WiMAX2+って何?をおさらい。サービスの概要や特徴を紹介します

書いた人: まきはら とよかず

カテゴリ: ガイド

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
WiMAX2+って何?をおさらい。サービスの概要や特徴を紹介します

データ通信使い放題」「工事不要で使える」ことで人気の通信サービス「WiMAX2+(ワイマックス・ツープラス)」。量販店の店頭や店内に設置された契約窓口、また最近ではテレビコマーシャルや街頭広告を目にする機会も多く、認知もかなり進んでいます。

ただ一方で「名前はよく聞くけれども、どういったサービスなのか、実は理解できていない」なんて方もいるのではないでしょうか。

この記事では、そもそもWiMAX2+とはどういったサービスなのか、またWiMAX2+にはどういった特徴があるのか。基本となる内容をまとめて紹介していきます。

目次:

WiMAX2+とは?

WiMAX2+(ワイマックス・ツープラス)についた「WiMAX(ワイマックス)」は「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略で、3GやLTEと同じ、無線通信技術の一規格です。国際的に使われる規格であることから、海外でもWiMAXによる通信サービスを提供する事業者が存在します。

UQ WiMAX

日本ではUQコミュニケーションズ(ユーキューコミュニケーションズ)株式会社が「WiMAX2+」をメインとしてサービスを提供。同社のサービス名「UQ WiMAX(ユーキュー・ワイマックス)」の名は多くの人が耳にしたことがあるのではないでしょうか。

UQコニュニケーションズについて触れておくと、会社が設立されたのは2007年8月。当初の社名は「ワイヤレスブロードバンド企画株式会社」で、auブランドも手がけるKDDIが100%出資する子会社でした。

その後、株式の第三者割当により東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)、京セラ株式会社、株式会社大和証券グループ本社、株式会社三菱東京UFJ銀行といった企業が資本に参加。2008年3月に、現在の「UQコミュニケーションズ株式会社」へと社名変更されています。

日本でWiMAXのサービスが開始されたのは2009年2月のこと。そして2015年10月より、WiMAX 2.1規格を用いた現行サービス「WiMAX2+」がスタートしました。

ちなみにスマートフォンでは今、キャリアの設備を借りて事業を運営するMVNO、いわゆる“格安SIM”が盛り上がりを見せていますが、WiMAX2+にもMVNOが存在します。

インターネット上でWiMAX2+サービスを少しでも安く契約しようと探してみると、UQ WiMAX2+以外にも「Broad WiMAX」「So-net モバイル WiMAX2+」「GMOとくとくBB WiMAX2+」などのサービスが見つかります。これらはすべて、UQコミュニケーションズから設備を借りてサービスを提供するMVNOです。

格安SIMと比べた場合に少し事情が異なるのは、WiMAX2+に関しては通信エリアだけでなく、通信速度に関してもMNOであるUQ WiMAXと各MVNOで変わらないということ。

一方でMVNOでは、契約時や契約後に現金をキャッシュバックする、月額料金が安くなるなど、UQ WiMAXにはない特典が多く見つかります。

2017年9月現在で使う分には(使い勝手の面では)MNOのUQ WiMAXと各MVNOで大きな差はありませんが、たとえば通信障害が発生した場合の復旧時期、今後新たな通信技術が導入された場合の適用時期などは、MNOであるUQ WiMAXのほうが早くなる可能性が高いでしょう。

スマートフォンのMVNOとは少し事情が異なることを理解の上、「なにより安心・安定して使いたい」「毎月の料金を少しでも抑えたい」など、自分の要望にあう事業者を選ぶことが大切です。

WiMAX2+の特徴

日本ではUQコミュニケーションズ「UQ WiMAX」を本家として提供されるサービス「WiMAX2+」。日本での利用において、サービスの特徴といえるポイントが5つあげられます。

  • 工事不要で使い始められる
  • 月額データ量上限なしで使える
  • 下り最大708Mbpsの超高速通信に対応する
  • 屋内や地下では接続性が下がる
  • 速度制限がある

WiMAXの強み①:工事不要で使い始められる

強みとしてあげられるWiMAX2+の特徴、1つ目は「工事不要で使い始められる」こと。

無線を使った通信サービスなので、サービス利用開始時や転居、サービス解約時にも回線工事など物理的な工事の手間がかかりません。(※契約者情報の変更として住所の届け出は必要です)

工事不要で使い始められる

利用場所によってはサービス提供エリア外(圏外)となる場合もありえますが、サービスが提供されているエリアのマップはUQコミュニケーションズ公式サイトで公開中。

サービスエリア | UQ mobile / UQ WiMAX

随時内容も更新されているので、事前によく使うことになりそうな場所をエリアマップで確認さえしておけば、安心して使い始めることが可能です。

WiMAXの強み②:月額データ量上限なしで使える

強みとして挙げられるWiMAX2+の特徴、2つ目は「月額データ量上限なしで使える」こと。

UQ WiMAXをはじめとするWiMAX2+事業者が2017年9月現在で提供するプランには、月額データ量の上限なしで使える内容のものが存在します。

直近3日間で大量のデータ通信をおこなったり、特定の動作モードでのデータ通信であったり、一部の条件で速度制限こそ設けられてはいるものの、データ量は完全に無制限で使用が可能

それほど大量にデータ通信はしないけれど、スマホの高速データ容量だけでは1カ月持たない。そんな人にとっては、光回線をはじめとする固定回線の代わりとしてWiMAX2+を契約して使うといったことも一手段として検討してみる価値がありますよ。

WiMAXの強み③:下り最大708Mbpsの超高速通信に対応する

強みとして挙げられるWiMAX2+の特徴、3つ目は「下り最大708Mbpsの超高速通信に対応する」こと。

UQコミュニケーションズではWiMAX2+のサービス開始後も通信の高速化に取り組んでおり、複数の電波(周波数帯)を束ねて一度に流せるデータ量を増やす技術「キャリアアグリゲーション(CA)」、ルーター本体に内蔵した4本のアンテナを同時に使った通信で一度に流せるデータ量を増やす技術「4×4 MIMO(フォーバイフォーマイモ)」に対応します。

これらの高速通信技術に加え、au 4G LTEが利用できる「ハイスピードプラスエリアモード」であれば、下り最大708Mbpsでの超高速通信が可能です。

下り最大708Mbpsの超高速通信に対応する

また2017年8月には、新たに一度に送信できるデータ量を増加できる256QAM変調方式も一部のエリアから導入がはじまりました。キャリアアグリゲーション、4×4 MIMO、256QAM変調方式という3つの高速通信技術を組み合わせることにより、WiMAX2+単独でも、下り最大558Mbpsの超高速通信が使えるようになりました。

WiMAXの弱み①:屋内や地下では接続性が下がる

一方で弱みとして押さえておきたいWiMAX2+の特徴、1つ目は「屋内や地下では接続性が下がる」ということ。

日本で携帯電話の通信に使われる電波の周波数はおおよそ700MHz~3GHz。このうちより多くの機種で使われるのは700~2GHzの範囲です。

一方でWiMAX2+で主に使用される電波の周波数は2.5GHz。比較すると周波数は高いものが使われていることがわかります。

スマートフォンをはじめ、通信に使われる電波は、周波数が高いほど直進性・反射性が強まり、周波数が低いほど拡散性・透過性が強まるという特性を持ちます。

つまりスマホでの通信に比べると、WiMAX2+での通信は障害物に弱いわけですね。これは屋内や地下では、屋外に比べて通信が繋がりにくくなる可能性がある、ということを意味します。

なおこういった弱点を補うために、屋内にも小型の基地局を設置したり、ルーターの機種によってはプラチナバンドと呼ばれる周波数の低いLTE通信にも有料で対応するモデルが用意されていたり、と取り組み・工夫は様々おこなわれています。

Try WiMAX(トライ・ワイマックス)でレンタルできる

またUQコミュニケーションズでは、WiMAX2+機器をレンタルしてお試しできるサービス「Try WiMAX(トライ・ワイマックス)」も提供。先ほど触れたエリアマップとともにこういったサービスも活用して、契約後にしっかり使うことができそうか、確認しておけば安心して使い始められるのでオススメですよ。

WiMAXの弱み②:速度制限がある

弱みとして押さえておきたいWiMAX2+の特徴、2つ目は「速度制限がある」こと。

強みの2つ目として挙げた「月額データ量上限なしで使える」の項目でも少し触れたとおり、データ量には上限はありませんが、一定の条件を満たした場合に速度が制限されるルールが設けられています。

2017年9月時点で設けられた速度制限のルールは主に以下の2つ。

  • 直近する3日間で「WiMAX2+」と「au 4G LTE」のデータ量の合計が10GB以上の場合に、翌日の18時頃~26時頃まで、概ね1Mbpsに制限される
  • 月間で「au 4G LTE」のデータ量が7GBを超えた場合に、当月末まで、概ね128kbpsに制限される

データ量の上限がないからと、光回線などの固定回線と完全に同じ感覚で使ってしまうと、速度制限によりストレスをいだく可能性は十分に考えられます。

自宅ではデータ量も通信速度も、ストレスなく使いたい。そういう人には、手間はかかりますが固定回線を契約して設置することをオススメします。

WiMAX2+のプランと料金

WiMAX2+で契約できるプランと料金は、MNOであるUQ WiMAXでは大きく2種類、細かく見ると5種類が用意されています。

  • UQ Flatツープラス ギガ放題(2年契約/3年契約)
  • UQ Flatツープラス(2年契約/3年契約/4年契約)
WiMAX2+のプランと料金

UQ Flatツープラス ギガ放題

UQ Flatツープラス ギガ放題は月間データ量が上限なしで使えるプラン。

直近3日間で所定のデータ量を使用したり、au 4G LTEが使える「ハイスピードプラスエリアモード」で1ヶ月に所定のデータ量を使用したりすると速度制限はおこなわれますが、その後もデータ量は無制限で使い続けられます。

契約期間は「2年」と「3年」の2種類が用意されており、月額料金はいずれも税込4,730円/月。

契約期間(縛り)が長くなる3年プランでは、au 4G LTEが使えるオプション機能「ハイスピードプラスエリアモード」の料金(税込1,063円/月)が無料になる特典がついています。

一方で契約期間が長くなると契約満了月以外のタイミングで解約する場合に支払う「契約解除料」は高い内容が適用されます。

・UQ Flatツープラス ギガ放題(2年)
課金開始月を1ヶ月目として、

1~13ヶ月目まで 20,520円(税込)
14~25ヶ月目まで 15,120円(税込)
26ヶ月目 無料
27ヶ月目以降 10,260円(税込)

・UQ Flatツープラス ギガ放題(3年)
課金開始日を1ヶ月目として、

1~13ヶ月目まで 20,520円(税込)
14~25ヶ月目まで 15,120円(税込)
26~37ヶ月目まで 10,260円(税込)
38ヶ月目 無料
39ヶ月目以降 10,260円(税込)

ハイスピードプラスエリアモードには対応機種/非対応機種があるため、このあとに紹介する機種紹介もあわせてチェックし、損のないプランと機種の組み合わせを意識しましょう。

UQ Flatツープラス

UQ Flatツープラスは月間データ量が7GBと制限される変わりに、月額料金を安く抑えることができるプラン

こちらにも直近3日間および1ヶ月での速度制限が設定されていますが、月間データ量が7GBであることを考えれば、一般的には速度制限は意識する必要がない使い方になることでしょう。

契約期間は「2年」「3年」「4年」の3種類が用意されており、月額料金はいずれも税込3,991円/月

契約期間(縛り)が長くなる3年プランおよび4年プランでは、au 4G LTEが使えるオプション機能「ハイスピードプラスエリアモード」の料金(税込1,063円/月)が無料になる特典がついています。

また契約期間が最長である4年プランに限っては、スマホなどでauのLTE回線を契約していると適用できる「auスマートバリュー mine」を適用すれば、上記に加えて月間データ量の上限がなくなる特典も用意されています。

一方で契約期間が長くなると契約満了月以外のタイミングで解約する場合に支払う「契約解除料」は高い内容が適用されます。

・UQ Flatツープラス(2年)
課金開始月を1ヶ月目として、

1~13ヶ月目まで 20,520円(税込)
14~25ヶ月目まで 15,120円(税込)
26ヶ月目 無料
27ヶ月目以降 10,260円(税込)

・UQ Flatツープラス(3年)
課金開始日を1ヶ月目として、

1~13ヶ月目まで 20,520円(税込)
14~25ヶ月目まで 15,120円(税込)
26~37ヶ月目まで 10,260円(税込)
38ヶ月目 無料
39ヶ月目以降 10,260円(税込)

・UQ Flatツープラス(4年)
課金開始日を1ヶ月目として、

1~13ヶ月目まで 20,520円(税込)
14~25ヶ月目まで 15,120円(税込)
26~49ヶ月目まで 10,260円(税込)
50ヶ月目 無料
51ヶ月目以降 10,260円(税込)

4年間契約して使い続ける見込みである場合には、UQ Flatツープラス(4年)の契約&auのLTE回線の契約で適用できる「auスマートバリュー mine」を活用すれば、データ量も使い放題でなおかつ月額料金もUQ Flatツープラス ギガ放題より安く抑えることができますね。

なおWiMAX2+の月額料金はMNOのUQ WiMAXと、MVNOである他の各事業者でも異なります。毎月の料金を少しでも安く抑えたい場合はぜひ、各MVNOでの契約も検討してみましょう。

WiMAX2+に対応するルーター製品

WiMAX2+に対応するルーター製品として、2017年9月時点で主に販売されている機種は3つ。

  • Speed Wi-Fi NEXT W04
  • Speed Wi-Fi NEXT WX03
  • Speed Wi-Fi HOME L01

Speed Wi-Fi NEXT W04

Speed Wi-Fi NEXT W04

Speed Wi-Fi NEXT W04(以下、W04)はファーウェイ(華為技術/Huawei Technologies)製のモバイルルーター。

ポイントとして、以下のような特徴を備えます。

・スティック型(縦型)で片手操作や携帯性に優れる
・au 4G LTEが利用できる「ハイスピードプラスエリアモード(有料)」対応
・WiMAX2+とau 4G LTEのCAにより、下り最大708Mbpsの超高速通信に対応

WiMAX2+の弱点である「屋内や地下では接続性が下がる」ことを、障害物を回り込む特性を持つau 4G LTE(プラチナバンド)を使ってカバーできる機種です。

au 4G LTEを使うための動作モード「ハイスピードプラスエリアモード」は有料オプションですが、利用環境を選ばず、とにかく広いエリアで、とにかく高速に通信したい人にオススメの機種です。

Speed W-Fi NEXT WX03

Speed W-Fi NEXT WX03

Speed Wi-Fi NEXT WX03(以下、WX03)はNECプラットフォームズ製のモバイルルーター。

ポイントとして、以下のような特徴を備えます。

・コンパクトサイズとストラップホール装備で扱いやすさに優れる
・大容量バッテリー搭載&省電力機能でより長時間の連続使用が可能
・下り最大440Mbpsの超高速通信に対応

WX03は「ハイスピードプラスエリアモード」には非対応ですが、搭載する大容量のバッテリーと省電力機能により、1度の充電でより長い時間使える点が大きな魅力。またWiMAX2+のみでも下り最大440Mbpsの通信に対応するため、日常で通信速度にストレスを感じる場面はほとんどないでしょう。

バッテリー残量を気にして持ち歩くのがイヤ。そんな人にオススメしたい機種です。

Speed Wi-Fi HOME L01

Speed Wi-Fi HOME L01

Speed Wi-Fi HOME L01(以下、L01)はファーウェイ(華為技術/Huawei Technologies)製の据え置き型ルーター。

ポイントとして、以下のような特徴を備えます。

・設置場所を選ばないシンプル&おしゃれな本体デザイン
・au 4G LTEが利用できる「ハイスピードプラスエリアモード(有料)」対応
・Wi-Fi(2.4GHz帯/5GHz帯)とBluetooth、有線接続をフル活用して最大42台のデバイスを同時に接続可能
・下り最大440Mbpsの超高速通信に対応

WiMAX2+ルーター製品としては異色にも感じる据え置き型デザインであることがL01最大の特徴です。

WiMAX2+にはデータ量の上限がないプランも用意されており、またL01では同時に最大42台のデバイスを接続可能。

これらの特徴をあわせ、固定回線の代わりとして、工事不要で設置できる自宅用回線として導入を検討してみたい機種です。

まとめ

今回紹介した内容のポイントを最後にあらためて整理しておきます。

  • WiMAX2+は無線で使えるデータ通信サービスの名称
  • WiMAX2+にもMVNOが存在する
  • WiMAX2+には「工事不要」「データ量上限なし」「超高速通信対応」というメリットがある
  • WiMAX2+には「屋内や地下では接続性が下がる」「速度制限がある」というデメリットがある
  • WiMAX2+のプランと料金は事業者により異なる
  • WiMAX2+対応のルーター製品はタイプ・機能・通信速度の異なる複数種類がある

これからWiMAX2+の契約を検討している人は、まずこれらの基本を押さえておきましょう。とくにメリット・デメリットについては自分の希望する要件にマッチするかをしっかり吟味し、契約後に後悔することがないように備えたいものですね。

Broad WiMAX を安く購入する方法

WiMAXを購入するなら「Broad WiMAX モバレコ店」がお得!

Broad WiMAX × モバレコ 特別キャンペーン中!初期費用が18,857円割引

Broad WiMAXの特徴は、

WiMAXのギガ放題プランなら通信制限がなしで高速通信が利用可能!※ 毎月気にしがちなスマホの通信制限も、もう気にする必要がなくなります! また複数台での接続も可能なので、家族で利用するのも安心。

スマホ・タブレット・自宅PCなどのデータ通信をWiMAXで利用するようにすれば、料金を抑えることが可能に! スマホのデータプランを一番安いものにしたり、自宅の固定回線の代わりにWiMAXを使うことで料金を節約!

WiMAXは下り最大440Mbps※の高速通信が可能! 動画やWebサイトの閲覧もストレスなく楽しめる。キャリアによって異なりますが、スマホの通信速度とおおよそ変わらない速度。

※詳しくはサポートページでご確認下さい。

対象端末「Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W04」「Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ WX03」「Speed Wi-Fi HOME L01」のどれも端末代金0円。

お得なWiMAX モバレコ店をチェックしてみよう!

WiMAX 2+ W04

Speed Wi-Fi NEXT
WiMAX 2+ W04

モバレコからの申込で、
初期費用 18,857割引 端末代 0

WiMAX 2+ WX03

Speed Wi-Fi NEXT
WiMAX 2+ WX03

モバレコからの申込で、
初期費用 18,857割引 端末代 0

L01

Speed Wi-Fi HOME
L01

モバレコからの申込で、
初期費用 18,857割引 端末代 0

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。