NifMo(ニフモ)バリュープログラムを徹底解説!普段の買い物でスマホの料金が安くなる?

書いた人: 迎 悟

カテゴリ: ガイド, 格安SIM ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
NifMoバリュープログラムを徹底解説!普段の買い物でスマホの月額が安くなる!?

大手携帯キャリアの半額以下でスマホを運用できる格安SIMの料金はとにかく安い!
初めて格安SIMの契約をしたときに初回の請求金額を見て、思わず「こんなに安くなるんだ!」と感動してしまったほどです。

しかし、それも慣れてくると「もっと安くならないかな…」とついつい欲張ってしまうもの。もちろんデータ容量を少ないプランに改めるなど、最安のプランを選んで安くする方法もありますが、自分の使い方に合っていなければそもそも意味がありません。

そこで今回は「今の使い方を買えずに、さらに携帯料金を安くできる方法」を提供している格安SIMをご紹介!

インターネットサービスプロバイダ「@nifty」が運営する「NifMo」の「NifMo バリュープログラム」を活用すれば、プランを変えなくてもさらに月々の料金を安くできます。気になるサービスの詳細と有効な活用法を解説していきましょう。

目次:

NifMoバリュープログラムって、どんなサービス?

格安SIMのNifMoが提供する、月々の料金支払いを安くできる「NifMo バリュープログラム」とはどんなサービスなのでしょうか?

簡単に解説してしまうと、「提携サイト・アプリを利用すると格安SIMの月額が安くなる」というもの。

提携サイトやアプリの利用で、月額料金がどんどん割り引きされていきます
提携サイトやアプリの利用で、格安SIMの月額がどんどん割り引かれていきます

例えば、NifMoバリュープログラムに提携している通販サイトでペットボトル飲料を箱買いするとします。「2,000円のお会計で10%を還元!」と書かれていれば、200円がNifMoの月額料金から割り引かれることになります。

割引を受けられる提携サービスは通販だけではありません
割引を受けられる提携サービスは通販だけではありません

もちろん、提携サイトは通販だけではありません。ホテル・旅行の予約、クレジットカードの申し込み、飲食店での食事やアンケートへの回答など、さまざまなシーンでNifMoの月額料金を安くできるチャンスがあります。

ちなみに、NifMoバリュープログラムの利用自体に対して“月額”は発生しません
NifMoを契約したときに発行される「@nifty ID」があれば、すぐに利用開始できるのもうれしいポイント。すぐにNifMoバリュープログラムを利用して、月額料金を安くするためのアクションを始められます。

>>NifMo公式サイトはこちら
NifMo

NifMoバリュープログラムの仕組みと使い方

提携サイトを利用することで、月々の料金が割引になるNifMoバリュープログラム。
しかし、ただ単にNifMoの契約をして、提携サイト・サービスを使えばいいわけではないので注意が必要です。

NifMoバリュープログラムは専用サイト・アプリを経由するのが絶対に必要です
専用サイト・アプリを経由するのが還元の絶対条件

NifMoバリュープログラムで割引を受けるには、必ず専用サイト・アプリを経由してから提携サイトを利用するなどのアクションを行わなければいけません。
忘れない内容に気をつければ済むレベルの話ですので、たったこれだけのルールさえ守ればいつものお買い物でスマホ代がお得になると言い換えることもできます。

NifMoバリュープログラムに提携をしているショッピングサイトの一例に下記のようなサイトがあります。

★提携ショッピングサイト一例
・Yahoo!ショッピング
・セブンネットショッピング
・ヤマダモール(ヤマダ電機)
・東急ハンズ ネットストア
・TOWER RECORDS ONLINE

有名なショッピングサイトが並んでいるので、いつも利用しているという人も多いのではないでしょうか?
日常生活が便利になるサイトばかりなので、いつもの生活用品の購入先を変えるだけで大きな割引を受けることも可能です。

筆者はかなりの頻度でCDを購入するので、ラインナップに「TOWER RECORDS ONLINE」があることに驚きました。
現在、他社の格安SIMに複数契約しているのですが、「なんとなく買っているCDの分だけ安くなるならNifMoの維持費が最安かも」と思わず頭をよぎったほどです。

提携しているサイトやサービス、実店舗はかなりの数に昇るのですべて紹介することはできませんが、NifMoバリュープログラムが多くの人にとって割引のチャンスがあるサービスということは間違いないでしょう。
NifMoバリュープログラムの詳細な提携先は、下記の公式ページで確認できます。日常的に使うサイトやサービスが無いか、是非一度チェックしてみてください。

格安スマホがさらに安くなるお得な仕組み! NifMoバリュープログラム | 格安SIMのNifMo(ニフモ)

>>NifMo公式サイトはこちら
NifMo

NifMoバリュープログラムで、実際どのくらい安くなる?

ここまで「NifMoバリュープログラムを使えば、月々の料金がお得になる」ことを熱くご紹介してきましたが、実際にどれだけ安くなるのでしょうか?

割引の率・金額の種類が数多く存在します
割引の率・金額の種類が数多く存在します

割引還元額・率は変更になることも多いので、公式サイトの紹介の例を基にシュミレーションを行い、月額料金を算出してみました。

内訳 月額・割引額
NifMo月額料金 音声対応SIM・データ7GB 2,300円
服の買い物 5,000円で10%還元 -500円
アプリのダウンロード -11円
クレジットカード申し込み -2,000円
無料会員サイトへの登録 -600円
合計金額 -811円

なんと、割引後の月額はまさかの0円に・・・。

データ通信のみの最も安いプランではなく、データ容量が7GBもついた音声通話対応プランで試算してみたのですが驚きの結果になりました。
このようにNifMoバリュープログラムの割引額次第では、月額料金が一切かからないというケースも頻繁に起こりえるでしょう。

そこで気になるのが、今回の試算結果のように「割引額が月額を上回ってしまった」ときの割引額の残高の行方。
この場合、余った割引額は翌月に繰り越しされるので、無駄なく使い切ることができます。

割引の適用は翌月以降になることもあるので注意

NifMoバリュープログラムを活用する上で覚えておきたいのが割引の適用タイミングです。
例えば、通販サイトで買い物をした場合、その購入額に応じた割引データが反映されるまでに若干のタイムラグが発生します。

長い案件だと反映までに1か月前後を要することもあるので、「今月は2,000円分の割引があるから来月の請求は0円だ!」と思っていたのに実際の請求が違っていて驚いた…ということにもなりかねません。
割引額が反映されるタイミング次第では、サービス利用の翌々月の割引になる可能性があることも覚えておいてください。

>>NifMo公式サイトはこちら
NifMo

まとめ:プランを見直さなくても月額を安くできる便利なサービス

プランの見直しは必要なし

ただでさえ格安SIMは月額料金が安いので、大手キャリアから乗り換えただけで十分家計の手助けになっているという人は多いでしょう。

そんななか、NifMoバリュープログラムを経由して普段の買い物や外食をするだけで、もっともっと月額料金を安くできるのはかなり魅力的ではないでしょうか?

月々の料金を安くするためにプランを見直したり、他社に乗り換えのはかなり手間がかかって大変です。NifMoバリュープログラムなら今の使い方はそのままに安くできるので「もっと安くしたい人」でなくても、利用しない手はないですよ!

★NifMoバリュープログラムまとめ

・提携するショッピングサイトや飲食店の利用で携帯代が割引になる
・割引額が月の支払額を超えた場合、あまりは翌月に繰り越される
・プランを見直さなくても、工夫次第で月額料金を安くできる

NifMoの料金プランはこちら

◆NifMoの音声対応SIM

プラン名 容量 月額料金
音声通話対応SIMカード 3GB 3GB 1,600円
音声通話対応SIMカード 7GB 7GB 2,300円
音声通話対応SIMカード 13GB 13GB 3,500円

◆NifMoのデータ専用SIM

プラン名 容量 月額料金
データ通信専用SIMカード 3GB 3GB 900円
データ通信専用SIMカード 7GB 7GB 1,600円
データ通信専用SIMカード 13GB 13GB 2,800円

◆NifMoのSMS付きSIM

プラン名 容量 月額料金
SMS対応SIMカード 3GB 3GB 1,050円
SMS対応SIMカード 7GB 7GB 1,750円
SMS対応SIMカード 13GB 13GB 2,950円

>>NifMo公式サイトはこちら
NifMo

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

三度の飯より携帯が好きすぎて、資格も仕事も投げだし20代のほとんどを携帯販売に費やした元携帯ショップ店員。家電量販店からキャリアショップ、併売店まで色々経験してきました。今は[kuropon.mobi]でブログを書きつつ、ライターとしてあちこちにて記事を執筆中。そうでないときは大体"夢の国"にいます。Twitter:@kuropon