Spotlight検索の代役になる機能は、Androidにもあるの? - 「Google検索」で検証してみた。

書いた人: モバレコ編集部

カテゴリ: Android, Androidの標準機能 ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneとドロイド君

Spotlight(スポットライト)検索で、調べることができるのは、

  • Web検索
  • Wikipedia、ニュース、近くの場所(MAP)の検索
  • iTunes Store、App Store、および iBooks Storeの検索
  • アプリの検索
  • メール、メモ、連絡先などのアプリ内検索

上記の調べたいことをパッと検索できるのが、Spotlight検索の醍醐味。
設定をすれば、検索の優先順位を変更することも可能です。
果たしてAndroidでも同じことができるのでしょうか。

目次:

Android端末で代わりになってくれるのは・・・Google検索!

先に言ってしまうと、Android端末で「Spotlight検索」の代わりになってくれるのは「Google検索」です。

Google検索
たいていの場合、Android端末のメインホーム画面にあります。

Google検索をタップすることで、すぐに検索を始めることができます。もちろん、となりの画面に移動させたり、ホーム画面から外すことも可能です。

Google検索でできること

「Google検索」では何が検索できるのかを、さっそく調べていきます。

Web検索

試しに「Android」と打ってみると、

Google検索でandroid
Google検索の場合
Spotlight検索でandroid
Spotlight検索の場合

Android端末では、当然ではありますがGoogle検索をしてくれました。初期設定の段階で「Google」で検索してくれるのは嬉しいですね。

ちなみにSpotlight検索だと、Bing検索が表示されます。ただ、Bing検索が嫌だと思う方は解除することが可能。その場合、「Webを検索」をタップすることでSafariが起動しGoogle検索をしてくれます。
Bing設定の解除は、[設定]→[一般]→[Spotlight検索]でBing検索のチェックを外しましょう。

ウェブ検索左
右にスライドすると、
ウェブ検索右
詳細な検索が可能に

また、Androidでは画面下に固定されているバーをスライドさせることで、「画像」「ニュース」「マップ」「動画」「書籍」「アプリ」「端末内」と、知りたい情報だけを調べることも可能です。

端末内検索

音楽・連絡先・アプリを検索してみる

音楽を検索するために「classic」と打ってみると、

プリインストールされている音楽を表示してくれました。
同様にアプリ単体の検索も可能です。

連絡先を検索するために「い」と打ってみると、

連絡先が表示
Webの予測検索の下に連絡先が表示されました。

メール・メモを検索

Spotlight検索の有能な機能の1つとして、メール&メモ内の検索が挙げられます。

まずは「Spotlight検索」で調べてみます。

「Spotlight検索」でメールを探す
「Spotlight検索」でメールを探す
「Spotlight検索」でメモを探す
「Spotlight検索」でメモを探す

一方、Google検索の場合

「Google検索」でメールを探す
「Google検索」でメールを探す
「Google検索」でメモを探す
「Google検索」でメモを探す

メモの内容を打っても検索してくれませんでした。
どうやらアプリ内の検索はできないようです。

端末内検索ができなかった場合

端末によっては、あらかじめアプリや連絡先を検索できるように、設定をする必要があります。

Google検索でワードを調べた後

検索窓の左にある「三本線」をタップ
検索窓の左にある「三本線」をタップ
「設定」を開きます
「設定」を開きます
「端末内検索」をタップ
選択が可能になります
この画面で、検索するかしないかの選択が可能になります

この画面でアプリや連絡先にチェックが外れていると、
「Google検索」に引っかからなくなってしまいます。

まとめ

「Google検索」、「Spotlight検索」で、できること・できないこと
できること できないこと
Spotlight検索 ・スグにWeb検索ができる
・端末内のアプリを検索できる
・指定した音楽・連絡先を検索できる
・音声検索ができない
Google検索 ・スグにGoogle検索ができる

・端末内のアプリを検索できる
・指定した音楽・連絡先を検索できる
・1曲1曲を検索できる
・メモ、メール内の検索ができない

「Google検索」は「Spotlight検索」と同様に、スグに検索を始められる点、今聞きたい音楽・今連絡したい相手を検索できる点、アプリを検索できる点では共通してできるということがわかりました。

しかし、Google検索では、メモ・メール内の検索ができないというデメリットがありました。

ただ、メール・メモをアプリで開けば、一番上の検索窓からスグに調べることは可能です。

メールを検索2
メールを検索
メモを検索2
メモを検索

一方、「Spotlight検索」は、Androidの「OK Google」のような音声検索機能はありませんが、その場合はGoogleのアプリを導入することで代用ができそうです。

つまり、Spotlight検索は無敵です。さすがはiOSです。

結果として、Spotlight検索がいかに有能であるかが、今回の検証によりわかった訳ですが、
Google検索も必要最低限の機能は備えていることが判明しました。

「メール・メモ内検索をパッと行えないのがどうしてもイヤだ!」

そう感じる方以外であれば、誰でも満足に活用できると思います。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

こんにちは、モバレコ編集部です。 2019年もあっという間に6月ですね。7月、8月の夏本番に向けて予定を立て始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。 スマホ業界も次々と新作が登場する熱い時期。夏の思い出を美しく残すために、高性能カメラのスマートフォンに新調するのも良いですね!