国産SIMフリースマホ「富士通 arrows M04」の口コミ・評判は?

書いた人: でこい

カテゴリ: まとめ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
国産SIMフリースマホ「富士通 arrows M04」の口コミ・評判は?

国産のSIMフリースマホとして富士通から投入されたarrows M04。

防水防塵におサイフケータイ、ワンセグといった国内向けの機能も充実している本機について、どんな人にオススメなのかを口コミや評判からみていこうと思います。

目次:

arrows M04のスペックについての口コミ・評判

まずは、arrows M04のスペックをM03と比較しながら見ていきましょう。

arrows M04 arrows M03
OS Android 7.1 Android 6.0
SoC Qualcomm Snapdragon 410 1.2GHz
内蔵メモリ RAM : 2GB / ROM : 16GB
外部メモリ microSD / microSDHC / microSDXC(最大256GB) microSD / microSDHC / microSDXC(最大200GB)
ディスプレイ 5.0インチ HD (1,280×720px)
バッテリー 2,580mAh
サイズ 約144mm×約71mm×約8.0mm 約144mm×約72mm×約7.8mm
重量 約148g 約141g
カメラ メイン:1,310万画素
サブ:500万画素
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/
MIL規格 23項目 14項目
Bluetooth ver.4.1
防水/防塵 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
カラー ブラック / ホワイト / ゴールド / グリーン / デニムブルー ブラック / ホワイト / ピンク / シャンパンゴールド / グリーン

M04とM03の大きな違いは「耐久性」。米軍MIL規格の氷結や熱衝撃などを追加、高温動作・高温保管など耐久性がさらに増したものなど9項目が追加されました。このように、ボディの強度が増したことによって、少しですがサイズも大きくなり重さも増量しています。

耐久性を除いた項目はM03とほぼ同じです。SoCやメモリなど性能面に変化はなく、3Dゲームアプリをプレイするとストレスを感じでしまうレベルです。

耐久性はアップしているのですが、SoCやメモリもグレードアップしていてくれればなというところでしょうか。

なお、arrows M04のカラーは、標準のブラック・ホワイトの他に、限定カラーとなるゴールド(楽天モバイル)、グリーン(mineo)、デニムブルー(ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、IIJmio)の組み合わせとなっています。

arrows M04のカメラについての口コミ・評判

arrows M04とは

カメラのスペックもM03と変わっていません。しかし、シャッターボタンを押してから実際に撮影されるまでのタイムラグが軽減されるなどの改善がされています。

ネットでもM03より写真が撮れるまでが速くなったなど声がありました。
参考までに、実際に撮影した作例を載せておきます。

arrows M04 カメラ作例

画角は90度と広めなので風景もしっかり収めることができます
arrows M04 カメラ作例

F2.0と明るいレンズを使っているため、暗所でも光があればしっかり写ります
arrows M04 カメラ作例

薄暗い店内ではピントがなかなか合いませんでした

暗いところだと綺麗に撮れるとは言い難い感じになってしまいましたが、十分な光量があれば綺麗に写してくれるなという印象です。さすがにフラッグシップ機のカメラと比べてしまうと見劣りはしてしまいますが。

しかし、SNSにアップするなどスマホのカメラにそこまで高画質を求めないような使い方なら実用的には使えると思います。

arrows M04の使い勝手・機能についての口コミ・評判

使い勝手等に触れるまえに、外観をサクッとみていきましょう。

arrows M04

画面周辺のフチはディスプレイよりも高くなっていて、落下時に画面が直接地面にあたりづらくなっています
arrows M04

背面にはフッ素系のハードコーディングが施されています
arrows M04

サイドには電源ボタンとボリュームボタン
arrows M04

落下防止に役立つストラップホールが備わっています

デザインが一新されたarrows M04は、画面が割れにくい信頼性と手にやさしい心地良さを感じるデザインコンセプト「50/50 lite」を採用しています。すっきりとしていながらも手に馴染むデザインはチープさをあまり感じません。

arrows M04は格安スマホとはいえ、国内向けの機能は充実しています。

上部に収納型のワンセグアンテナを配置しており、イヤホンアダプタ型のアンテナがなくてもワンセグを視聴することが可能です。ワンセグなのでフルセグに比べて画質はよくありませんが、災害時などには安心な機能ですね。

もちろんおサイフケータイ機能もあるので、電子マネーやクーポン、レジでの会計や改札の通過もサクッとできます。

arrows M04

IPX5/IPX8の防水性能の有しているため、お風呂やキッチン、キャンプなどで使用しても安心。さらに、MIL規格の23項目に準拠した耐久性ももっているのでちょっとやそっとの衝撃では壊れることもありません。1.5mの高さからコンクリートへ落下させても大丈夫というのは普通にすごいですね。

本体が多少汚れてしまっても、arrows M04は泡タイプのハンドソープで洗うことができます。毎日ずっと触っていると見えない汚れなどもどんどん着いてしまうので、ハンドソープで洗って綺麗にできるのは精神的にもよいものです。

口コミ・評判から分かったarrows M04の良いところ、悪いところ

arrows M04

arrows M04はスペックこそ据え置きではあるものの、耐久性アップや耐洗剤といった部分で進化していて、ハイスペックを求める人よりも、タフネスさ(堅牢性)を重視するような人向けの端末であることがわかります

口コミにも、もう少しスペックをあげてほしかったという声が上がっていました。完全にタフネス仕様にステータスを振ったみたいな感じになっていますね。

しかし、その分arrows M04の堅牢性はすごいですよね。IPX5/IPX8の防水性能にIP6Xの防塵性能でアウトドアもバッチリですし、MIL規格23項目に準拠しており、落下・衝撃・振動はもちろん、高音・低音・熱衝撃なんかもへっちゃらでございます。

本体も画面が割れにくく傷に強い設計です。ディスプレイには耐傷性にすぐれたゴリラガラスを採用、背面には優れた耐摩耗性のフッ素系ハードコーディングが施されています。

さらに、内部の両側壁にステンレスフレームを追加し、より曲がりにくく、歪みにくいボディ設計になっているのに加え、内部フロントホルダの厚みをアップさせることでボディ全体の剛性が高められているのも特徴。

簡単に言うと、ハイスペックではないですが優れた堅牢性で安心して使えるスマホであるということです。

まとめ:arrows M04はこんな人におすすめ

口コミ・評判を見てもわかるように、arrows M04はハイスペックと言える端末ではありません。正直2年くらい前の端末とほぼ同じレベルです。

しかし、arrows M03から進化した堅牢性とハンドソープで洗えるという安心感は評価すべきポイントだと思います。

格安スマホで不安なのはやはり故障やアフターサポートといった部分。事業者によっては月額性のオプションで提供している場合もありますが、せっかく月額を抑えているんだから…と思う人もいるでしょう。そういった意味でも、水没や落下などの衝撃、画面割れに強く故障しづらいarrows M04は安心ですね。

スマホの料金を抑えつつ、しっかりと国内向けの機能を使いたいという人や、スマホ初心者の両親に勧めたい人などにはオススメできる1台です。

  • 画面が割れにくい、防水対応、衝撃にも強いタフネス仕様
  • 防水、おサイフケータイに対応した数少ないSIMフリースマートフォン
  • メーカーサポートが充実した格安スマホ
  • ゲームアプリで遊ばない。性能を気にしない人

arrows M04
arrows M04

富士通 arrows M04
カラー:ホワイト・ブラック
安心、安全設計の国産SIMフリースマホ
防塵・防水・おサイフケータイ対応

販売価格:31,260円(税込)

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ・カメラ・アイドルを愛する高専卒、Twitter在住のオタク。Xperia、iPhone、MacBook、Surfaceが好きです。趣味丸出しなブログ「でこにく」を書いています。