さ) 約 153 x 74 x 8.7 mm 約 146 × 72 × 8.1 mm
重さ 約 169 g 約 161 g
ディスプレイ 約5.3インチ・WQHD(2560×1440)
IGZO液晶ディスプレイ
約5.2インチ・フルHD(1920×1080)
CPU(プロセッサ) Qualcomm MSM8998 オクタコア(2.2GHz クアッドコア+1.9GHz クアッドコア) Qualcomm MSM8996 クアッドコア(2.2GHz/デュアルコア+1.6GHz/デュアルコア)
メインメモリ(RAM) 4GB 4GB
内蔵ストレージ(ROM) 64GB
(外部ストレージ:対応)
32GB
(外部ストレージ:対応)
アウトカメラ 2,260万画素 1,920万画素
インカメラ 1,630万画素 約1,320万画素
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz) IEEE802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2
バッテリー 3,160 mAh 2,900m Ah
カラー マーキュリーブラック、ジルコニアホワイト、クリスタルラベンダー(ドコモのみ)、ライトゴールド(auのみ)、ブレイズオレンジ(ソフトバンクのみ) ブラック、ウォームシルバー、アイスブルー、シトラス

スペックを比較すると、実はAQUOS Rの方が全体的にハイスペックなことが分かります。プロセッサや内蔵ストレージともにXperia XZsよりも優れており、ベンチマークのスコアはもちろん、この辺は実際に使っても差を感じるでしょう。

画面サイズはほぼ同じですが、Xperia XZsがフルHD(1920×1080)なのに対してAQUOS RはWQHD(2560×1440)と1.8倍の画素数になっています。AQUOS Rの方が密度が細かくなっているので、より高精細というわけですね。

AQUOS Rのカラーバリエーション

AQUOS Rのカラーバリエーション
Xperia XZsのカラーバリエーション

Xperia XZsのカラーバリエーション

AQUOS Rの本体カラーは、マーキュリーブラック、ジルコニアホワイトのベースカラーに加え、キャリアごとに限定カラーが1色ずつ展開されています。ただ、欲しい色と使っているキャリアが違った時は悩ましいところですね・・・。

「AQUOS R」と「Xperia XZs」の特徴比較

AQUOS Rの特徴的な機能といえばカメラでしょう。広角22mm相当、F1.9のレンズはかなり攻めていますよね。一方、Xperia XZのカメラは広角25mm相当、F2.0です。もちろんこれでも十分なんですが、AQUOS Rの22mm相当という画角はかなり広いので、今までにはなかった風景を切り取ることができますよ。

動画撮影機能については両者とも4K動画の撮影が可能。わかりやすい違いでいうと、Xperia XZsは960fpsのスーパースローの撮影ができるという点でしょうか。

また、2機種ともディスプレイにも特徴があります。どちらのメーカーもテレビで培われた液晶技術がありますからね。

AQUOS RのIGZO液晶ディスプレイはHDRに対応しており、従来であれば白飛び、黒つぶれしてしまってよく見えなかった部分が、忠実に再現されて見やすく表示されるようになります。

【AQUOS R】SDR/HDR 比較ムービー

Xperia XZsのディスプレイもブラビアで培われた豊かな色表現、高コントラストを持つトリルミナスディスプレイ for mobileがあります。

ブラビアで培われた美しいディスプレイ

ブラビアで培われた美しいディスプレイ(参照元: ソニーモバイル公式サイト

液晶の色味なんかは好みの問題もあるのでどちらが優れているとは一概に言えませんが、AQUOS RがHDRに対応しているという点は1つの特徴と言えるでしょう。

●この端末をさらに詳しく

AQUOS R

AQUOS R レビューへ
Xperia XZs

Xperia XZs レビューへ

「AQUOS R」と「Galaxy S8」の違い

続いて、デザインのインパクトが大きいサムスンのGalaxy S8と比較していきましょう。

「AQUOS R」と「Galaxy S8」のスペック比較

まずは両者のスペックの違いを見ていきます。先ほどと同じように優れているであろう点は赤字にしています。

AQUOS R Galaxy S8
OS Android 7.1 Nougat Android 7.0 Nougat
サイズ(高さ × 幅 × 厚さ) 約 153 x 74 x 8.7 mm 約 149 × 68 × 8.0 mm
重さ 約 169 g 約 150 g
ディスプレイ 約5.3インチ・WQHD(2560×1440)
IGZO液晶ディスプレイ
約5.8インチ・QHD+(2,960×1,440)
Super AMOLED(有機EL)ディスプレイ
CPU(プロセッサ) Qualcomm MSM8998 オクタコア(2.2GHz クアッドコア+1.9GHz クアッドコア) Qualcomm MSM8998 オクタコア(2.35GHz クアッドコア+1.9GHz クアッドコア)
メインメモリ(RAM) 4GB 4GB
内蔵ストレージ(ROM) 64GB
(外部ストレージ:対応)
64GB
(外部ストレージ:対応)
アウトカメラ 2,260万画素 1,220万画素
(デュアルピクセル)
インカメラ 1,630万画素 800万画素
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz) IEEE802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0
バッテリー 3,160 mAh 3,000 mAh
カラー マーキュリーブラック、ジルコニアホワイト、クリスタルラベンダー(ドコモのみ)、ライトゴールド(auのみ)、ブレイズオレンジ(ソフトバンクのみ) オーキッドグレー、コーラルブルー、ミッドナイトブラック

AQUOS RとGalaxy S8のスペックを比較すると、プロセッサやRAM、内蔵ストレージといった部分は同じになっていますね。単純なスペックだけみると両者互角といった感じ。

大きく違うのはやはりカメラ。アウトカメラ、インカメラともにAQUOS Rの方が倍近い画素数になっています。写真の綺麗さは単純な画素数だけでは決まりませんが、やはり高画素の方が細部まで精細に描写することができるため、AQUOS Rなら奥行き感のあるような写真に仕上がります。

画面の解像度は横幅が両者ともおなじ1440px。縦が結構違いますが、それはGalaxy S8がかなり縦長で本体サイズギリギリのディスプレイになっているからです。密度は両者とも同じくらいと言ってもよいでしょう。それにしてもGalaxy S8のディスプレイはインパクトがありますね…

Galaxy S8のカラーバリエーション

Galaxy S8のカラーバリエーション

Galaxy S8は全体的に落ち着いたカラーバリエーションですが、AQUOS Rはオレンジというビビッドなカラーもあります(ソフトバンクのみ)。全キャリアで全ての色を選べれば一番いいですよね…!!

「AQUOS R」と「Galaxy S8」の特徴比較

「AQUOS R」と「Galaxy S8」を比較すると、AQUOS RもF1.9とかなり明るいレンズになっていますが、Galaxy S8のレンズはF1.7とさらに明るくなっています。

画角については、AQUOS Rが35mm換算で22mmと超広角、Galaxy S8は77度という表記なので35mm換算は不明ですがS7 edgeと同様であれば26mmになります。

Galaxy S8のカメラは非常に明るいレンズを採用していますが、画素数や画角なども考慮するとAQUOS Rのカメラのほうがスペック的には上という感じでしょうか。実際に撮った写真の良し悪しは好みもありますが。

ディスプレイに関しては、Galaxy S8はSuper AMOLED(有機EL)ディスプレイなのでAQUOS Rとはかなり違いますね。

AQUOS RはハイスピードIGZOで120Hzの高速駆動という特徴があり、Galaxy S8は有機ELディスプレイの特徴を活かして常時点灯する「Always On Display」が特徴的。フレームを極限まで削ぎ落としたInfinity DIslpayは見た目のインパクトもあります。

【AQUOS R】ハイスピードIGZO 機能紹介ムービー
迫力の全画面Infinity Display

迫力の全画面Infinity Display(参照元:Galaxy Mobile Japan 公式サイト

なお、技術的には異なりますが、どちらもディスプレイの省電力性は比較的高くなっています。

●この端末をさらに詳しく

AQUOS R

AQUOS R レビューへ
Galaxy S8

Galaxy S8 レビューへ

「AQUOS R」はココがすごい!特徴を解説

AQUOSシリーズの大きな特徴といえば、高精細・省電力性を備えるIGZO液晶ディスプレイですよね。2K相当となるWQHD解像度のIGZO液晶ディスプレイを採用しています。SHARPの液晶テレビ「AQUOS」シリーズで培った技術を活かした色再現性を備えています。

それ以上にすぐに気づくのは120Hz駆動の「ハイズピードIGZO」。表示した映像の更新頻度を従来の倍(1秒間に60回→1秒間に120回)にすることで、見える映像表示が非常になめらかになっています。

ハイスピードIGZOを検証してみた(動画あり)

実際にブラウジングしているときのスクロールを比較した様子を動画にしてみました。

左が「AQUOS R」です

途中にスーパースローを挟んでいるのでその差がわかりやすいかと思いますが、スローではない部分でも違いがわかるのではないでしょうか。

濡れても使えるディスプレイを検証してみた(動画あり)

また、AQUOS RのIGZOディスプレイは、独自のタッチ検出方法でノイズの少ない認識を可能にしており、タッチ操作のわずかな信号をしっかり検出することができます。

これにより、水に濡れても誤動作しないという強みがあります。キッチンでレシピを見ているときや、居酒屋なんかで画面がちょっと濡れているときに不要なタッチ検出でアプリが起動したりしないのは嬉しいですね。

これについても画面に水をかけた様子を動画にしています。霧吹きで水をかけてディスプレイを濡らしています。

霧吹きでかけた水滴ではタッチ認識されず(誤動作は起きず)、指で触れた部分だけタッチを認識しているのがわかります。

霧吹きでAQUOS Rのディスプレイを濡らし操作してみました

接写・広角撮影に強いカメラ性能を検証してみた

カメラが進化したのも大きなポイントです。

AQUOS Rは広角22㎜相当、F値1.9の明るいレンズを搭載。ワイドな画角を活かした奥行き感のある魅力的な写真が撮影できます。さらに、画素数もAQUOS史上最高の約2,260万画素なので、細部まで精細に描写できます。

Xperia XZ Premiumの25mm相当のレンズで撮ったものと比べてみます。同じ場所から撮影していますが、AQUOS Rのほうが広い範囲を収めることができています。

AQUOS R

AQUOS R
Xperia XZ Premium

Xperia XZ Premium
AQUOS R

AQUOS R
Xperia XZ Premium

Xperia XZ Premium

また、AQUOS Rは撮影最短距離が短いため被写体に近づいて撮影できるのも強みですね。

AQUOS R

AQUOS R
Xperia XZ Premium

Xperia XZ Premium

Xperia XZ Premiumではある程度被写体から距離をとらないとピントが合わせられませんでしたが、AQUOS Rはかなり接写してもピントがあっています。接写+超広角レンズによって、かなり迫力のある写真が撮れました。

まとめ:重要な要素がしっかりつまった1台

AQUOS R

今回は、AQUOS RをXperia XZsとGalaxy S8の2機種と比較していきました。

Xperia XZsのスーパースロー撮影やGalaxy S8の驚異的な画面占有率といったインパクトのある特徴こそないものの、スマホにおいてとても重要な要素が詰まっています。ディスプレイの性能や使いやすいカメラなど、実際に手にとってみると感じるものがバランスよく、いい感じに落とし込んだ機種といえます。

ディスプレイに関しても、ぬるぬると動くのが一目でわかる120Hzの高速駆動や水に濡れても誤タッチしない部分は非常に使いやすいと感じました。

また、AQUOS Rは発売から2年間のOSバージョンアップへの対応を保証しており、飽きずに長く使えることを意識していることが伺えます。

せっかく買ったのだからしっかり長く使いたい。AQUOS Rはそんな人にオススメな機種です。

●AQUOS Rを購入するならSoftBank モバレコ店がおトク

ソフトバンク モバレコ店

AQUOS Rを買うなら、SoftBank モバレコ店を利用するとおトクに購入できます。さらにモバレコ限定40,000円のキャッシュバックキャンペーンも開催中です!ぜひ、この機会に一度チェックしてみてください!

★SoftBank モバレコ店のメリット★

・忙しい方でも大丈夫!オンラインで24時間いつでも申し込み可能
・申し込み後は自宅・店舗どちらかで受け取りが選べて便利
・余計なオプションは入らずに月々の料金もスッキリ
・公式キャンペーンとSoftBank モバレコ店のキャンペーンが使える

機種 月額料金
(端末代込み)
販売サイトへ
★モバレコ限定、最大40,000円キャッシュバック★

AQUOS R
月々5,733円~ >詳細はこちら

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ・カメラ・アイドルを愛する高専卒、Twitter在住のオタク。Xperia、iPhone、MacBook、Surfaceが好きです。趣味丸出しなブログ「でこにく」を書いています。