【2019年最新情報】iPhone 8の価格を比較!安いのはどこ?【ドコモ・au・ソフトバンク・SIMフリー】

書いた人: でこい

カテゴリ: iPhone

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」

更新日:2019年10月1日

2017年9月22日発売の「iPhone 8」 「iPhone 8 Plus」。この記事ではドコモ、au、ソフトバンクの携帯キャリアでの販売価格、Appleで購入できるSIMフリー版の価格をまとめて徹底比較します。

iPhone 11シリーズが発売され、Appleオンラインショップや各キャリアで端末代金が値下げされ、さらに手にしやすい価格になりました。

そこも踏まえた料金比較を行っていきますので、これからiPhone 8 / iPhone 8 Plusを少しでも安く購入したいと考えている方は必見です。

※オンラインショップでの販売状況に沿って解説します。

公式オンラインショップから
新型iPhoneも予約・購入可能

目次:

ドコモでのiPhone 8の販売価格

ドコモ公式サイト「iphone」ページ

ドコモでは現在、iPhone 8は64GBモデルのみ販売中です。iPhone 8 Plusは現在取り扱いしていません。

ドコモでは、購入時に利用中の機種を下取りに出すと購入代金が割引になる「下取りプログラム」や、2019年10月19日からは「MNP(他社からのりかえ)」に限り11,000円が割引される「端末購入割引」が受けられます。

今回は「端末購入割引」を適用した場合での料金を算出します。

●iPhone 8(64GB)の場合:税込

機種代金 58,520円
端末購入割引適用時 −11,000円
実質負担額 47,520円
(月々1,980円×24)

※全て税込み

auでのiPhone 8の販売価格

au公式サイト「iphone」ページ

auでは、ドコモ同様に、現在iPhone 8は64GBのみの販売中。iPhone 8 Plusは現在取り扱いしていません。「新規・機種変更」「MNP(他社からののりかえ)」のいずれも端末価格の支払い総額は同じです。

また、auでは、購入時に毎月390円(不課税)の「アップグレードプログラムDX」に加入し、機種代金を48回の割賦で支払うと、24ヶ月間利用後に新しい端末を購入する際、それまで利用していたスマホの分割支払残額(最大24ヶ月)が無料になります。

両者とも、特典を受けるには下記の適用条件があります。

・端末を割賦契約(48回)で購入すること
・特典利用時(24ヶ月以降)に新しい端末をauで購入すること
・旧機種をauに返却(下取り)すること

手元に前の端末が残らなかったり、簡単に他のキャリアに乗り換えできなくなるので、注意が必要です。

ドコモの「スマホおかえしプログラム」よりは割引額は大きいですが、「スマホおかえしプログラム」は他社への乗り換えや解約を行っても割引自体は適用可能なので、各特徴は理解しておきましょう。

●iPhone 8(64GB)の場合:税込

機種代金 69,120円
アップグレードプログラムDX適用時 −34,560円
実質負担額 34,560円
(月々1,440円×24)

※全て税込み

ソフトバンクでのiPhone 8の販売価格:税込

ソフトバンク公式サイト「iphone」ページ

ソフトバンクも、ドコモ・au同様に現在iPhone 8は64GBのみの販売中。iPhone 8 Plusは現在取り扱いしていません。「新規・機種変更」「MNP(他社からののりかえ)」のいずれも端末価格の支払い総額は同じです。

ソフトバンクでは、購入時に毎月390円(不課税)の「トクするサポート」に加入し、割賦契約(48回)で購入し24ヵ月間利用後、25ヵ月目に適用条件を満たすと、残りの分割支払金(最大24ヵ月分)を免除するプログラムが存在します。

下記の条件が必要となります。

・対象機種を24ヶ月利用後に購入すること
・対象機種を48回割賦で購入すること
・トクするサポートに購入時点で申し込むこと
・25ヶ月以降に旧機種をソフトバンクに返却(下取り)すること

他社への乗り換えを検討していたり、旧機種を持っていたいという場合は割高になってしまうので、申し込む際は慎重に。

●iPhone 8(64GB)の場合

機種代金 80,640円
トクするサポート適用時 −40,320円
実質負担額 40,320円
(月々1,680円×24)

※全て税込み

SIMフリー(Apple Store)でのiPhone 8の販売価格

Apple Storeの製品ページ

キャリアから販売されているモデルの他に、格安SIMなどが利用できるSIMフリー(SIMロックフリー)版のiPhoneも販売されています。Apple公式サイトやアップルストアなどで購入可能です。

また、Appleでは現在24回払い分割金利0%ショッピングローン」を実施中。

2019年9月11日、価格の値下げがされました。256GBモデルはラインナップから外れました。

●SIMフリー版iPhone 8 / 8 Plusの価格表

64GB 128GB
iPhone 8 52,800円 57,800円
iPhone 8 Plus 62,800円 67,800円

※金額は税別

iPhone 8の価格比較まとめ

「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」のプロダクトイメージ
iPhone 8が安いのはどこ?

iPhone 8の価格をそれぞれ1つの表にまとめました。各キャリア共に、実質負担額の合計額を表記しています。

単純に料金だけをみると、auの実質負担額が一番安くなっています。ただし、auのアップグレードプログラムDXは、プログラム利用費が別途390円(※不課税)/月で発生するので注意が必要です。

●iPhone 8の実質負担額

iPhone 8 64GB
ドコモ 47,520円
au 34,560円
ソフトバンク 40,320円
SIMフリー 58,080円

※金額は全て税込み

なお、毎月のスマホ料金は、プラン料金との合算で割り出させる為、あとは自分の利用頻度に適したプランでどこが最も安いかを比較しましょう。

または、各社他社からの乗り換えに伴ってお得なキャンペーンを用意しているので、それらのお得度を加味した上で、最終的な実質負担金額を算出しておくとなお良いでしょう。

iPhone 8への機種変更を検討中の方はこちらもチェック

公式オンラインショップから
新型iPhoneも予約・購入可能

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホ・カメラ・アイドルを愛する高専卒、Twitter在住のオタク。Xperia、iPhone、MacBook、Surfaceが好きです。趣味丸出しなブログ「でこにく」を書いています。