iPhone Xにはホームボタンが無い!操作方法と評判は?

書いた人: 迎 悟

カテゴリ: iPhone ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone Xにはホームボタンが無い!操作方法と評判は?

今までと全く違う見た目で注目を集める「iPhone X」。「ホームボタンが無い」、「前面がほとんどディスプレイ」と今までのiPhoneとは違う、新しさを感じる外観に注目が集まっています。

iPhoneの象徴とも言えるホームボタンは実際に使った事がある人であればご存知の通り、画面の点灯、ロック解除、ホーム画面に戻ったりアプリを切り替えたりと、iPhoneを使うのに必須の機能を備えたボタンです。

ホームボタンが無くなったiPhone Xは果たして、どのように操作すればいいのでしょうか?
今回はiPhone Xで新しくなった各種操作についてご紹介します。

公式オンラインショップから
新型iPhoneも予約・購入可能

目次:

ホームボタンがないiPhone Xの操作方法

ホームボタンが廃止されたiPhone X。今までホームボタンを用いて行ってきた操作はどのように行えばいいのでしょうか?ホームボタンにあたる操作が変わったことで、それ以外にも「今までと違うこと」が増えています。

まずはiPhone Xで変わった操作方法を確認していきます。

ホーム画面への戻り方

まず、ホームボタンの主な役割である「ホームに戻る」から、iPhone Xの操作方法を確認していきます。

アプリ起動中の画面下に注目
アプリ起動中の画面下に注目

アプリを使っていてホーム画面に戻りたいときは、画面の下端のバーに注目です。
iPhone Xでは「ホームバー」と呼びます。これを画面の上に向かってスワイプさせることでホーム画面に戻ります。

iPhone X 画面下端に表示されるホームバーを上へ向かってスワイプ
iPhone 8まで ホームボタンを一度押す

アプリの切替方法

ホームボタンからホーム画面に戻る以外に、一つ前のアプリをまた開きたいときに使うのが「アプリスイッチャー」です。マルチタスク、アプリ切替とも呼ぶ機能。

これも従来ホームボタンを利用する操作でしたが、iPhone Xではどのように変わったのでしょうか。

ホームボタンに戻る操作で「ちょっと待つ」のが大事
ホームボタンに戻る操作で「ちょっと待つ」のが大事

先ほどの「ホーム画面に戻る」同様に、画面下端から上へ向かってスワイプします。ここで、画面中央あたりまで指を動かした時点で一呼吸待ちましょう。
すると、今閉じようとしてたアプリの横にその前までに開いていたアプリがちらっと姿を見せます。あとは従来のiPhone同様に、左右にスワイプすれば他のアプリに切り替えることが可能です。

iPhone X 画面下端から上へ向かってスワイプし、画面中央で少し待つ
iPhone 8まで ホームボタンを素早く二回押す
サムネイルの長押し後に一覧から消すように変更されている
サムネイルの長押し後に一覧から消すように変更されている

また、アプリスイッチャーに表示されるアプリを「閉じる」「消す」といった操作。これもiPhone Xからは操作方法が変わっており、アプリスイッチャーの一覧画面で画面を長押しし、アプリのサムネイルの左上に「-」のマークが表示されてから上へフリックすると閉じる・消すが行えます。

iPhone X アプリスイッチャーで長押し。-が表示されたら上でフリック
iPhone 8まで アプリスイッチャーで上でフリック
ホームバーを左右にフリックでアプリを切替られる
ホームバーを左右にフリックでアプリを切替られる

また、iPhone Xでは「一つ前に使っていたアプリ」「さっきまで使っていたアプリ」に簡単に切替る方法が用意されています。
ホーム画面に戻る際などに利用する「ホームバー」を左右にフリックすることでアプリの切替ができます。例えば「ネットを見ている最中にメールをチェック」したり、「ネット閲覧に戻る」、「さっきまで見ていた・使っていたアプリに戻る」といった操作は、ホームバーのフリックを活用すると快適に行うことができます。

通知センターを表示する

Phone Xの通知センター
Phone Xの通知センター

新着のお知らせを確認できる「通知センター」。これもiPhone Xでは従来と操作が変わっています。従来通り「画面の上から下へスワイプ」は同じなのですが、後述する「コントロールセンター」の操作方法が変わったことで、通知センターを引き下ろせる場所が変わっています。

左上~中央から下へスワイプする場合は通知センター表示
左上~中央から下へスワイプする場合は通知センター表示

iPhone Xの外観上の大きな特徴となるのが「画面の上部が欠けたディスプレイ」。
この左上、時計表示の場所から、右側のアンテナ表示の手前、つまりディスプレイの欠けている部分から下へスワイプした場合は通知センターが表示されます。

iPhone X 画面の左上から中央部分(右上の手前)までを下へスワイプ
iPhone 8まで 画面の上から下へスワイプ

コントロールセンターを表示する

iPhone Xのコントロールセンター
iPhone Xのコントロールセンター

通知センターの表示方法で書いた通り、「コントロールセンター」の表示方法もiPhone Xでは従来のiPhoneと異なります。

従来は画面の下端から上へ向かってスワイプすることで表示されたコントロールセンターですが、この操作は「ホーム画面に戻る」「アプリスイッチャーを表示する」に割り当てられています。

iPhone Xでは画面の右上、つまりアンテナが表示される場所から下へ向かってスワイプすることでコントロールセンターが表示されます。

アンテナの位置から下へスワイプ
アンテナの位置から下へスワイプ
iPhone X 画面の右上から下へスワイプ
iPhone 8まで 画面の下端から上へスワイプ

Siriを呼び出す

iPhoneの便利機能といえば「Siri」。ちょっと天気を確認したいとき、アラームやカウントダウンタイマーをセットするときなどに便利に利用できる音声アシスタントは、iPhoneを使っていればお馴染みです。

今まではホームボタンを長押しすることでSiriを呼ぶことができましたが、iPhone XではホームボタンがありませんのでSiriの呼び方が変わっています。

従来「電源ボタン」だったボタンにSiriが割り当てられています
従来「電源ボタン」だったボタンにSiriが割り当てられています

iPhone XでSiriを呼び出すには、iPhone Xの右側のボタンを長押しします。
従来のiPhoneでは「電源ボタン」「スリープボタン」と呼ばれていたボタンで、iPhone Xからはボタンのサイズも大きくなっている点にも注目です。

iPhone X 電源ボタン(本体右側のボタン)を長押し
iPhone 8まで ホームボタンを長押し

スクリーンショットの撮り方

便利になった機能といえば「スクリーンショット」。乗り換え検索をメモしたり、欲しい商品のページを撮って相手に送ったりと、ただ画面を残すのではなく残した上で何かに利用する便利さを一度味わってしまうと手放せない人も多いはず。

iPhone Xではスクリーンショットの撮影方法も変わっています。

電源ボタン+ボリュームアップで撮影です
電源ボタン+ボリュームアップで撮影です

撮影方法は電源ボタンとボリュームアップの同時押し
ボリュームボタンを押すのが遅かったりすると電源ボタン側が長押しと判定されSiriを呼び出してしまうことがあるので慣れが必要かもしれません。

iPhone X 電源ボタン+ボリュームアップを同時押し
iPhone 8まで 電源ボタン+ホームボタンを同時押し

ロック解除

iPhone Xで大きく変わったのが「ロック解除の仕方」です。
古くはパスコードで、そしてiPhone 5s以降は指紋認証「Touch ID」を利用していましたが、iPhone Xでは顔認証「Face ID」を利用するようになっています。

ホームボタンと一体になったTouch IDは、画面を点灯させるためにホームボタンに指を置く、または押し込むことでロックが解除される仕組みで非常にスマート。

これに対して、iPhone Xは「iPhone Xを手に取る」「持ち上げる」「iPhone Xの画面に触れる」「Phone Xの電源ボタンを押す」のどれかの方法で画面を点灯させ、iPhone Xの方を見るだけでロックが解除されるようになりました。

iPhoneを顔の前にかざします
iPhoneを顔の前にかざします
ロックが解除されます
ロックが解除されます

ロックが解除されたか一目でわかるのが「鍵アイコン」。一枚目では顔の前にかざした直後なのでまだ鍵がかかっていますが、即座に鍵が外れロック解除が行われます。

iPhone X 画面を点灯させ、iPhone Xの方を見るだけ(Face ID)
iPhone 8まで ホームボタンに登録した指で触れる、または押し込む(Touch ID)

電源の切り方

iPhone Xを購入して戸惑うこと、それが「電源の切り方」。
かくいう筆者もセットアップ時にどうしても一度電源を切る必要があったのですが、電源の切り方がわからず右往左往してしまった一人です。

電源ボタン+ボリュームボタンを同時に長押しで電源オフ
電源ボタン+ボリュームボタンを同時に長押しで電源オフ

電源ボタンの長押しにはSiriを呼び出す機能が割り当てられているため、電源をオフにするにはボリュームボタンと組み合わせ、長押しする必要があります。

この際に押すボリュームボタンですが、アップ・ダウン、どちらでもOKです。

iPhone X 電源ボタン+ボリュームボタンを同時に長押し
iPhone 8まで 電源ボタンの長押し

強制再起動

iPhoneの調子が悪いときに試したくなるのが「強制再起動」。Apple製品だと、iPodの時代から「電源ボタン+何か」で再起動が行えるようになっています。iPhone Xでは強制再起動の方法も従来と異なっています。

同時押しではなく、順番に押す
同時押しではなく、順番に押す

ちなみに、iPhone 8 / 8 Plusも同様の方法になっているため、2017年モデルのiPhoneから強制再起動の方法が変わったとも言えます。

iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
1. ボリュームアップを押す
2. ボリュームダウンを押す
3. 電源ボタンを長押し(10秒ほど)
iPhone 7
iPhone 7 Plus
電源ボタン+ボリュームダウンを同時に長押し
iPhone 6s以前 電源ボタン+ホームボタンを同時に長押し

iPhone Xはホームボタンが無くなっての評判は?

iPhone Xのホームボタン撤廃についは、発売前から賛否両論が巻き起こっていました。
発売後の現在もホームボタンを惜しむ声もあれば、慣れれば快適といった声も聞こえてくるため、TwitterでiPhone Xに触れた人たちの感想をまとめてみました。

ホームボタンなしの操作感について

案外使いやすい」という感想を頂いている人もかなり多いようです。

ホームボタンの代わりの操作の多くは「ジェスチャー」ですが、これが快適だ!という人も。

もちろん、ホームボタンならすぐに操作できたものについて、ジェスチャーだと煩わしく感じる部分が使いづらいと指摘する意見もありました。

操作感とはちょっと違うかもしれませんが、ポケットやカバンからiPhoneを取り出す際、ホームボタンの位置で上下を確認して取り出すクセがあると「上下わからない」という否定的な意見も。実を言うと筆者も同じようなクセがあったので同意見です。しかし、慣れてしまえば気になりません。

ホームボタンはあった方がいい?なくてもいい?

なくても大丈夫!といった感想や、ホームボタンが無くなったことで逆に使いやすいという意見もありました。

ただ、最初のうちはホームボタンがないことに慣れない、そもそも操作方法が違いすぎるためにホームボタンがあった方がいい、iPhone Xは使いづらい!といった感想を抱く人も多く見られます。

iPhone Xでもホームボタンが使える?

iPhone Xで、どうしてもホームボタンが使いたい!という人は「Assistive Touch」を使ってみると快適に利用できるかもしれません。

今までのiPhoneでもホームボタンの調子が悪い場合など、画面上にホームボタンを表示する機能がありました。iPhone XではAssistive Touchで利用することができます。

画面上に白い丸が表示される
画面上に白い丸が表示される
タップするとホームに戻るなど、ホームボタンの役割を果たす
タップするとホームに戻るなど、ホームボタンの役割を果たす

Assistive Touchで表示したホームボタンはホーム画面に戻る以外に、Siriを呼ぶ、コントロールセンターや通知を表示することもできます。また、設定することでスクリーンショット撮影を割り当てる事もできるため、2つのボタンの同時押しよりも快適に利用することも可能です。

しかしiPhone Xは「ホームボタンなし」を前提とした作り。AppleもiPhone XでのAssistive Touchの利用は非推奨と言っており、一部のアプリではAssistive Touchで表示したホームボタンが、アプリのボタンやメニューに干渉してしまうこともありますので注意が必要です

まとめ:iPhone Xの一新された操作方法は次の時代のスタンダードになれるのか!?

10年間、iPhoneの基本操作を支えてきたホームボタンの撤廃に驚く人、慣れていない人は「使いづらそう」と考えてしまうiPhone X。

筆者はAndoridスマートフォンのようにホームボタンが物理的に存在しないスマートフォンの操作にも慣れているため「大丈夫だろう」と考えていました。

いつもと違う操作感に最初はかなり戸惑いました。ボタンを極力排除することで画面を広く使えることの方がスマートフォンとしては有り難いと感じています。

もちろん、まだまだホームボタンがあった方が……と思ってしまう場面もあるのですが、iPhone Xも、そして新規に用意されたジェスチャー操作も産まれたばかりの始まったばかり。

きっとこれから、ユーザーの意見も取り入れながらiPhoneのジェスチャー操作が最高!!と思える、次の時代のスタンダードになるべく進化していくことに期待しましょう。

公式オンラインショップから
新型iPhoneも予約・購入可能

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

三度の飯より携帯が好きすぎて、資格も仕事も投げだし20代のほとんどを携帯販売に費やした元携帯ショップ店員。家電量販店からキャリアショップ、併売店まで色々経験してきました。今は[kuropon.mobi]でブログを書きつつ、ライターとしてあちこちにて記事を執筆中。そうでないときは大体"夢の国"にいます。Twitter:@kuropon