iPhone 8とGalaxy S8を徹底比較!iOSとAndroidを代表するモデル、それぞれの強みは!?

書いた人: Yusuke Sakakura

カテゴリ: スマホ

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone 8とGalaxy S8を徹底比較!iOSとAndroidを代表するモデル、それぞれの強みは!?

2017年も残すところあと僅か。今年も多くのスマートフォンが発売されましたが、Appleの「iPhone 8」とサムスンの「Galaxy S8」は今年のハイライトとして確実に選ばれるモデルです。

この2機種のどちらを購入するか迷っている人も多いはず。今回は甲乙つけがたいiPhone 8とGalaxy S8の2機種の強みを比較し、どちらがオススメかを紹介します。

目次:

iPhone 8とGalaxy S8の比較①デザイン・ディスプレイ

ベゼルレス、ホームボタン廃止など“スマホの未来”をいち早く方向づけたのはAppleではなく、サムスンかもしれません。

初代モデルから、徐々にデザインを変化させて今年発売された「Galaxy S8」ではホームボタンの廃止、フルスクリーンの採用を先行して行い、新しいスマートフォンのデザインを定義付けしました。

未来を感じるGalaxy S8に対してiPhone 8は10年間で定着したホームボタンを引き続き搭載するおなじみのデザインです。

iPhone 8とGalaxy S8のデザイン
iPhone 8とGalaxy S8のデザイン

大きく異なるデザインに対して、ガラスのバックパネルメタルフレームなど素材はほとんど同じです。
ただ、手に取った時の質感は大きく異なり、プラスチックのようなGalaxy S8の質感に対してiPhone 8は金属とガラスの質感をそのまま感じることができます。

バックパネルにはガラスを採用
バックパネルにはガラスを採用

大画面が特徴のiPhone 8 PlusやGalaxy S8+ではなく、iPhone 8とGalaxy S8で購入を迷っているのであれば片手でもスムーズに操作できるコンパクトなサイズは重要なチェックポイントでしょう。

ディスプレイまわりのフチ、いわゆるベゼルを大きく残し、ホームボタンも搭載するiPhone 8は138.4×67.3×7.3mm、ベゼルレスでホームボタンを廃止することで1インチ以上も大きな画面を搭載するGalaxy S8は149×68×8.0mmと、持ちやすさに大きく関係する横幅と厚さは大差なし。実際に手に持ったサイズ感もほぼ同じで違いは感じません。

一方、大きく違うのは縦の長さ。Galaxy S8はiPhone 8に比べて10mm以上も長く、画面上部に表示されるアイコンやボタンには届きにくいと感じます。

サイズ比較
サイズ比較

Galaxy S8が縦に長い理由は、iPhone 8より1インチ以上大きな5.8インチのスクリーンを搭載しているため。片手で扱いにくいという点は気になりますが、同じサイズながら迫力のある大画面が利用できることは高く評価されるべきでしょう。

ディスプレイの違いはサイズだけではありません。iPhone 8の液晶に対してGalaxy S8は発色の良さと低消費電力が特徴の有機ELを搭載。両方のディスプレイに同じ映像を表示すると発色の違いは明らかでGalaxy S8は濃淡のはっきりしたダイナミックな印象を受けます。

液晶と有機ELで見た目が大きく異なる
液晶と有機ELで見た目が大きく異なる

iPhone 8とGalaxy S8の比較②スペック

iPhone 8とGalaxy S8のスペックを比較すると一見、Galaxy S8が高性能に見えます。ただし、両機種のOSはまったく異なるためスペックだけで単純比較することはできません。

そこで電池の持ち時間と処理性能で比較、検証をしてみました。

まずは電池の持ち時間を比較するためにディスプレイを最大にして連続視聴したところiPhone 8は5時間で0%に、一方でGalaxy S8はまだ46%を残していました。
1,000mAh以上も多いバッテリー容量と低消費電力に優れる有機ELの効果は大きいようです。

さらに処理性能を数値化する「GeekBench 4」でベンチマークスコアを計測したところGalaxy S8はシングルコアが1,850pt、マルチコアが6,133ptに、対するiPhone 8はシングルコアが4,240pt、マルチコアが10,042ptと圧倒的な大差となりました。

ベンチマークスコアが実際の利用にどれほどの影響を与えるのか気になるところだが、高い負荷のかかるスポーツゲームアプリをプレイしたところさほど違いは感じません。ARなどさらに高い負荷のかかるアプリならば違いが出るかもしれません。

iPhone 8 スペック情報(参照:iPhone 8 製品ページ
Galaxy S8 スペック情報(参照:Galaxy S8 製品ページ

iPhone 8 Galaxy S8
OS iOS 11.1 Android 7.0 Nougat
サイズ・重さ 138.4×67.3×7.3mm・148g 149×68×8.0mm・約150g
ディスプレイ 4.7インチ
ISP液晶
1,334 x 750ピクセル
5.8インチ
AMOLED(有機EL)
2,960×1,440ピクセル
メインカメラ ƒ/1.8の開口部
最大5倍のデジタルズーム
光学式手ブレ補正
ƒ/1.7の開口部
最大8倍のデジタルズーム
光学式手ブレ補正
フロントカメラ 7MPカメラ
ƒ/2.2の開口部
8MPカメラ
ƒ/1.7の開口部
プロセッサ A11 Bionic 2.35GHz×4、1.9GHz×4
メモリ 2GB 4GB
ストレージ 64GB・256GB 64GB
microSD × 最大256GB
ボディカラー ゴールド、シルバー、スペースグレイ ミッドナイト・ブラック、オーキッドグレー、コーラルブルー

iPhone 8とGalaxy S8の比較③カメラ性能~綺麗に撮れるのは?~

iPhone 8、Galaxy S8ともに開発に注力し大きくアピールしているのがカメラです。スマートフォンでも利用機会が多いカメラの性能を様々なシーンで比べてみました。

以下、左の写真がiPhone 8、右の写真がGalaxy S8です。ここからは写真をタップ・クリックすると大きなサイズで表示できます。

逆光

iPhone 8 カメラ作例:朝日が眩しい時間帯に鳥居を撮影Galaxy S8 カメラ作例:朝日が眩しい時間帯に鳥居を撮影
朝日が眩しい時間帯に鳥居を撮影

鮮やかな赤色の鳥居を撮影。色がのっぺりしたGalaxy S8に対してiPhone 8は陰影がくっきり現れました。Galaxy S8はシングルレンズながら背景をぼかせるモードを使ったことによって一眼レフのような仕上がりに。

紅葉

iPhone 8 カメラ作例:見ごろを迎えた紅葉を撮影Galaxy S8 カメラ作例:見ごろを迎えた紅葉を撮影
見ごろを迎えた紅葉を撮影

今まさに見ごろを迎えている紅葉を撮影。この写真もiPhone 8の方は濃淡がしっかり出ているため、同じ黄色でも明るいイチョウと深みのあるイチョウの差がはっきりとわかります。

紅葉と青空は相性バツグンですがGalaxy S8の方は半逆光によって青空が白く飛んでいるのが大きなマイナス。

なお、メインカメラの画角は35mm換算でGalaxy S8が26mm、iPhone 8が29mmのため、同じ位置から撮影してもGalaxy S8の方が広く撮影できます。

ハンバーガー

iPhone 8 カメラ作例:肉々しさと野菜のフレッシュさを同時に表現する必要があるハンバーガーを撮影Galaxy S8 カメラ作例:肉々しさと野菜のフレッシュさを同時に表現する必要があるハンバーガーを撮影
肉々しさと野菜のフレッシュさを同時に表現する必要があるハンバーガーを撮影

よく晴れた日のテラス席でハンバーガーを撮影。レタスやトマトのフレッシュさがよくわかるiPhone 8に対し、料理モードを使ったことでGalaxy S8は赤と黄色が強く出過ぎてしまっています。
画角が広いGalaxy S8は料理など被写体が小さなスペースに収まるものは撮影が難しいです。

夕景、イルミネーション

iPhone 8 カメラ作例:夕景ではノイズの差が大きく出たGalaxy S8 カメラ作例:夕景ではノイズの差が大きく出た
夕景ではノイズの差が大きく出た
iPhone 8 カメラ作例:イルミネーションではノイズに違いは見られないGalaxy S8 カメラ作例:イルミネーションではノイズに違いは見られない
イルミネーションではノイズに違いは見られない

夕景を撮影。わずかなF値の差は明るさに現れなかったがオリジナルサイズで確認してみるとノイズには大きな差が出ていました。

Galaxy S8のISOが3倍もの数値になっていることが原因です。iPhone 8は明るくノイズも抑えた写真を撮影できることがわかります。イルミネーションではノイズに違いは見られませんでした。

iPhone 8とGalaxy S8それぞれの強み

最後にiPhone 8とGalaxy S8それぞれの強みをまとめます。

iPhone 8の強み

まずはiPhone 8の強みを見ていきましょう。

前モデルから進化を遂げたiPhone 8
前モデルから進化を遂げたiPhone 8

・被写体を選ばずキレイに思い出を残せるカメラ
・フルHDの高解像度で記録できるスローモーション動画
・ARも高速に処理する「A11 Bionic」チップ
・使いやすいフロント指紋認証
・迅速なOSアップデートとセキュリティアップデート

iPhone 8の強力なカメラは写真だけでなく動画でも進化を遂げています。スローモーション動画はフルHD撮影時のフレームレートが最大で2倍になったことでよりなめらかな映像が記録可能に。4Kビデオもよりなめらかな映像と大きな容量を抑えられる2種類のフレームレートが追加されました。

Appleいわくスマートフォン史上最強の「A11 Bionic」は25%高速化された2つの高性能コアと、70%高速化された4つの省電力コアを搭載することで高速化と消費電力化を両立。ニューラルエンジンによって知性も兼ね備え、撮影シーンに合わせてHDRを自動適用するなどスマートフォンの頭脳を次の段階にステップアップさせています。

おなじみの指紋認証は特別進化したわけではないものの認証精度・スピードともに申し分ありません。Galaxy S8と違ってフロント側に搭載することで画面に置いたままでもiPhoneを持たずにスムーズにアクセスできます。

OSアップデートとセキュリティアップデートの速さでiOSに敵うものはありません。世界中で話題になったWi-Fi・WPA2のぜい弱性はすでに修正済み。今後のOSアップデートではワイヤレス充電の高速化が実施される予定です。

Galaxy S8の強み

Galaxy S8の強みも見ていきましょう。

Galaxy S8も負けていません
Galaxy S8も負けていません

・一眼レフのような背景ぼかしができるカメラ
・ベゼルレスによるコンパクトなサイズ
・迫力ある大きなフルスクリーン
・アプリを素早く呼び出すエッジディスプレイ
・高速のワイヤレス充電に対応
・選べる生体認証(指紋認証、虹彩認証、顔認証)

スマートフォンで利用できる生体認証には遺伝子が影響しない指紋や虹彩を利用する指紋認証と虹彩認証、濡れた指や手袋をしても画面ロックを解除できる顔認証の3つに分かれます。
Galaxy S8はすべての生体認証をサポートするため、自分に必要なセキュリティ性や使い勝手を考慮し、好みに応じたものを選ぶことができます。

iPhone 8にはない強みとして高速なワイヤレス充電があります。iPhone 8がサポートする5W(アップデートで7.5Wの高速充電に対応予定)のワイヤレス充電に対してGalaxy S8では最大9Wの高速充電をサポート、1.4倍のスピードで充電することで0%からフル充電までにかかかる時間を最大で1時間も短縮できます。

まとめ

iPhone 8とGalaxy S8
iPhone 8とGalaxy S8

iPhone 8とGalaxy S8を選ぶポイントはカメラとデザイン、どちらを重視するかにあると思います。

日常はもちろん旅行でも頻繁に利用するカメラで思い出をキレイに残したいのであればiPhone 8を選びたいところ。新しくなったイメージセンサーによって紅葉のグラデーションを正確に記録し、イルミネーションもノイズを抑えて撮影できます

一方、スマートフォンと一線を画すベゼルレスデザインのGalaxy S8も非常に魅力的。デザイン性だけでなく有機ELによる発色の良い画質、フルスクリーンによる大画面の迫力など機能性もバツグン。“スマホの未来”を先取りできます。

どちらも良質な端末で後悔することはないはず。まだ迷いがあるのであればまだ使ったことのない新しいOSを体験してみるというのもありでしょう。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマートフォンやウェアラブルなどを専門的に取り扱う「携帯総合研究所」を運営しているブロガーです。前職はシステムエンジニアでプログラムの経験を活かしてアプリの開発もはじめました!