NifMoの評判・特徴をチェック!実際に使ってみて分かった通信速度とおすすめポイントを解説

書いた人: NINO

カテゴリ: まとめ, 格安SIM

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
NifMoの評判・特徴をチェック!実際に使ってみて分かった通信速度とおすすめポイントを解説

※2017年11月更新

NifMoは老舗インターネットプロバイダともいうべきniftyが運営する格安SIMです。ユーザーの満足度の高い格安SIMとしても有名で、2016年のオリコン日本顧客満足度では、MVNO(スマホ)部門で第1位に輝いています。
取り扱っているスマホ端末の種類も多く、料金プランもシンプルなものが多いので、格安SIM初心者の人でも大変使いやすいMVNOです。

今回は、NifMoを実際に使ってみてわかった感想をまとめつつ、NifMoの特徴を徹底解説します!

NifMo

★NifMoのSIMがおトク

初期費用3,000円2,300円

詳細はこちら

目次:

NifMoってどんな格安SIM?特徴と評判からチェック

NifMoってどんな格安SIM?特徴と評判からチェック

niftyが運営する格安SIMブランドである「NifMo(ニフモ)」は、老舗インターネットプロバイダが運営しているということもあり、ネームバリューの高い安心感ある格安SIMです。

NifMoの主な特徴

料金プランはとてもシンプルで3GB/7GB/13GBの3種類からデータ通信量を選べます。料金プランの選択肢が多すぎると、プラン決定する時に悩ましいですが、3種類しかない料金プランなので、自分の使い方にあった通信量を簡単に選べます

3種類のプランから選べてシンプル
3種類のプランから選べてシンプル

最安のプランでは、音声通話付きSIMで3GBのデータ容量の場合、月々1,600円で利用可能です。ドコモ・au・ソフトバンクでは、同様のデータ通信量で最低でも月々5,000円程度が相場なので、大手キャリアの約3分の1の通信料金で利用できます

家族で利用している人にもNifMoはオススメです
NifMoでは、NifMoファミリープログラムというサービスがあり、最大7回線までの家族契約をまとめることができます。シェアプランを選択すれば、家族内でデータ通信容量をシェアして使うことができるので、データ通信を多く利用する人や、あまり利用しない人が混在しているというような場合でも、毎月契約しているデータ通信容量を無駄なく利用できます。

さらにお得にNifMoを活用したいという人には、NifMoバリュープログラムがあります。NifMoが指定する特定のサービスを利用することにより、毎月のNifMo利用料金を割り引きすることも可能です。対象サービスとして、食事・ショッピング・アプリダウンロードがあります。

NifMoの評判

格安SIMのNifMoの評判ですが、Twitterの声を拾ってみると以下のような声があがっています。

NifMoで取扱いされているSIMフリー端末はさまざまで、10種類以上の端末が揃っています。しかも端末代が安いので、初期段階でかかる費用も少なくすむようです。

NifMoの特徴ともいうべきNifMoバリュープログラムの恩恵を受けている人も多いようです。食事やショッピングをするだけで通信料金に還元されるので、毎月無料で利用しているという大変お得な活用もできるようです

自宅レコーダーにLTE回線を使ってリモートアクセスして視聴している例です。具体的な回線速度については触れていませんが、途切れたりすることなくキレイに見ることができているので、動画視聴というデータ通信容量を多く必要とする通信でも問題なく利用できていることがわかります。

NifMoのプラン一覧

では、NifMoの具体的な料金プランについて触れていきましょう。NifMoはドコモ回線を利用した格安SIMです。人口カバー率99%以上もある安定の通信回線なので、広く繋がり安いのが特徴です

料金プランはとてもシンプルで3GB・7GB・13GBの3つのデータ容量から選択します。
利用するSIMタイプ(音声通話プラン・SMS付きプラン・データ通信プラン)によって料金が変わります。

月間データ容量 音声通話プラン SMS付きプラン データ通信プラン
3GB 1,600円 1,050円 900円
7GB 2,300円 1,750円 1,600円
13GB 3,500円 2,950円 2,800円

データ容量をあまり使わないような人であれば3GBで十分です。SNSや動画視聴を楽しむなどそこそこ通信利用するというようであれば、中間の7GBがオススメです。

ストリーミングの動画や音楽をよく視聴するという人であれば、大容量プランの13GBを選択すると良いでしょう。料金はデータ通信プランが基本の料金となっていて、SMS付きプランであれば+150円、音声通話プランであれば+700円となっています。

データ容量が一番小さい3GBのプランであれば、音声通話SIMでも月々1,600円で利用できます。毎月の通信料金を2,000円以下に抑えられます。

その他、契約時にかかる初期費用や追加メニューの料金は以下のとおりです。

初期費用 3,000円
最大通信速度 下り最大375Mbps/上り最大50Mbps
制限時通信速度 上下最大200kbps
1日あたりの通信量制限 3GBプラン→650MB/1日
7GBプラン→1,500MB/1日
13GBプラン→2,800MB/1日
※いずれも翌日に制限解除
通話料 20円/30秒
※NifMo半額ダイヤル利用で10円/30秒
最低利用期間 音声通話機能付き:12ヶ月
データ通信専用:利用開始日の翌月末日まで
解約金 音声通話機能付き:8,000円
データ通信専用:なし

音声通話プランの場合、格安SIM他社だと1年間の最低利用期間が設定されていることが多いですが、NifMoの場合は6ヶ月間となっていて、約半分の期間設定です。

注意しなければいけないのは、それぞれのデータ容量プランごとに1日あたりの通信量制限値が定められています。基準値を超過してしまうと翌日まで通信速度制限がかかってしまいます。また、利用開始月は基本料金が無料になります

NifMo

★NifMoのSIMがおトク

初期費用3,000円2,300円

詳細はこちら

NifMoの販売端末一覧

NifMoは現在SIMフリーのスマホ端末を持っていないという人でも安心です。

最新機種も取り扱いしている
最新機種も取り扱いしている

ASUS ZenFone 4や、HUAWEI P10 liteなど最新機種を含め10種類以上の端末取扱いもあり、ハイスペックなものから、基本性能が揃った入門モデルまで選択可能。SIMフリーのスマホ端末を持っていない人であっても安心です。これから格安SIMデビューを飾るという人にもピッタリです。

●NifMoのスマホセット一覧(更新時点)

端末(メーカー) 分割払い(税抜)
ASUS ZenFone 4 (ZE554KL) 2,223円×24回
HUAWEI P10 Plus 2,500円×24回
HUAWEI P10 lite 1,112円×24回
HUAWEI nova 1,389円×24回
HUAWEI nova lite 1,575円×24回
ASUS ZenFone AR 3,334円×24回
ASUS ZenFone 3 Max(ZC553KL) 1,112円×24回
ASUS ZenFone 3 1,389円×24回
ASUS ZenFone 3 Laser 1,112円×24回
富士通 arrows M04 1,297円×24回
富士通 arrows M03 1,112円×24回

NifMoのおすすめポイント

NifMoの主な特徴やおすすめポイントについてまとめました。

データ容量は翌月への繰り越しが可能、My NifMoが便利

My NifMo

NifMoのデータ容量は使い切れずに余ってしまっても翌月に繰り越すことができます
例えば3GBプランを契約している場合で1GBしか利用しなかった場合、当月で余ってしまった2GBについては翌月に繰り越されます。よって、翌月になると基本分の3GBに加えて、繰り越した2GBが追加され、合計で5GB利用できることになります。

また、データ容量を節約して利用したいという人は、「My NifMo」の利用が便利です。
スマホアプリの「My NifMo」が自動で外出先のWi-Fiスポットに接続してくれます。駅構内、空港、カフェ、その他飲食店など対象のアクセスポイントで接続できます。ソフトバンク株式会社が提供するBBモバイルポイントも利用可能です。

便利な「My NifMo」
便利な「My NifMo」

My NifMoで外出先Wi-Fi接続すれば、月間データ通信容量を消費しないので、節約することができます。その他、データ通信量の確認もできるので大変便利なツールです。

端末セットで割引になる「バリュープログラム」がある

「バリュープログラム」

NifMoには「バリュープログラム」という割引メニューが存在します。
食事、ショッピング、アプリダウンロード、会員登録など利用することにより、毎月のNifMo通信料金を割引できます。

ショッピングであれば、還元率は最大で10%まで設定されています。例えば10,000円の買い物をして、還元率が10%であれば、1,000円が基本料金から割引きされます。Yahoo!ショッピングや7netショッピング、LOHACOなど大手のサービスも買い物サイトとして用意されているので、対象となるサービスも数多いです。

ショッピングを利用するだけで、通信料金が安くなるので、ユーザーにとってはかなりお得に利用できる方法といえるでしょう。食事では、最大50%の還元率設定もあり、中には100%還元するものも。毎日の生活をしながらも、思わぬ割引きサービスを受けられるチャンスがあるかもしれません。

「NifMo でんわ」

「NifMo でんわ」

音声通話が多いという人には、「NifMoでんわ」の利用がオススメです。NifMoでんわはIP電話を利用した国内通話かけ放題の通話オプションです。月額利用料金は1,300円の定額制。どれだけ利用してもこの料金を超えることはありません。
時間を気にせずに通話利用したいのであれば、加入した方が良いオプションです。さらに、2,700円の月額料金を払えば、海外への通話もかけ放題となります。

IP電話の音質が気になる・・・携帯電話番号でクリアな通話利用したい・・・という人には、「NifMo 10分かけ放題オプション」もあります。

「NifMo 10分かけ放題オプション」かけ放題もある
「NifMo 10分かけ放題オプション」かけ放題もある

専用アプリを経由して、090/080/070の携帯電話番号を利用した通話が最大10分間までかけ放題となります。月額利用料金は830円です。

家族で利用しても安心できる「NifMo ファミリープログラム」がある

「NifMoファミリープログラム」

家族で複数台の端末を通信利用しているのであれば、「NifMoファミリープログラム」を活用すると大変お得です。

NifMoファミリープログラムでは、家族で利用している複数代の端末請求をまとめることができるだけでなく、データ容量をシェアできます。家族で余っているデータ通信を分け合うことでより無駄なく利用できます。

また、ファミリープログラム適用の契約数1つごとに毎月500MBのデータ容量が必ず付与されます。最大7回線までまとめることができるので、この場合3,500MBのデータ容量が毎月付与されます。家族で利用するならぜひとも活用したいプログラム内容です。

NifMo

★NifMoのSIMがおトク

初期費用3,000円2,300円

詳細はこちら

NifMoの通信速度を検証

気になるNifMoの通信速度は?
気になるNifMoの通信速度は?

「格安SIMであるNifMoは、しっかりと問題無く通信できるの?」と疑問をお持ちの方も多いはず。実際にNifMoのSIMカードを使って通信速度を測定してみました。
以下測定結果ですが、時間帯や場所のよって大きく異なるので、参考値として参照してください。

測定場所 新潟県新潟市周辺
測定回線 NifMo 3GBプラン(データ通信専用SIM)
測定端末 iPhone 6s Plus
測定方法 Speedtest.netを使って2回ずつ計測し平均値を算出
備考 朝・昼・夜の3つの時間帯で測定

では、それぞれの通信速度測定結果を紹介します。

朝7時から8時の測定:回線状態は空いていて快適!

■朝の時間帯の測定結果

平均:下り 平均:上り 平均:ping
測定結果 25.77Mbps 2.88Mbps 50ms

通勤ラッシュあるいは通勤前の時間帯ともいうべき7時台での測定です。
下り回線では20Mbps超えの25.77Mbpsを記録。これは大手キャリア並みの実測値と肩を並べるくらいの値です。かなり速い通信速度で快適に使えます。上り回線でも2.88Mbpsを記録。それほど速いという値ではないですが、SNSへの画像・動画アップロードも問題なく行えます。

昼12時から13時の測定:格安SIMの宿命的な時間帯

■昼の時間帯の測定結果

平均:下り 平均:上り 平均:ping
測定結果 1.11Mbps 3.56Mbps 74ms

平日の12時~13時の間は、格安SIMにとっては宿命ともいうべき厳しい時間帯となります。サラリーマンも学生も一斉にお昼休みとなる時間帯で通信需要が極端に集中することが主な理由です。

下り回線の測定結果は、1.11Mbpsとかなり低下。この速度では、動画コンテンツの視聴など大量のデータ受信を必要とするものは、待機時間が多くなります。利用に伴うストレスは生じるかもしれません。

ただ、全く利用できないというわけでなく、LINEトークといったテキスト中心のコンテンツであれば、通常どおり利用できるので、負担のかからない使い方であれば通常どおり利用できます。

夜9時から10時の測定:比較的混雑するも、ストレスフリーな結果に

■夜の時間帯の測定結果

平均:下り 平均:上り 平均:ping
測定結果 4.54Mbps 5.08Mbps 61.5ms

下り回線の測定結果は、4.54Mbpsとわずかに5Mbpsには届きませんでしたが、この速度があれば、YouTube動画でも問題なく視聴できる速度です。実際に、映像がとまるようなこともなくスムーズに視聴できました。上り回線も5.08Mbpsと順調な値が出ています。
帰宅後の比較的混雑する時間帯ではありますが、回線速度としては最低限のラインを超えつつ、安定した速度が出ている印象でした。

まとめ

NifMoは初心者でも大変扱いやすい格安SIMです
最初に料金プランを選択する必要がありますが、複雑な内容ではなく、利用状況に応じて3つのデータ通信容量から選ぶというとてもシンプルなもの。選択肢が多くなく、初めての人でも迷うことなく安心して選択できます。

また、毎月の通信料金をさらにお得にできるNifMoバリュープログラムも魅力的なもの。いつもの買い物・いつもの外食をする時に、同時にNifMo割引き特典をゲットできるかもしれません。

家族で利用する場合のファミリープログラムもボーナスのデータ容量を毎月もらえるので大変嬉しいサービスです。通信速度は決して速いというものではないですが、利用する時間帯を考慮して上手く使いこなせば、ストレスなく快適に利用できます。

これから、格安SIMを初めてみたいと考えている人や、家族で格安SIMへ移行してみたいと考えている人は、ぜひNifMoへの移行を検討してみてはいかがでしょうか。

モバレコでは、NifMoの格安SIMが全プラン初期費用割引中です。通常価格3,000円のところが2,300円と公式よりもお安く用意しています。ぜひチェックしてみてください。

◆NifMoの音声対応SIMがおトク!初期費用3,000円2,300円!

プラン名 容量 月額料金 販売
音声通話対応SIMカード 3GB 3GB 1,600円 > 詳細はこちら
音声通話対応SIMカード 7GB 7GB 2,300円 > 詳細はこちら
音声通話対応SIMカード 13GB 13GB 3,500円 > 詳細はこちら

◆NifMoのデータ専用SIMがおトク!初期費用3,000円2,300円!

プラン名 容量 月額料金 販売
データ通信専用SIMカード 3GB 3GB 900円 > 詳細はこちら
データ通信専用SIMカード 7GB 7GB 1,600円 > 詳細はこちら
データ通信専用SIMカード 13GB 13GB 2,800円 > 詳細はこちら

◆NifMoのSMS付きSIMがおトク!初期費用3,000円2,300円!

プラン名 容量 月額料金 販売
SMS対応SIMカード 3GB 3GB 1,050円 > 詳細はこちら
SMS対応SIMカード 7GB 7GB 1,750円 > 詳細はこちら
SMS対応SIMカード 13GB 13GB 2,950円 > 詳細はこちら

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

Mac,iPhone,iPadなどのApple製品、最新ガジェットのレビュー、今WEBで話題になっている情報を発信するブログ「FatherLog」を運営、月間25万PV。プライベートでは1児の父で子供と触れあう時間を大切にしたいとの思いから地方へ移住。ワークライフバランスが人生のモットー。