モバレコ編集部イチオシスマホはこれ!”差”をつけたいならNuAns NEO [Reloaded]がおすすめ

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: レポート

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
見た目で差をつけたいならこれでしょ。NuAns NEO Reloadedはこんな人におすすめ!

編集部注)9/26 記事本文を一部修正いたしました。

こんにちは、モバレコ編集部のたろう(@mobakichi31)です。

2016年冬に登場したトリニティ初のスマートフォン・「NuAns NEO」。72種類(発表当時)のきせかえパターンを用意し、自由に組み替えて持ち運べる一風変わったスマートフォンとして注目を集めました。

そんなNuAns NEOがさらなる進化を遂げ、2017年夏に発売したのが今回ピックアップする「NuAns NEO [Reloaded]」です。OSはWindows 10 MobileからAndroid 7.1へ、さらに防水・防塵やおサイフケータイ機能を新たに搭載しあらゆる点で進化。それでいて、本体サイズや独自のCOREコンセプトといった”こだわり”の部分を強く残したスマートフォンに仕上がっています。

NuAns NEO [Reloaded]
NuAns NEO [Reloaded](2017年6月発売)

実は初号機が発表された時点でかなり気になっていた端末ではありましたが、「Androidだったらなあ」という気持ちが強く結局手を出さずじまい。それから約1年経って早くもAndroidへとOSが変更され、さらにおサイフケータイ搭載や防水対応、指紋認証にも対応するなど個人的にも注目の端末です。

ということでこの記事では、筆者個人的にも気になっているNuAns NEO [Reloaded]をご紹介。いったいどういう人におすすめなのか?筆者なりに考えた「こんな人におすすめ!」という特徴的なポイントを挙げていきたいと思います。

NuAns NEO [Reoloaded]

●約700通りのカスタマイズが可能に
NuAns NEO [Reoloaded]
ニュアンス ネオ リローデッド

・取り外し可能なカバーで約700通りのカスタマイズ
・防水、防塵、おサイフケータイ機能搭載
・グッドデザイン・ベスト100受賞

端末価格 49,800円(税込)

購入・詳細はこちら

デザインにこだわりたい、見た目で差をつけたい人

そもそもNuAns(ニュアンス)というのは、トリニティ社が展開するブランドの名称で、Nuance(ニュアンス)とNew Answer(ニューアンサー)をかけ合わせた造語。iPhoneの関連アクセサリを中心に、これまでのガジェットとは一線を画すようなデザインにこだわった製品が提供されています。

以下はNuAnsの公式サイトより引用したNuAnsのコンセプト。

ふと手にしたくなる、自分の傍に置いておきたくなる。最先端の便利なツールにも、そんな佇まいがあれば、暮らしに便利は寄り添うことができます。そこに置いた時、まるで長く使い続けた愛用品のように馴染むもの。生活が少しだけ心地よくなるようなもの。NuAnsは、生活に漂うニュアンスを、そっと膨らませる新しい回答です。

公式サイトを見ておわかりのとおり、とにかくおしゃれ。これだけでも他のガジェット製品とちょっと違うなというのが分かると思います。しかもただおしゃれなだけでなく、便利なツールであることはもちろん、それでいて生活に馴染むデザインや素材を採用し、言葉の通り”生活に漂う”ような製品に仕上がっています。

NuAns NEO [Reloaded]は、そんなブランドから生まれたスマートフォン。約700通りものパターンでカスタマイズできるのは、あらゆる人の生活に溶け込むためのものなのでしょう。

いま筆者が使用している組み合わせは「スウェードホワイト」×「ストーン」。実は最近ノートPC「Surface Laptop」を購入したんですが、なんだか雰囲気がばっちり合ってますね!

「NuAns NEO [Reloade]」と「Suface Laptop」をぱしゃり

スウェードの柔らかい手触りとストーンの手触りは一見アンバランスですが、目にも手にもなじむデザインや色づかいで、お気に入りの組み合わせです。(しかも「ストーン」は本物の石なんだとか!)

他のデザインもご紹介しておきますね。

NuAns NEONuAns NEO
NuAns NEONuAns NEO

とまあこういった感じで、「せっかく普段持ち歩くものならおしゃれな方がいい」「どうせなら人と違うものを持ちたい」と感じる方にはまずおすすめです。

上記のような背面カバーだけでなく、手帳型のFLIPケースも取り扱いがあるので、画面も保護したいという方にも安心。さらにさらに、3Dプリントのデータも公開されているため、本当の意味で人とは違う自分だけのオリジナルケースを制作することもできます。ここまで自由度の高いスマホはなかなかないですね。

できるだけ荷物を減らしたい、スマートでありたい人

個人的に思うこと・・・それはおサイフケータイを使う人がまだまだ少ないと感じることです。

筆者は普段からモバイルSuicaでおサイフケータイを使用しているのですが、これがもうとにかく便利。主に使うのはコンビニ・自動販売機・定期外の電車に乗るときの改札なのですが、リアルお財布を出さないことがこれほどまでに楽で、時短で、スマートなのかと驚くばかり。

お財布を出さなくていい、小銭を探したり数えなくてもいい、なにより後ろの人を待たせるプレッシャーがありません。後ろで強面のおじさんが足をパタパタさせていたらと思うと、もう私はコンビニに行けないかもしれません。出会ったことないけど。

自販機や通勤途中のコンビニでおサイフケータイは大活躍
自販機や通勤途中のコンビニでおサイフケータイは大活躍

ただ、人によっては「ICカードでいいじゃん?」と思うかもしれません。私も初めはそう思っていたんですが、残高が少なくなったときにいちいち自動改札を探してチャージするのが正直面倒でした。

しかしモバイルSuicaであればスマホから金額を指定してチャージができるんです(事前にクレジットカードや口座を登録)。チャージの手続きはアプリから操作をおこなうだけで、しかもたった10~20秒ほど。わざわざチャージできる場所を探す必要もないですし、それこそ財布を出す必要もありません。これがとにかく楽ちんなんです。

おサイフケータイの便利さを知るともう手放せないかも・・・
おサイフケータイの便利さを知るともう手放せないかも・・・(画像はXperiaだけど)

さらにチャージや支払いの履歴もすべてスマホから閲覧できるため、いくらの金額をどれくらいの期間で何に消費したのかをかんたんに管理することができます。筆者は毎月の雑費をほぼモバイルSuicaで払うようにしているので、ひとり暮らしなど家計を管理しなくちゃいけない人にもうってつけです。

そんな便利なおサイフケータイがNuAns NEO [Reloaded]に新たに搭載されており、WAON、楽天Edy、QUICPay、nanaco、ID、モバイルSuicaといった主要な電子マネーサービスにはほぼ対応しています。
おサイフケータイ機能はSIMフリースマホの中でもまだまだ珍しく、海外メーカーのスマホではまず対応していません。そのため、日々のちょっとした買い物をスマートに済ませたい人にもNuAns NEO [Reloaded]がおすすめなわけです。

どうしてもICカードで使いたい方もご安心を。NuAns NEO [Reloaded]の場合、背面のカバーを外すとカード1枚分のスペースが用意されています。カードの分だけ厚みが増すこともないため、綺麗に収納できるのです。

このようにICカードの収納も可能
このようにICカードの収納も可能

NuAns NEO [Reoloaded]

●約700通りのカスタマイズが可能に
NuAns NEO [Reoloaded]
ニュアンス ネオ リローデッド

・取り外し可能なカバーで約700通りのカスタマイズ
・防水、防塵、おサイフケータイ機能搭載
・グッドデザイン・ベスト100受賞

端末価格 49,800円(税込)

購入・詳細はこちら

スマホはやっぱりAndroid派な人

SIMフリースマホである以上格安SIMを使うのは大前提として、あえて月々の料金を安くできることや、ドコモ・au・ソフトバンク回線すべてに対応すること、あるいは最近では当たり前のようになってきた指紋認証対応にはあえて触れてきませんでした。

やはり「SIMフリースマホ」であり「NuAns NEO [Reloaded]だからこそ」という点で上記2点をポイントとしてあげてみましたが、最後の3つ目はやはりAndroidであることではないでしょうか。

Windows 10 MobileからAndroid 7.1へ
Windows 10 MobileからAndroid 7.1へ(公式サイトより)

初号機であった「NuAns NEO」は、当時数も少なかった「Windows 10 Mobile」というOSでした。いつでもどこでも同じ作業ができるとして、ビジネスマンを中心にContinnum(コンティニュアム/スマホがまるでPCのようになる機能)などをアピールしていました。

しかし、やはり多くのユーザーが求めていたのはAndroidでした。トリニティ社によると実際にAndroidを望む声は多かったようで、そういった声も受けて今回のOS変更に踏み切ったそう。

実際、筆者もWindows 10 Mobileを使いこなす自信がなく、使い慣れたAndroidだったら良かったのに、というのが正直な感想でした。それが今回のNuAns NEO [Reloaded]でAndroid OSへと生まれ変わり、ようやく来たか!という感じ。毎日使うものならちょっとした使い心地も大事なポイント。ストレスなく使うためにも使い慣れた操作性にはこだわりたいですよね。

なお、NuAns NEO [Reloaded] はほぼ”素のAndroid”といった感じ。プリインストールされたアプリや独自に構成されたデザインはほとんどなく、Googleから提供されるNexusシリーズのようにシンプルな構成になっています。

実は、多くのSIMフリースマホはアップデートの通知が遅かったり、そもそもアップデート自体が配信されないことも。そんな中、発売後もできる限りアップデートを提供していくとしています。

やっぱりiPhoneよりAndroid?
やっぱりiPhoneよりAndroid?

Androidとよく比較されるのはまだまだ人気なiPhoneですが、見た目に差をつけたいという点ではNuAns NEO [Reloaded]に軍配があがるでしょう。また、iPhoneもApple Payに対応したとはいえ、対応機種はiPhone 7以降とまだまだ数は少ない状況。

もちろんiPhoneも優れたデザインで特段欠点はないですし、OSの部分は正直好みもあるとは思います。ただ、筆者は上記の点などからAndroidの方が自由度が高いと思っています。もうここまで読んでいただいてる方ならきっと「人と差をつけたい」と思う方でしょうから(笑)、素直にNuAns NEO [Reloaded]をおすすめします。

肝心のスペックも普段使いには申し分ない性能を備えています。以下に主なスペックを掲載しますので参考にどうぞ。特徴として、シャープ製のディスプレイ、ソニー製のカメラレンズ、旭硝子製のカバーガラス(Dragontrail Pro)などさまざまなメーカーの製品が搭載されています。

●NuAns NEO [Reloaded]の主なスペック(参照

機種名 NuAns NEO [Reloaded]
OS Android 7.1
本体サイズ 約141 × 74 × 11mm・約150g
ディスプレイ 5.2インチ(1920 × 1080)
CPU Snapdragon 625
RAM(メモリ) 3GB
ROM(ストレージ) 32GB
※外部ストレージ:microSD(最大1TB対応)
メインカメラ 1,300万画素
サブカメラ 800万画素
バッテリー 3,450mAh
カラーバリエーション 本体(CORE):ブラック
カバー:700通り以上
対応SIMカード microSIMスロット(nan-SIMアダプター同梱)
ポート USB Type-C
メーカー価格 49,800円(税込、本体代のみ)

評価まとめ:見た目だけでなく使い勝手も充実。人と差をつけたいならおすすめの1台

ということで、筆者が感じるNuAns NEO [Reloaded]のおすすめポイントをピックアップしてみました。繰り返しになりますが、まずデザインの部分で他機種と大きな違いがあるので、見た目にこだわりたい人、持ち物をおしゃれにしたい人、そんな方にはぜひおすすめですよ。

もちろん見た目だけでなく基本的な性能はしっかりと備わっているので、LINEやSNS、ブラウジングやニュースアプリなど、そういった普段使いには十分な性能でしょう。夜景など暗い被写体は苦手なようですが、カメラ性能も問題なしです。

ゲームに動画にガシガシスマホを使うというよりも、さっと取り出してスマートに使いこなす、そんな使い方にぴったりなスマートフォンかもしれません。

NuAns NEONuAns NEO
NuAns NEONuAns NEO
NuAns NEONuAns NEO

NuAns NEO [Reoloaded]

●約700通りのカスタマイズが可能に
NuAns NEO [Reoloaded]
ニュアンス ネオ リローデッド

・取り外し可能なカバーで約700通りのカスタマイズ
・防水、防塵、おサイフケータイ機能搭載
・グッドデザイン・ベスト100受賞

端末価格 49,800円(税込)

購入・詳細はこちら

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ごきげんよう!モバレコ編集部です。みなさん鍋の準備はいいですか? ついにiPhone Xが発売されましたね。Androidの方も冬春モデルとしての発表数がまだ少ないので、この後追加で色々と発表されるのではと予想しております! モバレコ編集部にも新人が追加されるんですよ。スマホも編集部員も新しいメンバー追加ってワクワクしますね! そんなこんなで11月もよろしくモバァ!