どっちのカメラが綺麗?大人気Galaxy S8と話題のHTC U11のカメラ性能をガチンコ比較!

書いた人: Yusuke Sakakura

カテゴリ: 比較

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
どっちのカメラが綺麗?大人気Galaxy S8と話題のHTC U11のカメラ性能をガチンコ比較!

2017年夏モデルの登場から3ヶ月ほどがたちました。最も話題となったのは“ほぼベゼルレス”の新デザインを採用した「Galaxy S8」でしょう。スマホ史上最高のデザインとも言えるベゼルレスが今後のトレンドになることは間違いなさそうです。

今夏、スマートフォンにおいてもうひとつの史上最高が誕生しました。それが「HTC U11」のカメラでAppleのiPhoneやGoogleのPixel、ソニーのXperiaといったカメラに定評のあるスマートフォンをすべて上回りました。

今回は今年の夏、話題となった「Galaxy S8」と「HTC U11」のカメラ性能・画質を比較します。

目次:

使用機種、撮影シーンの比較条件について

今回比較するのは2017年夏モデルとして発売された「Galaxy S8」と「HTC U11」の2機種。今回はメインカメラに絞って比較を行います。

まずは両機種のカメラ性能・特徴を紹介していきます。

「Galaxy S8」はデジタル一眼レフで採用されるデュアルピクセル搭載で超高速オートフォーカスを実現。f1.7レンズで夜景やレストランなど暗い場所でも明るく撮影できることが期待できます。また、暗い場所では手ブレが発生しやすくなりますが、内部で自動的に3枚の写真を撮影して合成することでブレを抑えた写真を記録できます。

Galaxy S8

Galaxy S8

豊富なカメラモードも魅力のひとつ。シャッタースピードや露出、ホワイトバランスなどの設定を細かく設定できるプロモード、料理を美味しく撮れる食事モード、ピントを合わせたい被写体・場所を撮影した後に変更できる選択フォーカス、フィルターをかけながらリアルタイムでの撮影などバラエティに富んだカメラ機能が楽しめます。

「HTC U11」はカメラの評価機関DxOMark mobileにおいて史上最高・世界最高点を記録したカメラを搭載しています。

HTC U11

HTC U11

性能はGalaxy S8と同じ12メガピクセル、f1.7レンズを搭載。全ピクセルを位相差AFに利用する高速オートフォーカスも同じです。違いは光学式5軸手ブレ補正をサポートすること。Galaxy S8も光学手ブレをサポートしていますが、軸数は公表されていません。ここの違いは実例と共に比較したいと思います。

カメラモードは撮影シーンやホワイトバランス、露出、ISO、シャッタースピード、フォーカスモードを細かく調整してRAWでも記録できるプロモード、早回しの動画を記録できるハイパーラプス、スローで動画を記録できるスローモーションなどを収録しています。

Galaxy S8とHTC U11のカメラをシーン別に比較してみた

早速、Galaxy S8とHTC U11のカメラを比較していきます。使用したカメラモード、撮影日時、撮影場所はすべて同じです。撮影ルールとして細かなフィルターは一切使用していません。また、プロモードで撮影した場合は露出のみ変更しています。

空の青さがキレイに撮れるのは?風景編

曇りが続く東京の夏、めずらしく晴れた日に撮影。Galaxy S8で撮影すると空の青さが強く強調されていて印象的に。一方でHTC U11は少しくすんだ色になっています

Galaxy S8 カメラ作例

Galaxy S8
HTC U11 カメラ作例

HTC U11
Galaxy S8 カメラ作例

Galaxy S8
HTC U11 カメラ作例

HTC U11
Galaxy S8 カメラ作例

Galaxy S8
HTC U11 カメラ作例

HTC U11

ノイズとブレを抑えて撮れるのは?夜景編

手持ちでライティングされた東京駅、羽田空港を撮影。レンズのF値は同じ1.7ですが明るく映るのはHTC U11でその分だけノイズがやや目立ちます。

夜景で発生するノイズが気になる場合は、プロモードを使って露出補正で明るさを落とすことでノイズを目立たなくすることも可能。撮影後に加工アプリを使って明るさを落としても効果があります。両機種ともプロモードではISOを調整できるので感度を下げてノイズを軽減することもできますが、手持ちで撮影する場合は手ブレが発生しやすくなるので注意が必要です。

ノイズと共に夜景の撮影で発生しやすい手ブレはGalaxy S8は3枚の写真を合成する「マルチフレームテクノロジー」が効果的、HTC U11は5軸の光学手ブレ補正によって夜景でもどちらも手ブレが目立たない写真を撮影できます

Galaxy S8 カメラ作例

Galaxy S8
HTC U11 カメラ作例

HTC U11
Galaxy S8 カメラ作例

Galaxy S8
HTC U11 カメラ作例

HTC U11
Galaxy S8 カメラ作例

Galaxy S8
HTC U11 カメラ作例

HTC U11

キレイに近く寄れるのは?ズーム編

スマホカメラの最大の弱点は「ズーム」。最近ではiPhone 7 PlusやHUAWEI P10など広角レンズと望遠レンズを搭載することでズームにも強い機種が発売されていますが、Galaxy S8、HTC U11は広角レンズのみを搭載しているためズームに弱い機種と言えます。

ズームが弱いスマートフォンですがXperiaでは5倍まで高画質でズームできる機能が備わっています。両機種にはそういったものが存在しないためズームのクオリティはどちらも同じ。ズームの倍率は、HTC U11の最大4倍に対してGalaxy S8が最大8倍でより近づくことができますが実用的な倍率は2〜3倍までといったところです

Galaxy S8 カメラ作例

Galaxy S8 – 等倍
HTC U11 カメラ作例

HTC U11 – 等倍
Galaxy S8 カメラ作例

Galaxy S8 – 4倍
HTC U11 カメラ作例

HTC U11 – 4倍
Galaxy S8 カメラ作例

Galaxy S8 – 8倍

高速でピントが合うのは?高速オートフォーカス編

Galaxy S8もHTC U11も全ピクセルでピント合わせ行う高速オートフォーカスに対応しているため、カメラを構えた時に一瞬でピントが合います。このフォーカス速度と精度に大きな差はないと思います。

なお、動く被写体を撮影する場合は高速オートフォーカスが有効ですが水族館の魚などすばしっこい被写体を撮影する場合はシャッタースピードも重要です。両機種ともプロモードでシャッタースピードを調整できるため高速オートフォーカスと合わせて使うことで効果的になります

Galaxy S8 カメラ作例

Galaxy S8
HTC U11 カメラ作例

HTC U11
Galaxy S8 カメラ作例

Galaxy S8
HTC U11 カメラ作例

HTC U11

どちらが美味しく撮れる?料理編

スマートフォンのカメラで最も撮影するのが料理という人も多いかもしれません。Galaxy S8には食事モードが収録されているので、料理編に限って異なるカメラモードを使用しています。

Galaxy S8の食事モードでは食欲をそそる赤と黄色が強調されて背景のぼかし効果も入ります。一方、HTC U11は青っぽく暗い仕上がりで食欲をそそられません

なお、HTC U11のカメラで料理がマズそうに写ってしまう場合は、プロモードに切り替えてホワイトバランスを上げると赤と黄色が強く出て食欲をそそる写真が撮影できます。

Galaxy S8 カメラ作例

Galaxy S8
HTC U11 カメラ作例

HTC U11
Galaxy S8 カメラ作例

Galaxy S8
HTC U11 カメラ作例

HTC U11

白とび、黒つぶれが目立たないのは?逆光編

雲など白色が飛んでしまう「白とび」、影など黒色が潰れてしまう「黒つぶれ」が発生しやすい逆光でも撮影してみました。

どちらも半逆光ではキレイに撮影できるものの、太陽を直接背にする場面ではHTC U11が白とびを軽減するためにかなり暗い写真になるのでHDRをオンにした後、露出・フォーカスをあわせる場所をタップして白とび・黒つぶれが発生しにくい場所を探る必要があります。

どちらもキレイに撮影できるものの、ポケットからサッと出して撮影できるのはGalaxy S8と言えるかもしれません

Galaxy S8 カメラ作例

Galaxy S8
HTC U11 カメラ作例

HTC U11
Galaxy S8 カメラ作例

Galaxy S8
HTC U11 カメラ作例

HTC U11
Galaxy S8 カメラ作例

Galaxy S8
HTC U11 カメラ作例

HTC U11
Galaxy S8 カメラ作例

Galaxy S8
HTC U11 カメラ作例

HTC U11

ブレなく、明るく撮れるのは?暗所編

手ブレが起きやすく、暗く写ってしまう水族館で比較しました。

どちらもF1.7のレンズのためかなり暗い場所でも明るく撮影できます。発生しやすい手ブレも光学手ブレ補正と同時に複数枚を撮影して合成する機能によって手ブレも目立ちません。

Galaxy S8 カメラ作例

Galaxy S8
HTC U11 カメラ作例

HTC U11

ピントが合いやすいのは?接写編

花や物撮りなどで利用する接写でどこまで近づけるか(最短撮影距離)試したところ差はなく、画面をタッチしたときのフォーカスの精度にも大きな差はありませんでした。ただ、撮影後の写真を見比べてみるとGalaxy S8は背景のぼかしがよく効いています

被写体が小さい場合や特定のポイントにフォーカスを当てたい場合は効果的ですが、被写体に奥行きある場合は不自然さを感じるかもしれません。

Galaxy S8 カメラ作例

Galaxy S8
HTC U11 カメラ作例

HTC U11

Galaxy S8とHTC U11の面白いカメラ機能

ここまでカメラの画質・性能を比較しましたが「Galaxy S8」と「HTC U11」にはそれぞれ面白いカメラ機能も収録されているので紹介します。

Galaxy S8:撮影後にピントを変更する「選択フォーカス」

カメラを撮影する時、通常は手前の被写体にピントを合わせますが、あえて後ろの背景や被写体にピントを合わせたり、すべての被写体・背景にピントを合わせることで違った雰囲気の写真を撮影することができます。

ただ、写真の撮影時に気づけず後で写真を見返したり、Instagramにアップする時に気づくことがほとんど。そんな時に使えるのがGalaxy S8の「選択フォーカス」です。

なお、選択フォーカス(単焦点)では背景がボケやすくなるためスマートフォンでは難しい玉ボケを作りたい時にも便利です。

選択フォーカスで撮影した写真を「ギャラリー」アプリで確認すると人のアイコンが表示されるのでタップします。画面下部に表示される単焦点・遠焦点・パンフォーカスを選択するとピントの位置を変更することができます。通常は単焦点の写真が表示されていますが、もちろんピントが異なるそれぞれの写真を個別に保存することもできます。

選択フォーカスで撮影するにはカメラを起動して右にスワイプしてから「選択フォーカス」をタップします。

撮影後にフォーカスを変更できる「選択フォーカス」

HTC U11:スピードを部分変更できる「ハイパーラプス」

通常の動画を凝縮して倍速で再生できる「ハイパーラプス」または「タイムラプス」

Galaxy S8でもハイパーラプス撮影が可能ですが「HTC U11」のハイパーラプスでは撮影後にスピードを2倍〜12倍まで部分的に変更・調整できます。特別なシーンのスピードを遅くすることで印象的に仕上げることができます。

最大3分割して再生スピードを変更できる「ハイパーラプス」

最大3分割して再生スピードを変更できる「ハイパーラプス」

ハイパーラプスは1分04秒から

なお、ハイパーラプスを利用するシーンは基本的に固定撮影ですがHTC U11のハイパーラプスは移動しながらの撮影も可能。手ブレを軽減してキレイに記録することもできます。

まとめ

Galaxy S8 HTC U11

今回比較したGalaxy S8とHTC U11は、カメラの評価機関DxOMark mobileでiPhone 7を超える高い点数を獲得した両機種とあって画質に大きな不満はなくどちらか優劣を付けるのは非常に難しいです。

日ごろiPhoneのカメラを使っている筆者としては、スマートフォンのカメラに細かな設定は必要なくポケットから取り出して時間をかけずに短時間で撮影して、それでもキレイに撮れるというのがスマートフォンのカメラだと思っていました。Galaxy S8とHTC U11もオートモードで十分キレイに撮影できますが、プロモードを使うことで設定を細かく変更してスマートフォンよりも一段階上のハイクオリティな写真も撮影できる。というiPhoneにはないもう一つの選択肢も用意されているのが少しうらやましく感じました。

最後にそれぞれのシーンで撮影した写真を比較して勝敗を表にまとめました。あくまでも個人的な優劣なのでご自分で両機種の作例を見比べて好みなどで機種購入の際に参考にしてもらえればと思います。

Galaxy S8 HTC U11
風景
夜景
ズーム
高速オートフォーカス
料理
逆光
暗所
接写

●HTC U11をオンラインで購入するならSoftBank モバレコ店がおトク

HTC U11

HTC U11をネットで買うなら、SoftBank モバレコ店を利用するとおトクに購入できます。さらにモバレコ限定のキャッシュバック40,000円キャンペーンも開催中です!ぜひ、この機会に一度チェックしてみてください!

★SoftBank モバレコ店のメリット★

・忙しい方でも大丈夫!オンラインで24時間いつでも申し込み可能
・申し込み後は自宅・店舗どちらかで受け取りが選べて便利
・余計なオプションは入らずに月々の料金もスッキリ
・公式キャンペーンとSoftBank モバレコ店のキャンペーンが使える

機種 月額料金
(端末代込み)
販売サイトへ
★モバレコ限定、最大40,000円キャッシュバック★

HTC U11
月々5,733円~ >詳細はこちら

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマートフォンやウェアラブルなどを専門的に取り扱う「携帯総合研究所」を運営しているブロガーです。前職はシステムエンジニアでプログラムの経験を活かしてアプリの開発もはじめました!