AQUOS R、Galaxy S8、HUAWEI P10。気になる3機種のカメラを比較してみた。カメラで選ぶなら?

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: レポート

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
AQUOS R、Galaxy S8、HUAWEI P10。気になる3機種のカメラを比較してみた。カメラで選ぶなら?

こんにちは。横縞です。
2017年春夏モデル。様々なスマートフォンが発売され、取材をさせていただきました。その中でも気になったのがSHARP「AQUOS R」、Samsungの「Galaxy S8」、HUAWEI「P10」の3機種です。

今年のスマホは「カメラ」機能を大きく進化させたものが多く、スペック的にはかなり拮抗してきているという印象がありますが、同じようなスペックでもそれぞれの端末によって個性があります。
今回はその違いをうまくご紹介できればと思っております。

AQUOS RGalaxy S8HUAWEI P10

■Samsung Galaxy S8 (サムスン・ギャラクシー・エスエイト)
■HUAWEI P10 (ファーウェイ・ピーテン)
■SHARP AQUOS R (アクオス・アール)

目次:

Galaxy S8 カメラの特徴

モバレコでは昨年の夏もGalaxy S7とHUAWEI P9で検証しましたが、Galaxyは以前からとてもカメラに定評があります。
オートで撮影しても全てうまい具合に補正をしてくれるイメージです。だれが撮ってもとっても綺麗に写真が撮れる!

Galaxy S8

1,220万画素、F値1.7のカメラは暗いところでもノイズが少なく、明るく撮影することができます。位相差センサーを全ピクセルに配置する、デュアルピクセル技術を搭載、高速オートフォーカスと合わせて動きのある撮影シーンにも強い。

HUAWEI P10 カメラの特徴

現代のカメラは被写体を画面に入れると自動的にホワイトバランスやシャッタスピードなど様々な情報を加えてキレイな写真が撮れるように動きます。P10のカメラは老舗のカメラメーカー「LEICA」のレンズを使い、独自のアルゴリズムに強いこだわりを持っています。
なので他にはない味のある写真が撮れる。ただ「キレイ」ではなくて、風味を持った写真が撮れるのがHUAWEI P10。

HUAWEI P10

2,000万画素と1,200万画素のダブルレンズを搭載。F値2.2のSUMMARIT-Hレンズを採用。プロも納得のスペックです。

AQUOS R カメラの特徴

2,260万画素、F値1.9のカメラ。最大の特徴は超広角22mm相当のレンズ。被写体にグッと寄った接写から広がりのある遠景まで撮影出来るという点。

AQUOS R

インカメラにも1,630万画素のカメラを導入。広角で多人数での自撮りも撮りやすくなっているのが大きな特徴。今までも評価は高いながらにいまいち特徴が出てこなかったAQUOSシリーズですが、全キャリア共通しての「R」シリーズとなって、新たな一歩を踏み出した端末です。

実際の写真での比較 違いはどこまであるのか?

石垣と植物

まずは、石垣とその上に生える植物を撮影してみました。石のモノトーンと緑のコントラストがポイントです。

AQUOS R カメラ作例
[AQUOS R]
Galaxy S8 カメラ作例
[Galaxy S8]
HUAWEI P10 カメラ作例
[HUAWEI P10]

あまり大きな違いが見られませんが、AQUOS Rが一番綺麗に“緑”が表現できているように思います。P10はよく見ると細部まで描写されているように見えますが、全体的にはちょっと暗く怖いイメージに映っています。

花の接写

上の写真と同様の場所で、ひとつの花に寄って接写をしてみました。どの機種も背景がしっかりボケて迫力のある写真が撮れています。

AQUOS R カメラ作例
[AQUOS R]
Galaxy S8 カメラ作例
[Galaxy S8]
HUAWEI P10 カメラ作例
[HUAWEI P10]

色合いではAQUOS Rの色の表現がとても豊かです。緑に艶がありみずみずしく見えます。Galaxy S8は明るいですが“緑”の色彩が薄く躍動感は低め。

AQUOS R カメラ作例
[AQUOS R]
Galaxy S8 カメラ作例
[Galaxy S8]
HUAWEI P10 カメラ作例
[HUAWEI P10]

撮影した花の部分を拡大してみると、AQUOS Rは明るすぎて白い部分が潰れているように見えます。P10が一番暗めで、黄色の部分の細かいところまでハッキリと残っています。

革とシルバー

茶系の革の温かい風合いと、シルバーの冷たい質感をどこまで表現できるかがポイントの作例。好き嫌いは別れますが、それぞれの特徴がよく出た写真です。

AQUOS R カメラ作例
[AQUOS R]
Galaxy S8 カメラ作例
[Galaxy S8]
HUAWEI P10 カメラ作例
[HUAWEI P10]

色の違いが大きく見える作例となりました。こう比べてみると、AQUOS R→「黄」、Galaxy S8→「赤」、HUAWEI P10→「青」が強く表現されているように見えます。

AQUOS R カメラ作例
[AQUOS R]
Galaxy S8 カメラ作例
[Galaxy S8]
HUAWEI P10 カメラ作例
[HUAWEI P10]

AQUOS Rだと革の感じがとても柔らかく綺麗ですが、シルバーが黄色よりに持って行かれています。Galaxy S8は同様に赤系に寄っていますが、後方のリングのシルバーが一番綺麗に輝いています。
HUAWEI P10は渋めの色合いになっていますが、一番実際の色合いに近いかもしれません。

黒い鉄と輝く銀

銀に刻印するために使う黒い鉄の固まりの上に棒状の銀が乗った「重厚感」を重視したいシーン。光は窓から自然光が差し込んでいます。

AQUOS R カメラ作例
[AQUOS R]
Galaxy S8 カメラ作例
[Galaxy S8]
HUAWEI P10 カメラ作例
[HUAWEI P10]

Galaxy S8は外からの光の影響を受けて暖色が入ってきているようで黄色みがかっています。
AQUOS RとP10は重い色合いで撮れていますが、シルバーの表面を見ると、AQUOS Rは綺麗に明るくなっているのに比べて、P10はそのままに筋が入っています。
好みによるかもしれませんが、P10が一番素材感を出し重厚感があるように見えます。

海岸沿いの夜景

海岸沿いに光が手間から奥まで続いている夜景シーン。空が曇っているので星空はありません。夜景の撮影は難しく、どこにフォーカスするかで色合いも大きく変わってしまう場合があります。今回はフラッシュを「発光なし」に設定し、それ以外オートです。

AQUOS R カメラ作例
[AQUOS R]
Galaxy S8 カメラ作例
[Galaxy S8]
HUAWEI P10 カメラ作例
[HUAWEI P10]

AQUOS Rは空が群青色がかっています。こう見ると、AQUOS Rは色の風味について大きく補正が入るイメージです。逆にP10は見た目には近いかもしれませんが、暗く重たい画像になっています。夜景に関しては、個人的にGalaxy S8が一番印象深く、光が闇に向かって広がっている雰囲気が表現されています。

夏の海

一気にシーンを変えて「夏の海」。砂浜、海、陸地(緑)、空、それぞれがどのようなバランスで撮影されるかがポイントです。

AQUOS R カメラ作例
[AQUOS R]
Galaxy S8 カメラ作例
[Galaxy S8]
HUAWEI P10 カメラ作例
[HUAWEI P10]

やはりどのシーンでもAQUOS Rが一番明るく撮影されるようです。空の色が明るく綺麗ですが、実際の雰囲気とは少々違うかもしれません。
Galaxy S8の青のグラデーションはとても綺麗で、空や海の青の表現は、S7の頃からGalaxyの得意とする部分なのかもしれません。

ズーム(望遠)

上のシーンの遠くに見える陸地の部分に、出来る限りのズームで撮影してみました。写真を拡大したのではなくスマホのズーム機能での撮影なので、機種によって拡大率に差があります。

AQUOS R カメラ作例
[AQUOS R]
Galaxy S8 カメラ作例
[Galaxy S8]
HUAWEI P10 カメラ作例
[HUAWEI P10]

この撮影では大きく差がでました。AQUOS Rではポスタリゼーションがかかったように潰れてしまっています。通常の撮影でのカメラは一眼レフカメラに大きく近づいたスマートフォンですが望遠機能は遠く及ばないようです。

夏の海~その2

改めて夏の海を別の角度から撮ってみます。

AQUOS R カメラ作例
[AQUOS R]
Galaxy S8 カメラ作例
[Galaxy S8]
HUAWEI P10 カメラ作例
[HUAWEI P10]

やはり色合いがそれぞれ違って見えます。P10は補正などをする場合は良いのですが、そのままだと他に比べて暗くなります。
補正などをしない一般的な人であれば、AQUOS RやGalaxy S8の方が使い易いかもしれません。

街中のオブジェ

今度は人工的なオブジェを撮影してみました。パステルのイエローとビルの間の青白い光がどこまで表現されるかがキーポイントです。

AQUOS R カメラ作例
[AQUOS R]
Galaxy S8 カメラ作例
[Galaxy S8]
HUAWEI P10 カメラ作例
[HUAWEI P10]

やはりP10は細かい描写をされていますが、他の2台に比べて暗く撮影されます。AQUOS Rが思いの外、青が強めに映ったのが意外です。Galaxy S8 と比べ、黄色のオブジェクトの差はわかりにくいですが、手前の植木で差が出ています。

メシ撮り~和食~

最近では食事を撮影してSNSにアップする人も多くいます。まずは彩り豊かな和食を撮ってみます。

AQUOS R カメラ作例
[AQUOS R]
Galaxy S8 カメラ作例
[Galaxy S8]
HUAWEI P10 カメラ作例
[HUAWEI P10]

緑、黄色、紫、茶、黒、赤と様々な色が点在する構図ですが、結果あまり大きな差がありませんでした。一つの色に偏った被写体ではないので、補正があまりかからなかったのでしょうか。
個人的に気になって点としてはAQUOS Rの炎が全体的に赤いの対して、P10の炎は白と赤でハッキリとしているところです。もしかしたらたまたま炎の燃え具合が違ったのかもしれませんが……

メシ撮り~三色丼~

次も彩り豊かな三色丼です。奥にある“いくら”の透過具合や右下の“卵”のしずる感にも注目をしたいです。

AQUOS R カメラ作例
[AQUOS R]
Galaxy S8 カメラ作例
[Galaxy S8]
HUAWEI P10 カメラ作例
[HUAWEI P10]
AQUOS R カメラ作例
[AQUOS R]
Galaxy S8 カメラ作例
[Galaxy S8]
HUAWEI P10 カメラ作例
[HUAWEI P10]

AQUOS Rの写真を見ると黄色がとても綺麗ですが、器の色を見ると全体が黄色みがかかって撮れています。
Galaxy S8とP10のいくらを比べると明るさに大きく差が出ています。実際のいくらの濃さから言うと、P10の方が実際に近い表現と言えます。

透明感

最後に色合いを抑えたモノトーンの被写体で比較をして見ます。御影石に水を張った手水舎の写真です。

AQUOS R カメラ作例
[AQUOS R]
Galaxy S8 カメラ作例
[Galaxy S8]
HUAWEI P10 カメラ作例
[HUAWEI P10]

AQUOS RやGalaxy S8はやはりなるべく明るく撮影しようという意識が見えます。色合いが少なく明暗の印象が大きく左右するような被写体の場合は、モノクロとカラーのダブルレンズのP10が強いかもしれません。

AQUOS R・Galaxy S8・HUAWEI P10 カメラスペック比較

今回はアウトカメラのみの検証となりましたが、インカメラを含めてスペックはこのようになります。

AQUOS R Galaxy S8 HUAWEI P10
アウトカメラ画素 2,260万 1,220万 2,000万+1,200万
絞り開放値 F1.9 F1.7 F1.8
インカメラ画素 1,630万 800万 800万
絞り開放値 F2.0 F1.7 F1.9

まとめ

今回の「AQUOS R」「Galaxy S8」「HUAWEI P10」は2017年春夏モデルのスマートフォンの中でどれもカメラに定評のあるスマートフォンだけあって、とても良い仕上がりでした。
その中で特徴をあげると

AQUOS R ・明るく撮れる
・広角で明るく複数での自撮りが強い
・ズームは弱い
Galaxy S8 ・明るく撮れる
・明るいだけでなく海や空などはしっかりとした色合いで撮れる
・初心者も簡単に撮れる
HUAWEI P10 ・実際の色合いに近い
・重厚感のある写真が撮れる
・プロモードを駆使するとさらに面白い

AQUOS RやGalaxy S8はオートモードでも即座にホワイトバランスやカラーバランスを調整し美しい写真が撮れます。ただし、場合によっては全体的な色がひっぱられたりうまくいかない場合もあるかもしれません。
HUAWEI P10はオートモードだと若干暗い写真になるかも知れませんが、PROモードも充実しており、一眼レフカメラに近い使い方ができます。撮影後に自分で補正をかけることを前提としている場合などにはおススメです。

今回は検証できませんでしたが、AQUOS Rはインカメラが1,630万画素と他の2機種の倍の解像度があり、さらに広角で撮れるので、複数での自撮りが多い女子インスタグラマーに是非とも試していただきたいスマホです。

自分のようにあまり友達がいない人は、HUAWEI P10を極めるのが楽しいかも。また、どちらもいけるよって人は、他の機能も含め2017年上半期モバレコで最も評価の高かったGalaxy S8がおススメかもしれませんね。

撮影地 :静岡県伊東市、神奈川県鎌倉市由比ガ浜海岸
撮影協力:シルバーアクセサリー工房「La Bottega Nero」
静岡県伊東市八幡野1204-19 0557-53-6035

HUAWEI P10 を安く買うなら

SIMフリースマホ「HUAWEI P10」が気に入ったなら、モバレコ バリューストアでの購入がオススメです! 人気機種なので在庫がなくなることもしばしば。公式発表価格71,064円のところモバレコ バリューストアでは56,999円の価格で販売中。

HUAWEI P10

HUAWEI P10
ファーウェイ・ピーテン
[ダズリングブルー、プレステージゴールド、ミスティックシルバー、グラファイトブラック]

特別価格 56,999

AQUOS R を安く買うなら

AQUOS Rを買うのに店舗に行って詳しく話を聞いて購入するのも一つの手ですが、ネットで購入する方法もあるのです。
ネットで購入するなら、ショップのように長い待ち時間もありませんし、ショップを探して出かける必要もありません。24時間、好きな時に好きな場所から購入することが出来ます。
そこでおススメしたいのが「ソフトバンク モバレコ店」

ソフトバンク モバレコ店

ソフトバンク モバレコ店で「AQUOS R」を購入すると、今なら最大45,000円分のキャッシュバックをされるキャンペーンを行っています。
新規購入・ソフトバンクでの乗り換え、他キャリアからのMNPもOK。ソフトバンク モバレコ店で「AQUOS R」格安で手に入れてみよう。

SHARP AQUOS R

SHARP AQUOS R
シャープ/アクオス・アール
[マーキュリーブラック・ジルコニアホワイト・ブレイズオレンジ]
端末代 + 通話し放題 + ネットし放題

月々 5,733

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ごきげんよう!モバレコ編集部です。みなさん鍋の準備はいいですか? ついにiPhone Xが発売されましたね。Androidの方も冬春モデルとしての発表数がまだ少ないので、この後追加で色々と発表されるのではと予想しております! モバレコ編集部にも新人が追加されるんですよ。スマホも編集部員も新しいメンバー追加ってワクワクしますね! そんなこんなで11月もよろしくモバァ!