【iOS8新機能】iPhone史上一番賢いキーボード「QuickType」とは?

書いた人: 小枝祐基

カテゴリ: iPhone, iPhoneの標準機能, ガイド ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
【iOS8新機能】iPhone史上一番賢いキーボード「QuickType」とは?

iOS8ではキーボードも進化しました。大きな変更点は、英字対応の新しい予測入力機能「QuickType」の搭載と、これまで非対応だったサードパーティ製キーボードの追加機能です。
QuickTypeによる予測入力は日本語に対応していませんが、キーボードの追加では日本語のアプリも対象となり、ATOKなどがiPhoneで利用できるようになっています。
今回は進化したキーボードがどう変わって、どこが便利になったのかを紹介していきます。

進化したキーボードはこんなに便利!~QuickTypeによる予測変換編~

英字入力でも予測変換が可能に!

日本語入力ではおなじみの予測変換ですが、これまでは英字などの入力には対応していませんでした。
しかしiOS 8では、過去に入力したテキストから学習して候補を最適化する「QuickType」という予測機能が搭載されました。

通常の予測機能だけでなく、Apple独自の機械学習技術によって、使用中のアプリや会話をしている相手、会話の内容などの状況により、それぞれに合致した入力が行えるようになります。
現状で対応している言語は、英語(米国、英国、カナダ、オーストラリア各国に最適化)をはじめ、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語(ブラジルポルトガル語に最適化)、スペイン語、タイ語となります。
残念ながらQuickTypeによる予測変換に日本語は対応しませんが、従来通りの予測入力の機能は利用できます。

QuickTypeを利用する

対応言語でQuickTypeを利用するには機能をオンにするだけ。オン・オフはキーボードの切り替えメニューで手軽に行えます。

QuickType利用のキャプチャ
英字入力時に地球アイコンを長押しすると
QuickType利用のキャプチャ
「予測」のオン・オフが行えます。
QuickType利用のキャプチャ
アルファベットを入力すると3つの候補を表示し
QuickType利用のキャプチャ
さらに続く英単語を3つまでピックアップします。
QuickType利用のキャプチャ
繰り返し文章を入力すると学習し、
精度が上がっていきます。
QuickType利用のキャプチャ
異なるアプリでも数度の入力で、
先ほどの内容が反映されます。

進化したキーボードはこんなに便利!~他社製キーボード編〜

他社製のキーボードアプリが追加できるようになった!

iOS 8のキーボードでは、サードパーティ製の入力アプリ(IME)も利用できるようになりました。
これまでAndroid端末では、ATOKなどの他社製のアプリをユーザーが選んで追加することができましたが、iOS 8からはiPhoneやiPadでも、標準以外のキーボードアプリを選ぶことができ、日本語の入力がより快適に行えるようになりました。

日本語入力系のキーボードはまだ完全に充実しているとは言えない状況ですが、老舗のATOKをはじめ徐々にiOS向けの入力アプリがリリースされています。
まずは、サードパーティ製の入力アプリをキーボードに追加する設定を解説します。

他社製入力アプリの設定方法

アプリの購入

まずはApp Storeにアクセスし、追加したいキーボードアプリを購入・ダウンロードします。
ここではATOK for iOSを購入して手順を進めます。

他社製入力アプリの設定方法のキャプチャ
App Storeにアクセスし
他社製入力アプリの設定方法のキャプチャ
通常のアプリ同様、決済を行う。

購入した入力アプリをキーボードに追加

アプリを購入し準備が整ったら、キーボードに追加を行います。
入力アプリの追加は、設定アプリから行うことができます。

購入した入力アプリ追加のキャプチャ
設定アプリで「一般」を開き
購入した入力アプリ追加のキャプチャ
「キーボード」をタップ。
購入した入力アプリ追加のキャプチャ
続く画面で「キーボード」をタップし
購入した入力アプリ追加のキャプチャ
「新しいキーボード」を選択。
購入した入力アプリ追加のキャプチャ
「他社製キーボード」項目で「ATOK」を選ぶと
購入した入力アプリ追加のキャプチャ
キーボードに「ATOK」が追加される。
購入した入力アプリ追加のキャプチャ
追加したキーボードを選び
購入した入力アプリ追加のキャプチャ
「フルアクセスを許可」をオンにする。

追加したキーボードに切り替える

キーボードの切り替えは、文字入力パネル上から手軽に行えます。
切り替え後は、利用するアプリの持つ入力パネルに見た目も変化します。

キーボードの切り替えのキャプチャ
入力画面で地球アイコンを長押しし
キーボードの切り替えのキャプチャ
一覧から「ATOK」を選択。
キーボードの切り替えのキャプチャ
入力パネルが「ATOK」に切り替わる。
キーボードの切り替えのキャプチャ
なおキーボードの設定画面で
表示順位の変更や削除が可能。

※他社製アプリ使用時の注意点

「ATOK」に限った話ではありませんが、iOSで他社製の入力アプリを使って入力を行う場合、インライン入力に対応しないという問題があります。
インライン入力とは、文字入力の際、テキストフィールドにもリアルタイムに入力中の文字が表示される機能のことです。

iOS標準のキーボードは対応をしていますが、他社製アプリを使用した場合には、確定キーを押すまでテキストフィールドに文字が表示されません。
もちろん、文字の入力ボックスでは確認ができるので、細かく文節を区切って入力する場合にはあまり影響はありませんが、長文を一気に入力したいときなどにネックとなる場合もあります。

他社製アプリ使用時の注意点のキャプチャ
標準キーボードの場合
他社製アプリ使用時の注意点のキャプチャ
他社製キーボードの場合

またBluetoothキーボードなど、ハードウェアキーによる入力にも、現状では対応していないため、注意が必要です。

日本語入力対応のオススメアプリ

キーボードの追加方法を押さえたら、実際にアプリを導入してみましょう。
ここでは日本語入力対応のおすすめ入力アプリをご紹介します。

Yahoo!キーボード

2014年12月2日に公開されたYahoo!の提供するキーボードアプリです。
文字の切り替えなどにスワイプを取り入れ、すばやく操作ができるほか、キーボードのテーマを自分好みにカスタマイズできます。顔文字なども豊富に用意し、メッセージのやり取りなどにも利用しやすいです。無料で提供されているので導入がしやすいのもポイント。
なお変換エンジンは「iWnn」採用とのことです。

Yahoo!キーボードのキャプチャ
日本語かなと英語キーボードは
スワイプ操作で切り替え可能。
Yahoo!キーボードのキャプチャ
英語キーボードは上下のスワイプで
大文字小文字を切り替える。
Yahoo!キーボードのキャプチャ
約100種類の中からテーマを選択できる。
Yahoo!キーボードのキャプチャ
「これにする!」で着せ替え完了。
アプリ情報
アプリ名 Yahoo!キーボード
Yahoo!キーボード
価格 無料
カテゴリ ユーティリティ
販売元 Yahoo Japan Corporation
ダウンロード icon_appstore

手書きキーボード

iOS 8ではキーボードを追加できるメリットのひとつが、日本語の手書き入力が利用できる点です。
「手書きキーボード」も漢字・ひらがな・カタカナを認識する手書き入力アプリのひとつです。

インライン入力にも対応しており、入力パネルを拡大できるなど使い勝手も良好です。手書き認識エンジンとして評価されている「MyScript」エンジンを搭載しているとのことです。

手書きキーボードのキャプチャ
リアルタイムでインライン入力される。
確定キーをタップすると入力完了。
手書きキーボードのキャプチャ
複数文字の入力も可能。
ひらがなと漢字が混同していても認識する。
「設定」キーをタップすると、
手書きキーボードのキャプチャ
0〜5秒の間で選択でき、
「確定」キーを押す手間を省ける。
手書きキーボードのキャプチャ
より細かな文字の手書きもしやすくなる。
アプリ情報
アプリ名 手書きキーボード
手書きキーボード
価格 300円
※iOS8リリース記念セール価格
カテゴリ ユーティリティ
販売元 Catalystwo Limited
ダウンロード icon_appstore

ATOK for iOS

日本語入力IMEでおなじみ、ATOKのiOS対応版です。
Mac、Windows向けのATOKと同等の高性能「ATOK EV エンジン」を搭載し、高い変換精度と推測変換を利用できます。打ち間違いがあっても入力補正がかかり、正しいと思われる候補を提案してくれます。

「らくらくカーソル移動」や「文頭までの一括削除」といったオリジナルの便利機能も搭載。
他のアプリに比べて値段は高価ですが、今後、iPhoneやiPad向けの新機能や、PC版ATOKとの辞書共有など便利なサービスや機能を開発していくとのことで、さらなる進化が期待できそうです。

ATOK for iOSのキャプチャ
誤入力時も正しいと思われる変換候補が表示。
ATOK for iOSのキャプチャ
一般的によく使用される文章は、
複数のパターンが用意されている。
ATOK for iOSのキャプチャ
定型文や単語の登録は「ツール」から。
ATOK for iOSのキャプチャ
「挿入」キーから登録した定型文を呼び出せる。
ATOK for iOSのキャプチャ
左にフリックすれば左方向に移動。
ATOK for iOSのキャプチャ
デリートキーを左にフリックすれば
文頭まで一括削除。

アプリ情報
アプリ名 ATOK for iOs
ATOK for iOS
価格 1,500円
カテゴリ ユーティリティ
販売元 JustSystems Corporation
ダウンロード icon_appstore

まとめ

これまでiPhoneで入力を行う際に、思うように候補が表示されず不満を感じていたユーザーも、これからは好みのキーボードが利用できるようになり、入力環境が一変しそうな今回の仕様変更。日本語の手書きが行えるなど、iPhoneの利便性もかなり向上しそうです。

今後、「QuickType」の日本語対応や、他社キーボードアプリ利用時のインライン入力および、ハードウェアキー入力の対応など、現状の問題が解消される日も待ち遠しいですね。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

家電誌およびデジタル誌を中心に活動するフリーライター。iPhone、Android関連書籍も執筆してます。消費者目線での記事執筆がモットーです!