契約前に確認!Broad WiMAXで使える支払い方法は?

書いた人: まきはら とよかず

カテゴリ: ガイド

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
契約前に確認!Broad WiMAXで使える支払い方法は?

「業界最安級」をうたうWiMAX 2+サービスのBroad WiMAX(ブロード・ワイマックス)。契約後は毎月定期的に利用料金を支払うこととなりますが、そもそもどういった支払方法が使えるのでしょうか?

この記事ではBroad WiMAXで使える支払方法およびそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

クレジットカードを所有しているのであれば、支払方法は「クレジットカード払い」が断然オススメです。

目次:

WiMAX モバレコ店

Broad WiMAXの支払方法は「クレカ払い」「口座振替」の二択

Broad WiMAXで使える支払方法は「クレジットカード払い」「口座振替」の2つ。これ以外は支払いの方法として選べません。

クレジットカードと似たような感覚で使える以下のようなカードサービスもありますが、これらも一切使用できないので注意しましょう。

利用できない支払い方法

・デビットカード
・auウォレットカード
・その他プリペイドカード

契約を考える場合はまずクレジットカードか銀行口座の準備から!ですね。

Broad WiMAX「クレジットカード払い」のポイント

Broad WiMAXの「クレジットカード払い」で使えるカードの種類は、次の5つです。

対応クレジットカード

・JCB
・VISA
・MasterCard
・AMEX
・ダイナース

これら以外の種類のカード、あるいはこれら5つのいずれかに該当するカードであっても海外で作成されたカードは、Broad WiMAXの支払いには使えません。

クレジットカードで支払う場合、Broad WiMAXの契約者とクレジットカードの所有者で名義が同じことも条件です。「家族名義のクレジットカードで支払いをしてもらう」なんて場合には、Broad WiMAXの契約もカード所有者にしてもらう必要がありますよ。

Broad WiMAX「クレジットカード払い」のポイント

支払方法にクレジットカード払いを選んだ場合、初回に請求される料金は「初期費用」「契約事務手数料」「初月の月額料金」の3つ。2ヶ月目以降は月額料金のみの請求です。

クレジットカード払いのメリット・デメリットは次のとおり。

【メリット】
・初期費用20,365円(税込)が無料になるキャンペーン「Web割キャンペーン」を利用できる
・クレジットカード会社によっては、支払いに使った金額に応じてポイントなどが貯まる

【デメリット】
・とくになし

メリットがしっかりある一方で、目立つデメリットはとくになし。クレジットカードを持っている場合は、Broad WiMAXの支払方法は「クレジットカード払い」を選ぶことが断然オススメです。

WiMAX モバレコ店

Broad WiMAX「口座振替」のポイント

支払方法を「口座振替」にする場合は、日本の銀行や郵便局で作成した口座であれば問題なく使えます。

申込後に電話で案内される内容に従い、「Webページ」あるいは「口座振替依頼書」を使って口座情報を登録します。

口座振替の場合もクレジットカード払いと同様、Broad WiMAXの契約者と口座所有者の名義は同一であることが条件です。

Broad WiMAX「口座振替」のポイント

なお万が一初回請求時までに口座登録を済ますことを忘れていた場合は、後日郵送されてくるコンビニ支払い専用の請求書を使ってお金を支払います。

ただしこの請求書、発行1回につき手数料324円(税込)がかかります。できればお世話にならずに済むよう、サービス申し込み後は忘れず、口座登録を済ませましょう。あわせて口座残高も確認しておきたいですね。

口座振替を選んだ場合は、まず注文した機器(ルーター製品)を宅配ドライバーより受け取る際、代金引換にて「初期費用」「契約事務手数料」「決済手数料(代引き手数料)」を支払います。

その後の口座振替では、初回請求時より「月額料金」「口座振替手数料(※後述)」の2つが請求されます。

口座振替のメリット・デメリットは次のとおり。

【メリット】
・クレジットカードを所有していなくてもBroad WiMAXが契約できる

【デメリット】
・初期費用20,365円(税込)が無料になるキャンペーン「Web割キャンペーン」を利用できない
・毎月の支払い額に「口座振替手数料」として216円(税込)が上乗せされる

メリットはそのままですね。

デメリットをそれぞれ見ていくと、まずはクレジットカード払いの説明で触れた「Web割キャンペーン」が利用できません。

初期費用が無料になる、とても魅力的なキャンペーンですが、キャンペーン適用条件の中に「支払方法にクレジットカード払いを指定する」ことが含まれています。

ちなみにここでいう「初期費用」は金額にして20,365円(税込)。正直バカにできない金額です。

また支払方法を口座振替にすると、「口座振替手数料」として口座振替1回ごとに216円(税込)が別途請求されます。毎月発生する手数料なので、実質「口座振替だと月額料金が216円高くなる」とも考えられますね。

クレジットカード払いと比べると、デメリットが多い口座振替。どうしてもクレジットカード払いにすることができない場合の“最終手段”として理解しておくことをオススメします。

まとめ:2つの支払方法のうちオススメは「クレジットカード払い」

Broad WiMAXで使える支払方法を紹介しました。最後にあらためてポイントを整理しておきます。

Broad WiMAX 支払いのポイント

・使える支払方法は「クレジットカード払い」「口座振替」の2つ
・海外で作成したクレジットカード、デビットカード、その他プリペイドカードは使用不可
・支払う費用を少しでも安くするなら断然クレカ払いがオススメ

クレジットカードを持っていないけれど、今後作成する予定はある。そんな人はまずクレジットカード作成を済ませ、その上でBroad WiMAXを申込みましょう。

Broad WiMAX を安く購入する方法

WiMAXを購入するなら「Broad WiMAX モバレコ店」がお得!

Broad WiMAX × モバレコ 特別キャンペーン中!初期費用が18,857円割引

Broad WiMAXの特徴は、

WiMAXのギガ放題プランなら通信制限がなしで高速通信が利用可能!※ 毎月気にしがちなスマホの通信制限も、もう気にする必要がなくなります! また複数台での接続も可能なので、家族で利用するのも安心。

スマホ・タブレット・自宅PCなどのデータ通信をWiMAXで利用するようにすれば、料金を抑えることが可能に! スマホのデータプランを一番安いものにしたり、自宅の固定回線の代わりにWiMAXを使うことで料金を節約!

WiMAXは下り最大440Mbps※の高速通信が可能! 動画やWebサイトの閲覧もストレスなく楽しめる。キャリアによって異なりますが、スマホの通信速度とおおよそ変わらない速度。

※詳しくはサポートページでご確認下さい。

対象端末「Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W04」「Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ WX03」「Speed Wi-Fi HOME L01」のどれも端末代金0円。

お得なWiMAX モバレコ店をチェックしてみよう!

WiMAX 2+ W04

Speed Wi-Fi NEXT
WiMAX 2+ W04

モバレコからの申込で、
初期費用 18,857割引 端末代 0

WiMAX 2+ WX03

Speed Wi-Fi NEXT
WiMAX 2+ WX03

モバレコからの申込で、
初期費用 18,857割引 端末代 0

L01

Speed Wi-Fi HOME
L01

モバレコからの申込で、
初期費用 18,857割引 端末代 0

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。