今度の「lite」も使いやすさ抜群!確実に進化したHUAWEI P10 liteと人気モデルP9 liteを比較

書いた人: とくめい

カテゴリ: 比較

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
今度の「lite」も使いやすさ抜群!確実に進化したHUAWEI P10 liteと人気モデルP9 liteを比較

2017年6月9日Huaweiから発売された「HUAWEI P10 lite」。約1年前に発売された「HUAWEI P9 lite」の後継機に当たる機種で、昨年の大ヒットから本体の質感や性能をアップして帰ってきました。

HuaweiはSIMフリースマホのなかで急成長を遂げており、国内でも徐々に注目される存在になりました。今回の記事では、そんなコスパに優れたHuaweiのliteシリーズを本体デザインや質感、スペックやカメラなどあらゆる視点から比較してみます

目次:

Huaweiの人気モデル HUAWEI P9 liteとHUAWEI P10 lite

今回比較する2製品はHuaweiの最新作「HUAWEI P10 lite」と、1世代前の「HUAWEI P9 lite」です。

昨年発売された大ヒットモデル「HUAWEI P9 lite」
昨年発売された大ヒットモデル「HUAWEI P9 lite」

HUAWEI P9 liteは2016年6月17日に発売された製品。5.2インチフルHD液晶は共通ですが、CPU性能が多少落ちたり、2GB RAM、16GB ROMなどP10 liteよりも容量が少なくなっています。まだまだ現役で使える性能だと思うので、利用者も多いのではないでしょうか。

HUAWEI P9 lite

HUAWEI P9 lite
カラー:ゴールド、ホワイト、ブラック

販売価格 14,850円(税込)

※好評につき只今、品切れ中です

基本性能がアップした後継機の「HUAWEI P10 lite」
基本性能がアップした後継機の「HUAWEI P10 lite」

HUAWEI P10 liteは2万円台後半ながら、5.2インチフルHD液晶やオクタコアCPU、3GB RAMや32GB ROMなど安価なモデルながらバランスの取れた製品です。背面のガラスパネルや側面のメタルフレームを採用しており、値段以上に高級感があるように見えます。

こうして2機種を見比べてみると1年で大きく進化していると感じられます。筆者はHUAWEI P9シリーズをきっかけにHuaweiが好きになったので、比較してみると感慨深いものがありますね。

HUAWEI P10 lite

HUAWEI P10 lite
カラー:サファイアブルー、パールホワイト、ミッドナイトブラック、プラチナゴールド

販売価格 26,240円(税込)

HUAWEI P9 liteとP10 liteの外観を比較

HUAWEI P9 liteとP10 liteはサイズ感やデザインが似ており、背面や側面の質感、加工などが変更されています。

P10 lite(左)では角が丸みのあるデザインに
P10 lite(左)では角が丸みのあるデザインに

HUAWEI P9 liteは四隅の角丸が小さく、P10 liteでは大きくカーブする形になりました。持った時に手のひらに角が当たっても痛くなりにくく、丸みのあるボディで持ちやすいです

カメラなどの位置は基本的には変化なし
カメラなどの位置は基本的には変化なし

背面の配置は特に大きく変更されず、Huaweiのロゴがテキストのみになったことや、カメラレンズの形状が四角から丸型へ変化しています。

背面のデザインは樹脂製から光沢フィルムを重ねたガラスへ変更され、安っぽさを感じさせない質感へ進化しています。ホワイトだと変化が少ないですが、光が当たると独特な反射を見せてくれます。

充電端子はどちらもmicroUSB
充電端子はどちらもmicroUSB

充電端子はどちらもmicroUSBを採用。最近発売された機種ではUSB Type-Cを採用するメーカーも少なくないですが、これまで使っていた充電器が再利用できます。

側面のボタンや端子類の位置も同じ
側面のボタンや端子類の位置も同じ
側面のボタンや端子類の位置も同じ
側面のボタンや端子類の位置まで同じ

イヤホンジャックやSIMスロット、側面のボタン類は配置をほぼ変えていないので使い勝手はそのまま。

ボタン同士の間隔が若干広くなった
ボタン同士の間隔が若干広くなった

若干HUAWEI P10 liteのほうがボタン同士の間隔が広くなっているので、押し間違えを軽減しています。HUAWEI P10 liteのホワイトカラーは側面のメタルフレームがゴールドになっており、さり気ない高級感を演出していますね。

HUAWEI P9 liteとP10 liteのスペックを比較

続いてはスペックを比較してみましょう。下記の表は公式サイトの情報を参考にしました。

スペック参照(HUAWEI P9 lite / HUAWEI P10 lite

HUAWEI P9 lite HUAWEI P10 lite
カラー ゴールド
ホワイト
ブラック
サファイアブルー
パールホワイト
ミッドナイトブラック
プラチナゴールド
(SIMフリー専用)
サクラピンク
(UQ mobile専用)
本体サイズ 約146.8mm×72.6mm×7.5 mm 約146.5mm×72mm×7.2mm
重量 約147g 約146g
ディスプレイ 約5.2インチ
FHD(1,920×1,080ドット)IPS
約5.2インチ
FHD(1,920×1,080ドット)IPS
OS Android™ 7.0 / Emotion UI 5.0 Android™ 7.0 / Emotion UI 5.1
CPU Huawei Kirin650 オクタコア (4×2.0GHz+4×1.7GHz) Huawei Kirin658 オクタコア (4×2.1GHz+4×1.7GHz)
RAM 2GB 3GB
ROM 16GB 32GB
バッテリー 3,000mAh 3,000mAh
9V/2A急速充電対応
アウトカメラ 1,300万画素
(開口部F2.0/AF/BSI)
1,200万画素
(1.25μmピクセル/ 開口部F2.2/ 像面位相差AF+コントラストAF/ 電子手振れ補正/ BSI)
インカメラ 800万画素
(開口部F2.0/FF/BSI)
800万画素
(開口部F2.0/FF/BSI)
対応Band FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
TDD-LTE : B40
W-CDMA : B1/5/6/8/19
FDD-LTE : B1/3/5/7/8/18/19/26
(au VoLTE対応)
TDD-LTE : B41
W-CDMA : B1/5/6/8/19

HUAWEI P10 liteでは5色展開となり、その内の2色は限定色になっています。1番人気は背面の反射が目立つブルーのようですが、今回レビューするホワイトや筆者が実際に利用しているゴールドも落ち着きのある色でお洒落です。

P10 liteのカラーバリエーション
P10 liteのカラーバリエーション

P10 liteでは新たにau VoLTEにも対応しており、格安SIMでも通信品質の良いUQ mobileのSIMカードが利用可能です。UQ mobile専用カラーのサクラピンクは可愛らしいカラーになっています。

さらに、liteシリーズの弱点でもあった基本性能が底上げされています。

HUAWEI P9 lite
HUAWEI P9 lite
HUAWEI P10 lite
HUAWEI P10 lite
HUAWEI P9 lite
HUAWEI P9 lite
HUAWEI P10 lite
HUAWEI P10 lite

CPUはKirin650から658に、RAMは2GBから3GBにアップしています。ストレージ容量が16GBから32GBに倍増したことで容量不足に悩まされる心配もありません。動画や音楽、アプリを沢山入れても余裕があります。

HUAWEI P9 liteのスコアHUAWEI P10 liteのスコア
Antutu Benchmark測定結果、HUAWEI P9 lite(左)HUAWEI P10 lite(右)

参考までにAntutu Benchmarkでの測定結果を載せておきます。HUAWEI P9 liteのスコアは「55050」で、P10 liteでは「59656」と僅かに上がっています。

バッテリー容量はそのまま踏襲しつつ新たに9V/2Aの急速充電に対応しました。付属の充電器を使うことでこれまでよりも素早く充電が完了します。

メインカメラの画素数は1,300万画素から1,200万画素にダウンしていますが、AFの種類が増えて電子手ぶれ補正も追加されました。これにより撮影が難しいシーンでも手ブレしにくくなります。

カメラ性能を徹底比較

最後にカメラ性能を両者で比較してみます。設定は特に注釈がないものは全てオートで撮影しています。左:HUAWEI P9 lite、右:HUAWEI P10 liteで並べています。タップ・クリックすると大きなサイズで表示できます。

HUAWEI P9 lite カメラ作例HUAWEI P10 lite カメラ作例
沖縄セルラースタジアム
HUAWEI P9 lite カメラ作例HUAWEI P10 lite カメラ作例
大きなシーサー
HUAWEI P9 lite カメラ作例HUAWEI P10 lite カメラ作例
逆光シーンでの撮影

撮影の難しい逆光のシーンではオートだと黒つぶれしてしまいます。こんな時はHDRモードを有効にすると黒つぶれや白飛びしにくい写真に仕上がります。

HUAWEI P9 lite カメラ作例HUAWEI P10 lite カメラ作例
HUAWEI P9 lite カメラ作例HUAWEI P10 lite カメラ作例
沖縄の木々

緑やお花も色鮮やかに写っていますね。 P9 liteでは花の内側が明るく写っていますが、P10 liteでは目で見たままの自然な色味で写っています

HUAWEI P9 lite カメラ作例HUAWEI P10 lite カメラ作例
壁面

ホテルの壁面のタイルまできちんと質感が描写されています。薄暗いエントランスホールなので細かいディティールは潰れてしまっています。

HUAWEI P9 lite カメラ作例HUAWEI P10 lite カメラ作例
夜間撮影

真っ暗な中外で県庁を撮影。雨が降るなかで街灯も少ない場所となると撮影も厳しい様子。写真がブレやすくなり、無理に明るくしようとしてノイズが乗っています。

Galaxy S8 カメラ作例
値段なりにカメラ性能の差が出ている

参考までにGalaxy S8でも同じ条件で撮影してみました。ノイズが少ない写真が撮れています。2機種と2~3倍価格が違うので比べるのは酷ですが、撮影の難しいシーンだと価格の差がはっきりと出てきます。

HUAWEI P9 lite カメラ作例HUAWEI P10 lite カメラ作例
チャーハン

薄暗い店内の居酒屋で食べたチャーハンは上手くピントが合いません。何度かチャレンジしたものの、腕をしっかりと固定しないとシャッターを押した時にぶれてしまいます。

HUAWEI P9 lite カメラ作例HUAWEI P10 lite カメラ作例
串かつ

ピントを合わせて数秒間息を止めて撮影すると上手くいきました。

HUAWEI P9 lite カメラ作例HUAWEI P10 lite カメラ作例
握り寿司

握り寿司の撮影ではP9 liteのほうがどうしても寒色寄りになり、メシマズ写真になってしまいました。こんな時はプロモードを使って色味を暖色に変更するといいでしょう。写真を撮った後に気づいたら写真加工アプリで一手間加えるともっと美味しそうに写るはずです。

どちらの機種も条件が良いと綺麗に写りますが、暗所や逆光など難しい条件だと画質が落ちてしまいました。

比較まとめ:実際に使ってみて分かった、P10 liteの進化ポイント

一通りP9 liteとP10 liteを触ってみて、数字以上に1年で進化しているように感じました。P9 liteは本体性能の割に安い製品で人気があった製品ですが、見た目に関しては樹脂製の背面など値段相応を感じさせる作りでした。

しかし、今回のP10 liteでは本体の質感や基本性能を向上させて、この値段でこのクオリティの製品が手に入るのか!と驚きを隠せません。上位機種と見比べるとアンテナラインなどの繋ぎ目が気になるものの、販売価格を考えると満足度は高いです。

これから購入を検討している方は、ぜひ店頭でP9 liteとP10 liteを触って比較してみてください。きっとそのコスパの高さに驚くと思います。

また、スマホ販売サイト「モバレコ バリューストア」では、HUAWEI P9 liteとHUAWEI P10 liteを公式よりお得に購入できます。詳しくは詳細をご覧ください。

HUAWEI P9 lite

HUAWEI P9 lite
カラー:ゴールド、ホワイト、ブラック

販売価格 14,850円(税込)

※好評につき只今、品切れ中です

HUAWEI P10 lite

HUAWEI P10 lite
カラー:サファイアブルー、パールホワイト、ミッドナイトブラック、プラチナゴールド

販売価格 26,240円(税込)

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

WEBデザイン・ガジェット・格安SIMなどに興味を示す鹿。大量のモバイル回線を元に沖縄でスピードテストを行っている。各社料金プランを調べたり、Androidのホーム画面をカスタマイズするのが好きです。自身のブログ「Creator Clip」では書きたいことを好きなだけ書いています。Twitter:@tokumewi