スマホカメラで綺麗な写真が撮りたい!2017年夏モデルのおススメはコレ

書いた人: でこい

カテゴリ: まとめ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホカメラで綺麗な写真が撮りたい!2017年夏モデルのおススメはコレ

InstagramなどSNSに投稿するためスマホで写真を撮影する人を多く見かけます。同時に、スマホに求めるものにカメラ性能をあげる人も多くなっているのではないでしょうか。

今回は、スマホで綺麗な写真を撮るためのポイントと2017年夏モデルの中でもカメラ機能に優れた3機種をピックアップしてご紹介します。

目次:

スマホでより綺麗な写真を撮るには?見るべきスペックはココ

スマホでより綺麗な写真を撮るには?見るべきスペックはココ

どうせなら綺麗な写真をSNSにアップしたいですね

新しいスマホだと簡単に綺麗な写真を撮ることができます。最近は、スマホで撮った写真をInstagramやTwitterなど、SNSに投稿するのが当たり前になっています。

SNS映えのする写真を撮りたいので、スマホを選ぶときにカメラ機能を重視するという人も多いのではないでしょうか。今回はカメラ機能でスマホを選ぶ際にチェックすべきポイントをご紹介します。

「画素数」:画素数が多くても綺麗な写真を撮れるわけではない?

スマホのカメラは、イメージセンサというものがレンズから入った光を取り込み、電気信号に変換して画像にしています。

イメージセンサは碁盤の目のように区切られていて、その1マスが1画素に対応しており、その画素の数が画素数のこと。

画素数が多いほうが画像1枚に対する情報の量が多いので解像度が上がりますが、同じ面積(センサーサイズ)で画素の数が増えるということになるため、1画素あたりのマスの面積(画素ピッチ)が小さくなります。同じ大きさの方眼紙でもマス目の数で細かさが違うのと同じことですね。

その分1画素が受光する光も少なくなるので、明暗や色調の幅が狭くなり、白とびや黒つぶれが発生しやすくなると共に、ノイズも多くなってしまいます。

実際にはセンサ自体の性能も写真の質に関わってくるのですが、画素数が多い=綺麗な写真が撮れるとは言えないのです。

「F値」の大きさ:夜景や暗所での撮影で重要!

F値とは、レンズを通って撮像素子上に写る像の明るさのことです。F1.7、F2.2などと書いてあります。

F値が小さい方が撮像素子上に写る像が明るくなり、F値が大きいと撮像素子上に写る像は暗くなります。

同じ暗さでもF値が小さいレンズのスマホの方がより明るい写真が撮れるということなので、暗所や夜景の撮影はF値の小さいスマホの方が有利ということですね。

「画角」の広さ:自撮りをするなら要チェック

画角というのは、撮像素子に写る範囲を角度で表したものです。メーカーによっては『90度』というように角度でそのまま記されていたりします。

レンズが広角ですよという表現でよく見るのは『22mmの広角レンズ』というようなものが多いかと思います。

この数値はレンズの焦点距離を表していて、焦点距離が短いほど画角が広くなり、焦点距離が長いほど画角が狭くなります。

画角が広い方が写る範囲が大きくなるので、風景を撮ったときに迫力がでますし、複数人で自撮りをするときも、しっかり全員を写すことができます。

実際に異なる焦点距離のスマホで撮影した作例を紹介します。

25mmレンズのカメラで撮影22mmレンズのカメラで撮影

左が25mm、右が22mmのレンズのカメラで撮ったものです

撮影する場所はほぼ変わらないのに、写っている範囲が全然違いますよね。広い範囲を写したいときはこの数字が小さい方が有利ということです。

2017夏モデルでおススメの3機種

カメラについての解説をしたところで、2017年夏モデルで高性能なカメラを搭載した3機種をピックアップし、それぞれの特徴を紹介していきます。

Xperia XZs:最新のMotion Eyeカメラでかつてない撮影体験を

フレッシュなカラーバリ、画像はアイスブルー

フレッシュなカラーバリ、画像はアイスブルー

Xperia XZsはアイスブルーやシトラスなどのフレッシュなカラーバリがあり、ケースなどの種類も多いため、おしゃれに敏感な女性には特にうれしい機種なんじゃないでしょうか。
そんなXperia XZsのカメラの特徴です。

従来比約5倍のデータ読み出し速度を実現

従来比約5倍のデータ読み出し速度を実現

Xperia XZsのカメラは『Motion Eyeカメラ』という新開発なもので、イメージセンサにメモリを搭載することで、従来比で約5倍のデータ読み出しが可能となっています。

ベストショットを逃さない

ベストショットを逃さない

動いているものを撮影する際にカメラが被写体の動きを検知すると、センサーに搭載されたメモリに自動で画像を一時保存します。シャッターを押すと撮影したものと保存していた画像から最大4枚の写真を記録できるため、シャッターのタイミングが遅れてしまってもベストショットを残すことができます。

好感度撮影でノイズを抑えます

好感度撮影でノイズを抑えます

また、コンパクトデジカメ並みの好感度撮影が可能になり、暗いシーンでもノイズを抑えた写真が撮れます。

インカメラは22mmの広角レンズを採用しているため、大人数での自撮りもバッチリ。
25mmのメインカメラと同じ場所から撮影した写真を比べると、その差がわかると思います。

インカメラには、標準で美肌効果補正機能を標準搭載しているため、女性にとっては嬉しいですね。

その他にも、スマホのカメラで使う場面が多い、料理の写真も綺麗に撮影することができます。

Xperia XZs カメラ作例
Xperia XZs カメラ作例

Xperia XZsのスペックは以下。

サイズ 約72 × 146 × 8.1mm
重さ 約 161g
バッテリー容量 2,920mAh
ディスプレイ 約5.2インチ 1,920×1,080 フルHD
OS Android™ 7.1搭載
メモリ ROM:32GB RAM:4GB
CPU MSM8996 2.2GHz/デュアルコア+1.6GHz/デュアルコア
カメラ メインカメラ:約 1,920万画素 F2.0
サブカメラ:約 1,320万画素 F2.0
カラー ブラック、ウォームシルバー、アイスブルー、シトラス

詳細なレビューはこちら:Xperia XZsをレビュー!カメラ性能が進化したフラッグシップモデルの魅力とは

AQUOS R:広角&明るいレンズで迫力のある写真がそこに

AQUOS R

AQUOS Rは、持ちやすさを追求したラウンドフォルム光沢感のある質感が特徴な端末シャープのAI『エモパー』と連動して動く充電台のロボクルも標準で同梱されています。

広角レンズを活かした迫力ある撮影が可能

広角レンズを活かした迫力ある撮影が可能

AQUOS Rは広角22mm&F1.9の明るいレンズを搭載していて、ワイドな画角を活かした迫力のある写真が撮影できます。また、画素数もAQUOS史上最高となる約2,260万画素。細部まで精細に描写できるので、写真の一部を拡大しても精細感を保った画を切り出すことが可能です。

被写体に近づいての撮影することができます

被写体に近づいての撮影することができます

さらに、AQUOS Rのカメラは最短撮影距離が短く被写体に大きく近づいて撮影することも可能。広角レンズとの相性もよく、ダイナミックな接写が撮れますね。

インテリジェントフレーミング機能で構図を補正してくれる

インテリジェントフレーミング機能で構図を補正してくれる

AQUOS Rには、カメラが構図を補正してくれるインテリジェントフレーミングという機能があります。傾いてりしまった写真に対して水平補正をしてくれたり、中心がずれてしまった場合にシンメトリー構図に切り出してくれたりといったことを行ってくれるので、しっかり構図を決めて撮影しなくても、それなりにいい感じな写真に仕上がります。

通常切り出し後

左:通常 右:切り出し後

普通に撮影した写真とAQUOS Rが補正してくれた写真を比較しました。

また、料理や暗い店内の写真も明るく綺麗に撮れます。

AQUOS R カメラ作例
AQUOS R カメラ作例

AQUOS Rのスペックは以下。

サイズ 約74×153×8.7mm
重さ 約 169g
バッテリー容量 3,160mAh
ディスプレイ 約5.3インチ 2,560×1,440(WQHD)
OS Android™ 7.1搭載
メモリ ROM:64GB RAM:4GB
CPU MSM8998 2.2GHz/クアッドコア+1.9GHz/クアッドコア
カメラ メインカメラ:約 2,260万画素 F1.9
サブカメラ:約 1,630万画素 F2.0
カラー マーキュリーブラック、ジルコニアホワイト、クリスタルラベンダー(ドコモのみ)、ライトゴールド(auのみ)、ブレイズオレンジ(ソフトバンクのみ)

詳細なレビューはこちら:シャープの自信作「AQUOS R」をレビュー!使って感じる“飽きず長く使える”設計に

HTC U11:圧倒的!F1.7の明るいレンズで暗所もおまかせ

世界最高評価を獲得

世界最高評価を獲得

3Dガラスを前面・背面の両面に採用することにより、美しいだけではなく握り心地のよいデザインが特徴のHTC U11。握ることで様々なアプリを起動できる「エッジ・センス」に対応しているのも特徴です。

HTC U11は、グローバルなカメラ評価機関「DxOMark」のモバイル端末部門において、世界最高評価「90スコア」を獲得しています。

暗所での撮影も得意です

暗所での撮影も得意です

メインカメラはF1.7と非常に明るいレンズを採用しているため、暗所での撮影もバッチリです。

暗い屋外で料理を撮影しましたが、かなり明るく写っていることがわかります

暗い屋外で料理を撮影しましたが、かなり明るく写っていることがわかります
インカメで撮影すると左右が逆の写真になるようです

インカメで撮影すると左右が逆の写真になるようです

インカメラは1,600万画素と高画素で、一つ一つの画素サイズも大きくしたセンサーによって、暗所でもしっかりと写すことができます。昼でも夜でも自撮りが楽しめますね。

「エッジ・センス」

「エッジ・センス」によりスリープモードから握るだけでカメラを起動することが可能
シャッターチャンスを逃さない

シャッターチャンスを逃さない

カメラ起動時は握ることでシャッターを切ることができるため、スリープ状態からカメラ起動→撮影がスムーズです。

また、薄暗い店内でのビールの写真や脇道から見える商店街も綺麗に撮れます。

HTC U11 カメラ作例
HTC U11 カメラ作例

HTC U11のスペックは以下。

サイズ 約76×154×8.3mm
重さ 約 170g
バッテリー容量 3,000mAh
ディスプレイ 約5.5インチ 2,560×1,440(WQHD)
OS Android™ 7.1搭載
メモリ ROM:64GB RAM:4GB
CPU MSM8998 2.36~2.45GHz/クアッドコア+1.9GHz/クアッドコア
カメラ メインカメラ:約 1,200万画素 F1.7
サブカメラ:約 1,600万画素 F2.0
カラー サファイアブルー、ブリリアントブラック

詳細なレビューはこちら:注目機種「HTC U11」を徹底レビュー!美しいデザインと新しい操作方法を採用した自信作

まとめ

Xperia XZs,AQUOS R,HTC U11

メモリ積載センサーによる圧倒的処理能力で推してくるXperia XZs、広角レンズと超接写で迫力のある撮影が可能なAQUOS R、F1.7という圧倒的な明るさのレンズで暗所に強いU11と、それぞれの機種でカメラの特徴が全く違いますね。

どういう写真が好みかというのは人によっても違うため、カメラ性能だけでなく実際に撮れた写真を見てみるのも大切だと思います。

最初に紹介したスマホカメラの注目すべきポイントも参考にしながらスマホ選びをするのも楽しいかもしれませんね。

それでは、よいスマホカメラライフを。

機種 月額料金
(端末代込み)
販売サイトへ
★モバレコ限定、最大40,000円キャッシュバック★

Xperia XZs
月々5,733円~ >詳細はこちら

AQUOS R
月々5,733円~ >詳細はこちら

HTC U11
月々5,733円~ >詳細はこちら

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ・カメラ・アイドルを愛する高専卒、Twitter在住のオタク。Xperia、iPhone、MacBook、Surfaceが好きです。趣味丸出しなブログ「でこにく」を書いています。