料理を3倍おいしく見せるためのカメラアプリ3選

書いた人: mi2_303

カテゴリ: アプリ, カメラアプリ, ライフハック ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
料理を3倍おいしく見せるためのカメラアプリ3選

見た目も美しい料理の写真を記念に残したり、SNSに料理の写真をアップすることが多い人に、オススメの料理カメラアプリを紹介したいと思います。
今回紹介する3本のアプリは単なる画像加工アプリではありません!お店の料理だけではなく自慢の手料理の写真でコミュニケーションをとることも可能です。さらに、料理の写真から食べてみたい、行ってみたいお店を探すこともできます。

目次:

おいしそうな写真がいっぱい!料理写真の参考になる「ミイル」

ミイルの画像編集の特徴は、写真の上から直接操作して直感的に自然な色合いと明るさに調整できる「色・明るさ」調整機能と、柔らかな写真に仕上げることができる「ぼかし」機能です。さらに4種類のフィルターも搭載されています。

シンプルな操作で美しく写真を仕上げたら、コメントを添えてミイルに投稿しましょう。おいしそうな料理やスイーツなら「食べたい」評価をもらったり、コメントが付いたりします。またクオリティの高い料理の写真が閲覧できるので、写真を撮る際の参考にもなります。

インスタント写真のようなタイムライン
インスタント写真のようなタイムライン
ちょっと、どんよりした写真もきれいに加工できる
ちょっと、どんよりした写真もきれいに加工できる
アプリ情報
アプリ名 icon
ミイル
開発 miil inc.
価格 無料
ダウンロード

appStoreでダウンロード

googlePlayで手に入れる

ハイクオリティーな料理写真が楽しめる「SnapDish」

SnapDishは料理カメラアプリだけあって、「レア」「ミディアム」「ウェルダン」の設定で写真にきれいな赤みを追加し、色鮮やかに加工できます。さらにこの焼き加減は自由に調整できるのでおいしそうな色合いに調整可能です。

きれいでおいしそうな料理やスイーツの写真が楽しめるSNS機能には、調味料メーカーやショップなどの公式アカウントがあり、料理のレシピも公開されています。

投稿されている写真のレベルが高いのもSnapDishの特徴で、どんな風に工夫すればおいしそうに見えるのかが学べます。またレシピをチェックすることで、料理のアイデアも広がります。

クオリティーの高い投稿写真が満載
クオリティーの高い投稿写真が満載
「レア」などの料理用語で写真のおいしさを調整
「レア」などの料理用語で写真のおいしさを調整
アプリ情報
アプリ名 icon
SnapDish
開発 Vuzz Inc.
価格 無料
ダウンロード

appStoreでダウンロード

googlePlayで手に入れる

フィルター機能と明るさ調整機能が実用的な「食ベラ」

食ベラの写真編集機能には、料理をきれいに見せる7種類のフィルター、8種類のフレーム、ぼかし機能、明るさ調整機能が搭載されています。

食ベラはアルバムのように写真がズラッと並ぶ、使いやすいタイムラインが特徴のアプリ。気軽に投稿できるので写真の更新が早く、ランチタイムに何を食べようか悩んだら、食ベラをチェックすると便利です。あなたもおいしいランチを食べたら写真を投稿してみましょう!

また運営会社が同じ「食べログ」の店舗情報と連携させたり、情報をFacebookやTwitter上の友人や食ベラユーザーと共有することも可能です。

「yammy」や「clear」など、おいしそうに見せるためのフィルターを用意
「yammy」や「clear」など、さまざまなフィルターを用意
写真にコメントを付けるなどのやりとりができる
写真にコメントを付けるなどのやりとりができる
アプリ情報
アプリ名 icon
食べラ -料理写真をおいしく加工、共有できる無料カメラアプリ
開発 Kakaku.com, Inc.
価格 無料
ダウンロード

appStoreでダウンロード

googlePlayで手に入れる

まとめ

料理カメラアプリと一般的なカメラアプリの違いは、フィルターや調整機能が「料理がおいしそうに見える」部分に特化している点。料理写真にそぐわない調整機能がありません。だから正解を見付けやすく、きれいな写真に仕上げるためのコツもすぐに身につきます。

タイムラインに並ぶ写真を見ることで、写真のコツを学べるほかおいしそうなお店もチェックできる、一石二鳥なアプリと言えます。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ゲーム会社でゲームデザインや音楽制作など経て、現在スマホやデジカメのレビューや写真撮を主とするフリーのライター。 オーディオとカメラ好き(撮影)で、好きなレンズは単焦点レンズ。中でも50mm F1.4はカメラに付けっぱなし。