OCN モバイル ONE プリペイドSIMを解説! 設定方法も簡単で期間延長もOK

書いた人: 佐々木 翼

カテゴリ: レビュー, 格安SIM ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
OCN モバイル ONE プリペイドSIMを解説! 設定方法も簡単で期間延長もOK

格安SIMの中には、使い切り型のプリペイドSIMも多く用意されています。使い切り型は使用できるデータ容量や利用期間が予め定められており、月額料金が発生しないことから「プリペイド」と呼ばれています。

プリペイドSIMの良いところは「使いたい期間に使いたい分だけ」であることのほかに「面倒な契約が不要」、「すぐに使える」の3点にあります。

今回は数多くあるプリペイドSIMのうち「OCN モバイル ONE プリペイドSIM」の解説をしていきます。「OCNモバイルONE」の購入前に「OCN モバイル ONE プリペイドSIM」で使い心地をチェックするのもいいですし、少しの期間だけお試しで使いたいユーザーにも便利です。そのまま気に入ったらOCN モバイル ONEにプラン変更も可能ですよ。

目次:

OCN モバイル ONE プリペイドSIMとは?

OCN モバイル ONEのプリペイドSIMとは
OCN モバイル ONE プリペイドSIMとは

「OCN モバイル ONE プリペイドSIM」は月額契約ではなく買い切り型のデータ通信プランです。50MB/日を20日間使える期間型と1.0GB分の通信ができる容量型の2種のプランがあります。プリペイドSIMの利点は申し込み後すぐに使えること、面倒な契約が不要なことです。

OCN モバイル ONEプリペイドSIMの特徴・メリットについて

「OCN モバイル ONE プリペイドSIM」を使うことのメリットです。

  • すぐに使える
  • クレジットカードが不要で面倒な手続きを踏まない
  • 旅行や出張の短期間利用に使える

このように「出張や旅行など限定した期間しか使わない」「急な出先で必要になっても直ぐに使える」という生活シーンで役に立つのが「OCN モバイル ONE プリペイドSIM」です。

これ以外にも「OCN モバイル ONE」では月額契約型の格安SIMサービスも展開しています。

「OCN モバイル ONE」の契約を検討しているユーザーにとっては「OCN モバイル ONE プリペイドSIM」を利用することで使い勝手や通信速度をチェックすることができます。
まずは短期間で、使い心地を気軽に試せるのはとても良心的です。

「OCN モバイル ONE プリペイドSIM」のパッケージの購入は次の実店舗、オンラインショップで行えます。

  • ヨドバシカメラ
  • セブンイレブン
  • Amazon.co.jp

OCN モバイル ONEプリペイドSIMの種類について

「OCN モバイル ONE プリペイドSIM」は2種類のプランが用意されています。1つは50MB/日20日間利用できる期間型パッケージ、もう一つは1.0GB分の利用ができる容量型のパッケージです。

プラン 特徴 利用期間 料金 SMS送信機能
期間型 1日/50MB 20日 2,800円(税抜) 無し
容量型 1.0GB 3ヶ月後の月末まで 3,200円(税抜) 無し

OCNのプリペイドのSIMを短期間だけ使いたい人一番安く使いたい人試したい人は1日あたり50MBのデータ通信が可能な期間型を、OCN モバイル ONEを試したいが使う日にばらつきがある人容量型をオススメします。

「OCN モバイル ONEを試したい人」に向けてもオススメする理由は「OCN モバイル ONE プリペイドSIM」は使い切ったあとにそのまま月額契約タイプの「OCN モバイル ONE」へ移行可能だからです。
格安SIMも時間帯によって通信速度が満足いかないこともあるため、こうして気軽に試せるのは利用者にとっては嬉しいですね。ただし、こちらの契約にはクレジットカードが必要になるので注意しましょう。

また、利用に際して気をつけて欲しい点があります。

「OCN モバイル ONE プリペイドSIM」にはデータ通信専用のSIMしか用意されていないので、ショートメールサービス(SMS)は勿論、音声通話も使えません。そのため「OCN モバイル ONE」の通話品質などを「OCN モバイル ONE プリペイドSIM」で試すことができません。

出張や旅行で必要になったときでも音声通話ができる携帯電話を忘れないようにしましょう。

>>OCNモバイルONE公式サイトはこちら
OCNモバイルONE/OCN光

OCN モバイル ONEプリペイドSIMの設定・使い方

動作確認済み端末一覧を確認しましょう
動作確認済み端末一覧を確認しましょう

実際にプリペイドSIMを購入するにあたって、まず利用予定のスマートフォンがOCN モバイル ONEに対応しているのか確認が必要です。

「OCN モバイル ONE」が提供している「動作確認済み端末一覧」から使用する端末名を検索してください。

同時にSIMカードのサイズも確認しなければなりません。SIMカードのサイズが異なってしまうと挿入ができないためデータ通信はできません。

Androidでの使い方

APNの設定
APNの設定を行いましょう

Androidスマートフォンでの設定の手順としてはざっくり次の通りになります。

  1. 端末にSIMカードを挿入し、APNの設定を行う
  2. SIMカードの裏の発信番号と端末製造番号を確認し、利用申し込みページに入力
  3. 開通案内を待つ

まず「動作確認済み端末一覧」からSIMカードサイズと動作確認済み機種であることを確認しましょう。スマートフォンが対応しているSIMカードサイズの「OCN モバイル ONE プリペイドSIM」のパッケージを購入し、SIMカードを挿入します。

挿入後に端末を起動し、APN設定をしていきます。APNの設定には「OCN モバイル ONE アプリ」をGoogle Play ストアからダウンロードします。ダウンロードするためにAndroidスマートフォンを予めWi-Fi等で接続しておきます。

アプリによる詳しい設定手順については公式ページにて掲載されています。

Androidの設定手順はこちら:

インターネット接続設定(Android) OCN モバイル ONE アプリを使う

●APN情報
ユーザー名 mobileid@ocn
パスワード mobile
APN(LTE端末) lte-d.ocn.ne.jp
APN(3G端末) 3g-d-2.ocn.ne.jp
認証方式 PAPまたはCHAP
MCC(または携帯国番号) 440
MNC(または通信事業者コード) 10

APN等の設定を終えたら、次は「OCN モバイル ONE プリペイド」の開通手続きを行います。まずはパッケージに同梱されているSIMカードを用意してください。その後、申し込みページにアクセスします。申し込み画面で必要な情報は用意したSIMカードの裏に記載されています。

申し込み画面からユーザー情報を入力
申し込み画面からユーザー情報を入力します

お申し込み画面はこちら:

OCN モバイル ONE プリペイド お申し込み画面

申し込みでは住所やユーザーの情報を入力する画面があります。ここまで終えたら開通案内が来るのを待つのみです。

iPhoneでの使い方

iPhoneでも使えるのが嬉しい
iPhoneでも使えるのが嬉しい

iPhoneでも「OCN モバイル ONE プリペイド」を利用できます。iPhoneの場合、SIMカードサイズはiPhone 5以降は全てnanoSIMになります。

iPhoneもAndroidスマートフォンと同じくSIMカードを本体に挿入する必要があります。挿入後は「OCN モバイル ONE プリペイド」の開通手続きを行います。パッケージに同梱されているSIMカードを用意し、先程と同じお申込み画面にアクセスし、必要な情報を入力します。

iPhoneで「OCN モバイル ONE プリペイド」を利用するにはプロファイルをインストールしなければなりません。Wi-Fi等でiPhoneを接続し、AppStoreから「OCN モバイル ONE アプリ」を検索しインストールしておきましょう。

iPhoneの設定手順はこちら:

インターネット接続設定(iOS) OCN モバイル ONE アプリを使う

また、公式ページには設定方法や接続ができない場合の対処法を案内しているページがあります。「接続がうまくいっていない」「お問い合わせ窓口はどこ?」など不明点があればこちらから確認しましょう。

OCN モバイル ONEの設定方法はこちら:

OCN モバイル ONE|OCN | NTT Com お客さまサポート

OCN モバイル ONEプリペイドSIMを延長して利用する方法

延長して使う方法
まだ使いたい。。。

「出張が思いのほか伸びた」「まだ使い心地を試したい」等、こういった場合に限ってプリペイドの利用期限が目前に迫っていることってありますよね。

「OCN モバイル ONE プリペイドSIM」では延長が可能です。延長申し込みはセブンイレブンのマルチコピー機からも購入可能なため、家電量販店が閉店している深夜でも対応出来ます。

料金は50MB/日の期間型のプリペイドSIMの場合、+50日の延長が可能で料金は2,200円です。1.0GBの容量型の場合、+1.0GBの容量追加で2,000円となります。延長パッケージに互換性はないため、期間型のプリペイドSIMなら期間型の延長パッケージを、容量型ならば容量型の延長パッケージを購入します。

プラン 追加料金 延長内容
期間型(50MB/日) 2,200円(税抜) +50日延長
容量型(1.0GB) 2,000円(税抜) +1.0GB追加

延長・データ通信量追加の申し込みには初回SIMパッケージに記載されているSIM発信番号と延長パッケージに記載されているPINコードの両方が必要になります。

延長・追加申し込み画面はこちら:

OCN モバイル ONE プリペイド 延長/容量追加 ご利用の流れ

まとめ

プリペイド型のSIMは海外旅行者向けという印象がありますが、「短期間だけ必要」な場面でとても重宝します。

クレジットカードの登録も不要で直ぐに使えることが最大の魅力でしょう。また、「OCN モバイル ONE」の契約を検討しているユーザーにとっても使い勝手を試すという意味では、「OCN モバイル ONE プリペイドSIM」を試してみるのは検討してみてもよいでしょう。

プリペイドの利用を終了したらそのまま「OCN モバイル ONE」に移行できるのも嬉しい限りですね。

ちなみに利用終了後はSIMカードを返却する必要があります。こちらも抑えておきましょう。

【SIMカードの返却先住所】
〒143-0006
東京都大田区平和島3-6-1 東京団地倉庫A2棟
住友倉庫内「OCN SIMカード回収係」行

※返却に掛かる費用は自己負担となります。(公式サイトより引用)

「OCN モバイル ONE」のiPhoneを使ったAPNの設定方法

格安SIMを購入したら初めに必要となるAPN設定。ここでは、OCNの格安SIM・OCN モバイル ONEのAPN設定方法を解説します。使用する端末はSIMフリー版iPhone 6 Plus(iOS 9.2)です。

APNは誰でも簡単に設定できます。パッと設定を済ませてデータ通信を始めていきましょう。

目次:

この記事はiPhoneを使った「OCN モバイル ONE」のAPN設定手順を解説しています。他の通信会社では若干設定項目が異なるため、下記のリンクを参照ください。

iPhoneでのAPN設定一覧:

iPhoneへSIMカードを挿入する

1. SIMカードを挿す前に、SIMなしと表記されることを確認しましょう。

左上に「SIMなし」と表示されます
左上に「SIMなし」と表示されます

2. そこでSIMカードを挿入してください。今回はOCNの「OCN モバイル ONE」を用意。

OCN モバイル ONE

3. まずはSIMトレイ取り出しツールで、SIMトレイを取り出しましょう。カチっという音がするまで差込みことで、取り外すことができます。

SIMトレイを取り出す

4. 次にSIMカードをしっかりとはめ込みます。カードの向きに注意してセットしてください。

SIMトレイにカードをはめ込む

5. しっかりと差し込むと、画面右上に「docomo」の文字が表示されました。

docomoと表示

しかし、これだけではまだネットはつながりません。
次にAPNの設定を行っていきます。

iPhoneでOCNのAPN設定を行う

ここからはAPNの設定を行っていきます。APNとは、Access Point Nameの略で、インターネットの接続先の名前のことです。

格安SIMを使う場合には手動で接続先を指定する必要があります。その設定がないとインターネットを使うことができません。

※なおスマートフォンと格安SIMの「スマホセット」を契約した場合は、ユーザーが操作をしなくともあらかじめAPNがすでに設定されていることがあります。

APNを設定していないとネットはつながらない
APN設定をしていない場合。「PDP認証に失敗しました」と表示され、docomoの表示はされるもののネットはつながらない

1.まずは[設定]をタップします。

設定をタップ

2. そこでSIMカードを挿入します。今回はOCNの「OCN モバイル ONE」を用意。

一般リセット

3. 「すべての設定をリセット」をタップして、続いて「ネットワーク設定をリセット」をタップします。

すべての設定をリセットネットワーク設定をリセット

4. そこでいったん再起動になります。

再起動

5. 続いて、OCN モバイル ONEのAPNを探します。

SIMのAPNを探す

まだネットがつながっていないため、Wi-Fi接続でAPN構成ファイルダウンロードページへ。画面上部のアドレスバーに「s.ocn.jp/ltecfg」と入力し、GOをタップしてください。このときは必ず、[Safari]を使うようにしてください。

今すぐWi-Fiの環境がない方はこんな方法も

  • ネットができるパソコン等でAPN構成プロファイルをダウンロード
  • iPhoneに設定しているメールアドレス宛にプロファイルを添付して送信
  • Wi-Fiがつながったときにメールを開き、プロファイルを開く

6. プロファイルのインストール画面になるので、右上の[インストール]をタップします。

プロファイルのインストール

7.「承諾」の画面に移ったら「次へ」をタップ。

次へをタップ

8. 「警告」の画面になるので順番に「インストール」をタップします。

インストールインストール

9. 「インストール完了」の画面で「完了」をタップします。

完了

設定は以上となります。
いかがでしょうか。はじめてAPNを設定するという方でもカンタンに設定できたと思います。

ネットにつながるか確認

あとは実際にWebブラウザを開いてデータ通信ができるかどうかを確認してみましょう。画面上部に、「4G」や「LTE」などの表示がされていれば繋がるはずですよ。

なお上記の行程を踏んでもネットに接続できない場合があります。そんなときは一度再起動をすることで改善される場合がありますよ。ぜひ試してみてください。

まとめ

iPhoneでのAPN設定は、構成プロファイルをダウンロードするだけというとても簡単なものです。
今回はiPhone 6 Plusでしたが、もちろんiPhone 6/6s でも同様の手順で設定をすることができます。これから格安SIMを利用していきたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

OCN モバイル ONE

大手NTTコミュニケーションズが提供する格安SIMサービスだけあって、安心安全のサポート体制!セット販売の端末が業界最安級!

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ガジェットギークを運営している。 商業・個人のメディアサイトや雑誌にも寄稿経験があるライター。 Twitter:@ggeek4