スマホ代金は使った分だけ!「b-mobile おかわりSIM 5段階定額」の料金、通信速度を徹底解説

書いた人: とくめい

カテゴリ: ガイド, 格安SIM

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホ代金は使った分だけ!「b-mobile おかわりSIM 5段階定額」の料金、通信速度を徹底解説

日本通信が提供する「b-mobile おかわりSIM 5段階定額」はその名の通り、データ通信量に応じて料金が5段階で変動するプランです。使った分だけ料金を支払えばいいので無駄がなく、毎月使用するデータ通信量に変動があるような人でもお得に使えます。

今回はそんなおかわりSIMの特徴や料金、通信速度などをご紹介します。これから契約を検討している方は是非チェックしてみて下さい。

目次:

おかわりSIMとは

おかわりSIMとは

b-mobile おかわりSIMは1GBにつき500円から使える段階性プランの格安SIMです。使った分だけ支払うプランで、最大1,500円までとリーズナブルに使うことができます。

音声付 SMS付 データ専用
0~1GBまで 1,300円 630円 500円
1GB~2GBまで 1,550円 880円 750円
2GB~3GBまで 1,800円 1,130円 1,000円
3GB~4GBまで 2,050円 1,380円 1,250円
4GB~5GB 2,300円 1,630円 1,500円

データ通信量が少ない人でも多い人でも使った分だけ課金する仕組みのおかげで損をしないのが特徴です。1GBごとに250円ずつ「おかわり」していく料金プランはシンプルで分かりやすいのも嬉しいポイント。

5GBに達した場合は、上り下りともに200kbpsに制限されるため注意。どちらかと言うと毎月の通信量が変動しやすいライトユーザー向けですね。

音声通話機能付きプランは最低利用期間が開通日から5ヶ月付いており、期間内に解約してしまうと解約金として8,000円(税別)が発生します。

>>b-mobile公式サイトはこちら


おかわりSIMの便利なオプション

おかわりSIMは便利なオプションを用意しています。

通信量が足りなくなったら「Turbo Charge」で追加課金できる

通信量が足りなくなったら「Turbo Charge」で追加出来る通信量が足りなくなったら「Turbo Charge」で追加出来る
通信量が足りなくなったら「Turbo Charge」で追加出来る

通信量が足りなくなり速度制限に掛かった場合、Turbo Chargeを利用すると通信速度が回復します。高速データ通信のON / OFF切り替えや追加課金は「My b-mobile」または専用アプリ「Turbo Charge」で簡単に行えます。

商品名 有効期限 通信量
Turbo Charge(100MB) 90日 100MB
Turbo Charge(500MB) 90日 500MB

通話が多い方は「通話3分間定額オプション」がオススメ

通話3分間定額オプション

通話3分間定額オプション」を利用すると、基本料金に500円追加するだけで1日当たり3分以内の通話が50回まで無料になります。超過後通話料も通常の半額(30秒/20円)になるため、通話が多い方にオススメのオプションサービスです。

音声付+通話定額オプション 音声付
0~1GBまで 1,800円 1,300円
1GB~2GBまで 2,050円 1,550円
2GB~3GBまで 2,300円 1,800円
3GB~4GBまで 2,550円 2,050円
4GB~5GB 2,800円 2,300円

通話定額は専用アプリ「b-mobile電話」を利用した場合のみ対象となります。発信先には今使っている携帯電話番号がそのまま表示されるため、これまでと変わらず通話を楽しめます。

>>b-mobile公式サイトはこちら


おかわりSIMのメリット・デメリット

おかわりSIMは他の定額プランと比べて特殊なので、他社とは違ったメリットとデメリットが存在します。

メリット:月額500円から試せる安さが人気

おかわりSIMは月額500円からデータ通信専用SIMが利用できます。大手キャリアを使っている人で格安SIMを試してみたい方や、現在他社を利用中の方で乗り換えを検討している方にもオススメです。

音声通話と通話定額オプションをセットにしても月額2,000円以下で使えます。3分以内の短い通話が多い方はぜひお試しください。

メリット:データ通話量が無駄にならない

他社の容量別プランでは先に高速データ通信量を決めるため、余裕を持って大きな容量にすると余って使い切れないこともあります。翌月まで繰り越してそれでも余った場合は切り捨てとなるため無駄になってしまう恐れがあります。

b-mobile おかわりSIMは必ず0~1GBからのスタートとなるため、使った分だけ支払えばOK.。比較的損をしにくいプランになっています。

デメリット:使いすぎると自動的に料金が上がる

段階線プランは料金プランを自動で最適化してくれる分、データ通信量が少しでも既定値を上回った瞬間に1GB単位で250円高くなってしまいます。使い方に応じて高速データ通信量のON・OFFを切り換えて上手に節約するのが安く抑えるコツです。

最大まで使ったとしても1,500円(音声プランは2,300円)までしか上がらないため、高額請求が来てしまう心配もありません。

デメリット:通信速度の評判はあまり良くない

おかわりSIMの評判を見てみると、通信速度についてはあまり速くないようです。一般的な使い方をするのにはあまり問題は無いとは思いますが、混雑時の速度低下は格安SIM共通の悩みどころなので、なるべく混雑するタイミングを外して利用する方が良さそうです。

通信速度を重視する方はソフトバンク回線を利用した「b-mobile S 開幕SIM」「b-mobile S スマホ電話SIM」のほうがオススメです。

>>b-mobile公式サイトはこちら


まとめ:b-mobile おかわりSIMはこんな人にオススメ

b-mobile おかわりSIMは以下に該当する方に向いています。

  • スマホ料金を安くしたい
  • 毎月のデータ通信量にバラつきがある
  • 短い通話の回数が多い

5段階で変動する料金は、通信量を無駄にしない分かりやすく使いやすいと思います。一方でデータの繰越や大容量プランには対応していないため、月に多くのデータ通信を使う方にはイマイチかもしれません。

>>b-mobile公式サイトはこちら