au「TORQUE G03」レビュー!使い勝手が劇的に進化した最強のタフネススマートフォン

書いた人: あさひな

カテゴリ: auスマホのレビュー, レビュー

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
au「TORQUE G03」レビュー!使い勝手が劇的に進化した最強のタフネススマートフォン

タフネススマートフォンでおなじみのTORQUEシリーズの最新機種「TORQUE G03(トルク・ジーゼロサン)」が2017年6月30日にauから発売されました。

世界初の耐海水性能を備えた「TORQUE G02」の発売から約2年。スペックはもちろん、機能面や使い勝手などもパワーアップしています。

目次:

「TORQUE G02」と「TORQUE G03」のスペックを比較

TORQUE G02TORQUE G03の仕様

TORQUE G02 TORQUE G03
サイズ 高さ 約147 × 幅 約72 × 厚さ 約14.2(最厚部17)mm 高さ 約145 × 幅 約71 × 厚さ 約13.6(最厚部16.9)mm
重量 約203g 約198g
OS Android 5.1(Android 6.0にアップデート) Android 7.1
SoC Qualcomm Snapdragon 400 1.4GHz Quad-core Qualcomm Snapdragon 625 2GHz Octa-core
RAM 2GB 3GB
ROM 16GB 32GB
外部メモリ microSDカード(最大200GB) microSDカード(最大256GB)
バッテリー容量 2,910mAh 2,940mAh
ディスプレイ 約4.7インチ HD (1280 × 720) IGZO 約4.6インチ HD(1280× 720) TFT液晶
カメラ アウトカメラ:約1,300万画素
インカメラ:約500万画素
アウトカメラ(メイン):約1,300万画素
アウトカメラ(ワイド):約200万画素
インカメラ:約500万画素
カラー ブルー / レッド / ブラック / グリーン グリーン / ブラック / ブルー / HELLY HANSEN LIMITED(300台限定)
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.1 Bluetooth 4.2
耐久性能 耐衝撃(MIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure IV) /
防水(IPX5/IPX8) / 防塵(IP6X)
耐衝撃(MIL-STD-810G Method 516.7:Shock-Procedure IV) /
防水(IPX5/IPX8) / 防塵(IP6X)
備考 au VoLTE / おサイフケータイ / NFC / ワイヤレス充電 au VoLTE / おサイフケータイ / NFC / ワイヤレス充電 / Quick Charge 3.0 / USBホスト / 指紋センサー

前モデルのTORQUE G02から約2年経過しているだけあって、スペックは全体的に向上しています。画面解像度が据え置きなのは少し残念ですが、SoCはローエンドからミドルレンジのモデルに変わっています

AnTuTu Benchmark v6.2.7のスコアGeekbench 4のスコア
AnTuTu Benchmark v6.2.7とGeekbench 4のスコア

ベンチマークスコアからも、性能が大幅に向上していることがわかります。前モデルはかなり控えめなスペックでしたが、SoCの変更とメモリ容量の増加により、レスポンス速度に不満なく使えました。

まさに”最強”なデザイン

TORQUE G03 前面にフロントデュアルスピーカーを搭載
前面にフロントデュアルスピーカーを搭載
TORQUE G03 背面カメラを2つ搭載している
背面カメラを2つ搭載している
TORQUE G03 右側面には電源ボタン兼指紋センサーとシャッターボタン
右側面には電源ボタン兼指紋センサーとシャッターボタン
TORQUE G03 左側面にはボリュームキー・ダイレクトボタン・ストラップホール
左側面にはボリュームキー・ダイレクトボタン・ストラップホール
TORQUE G03 上部には3.5mmイヤホンジャック
上部には3.5mmイヤホンジャック
TORQUE G03 下部にはUSB Type-C端子
下部にはUSB Type-C端子
TORQUE G03 イヤホンジャックとUSB端子は防水キャップを外すとアクセスできるTORQUE G03 イヤホンジャックとUSB端子は防水キャップを外すとアクセスできる
イヤホンジャックとUSB端子は防水キャップを外すとアクセスできる

防水端子を採用していますが、さらに防水キャップを重ねたハイブリッド防水構造になっています。キャップをはめたり外したりする一手間は増えるものの、Bluetoothイヤホンやワイヤレス充電を活用するとスマートで便利だと思います。

手に持ったところ
手に持ったところ

本体はかなり分厚く、持ちやすさという点では薄いスマートフォンに軍配が上がります。堅牢性と薄さはトレードオフなのでマイナスポイントではありませんが、手が小さいとホールド感は悪いかもしれません。筆者は手が大きい方なので、ガッシリと握れました。

21項目の試験をクリア
21項目の試験をクリア

MIL-STD-810Gの19項目に加え、京セラ独自の耐海水試験・耐荷重試験の2項目の21項目に準拠しています。国内で発売されているスマートフォンの中で耐久性を重視するなら、TORQUEがベストと言っていいでしょう

六角レンチで正面カバーを脱着できる
六角レンチで正面カバーを脱着できる
落下時に背面カバーが外れるのを防ぐ背面ロック機構は、ロックノブを回すと外れる仕組み
落下時に背面カバーが外れるのを防ぐ背面ロック機構は、ロックノブを回すと外れる仕組み

海水に入れたり、汚れが付着するような環境で使用した場合は、そのまま使用すると故障の原因となる可能性があります。パーツを取り外して水洗いできるようになっているので、特にアウトドアで使用した時はお手入れするといいでしょう。詳細なメンテナンス方法はこちらをご覧ください。

京セラ独自のハイブリッドシールドとスマートソニックレシーバーを搭載
京セラ独自のハイブリッドシールドとスマートソニックレシーバーを搭載

表面ガラスには、割れにくくて傷に強い「Dragontrail X」を採用しています。そこに、耐擦傷性の高いコーティング「アクリルスクリーン」を施すことで、京セラ独自のガラス割れ防止構造を実現しました。

さらに、一般的なスマートフォンに搭載されている受話口がなく、ディスプレイ全体を振動させて音を伝える「スマートソニックレシーバー」を搭載しています。これにより、耳を当てる位置を気にせずにクリアな音質で通話できます。

タフネスモデルらしい特徴的なポイントをピックアップ

Outdoor Portalはアクティビティ情報を一覧表示する
Outdoor Portalはアクティビティ情報を一覧表示する

アウトドア用途に便利なアプリがいくつもプリインストールされており、「Outdoor Portal」はそれらの情報をまとめて表示できます。各アプリのウィジェットが並んでいるようなイメージです。

アウトドアアプリ一覧
アウトドアアプリ一覧
カテゴリ分けや詳細な情報を確認することもできるカテゴリ分けや詳細な情報を確認することもできる
カテゴリ分けや詳細な情報を確認することもできる

本体デザインとマッチするアプリデザインがイケてますね。種目ごとにアクティビティセットを分けたり、詳細を確認したい項目をタップすることで各アプリへの遷移も可能です。

ウェットタッチ・グローブタッチ

画面や手が濡れていたり、グローブ着用していても操作できる
画面や手が濡れていたり、グローブ着用していても操作できる

通常は画面や手が濡れていると誤動作したり、グローブ(手袋)を着用しているとタッチ操作できません。それらを解決するウェットタッチとグローブタッチはまさにアウトドアな用途と相性がいいですね。ただし、水に濡れた状態でグローブ操作はできないので注意してください。

ダイレクトボタン

左側面に搭載されているダイレクトボタン
左側面に搭載されているダイレクトボタン
ダイレクトボタンの動作はカスタマイズ可能ダイレクトボタンの動作はカスタマイズ可能
ダイレクトボタンの動作はカスタマイズ可能

ダイレクトボタンは任意のアプリを起動したり、通話の応答や終話など便利な機能を割り当てることもできます。手袋着用時などでも使いやすいように、物理ボタンとして用意されているのは好印象です。

指紋センサー

右側面に搭載されている指紋センサー
右側面に搭載されている指紋センサー

TORQUEシリーズとしては初となる指紋センサーを搭載しており、最大で5つの指紋を登録できます。指紋センサーを取り囲んでいるバンパーパーツは落下時などの衝撃から保護します。いかにもタフネスモデルらしいですね。

アウトドアが楽しくなる機能が満載のカメラ

画角が異なる2つのカメラを搭載
画角が異なる2つのカメラを搭載

左の小さいカメラがメインカメラで、中央にあるのが135° スーパーワイドアクションカメラです。メインカメラは約1,300万画素で、スーパーワイドアクションカメラは約200万画素と画素数は低めですが、驚くほどワイドな写りを楽しめます

シャッターボタンを使えば本体をしっかりホールドして撮影できる
シャッターボタンを使えば本体をしっかりホールドして撮影できる

撮影時に重宝するシャッターボタンは、画面をタッチする必要がないため安定した撮影が可能です。また、バンパーに指をかけられたり、背面の黒い部分は凸凹の滑りにくいテクスチャーにするなど細かい部分にも工夫が見られます。

アクションオーバーレイ

カメラアプリの設定から「Action Overlay」をONにする
カメラアプリの設定から「Action Overlay」をONにする
速度や距離など様々な情報を取得して重ねて動画を撮影する機能
速度や距離など様々な情報を取得して重ねて動画を撮影する機能

アクションオーバーレイはカメラで撮影している映像に、ランニングやサイクリング時の速度や距離、登山の高度や経過時間などを重ねて記録できます。表示する情報を切り替えられないのは少し残念ですが、気軽にアクティビティを記録できるのはいいですね。

水中モード

カメラアプリの設定から「水中」をONにする
カメラアプリの設定から「水中」をONにする
水中に最適化された色味で撮影する機能
水中に最適化された色味で撮影する機能

水中モードをONにするとビビッドな色合いになって水中の様子が引き立ちます。他にも、水中歪み補正や水中自動検出など水中撮影機能を搭載しています。普通のスマートフォンではできない水中の撮影、特に海中でも使えるのはTORQUEの魅力です。

スーパーワイドアクションカメラ

海辺のサーフボード海辺のサーフボード
海辺のサーフボード
鎌倉駅のホーム鎌倉駅のホーム
鎌倉駅のホーム

左はメインカメラ、右はスーパーワイドアクションカメラの作例です。これだけワイドに写るならアクションカムとしても十分実用的ですね。サーフボードの作例は自然な感じですが、駅のホームの作例では歪曲がはっきりと分かります。直線的な被写体には不向きかもしれません。

メインカメラの性能をチェック

実際に撮影した作例を見ながらメインカメラ性能を確認していきましょう。全てオートモードで撮影しました。写真をクリックまたはタップすると大きなサイズで表示されます。

TORQUE G03 カメラ作例 湖
TORQUE G03 カメラ作例 花
TORQUE G03 カメラ作例 蝉
TORQUE G03 カメラ作例 夜景
夜景

湖は色を鮮やかに捉えていていいですね。花に寄ったり、小さい蝉にもピントが合いました。夜景はノイズが目立ちます。暗所はやや苦手な印象を受けました。

TORQUE G03 カメラ作例 ハンバーガー
ハンバーガー
TORQUE G03 カメラ作例 まぜそば
まぜそば
TORQUE G03 カメラ作例 チキン南蛮
チキン南蛮
TORQUE G03 カメラ作例 天丼
天丼

食べ物は全て違うお店で撮影しました。中にはやや暗めのところもありましたが、オートHDRのおかげか綺麗に撮れました。

評価まとめ:アウトドア派のベストバイ

アウトドア派のベストバイ

タフネススマートフォンといっても、単純にタフネス性能だけを追求しているわけではありません。TORQUE G03は性能面での快適さ、アウトドアでの使用感なども考慮して設計されています。アクションオーバーレイやスーパーワイドアクションカメラなどタフネスモデルならではの機能を搭載しているのもポイントです。

耐久性と堅牢性にフォーカスすると、他に競合する機種がないくらい圧倒的な強さを誇る代わりに犠牲になっている部分もあります。正直、一般的な使い方であれば全くおすすめできませんが、やはりTOQRUEが本領を発揮する特殊な環境下で使うなら、これほどまでに頼もしい存在はないでしょう。

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

マイナーなガジェットを追いかける変態端末愛好家。変わったものと新しいものはとりあえず買ってみるをモットーに活動中。