「WiMAX」と「ポケットWiFi」の違いを比較! それぞれどんな人にオススメ?

書いた人: まきはら とよかず

カテゴリ: ルーター

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
「WiMAX」と「ポケットWiFi」の違いを比較! それぞれどんな人にオススメ?

スマートフォンやタブレット、PCをインターネットに接続できる通信機器「モバイルWi-Fiルーター」はこれ以外に「WiMAX」や「ポケットWiFi」などの名称で呼ばれる機会も多いです。ではこの「WiMAX」と「ポケットWiFi」は何がどのように違うのでしょうか。

この記事では「WiMAX」と「ポケットWiFi」それぞれの意味や違いを紹介します。

目次:

WiMAXとポケットWiFiってなに?

携帯できるルーター機器を指し示す言葉として「モバイルルーター」「モバイルWi-Fiルーター」「WiMAX(ワイマックス)」「ポケットWiFi」などの単語は耳にする機会がとくに多いですよね。

いずれも同じ意味?……と思いきや、そうではありません。

「モバイルルーター」「モバイルWi-Fiルーター」の2つは同じ意味で、持ち歩いて使えるWi-Fiルーターというサービス・製品のジャンルを指し示す単語です。丁寧に言うか、省略して言うか、の差ですね。

一方で「WiMAX」「ポケットWiFi」は、持ち歩いて使えるWi-Fiルーター(=モバイルWi-Fiルーター)のサービス名称です。

ちなみにWiMAXはUQコミュニケーションズがMNO(本家)として提供するモバイルWi-Fiルーターサービス。ブルーガチャ&ブルームック(青いガチャピンとムック)が目印ですね。

そしてポケットWiFiはソフトバンクのサブブランドであるY!mobile(ワイモバイル)が提供するモバイルWi-Fiルーターサービスです。

WiMAXとポケットWiFi

「イマイチ理解できない」なんて場合は、例えば交通系ICカードに置き換えてみると理解しやすいかも。

交通系ICカードというサービス・製品のジャンルがあり、その中にJR東日本の「Suica(スイカ)」、JR西日本の「ICOCA(イコカ)」、JR東海の「TOICA(トイカ)」、株式会社パスモの「PASMO(パスモ)」といった名称のサービスが存在していますよね。

これと同様にモバイルWi-Fiルーターというサービス・製品ジャンルがあり、その中に「WiMAX」「ポケットWiFi」といった名称のサービスが存在しているということです。

どの単語を使っても「携帯できるWi-Fiルーター」を示す点で変わりはありません。

しかしモバイルWi-Fiルーターの契約を検討する場合などには、とくに「WiMAX」と「ポケットWiFi」はそれぞれサービス名であり、別ものであることは理解しておきましょう

WiMAXとポケットWiFi:料金プランの比較・違い

WiMAXとポケットWiFiでサービスの中身はどう変わってくるのかまずは料金面で比べてみました。
※以降、金額はすべて消費税込みのものです。

WiMAXでは使用するモバイルWi-Fiルーターの機種と問わず、月間データ量に上限がないプラン、上限がある代わりに月額料金が安いプランの2種類が選べます。

契約期間は2年または3年が基本。

月額料金以外には、契約時に登録料3,240円が発生します。

また契約満了月の末日または更新月以外のタイミングで解約する場合は、料金プランと契約年数により20,520~10,260円の契約解除料が発生します。

WiMAXの主な料金プラン

・UQ Flatツープラス ギガ放題:月額4,730円。高速通信は月間データ量上限なしで利用可能
・UQ Flatツープラス:月額3,991円。月間で7GBまで高速通信が利用可能

ポケットWiFiでは使用するモバイルWi-Fiルーターの機種により、選べるプランが変わってきます。月間データ量の上限値が異なり、料金プランによってはオプション加入で月間データ量上限なしで使えるものも。

契約期間は3年が基本。

月額料金以外には、契約時に契約事務手数料3,240円が発生します。

契約満了月の末日または更新月以外のタイミングで解約する場合には、10,260円の契約解除料が発生。

なおタブレットやPCがセットでお得に買える「バリューセット」「バリューセットライト」で契約している場合に限っては、加入からの経過期間により最大42,552円の契約解除料が発生するので要注意。

ポケットWiFiの主な料金プラン

・ポケットWiFiプラン2:月額3,991円。月間データ量は7GBまで。月額738円のアドバンスオプションに加入するとAXGP+TDD-LTEでの通信がデータ量上限なしで使い放題
・ポケットWiFiプラン2 ライト:月額2,678円。月間データ量は5GBまで
・ポケットWiFiプランSS:月額2,678円。月間データ量は5GBまで

WiMAXとポケットWiFi:端末の比較・違い

WiMAXのモバイルWi-Fiルーターで新規購入できる機種はメーカーの異なる2シリーズ。2017年11月現在ではちょうど新機種が登場したタイミングということもあり、3機種が販売されています。

本体デザインと大きさ、バッテリー容量のほか、機種によって対応する最大通信速度や通信機能も異なります。機種選びの際には「本体デザインと大きさ」「バッテリー容量」「通信速度」「通信機能」を意識しましょう。

WiMAXで新規購入できる機種

Speed Wi-Fi NEXT W04
Speed Wi-Fi NEXT W04
Speed Wi-Fi NEXT WX03
Speed Wi-Fi NEXT WX03
Speed Wi-Fi NEXT WX04
Speed Wi-Fi NEXT WX04
(※11月1日発売)

ポケットWiFiで新規購入できる機種は、2017年11月現在では主に5機種。

機種によって本体デザインと大きさ、バッテリー容量、最大通信速度、通信機能が異なる点はWiMAXと同じ。加えてポケットWiFiでは機種により契約できる料金プランも変わります。機種選びの際には「本体デザインと大きさ」「バッテリー容量」「通信速度」「通信機能」「料金プラン」を意識する必要があります。

ポケットWiFiで新規購入できる機種

Pocket WiFi 601ZT
Pocket WiFi 601ZT
Pocket WiFi 603HW
Pocket WiFi 603HW
Pocket WiFi 506HW
Pocket WiFi 506HW
Pocket WiFi 502HW
Pocket WiFi 502HW
Pocket WiFi 401HW
Pocket WiFi 401HW

WiMAXとポケットWiFi:通信方式と通信速度の比較・違い

WiMAXでは通信方式として「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の2種類を提供。

通信はWiMAX 2+の使用が基本。au 4G LTEは月額有料のオプション機能(※契約内容によっては無料)です。また機種によりau 4G LTEには対応しない場合もあります。

対応する最大通信速度も機種により異なります。先ほど紹介した現行機(3機種)の中で、もっとも通信機能に優れるW04を取り上げてみると、対応する最大通信速度は次のとおり。

Speed Wi-Fi NEXT W04が対応する最大通信速度

・WiMAX 2+:下り最大558Mbps
・au 4G LTE:下り最大225Mbps
・WiMAX 2+とau 4G LTE:下り最大708Mbps

通信が利用できる「サービスエリア」は随時更新されているサービスエリアマップにて確認できます。

サービスエリアマップ(WiMAX 2+・UQ mobile)|【公式】UQ mobile・UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ

ポケットWiFiでは通信方式としておもに「FDD-LTE」「AXGP+TDD-LTE」の2種類を提供。

対応する通信方式や最大通信速度は機種により異なります。先ほど紹介した現行機(5機種)の中で、もっとも通信機能に優れる603HWを取り上げてみると、対応する最大通信速度は次のとおり。

ポケットWiFi 603HWが対応する最大通信速度

・FDD-LTE:下り最大350Mbps
・AXGP+TDD-LTE:下り最大612Mbps

通信が利用できる「サービスエリア」はこちらもエリアマップで確認が可能。WiMAXのサービスエリアマップと異なり、機種を細かく指定できます。購入する製品の絞り込みがある程度できているなら、忘れず機種も指定の上、確認してみてください。

エリアマップ|エリア|Y!mobile(ワイモバイル)

WiMAXとポケットWiFi:割引サービスの比較・違い

WiMAXではauスマホ/auケータイを利用している場合に適用できる割引サービス「auスマートバリューmine」を用意。

使っているauスマホ/auケータイの機種により、最大1,080円/月がauに支払う月額料金から割り引かれます。

WiMAXで受けられるセット割引サービス

・auスマートバリューmine:auスマホ/auケータイとセットで使うと最大1,080円/月を割引

ポケットWiFiでは自宅のインターネット固定回線でSoftBank Air/SoftBank 光を利用している場合に適用できる割引サービス「おうち割 光セット(A)」、自宅の電気をSoftBankのおうちでんきで契約している場合に適用できる割引サービス「おうち割 でんきセット(A)」を用意。

「おうち割 光セット(A)」では月額料金から540円/月が、「おうち割 でんきセット(A)」では100円/月(25ヶ月目以降は50円)が、ワイモバイルに支払う月額料から割り引かれます。

ポケットWiFiで受けられるセット割引サービス

・おうち割 光セット(A):SoftBank Air/SoftBank 光とセットで使うと540円/月を割引
・おうち割 でんきセット(A):SoftBankのおうちでんきとセットで使うと100円/月(25ヶ月目以降は50円/月)を割引

WiMAXとポケットWiFiはこんな人にオススメ

さいごにここまで紹介したポイントも踏まえつつ、WiMAXとポケットWiFiがそれぞれどんな人にオススメかを整理しておきます。

WiMAXはこんな人にオススメ

・短い契約期間で使いたい(2年契約も選べる)
・データ量上限なしを“より広いエリア”で使いたい
・auスマホ/auケータイを使っている

ポケットWiFiはこんな人にオススメ

・困ったときに駆け込めるお店がなるべく近くにほしい
・自宅の固定回線をSoftBank Air/SoftBank 光で契約している
・自宅の電気をSoftBankのおうちでんきで契約している

WiMAXではWiMAX 2+が、ポケットWiFiではアドバンスオプション加入によりAXGP+TDD-LTEがそれぞれデータ量上限なしで使えます。月額料金についても、いずれもほぼ4,730円と差がありません。

しかしWiMAXのWiMAX 2+が利用できるサービスエリアとポケットWiFiのアドバンスモード対応エリアをそれぞれのエリアマップで見比べてみると、エリアがより広い印象なのはWiMAX 2+のサービスエリア。

場所によってポケットWiFiのアドバンスモードだけが対応するエリアももちろんありますが、“より広いエリア”でデータ量上限なしを満喫しやすいのはWiMAXのほうでしょう。

一方でポケットWiFiはサービス提供元がワイモバイルということもあり、困ったときに足を運べる実店舗(サービス店舗)が多い点は強みです。

WiMAXでも電話などで問い合わせられるサポート窓口がありますが、とにかく困ったら駆け込める場所が身近にほしい人にはポケットWiFiのほうがオススメです。

あとは使っているスマホやケータイがauのものである、自宅の固定回線や電気をSoftBankで契約しているなどの状況で利用できる割引サービスが変わります。これらもWiMAXかポケットWiFiかを選ぶ際のポイントとして考えてみると、毎月の支払いを少しでも安くできますね。

まとめ

モバイルWi-Fiルーターサービス「WiMAX」と「ポケットWiFi」の違いについて紹介してきました。最後にあらためて、ポイントを整理しておきます。

・「モバイルWi-Fiルーター」はサービス・製品のジャンル、「WiMAX」「ポケットWiFi」はサービスの名称
・「WiMAX」と「ポケットWiFi」は提供元の異なる別サービスで料金プラン、機種、通信方式と速度などが異なる
・より広いエリアでデータ量上限なしを満喫したいならWiMAXをベースに検討するのがオススメ
・困った時に駆け込める場所が少しでも近くに欲しいならポケットWiFiをベースに検討するのがオススメ

まずはWiMAXとポケットWiFiが異なるサービスであることを理解。その上でより自分の使い方に合いそうなモバイルWi-Fiルーターサービスを検討してみてください。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。