クレードルとは?本当に買うべきか、用途やメリットを徹底解説

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: ポケットWiFi

クレードルとはいったい何なの?」「クレードルって申し込むべきなの?
そんな疑問をお持ちでしょうか。

ポケットWiFi、特にWiMAXを申し込む際には「クレードル」という言葉を目にすることがあると思います。セットで申し込むべきかどうか、迷われている人が多いと思います。

結論から申し上げると、クレードルは一部の人を除き購入しなくていいものです。
クレードルがなくても、しっかりとインターネットにつなげますからご安心ください。
ただ、クレードルを使うことでのメリットもあります。

今回は、クレードルの機能やメリット、どんな人におすすめなのかを解説。クレードルが必要と思われた人に向け、いまおすすめのWiMAXプロバイダも紹介します。

目次:

クレードルとはどんなもの?

クレードルとはどんなもの?
クレードルとはどんなもの?

「クレードル」とは、ポケットWiFiの別売りの関連機器、アクセサリーです。見た目はポケットWiFiの本体を置く「スタンド」ですし、実際にその役割も果たします。乗せるだけでポケットWiFiの充電もできて便利です。

一昔前の携帯電話時代には、こうした充電台が付属していて、懐かしく感じる人もいるかもしれません。しかしクレードルは単なる充電台ではありません。充電以外にもさまざまな用途に応用でき、機能を拡張・追加できる機器になります。

契約時にオプションとしてクレードルの追加する人が多いようですが、Amazonや楽天市場など一般のネットショップでも購入可能です。

クレードルを使うメリット3つ

クレードルを使うメリット3つ
クレードルを使うメリット3つ(引用元:UQ Communications

クレードルはスタンドとしてオシャレに立てかけ、場所を固定できるため、充電を忘れやすい人や、家を散らかしやすい人などはあると便利かもしれません。片づけが苦手な方にとっては、定位置ができることで紛失防止に役立つとも言えます。

もちろん、ただのポケットWiFiの台座たけでなく、さまざまな機能が搭載されていて、主に3つあります。

【クレードルの機能】

①:置くだけで充電できる
②:有線接続で速度を安定させられる
③:有線LANをWiFi化できる

前提としてポケットWiFiとはそもそも、電波の受発信機であり、有線接続するものではありません。インターネットの電波と、WiFi電波を中継するのが主な機能です。

しかしクレードルに乗せれば、インターネットの有線回線を電波にしたり、逆にインターネットの電波を有線回線化したりできるのです。この機能をうまく利用すれば、シーンによって、ネットワーク環境を最大限に引き出す便利なアクセサリーになるでしょう。

置くだけで充電できる

クレードルのメリット①
置くだけで充電できる

クレードルはポケットWiFiを置くだけで充電が開始されるため、充電ケーブルのつけ外しの手間が省けて便利です。

とはいえクレードルなしでも充電は付属のケーブルで事足りのため、大きなメリットと感じる人は少ないかもしれません。標準セットには入っていないため、契約時にすすめられて迷う方もいるかもしれませんが、ポケットWiFiを決まった位置で使う人は購入してもいいでしょう。

有線接続で速度を安定させられる

クレードルのメリット②
有線接続が可能になる

クレードルの裏面には、LANケーブルを挿しこめるLANポートがあり、その差込口にケーブルをつないで使うことができます。お手持ちのパソコンやゲーム機を、有線LANでの接続が可能になります。古い端末など、LANケーブルしか対応していない機器に接続できるというメリットがあります。

もう一つ考えられる利用シーンとして、家庭内では電子レンジなどの家電からの電磁波が干渉の原因になったり、周囲に家具が多い状況が速度低下の一因になったりします。また、ポケットWiFiは、無線の電波を送受信している機器になるため、外のネットワーク電波をきちんとキャッチできても、家の中でWiFi電波に変換して各端末へ届ける際に、壁や柱、家具などの物理的な遮蔽物で回線速度が落ちることがあります。

そんな時の解決策として、LANケーブルを使う方法があります。クレードルを介してWiFi電波を有線LAN化すれば、家の中のネットワーク環境を向上させる効果を発揮します。

最大速度が劇的に上がるわけではないですが、WiFiによる無線の電波を使うよりも、クレードル+LANケーブルを使うことによって回線の安定性は安定できるでしょう

有線LANをWiFi化できる

クレードルのメリット③
有線LANをWiFi化できる

クレードルを介せば、有線回線をWiFi化する「無線LANルーター」としての使い方もできます
光回線やADSLといった有線回線をクレードルに接続すれば、宅内がWiFiネットワークへ変換されるのです。ただし回線の速度は、使用するポケットWiFi端末のスペックの範囲内です。

旅行や出張先のホテルなど、有線LANが引かれている場所でこのつなぎ方ができれば、施設の回線を利用してインターネットに接続できます。しかも固定回線は無制限のため通信制限もありません。

この使い方は、建物の内側に構成されるLANネットワークを使用するので、ポケットWiFiで契約している自分のデータ使用量も節約できて便利ですね。
ホテルではなくても、自宅は固定回線を使い、外出先ではポケットWiFiを使いたい、といった人にもクレードルを使えば自宅では無線LANルーターとして使えるので便利です。

またこの方法は、建物の内側で構築するLANネットワークを、自分専用のWiFiネットワークに変換するため、ポケットWiFiに設定されたIDとパスワードがかかっている、セキュリティ面で安心なつなぎ方ともいえます。

さまざまな人が利用する施設で、インターネットに接続するときの参考にしてみてください。

クレードル独自の機能もある

クレードルには独自機能を備えたものもあり、上記以外の機能が拡張されることがあります。
液晶のあるポケットWiFiではクレードルを置くことで置き時計代わりになり、アンテナ内蔵のクレードルでは電波出力が向上します。

さらに応用編の考え方として、もしポケットWiFiの契約を解約したとしても、WAN側のネットワークが使えなくなるだけですので、機械自体の性能に問題なければ、家の中(LANネットワーク)でWiFi中継機(アクセスポイント)として有効活用できます。

ただし、アクセスポイントモードを備えている機器に限る上に、ルーターと有線LANで接続することが条件ですので、クレードルが必須である配線方法です。

クレードルの注意点2つ

クレードルの注意点2つ
クレードルの注意点2つ

クレードルを使うにあたっての注意点は以下の2つです。

①:別途費用がかかることが多い
②:クレードルがなくてもインターネット利用には支障ない

一般的な利用であればポケットWiFi本体のみでほとんど間に合うため、別途費用をかけて導入するかは用途次第です。

別途費用がかかることが多い

クレードルは有料オプションとして追加したり、ショップで購入したりするなど導入に別途費用がかかります。クレードルの値段は3,000〜5,000円程度が相場となるため、そのぶんの価値があるかどうかが導入の基準と言えるでしょう。

申し込むサービス・窓口によっては無料プレゼントを行なっているところもあります。しかし、引き換えに他のキャンペーンが受けられなくなる場合もあるためよく確認しましょう。

クレードルがなくてもインターネット利用には支障ない

クレードルがなくてもポケットWiFiでのインターネット接続は可能で、基本的な用途には問題ありません。回線速度の安定などの機能もありますが、WiMAXなどそもそもの回線スペックが高いサービスであれば高画質動画の視聴なども十分可能です。

WiFi非対応のパソコンなどの端末機器がある人や、外出先のLANを利用するなど、特別な用途がある場合にクレードルの機能が生かされます。

結局、クレードルはどんな人に向いている?

結局、クレードルはどんな人に向いている?
結局、クレードルはどんな人に向いている?

ポケットWiFiの契約に必須ではないクレードルですが、以下のような人には端末とクレードルを一緒に使うといいでしょう。

①:速度を重視する人
②:有線接続のみ対応の端末を使う人
③:ルーターをスマートに設置したい人
④:自宅では固定回線、外出先ではポケットWiFiを使いたい人

速度を重視する人

有線接続や内蔵アンテナなどで、クレードルによる回線速度の安定化は実現可能です。ネットワーク環境を快適にし、少しでも速度向上を求める方にはおすすめです。

 速度を上げる方法はクレードル以外にもある

回線速度を安定・向上させる方法はクレードルの導入以外にもあります。

【ポケットWiFiの速度安定・向上化の方法】

・ポケットWiFiの位置を変える
・WiFi中継機を導入する
・接続台数を減らす
・接続する電波の帯域を変更する

ポケットWiFiが電波干渉を受けやすい位置に置いてある場合は、窓際などWAN側の電波の入りが良好な場所へ変えるだけで速度が改善することがあります。

また、家の中ではWiFiの電波を中継する機器を設置すれば、WiFiの電波を強化できます。柱などの遮蔽物をうまく回避するようにできれば、WiFi電波の範囲が広がります。使わないときは各機器のWiFi設定をこまめにOFFにすることも有効です。

また、対応している電波帯域が2.4Ghzと5Ghz帯の2種類ある端末であれば、速度の出やすい5Ghz帯への変更が改善につながる場合もあります。

有線接続のみ対応の端末を使う人

クレードルには、有線LANケーブルを差し込めるポートを備えているため、WiFi非対応の機器を使う方は、クレードルでの有線化は解決策の一つです。

自宅に古いPCがあるんだけど固定回線の配線工事はしたくない、といった人にはポケットWiFi+クレードルの組み合わせがベストです。

ルーターをスマートに設置したい人

クレードルを使えば充電用のケーブルを目立たない位置に固定でき、充電時の見た目がスッキリします。クレードル自体のデザインもシンプルなものが多く、インテリアにこだわる方にもクレードルはおすすめです。

自宅では固定回線、外出先ではポケットWiFiを使いたい人

メリットの項目で解説しましたが、有線の回線をクレードルに繋いで自宅にWiFIスポットを作ることができます。つまり、据え置き型の無線LANルーターとして使うことが可能です。

普段、自宅では固定回線をつかっており、仕事などで外出先ではポケットWiFiを使いたい人は自宅ではクレードルを使って据え置き型の無線LANルーターとして、外出先ではポケットWiFiとして使うことができるので、クレードルが1台あるとそんな使い方も可能です。

クレードルが使えるおすすめルーターは「WiMAX」

クレードルが使えるおすすめルーターは「WiMAX」
クレードルが使えるおすすめルーターは「WiMAX」(引用元:UQ Communications

クレードルが使えるルーターの中でおすすめなのは、回線や端末のスペックが高い「WiMAX」です。

メリット

・安定したサービス提供
・端末のスペックが高い
・高額キャッシュバックなどのキャンペーンがある

デメリット

・インターネット利用には速度制限がある(3日間10GB以上で翌日夜間に軽い速度制限)

また、クレードルに対応していない機種もあるため、クレードルを使いたい場合は使用する機種が限られてしまいます。

【クレードル対応機種】

・WX05
・WX04
・WX03
・WX02
・W05
・W04
・W03
・W02

また、WiMAXを契約したい方は、手続きする窓口選びも重要です。格安な月額料金、高額キャッシュバックなど料金面でのメリットが高い窓口からの申し込みがおすすめです。

乗り換えユーザー・口座振替支払いなら「Broad WiMAX」

Broad WiMAX

【Broad WiMAXの概要】

月額料金 1~2ヶ月目:2,998円
3~24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目~:4,413円
端末代 0円
契約事務手数料 3,300円
契約期間 3年間
キャンペーン内容 ・初期費用0円
・他社の解約費用負担
・端末代無料
・5,000円キャッシュバック
適用条件 ・Webフォームから月額最安プランで申し込み
・クレジットカード支払いのみ
・指定オプション(安心サポートプラス・MyBroadサポート)への加入
契約期間内の実質総額料金 139,818円
実質月額料金 3,884円

※表示はすべて税込み

Broad WiMAXは、違約金負担キャンペーンと初期費用0円のキャンペーンを行っているので、他社光回線・モバイルWiFiからの乗り換えにおすすめです。

【Broad WiMAX違約金負担キャンペーンの概要】

違約金負担上限 最大19,000円
(端末残債は対象外)
該当の他社サービス ・モバイルWiFi
・光回線
・ADSL
・ケーブルテレビ
適用条件 ・振込時点で解約
・滞納をしていないこと
・利用している他社サービスと同一の契約者名で契約
・Webフォームから月額最安プランで申し込み
・クレジットカード支払いのみ
・指定オプション(安心サポートプラス・MyBroadサポート)への加入
・申込時に「お乗り換えキャンペーンを適用する」にチェック
キャッシュバック時期 契約開始月を含む6ヶ月末
手続き方法 申し込み後送られてくる案内メールから、契約開始月を含む4ヶ月以内に以下2点を手続き
・該当の他社サービスの解約書類を送信(FAXでも可)
・キャッシュバックの振込先口座情報を送信

また、無料の「いつでも解約サポート」を利用すれば、万が一WiMAXのサービスが合わなかった場合も、無料で光回線などに乗り換えられます。

   

Broad WiMAX

手厚いサポートと多様なキャンペーンが魅力

モバレコ経由限定!
5,000円キャッシュバック!

モバレコ経由の申込限定!
5,000円キャッシュバック

WiMAX最安プロバイダは「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBB
(引用元:GMOとくとくBB 公式ページ

【GMOとくとくBBの概要】

月額料金 1~2ヶ月目:3,969円
3ヶ月目~:4,688円
端末代 0円
契約事務手数料 3,300円
契約期間 3年間
キャンペーン内容 キャッシュバック
HOME 02:33,200円
WX06:30,200円
適用条件 ・クレジットカード支払いのみ
・過去に適用履歴がないこと
・振込完了まで解約しないこと
キャッシュバック受け取り時期 ・端末発送月を含む11ヶ月目に送信されるメールから振込口座を登録
キャッシュバック受け取り手続き 最短12ヶ月目末日
契約期間内の実質総額料金 HOME 02:137,430円
Wx06:127,160円
実質月額料金 HOME L02:3,818円
W06:3,900円

※表示はすべて税込み

GMOとくとくBBはキャッシュバックキャンペーンを展開しており、安い実質月額料金で利用できます。料金重視で選ぶならば、GMOとくとくBB一択で間違いありません。

ただし、キャッシュバックを受け取るためには、端末発送月を含めて11ヶ月目に届くメールから、振込先の口座情報を登録する必要があります。申込時に作成される基本メールアドレスに連絡が来るので、忘れずに手続きを行いましょう。

また、月ごとにキャッシュバックの金額は、端末によって30,200円~33,200円までの差が出る場合があります。端末を選ぶ際は、キャッシュバックの金額も含めて検討しましょう。

初期費用を抑えたいなら「カシモWiMAX」

カシモWiMAX
(引用元:カシモWiMAX 公式ページ

カシモWiMAXの概要

月額料金 1ヶ月:1,518円
2~36ヶ月:3,971円
端末代 0円
契約事務手数料 3,300円
契約期間 3年間
キャンペーン内容 ・端末代無料
適用条件 ギガ放題で申し込み
契約期間内の実質総額料金 143,803円
実質月額料金 3,995円

※表示はすべて税込み

モバイルルーターを使いはじめるにあたって、初期費用が高額だとちょっと足踏みしてしまうかもしれません。カシモWiMAXなら、初月の月額利用料がほかのWiMAXプロバイダよりも安いため、はじめやすいでしょう。

最大の魅力は、1ヶ月目の月額料金がわずか1,518円であるところです。そのほか、動画配信サービスのU-NEXTがの利用料金が、初月無料になるといったユニークな特典があるのも特徴です。

1年未満の短期間使うなら「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX 2+
(引用元:BIGLOBE WiMAX 2+ 公式ページ

BIGLOBE WiMAXの概要

月額料金 サービス開始月:0円
それ以降:4,378円
端末代 21,120円
契約事務手数料 3,300円
契約期間 1年間
キャンペーン内容 キャッシュバック:17,000円
適用条件 SIMカードと端末の同時申し込み
キャッシュバック受け取り時期 最短サービス開始翌月
キャッシュバック受け取り手続き サービス開始翌月の翌日(月初2日目)から45日間以内にメール(マイページ)から口座情報を登録
契約期間内の実質総額料金 59,956円
実質月額料金 4,996円

※表示はすべて税込み

実質月額料金が他プロバイダと比べて高めのBIGLOBE WiMAXですが、契約期間は1年間と今回比較したプロバイダの中で最短です。さらに、キャッシュバックの受け取り時期も最短サービス開始の翌月と早く、1年以内に解約しても違約金は1,100円しかかかりません。

BIGLOBE WiMAXでは、端末とSIMを同時に申し込んだ方を対象に、17,000円のキャッシュバックを行っています。口座振替であっても対象になるので、クレジットカード支払いに抵抗がある方にもおすすめです。

WiMAXのおすすめプロバイダの記事はこちら

WiMAXのお得な申込方法

WiMAXのお得な申込方法
WiMAXのお得な申込方法(引用元:BIGLOBE

WiMAXはさまざまなプロバイダから申し込みができ、月額料金やキャッシュバックなどに違いがあります。しかし、提供される回線や性能に違いはないため少しでも安いプロバイダからの申し込みがおすすめです。

今回は上記でご紹介した「BIGLOBE WiMAX」の申込方法をご紹介します。申し込みから利用開始、キャッシュバック特典お受け取りまでは以下の5ステップで完了します。

1.申込画面へ
2.契約プランを選択
3.契約者情報・支払い方法を入力
4.申し込み完了・端末到着
5.特典受け取り

1.申込画面へ

公式のキャンペンページ上部の「お申し込み」から申込画面に移ります。

2.契約プランを選択

本体込みの契約またはSIMカードのみの契約など契約プランを選択します。SIMカードのみの場合、SIMカードのサイズが「nano」か「micro」なのかも指定します。
利用する端末がどちらに対応しているかを確認しておきましょう。

3.契約者情報・支払い方法を入力

氏名や住所・連絡先など契約者情報を入力します。支払い方法はクレジットカード下口座振替のどちらかで指定可能です。

4.申し込み完了・端末到着

申し込みが完了しますと、2日〜1週間程度で端末とSIMカード、またはSIMカードのみが到着します。端末にSIMカードを挿入し、電源を入れれば使用可能です。

5.特典受け取り

キャッシュバック17,000円はサービス利用開始の翌月に受け取れます。
キャッシュバック対象月の2日目にBIGLOBEのマイページから受け取り用口座の指定が可能です。

口座手続き後数日でキャッシュバックが振り込まれます。ただし、キャッシュバック特典は端末とSIMカードの同時申し込みの方のみ対象です。

まとめ

ポケットWiFiの台座となるクレードルには以下のような機能があります。

【クレードルの機能】

①:置くだけで充電できる
②:有線接続で速度を安定させられる
③:有線LANをWiFi化できる

充電に関してはクレードルなしでもできるため、あくまで見た目がスマートになる、定位置化され紛失の予防になるといった程度でしょう。WiFi非対応の機器との接続、ホテルや職場などの有線LANの無線化などクレードルならではの機能もありますが、該当の用途がなければ必須ではありません。

クレードル対応のポケットWiFiを検討している人は、回線速度・端末スペックに優れている「WiMAX」での契約がおすすめです。

WiMAXは申し込みプロバイダによって料金やキャンペーンが異なります。キャンペーン内容や月額料金がそれぞれ異なりますので自分にあった窓口を探すことが、お得にはじめるポイントです。

・乗り換えや口座振替なら「Broad WiMAX」
・キャッシュバック重視なら「GMOとくとくBB」
・短期契約なら「BIGLOBE WiMAX」
・初期費用を抑えたいなら「カシモWiMAX」

モバレコ経由の申込限定!
5,000円キャッシュバック

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

モバレコ編集部

モバレコ編集部

スマホ、ケータイ、docomo、au、ソフトバンク、格安SIMに関する総合情報メディア「Mobareco-モバレコ」の記事コンテンツの制作を監修。スマホのレビュー、サービス解説、ライフハックからトラブルシューティングガイドなどの幅広いジャンルのコンテンツディレクションを手掛ける。『スマホをもっとわかりやすく。もっと便利に。』ユーザー目線に沿ったコンテンツを発信中。Twitter:@mobareco_jp

特集コンテンツ

d-card

d-card

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン