NifMo(ニフモ)に乗り換え・MNPする方法とタイミングを解説 月初の申し込みがお得!?

書いた人: agar

カテゴリ: SIMカード ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
月初に申し込むのがお得!? NifMoに乗り換え(MNP)する方法とタイミングを解説

NifMoは大手プロバイダ「@nifty」などで知られるニフティが運営しているMVNOです。
大手キャリアより安い基本料金で利用できるだけでなく、よりお得に使える「NifMo バリュープログラム」や家族で使いやすい「NifMo ファミリープログラム」などのサービスも充実した格安SIMで、顧客満足度も高いものとなっています。

この記事では、「NifMo」への乗り換え方法と注意点を解説します。検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

目次:

NifMoに乗り換え(MNP)する方法

NifMoに乗り換え(MNP)する方法

他のキャリアからNifMoへ乗り換える場合、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)という制度を利用するのがおすすめです。
今、利用している電話番号をそのままNifMoでも引き継いで利用することができるので、電話をよくされる方でも番号を教え直すなどの手間がかかりません。

また、NifMoの場合はMNPで申し込んでも手続きが完了次第すぐに今のSIMが使えなくなるわけではなく、原則的に新しいSIMが到着して「回線切り替えの申請」という操作を自分でするまでは切り替わらないので、準備を整えてから都合の良いタイミングで切り替えられます。午後6時までにこの申請をすればその日のうちに切り替えが完了するので、乗り換えの際に携帯電話が使えない時間は最小限で済むのが便利ですね。

NifMoへの乗り換え(MNP)手続きに必要な物

NifMoにMNPするためには、MNP予約番号の取得が必要です。
こちらはNifMoでの手続きではなく、乗り換える番号を現在契約している携帯会社で取得します。方法は各社で異なりますが、大手3キャリアの場合は以下の方法で取得できます。

docomo
・店頭:ドコモショップ
・電話:151(携帯電話から)・0120-800-800(固定電話から)
・Web:My docomo

au
・店頭:auショップ・PiPit
・電話:0077-75470

SoftBank
・店頭:ソフトバンクショップ
・電話:*5533(携帯電話から)・0800-100-5533(固定電話から)

MNP予約番号には発行日を含めて15日間の有効期限があるので、予約番号を取得したら早めに申し込むことをおすすめします。

申し込みに必要なもの
申し込みに必要なもの

予約番号のほかに、NifMoの申し込みには以下のものが必要です。

・本人確認書類
・クレジットカード
・連絡用のメールアドレス

本人確認書類としては、運転免許証やパスポートなどが利用できます。保険証や在留カードを利用刷る場合には、住民票または公共料金領収書を補助書類として合わせて提示する必要があります。詳しくはNifMo公式サイトの「本人確認書類について」をご確認ください。

NifMoの料金はクレジットカードでの支払いとなります。契約者本人名義のカードを用意しておきましょう。
なお、「@nifty」の接続サービスを利用中の方は登録されている支払い方法によっては合算できる場合があります。詳細は「お支払いについて」にて確認できます。

手続きの進捗やSIMの発送連絡などがメールで届くので、申し込む際に連絡用のメールアドレスが必要となります。
今使っているキャリアのメールアドレス(@docomo.ne.jp・@ezweb.ne.jpなど)を登録してしまうと回線が切り替わった後に連絡を受け取れなくなってしまうので、別のアドレスでの登録をおすすめします。

NifMoへの乗り換え(MNP)手順を解説

必要な物が確認できたら、申込ページから手続きします。以下、スマートフォンから申し込む場合の画面でご説明しますが、PC・タブレットなどからも同様の流れです。

まずは必要書類と注意事項が表示されるので確認
まずは必要書類と注意事項が表示されるので確認
「@nifty ID」を持っているかを選んでタップ
「@nifty ID」を持っているかを選んでタップ

今回は「@nifty IDをお持ちでない方」を選んだ場合の手順をご紹介しますが、プロバイダの「@nifty」を利用している方など既にお持ちの場合であれば「@nifty IDをお持ちの方」を選択すると一部の入力項目を省略することができスムーズです。

本体もセットで購入するか、SIMカードのみを購入するかを選ぶ
本体もセットで購入するか、SIMカードのみを購入するかを選ぶ
1ヶ月間に使えるデータ通信量を決める
1ヶ月間に使えるデータ通信量を決める
契約タイプは「音声通話対応SIM」を選択
契約タイプは「音声通話対応SIM」を選択

「契約タイプの選択」では、音声通話対応SIM・SMS機能付きSIM・データ通信専用SIMの3種類から選択することができますが、MNPで契約できるのは「音声通話対応SIM」のみなので必ずこちらを選んでください。

「NifMo 10分かけ放題」を利用するか選ぶ
「NifMo 10分かけ放題」を利用するか選ぶ
SIMカードのサイズを選ぶ
SIMカードのサイズを選ぶ

SIMカードのサイズはnano SIM・micro SIM・標準SIMから選択できます。利用予定の機種にあったサイズを選びましょう。

保証や訪問レクチャーなどのサービスを利用する場合は選択
保証や訪問レクチャーなどのサービスを利用する場合は選択
「次へ進む」をタップ
「次へ進む」をタップ
各種オプションを利用するか選び、再度「次へ進む」をタップ各種オプションを利用するか選び、再度「次へ進む」をタップ
各種オプションを利用するか選び、再度「次へ進む」をタップ
規約や注意事項を読み、同意のチェックを入れて「次へ進む」規約や注意事項を読み、同意のチェックを入れて「次へ進む」
規約や注意事項を読み、同意のチェックを入れて「次へ進む」
「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)を利用する」をタップ
「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)を利用する」をタップ

MNP予約番号の取得がまだ済んでいない場合のために、予約番号を後から連絡する方法も用意されています。

あくまで予約番号を知らせるまではSIMの発送は手配はされないので、特に事情がなければ予約番号の取得を済ませてから手続きしたほうが連絡の手間もかからずおすすめです

MNP予約番号と乗り換える携帯電話番号、予約番号の有効期限を入力
MNP予約番号と乗り換える携帯電話番号、予約番号の有効期限を入力
氏名・生年月日・住所などの情報を入力
氏名・生年月日・住所などの情報を入力
連絡先となるメールアドレスを入力し「次へ進む」をタップ
連絡先となるメールアドレスを入力し「次へ進む」をタップ

申し込み完了後、NifMoの契約に関するお知らせがメールで届きます。連絡先を指定しなかった場合は次の画面で取得する@niftyのメールアドレス宛に届くようになるので、既にお使いの別のメールアドレスで受け取りたい場合はこの画面で入力しておいてください。

@niftyメールを利用する場合は、希望のメールアドレスを入力
@niftyメールを利用する場合は、希望のメールアドレスを入力

NifMoの契約と合わせて@niftyのメールアドレスを発行することができます。なお、ここで入力しなかった場合も後から取得可能です。

「お手持ちのクレジットカードを利用する」→「カード情報を入力する」をタップ
「お手持ちのクレジットカードを利用する」→「カード情報を入力する」をタップ

「カード情報を入力する」をタップすると、別のタブで入力画面が開きます。この際、ここまでの申し込みに使っていたタブは閉じないようご注意ください。

カード番号などの必要事項を入力
カード番号などの必要事項を入力

クレジットカード情報を入力後、「確認」をタップすると申込内容の確認に移ります。プランや住所など、入力した情報に誤りがなければ確定しましょう。

申し込み完了の画面が表示されたら、「本人確認書類の画像をアップロードへ進む」をタップして運転免許証などの本人確認書類の写真をアップロードしてください。以上で、NifMoのMNPの申し込みは完了です。

NifMoの申し込み方法は今回手順をご紹介したWebでの申し込みのほかに、まだ店舗数は限られていますが店頭での申し込みや、電話での申し込みも可能です
ご自身でネットから申し込みするのは不安という方はこちらも検討されてみてはいかがでしょうか。

NifMoへの乗り換え(MNP)はどのタイミングがお得?

NifMoへMNPするタイミングはいつがいいの?
NifMoへMNPするタイミングはいつがいいの?

NifMoへの乗り換えは時期を問わず行えますが、最もお得なタイミングは月の初めでの契約です

NifMoは契約した月の月末までの基本料金が無料となるため、例えば1日の契約であれば丸1ヶ月無料で使えますが、月の終わり頃の契約であれば数日間無料で利用できるのみに留まります。あくまで最初の1ヶ月のみに関係する話ですが、少しでもお得に使いたいのであれば1ヶ月のうちのなるべく早いタイミングで契約するのがお得でしょう。

なお、初月無料になるのは基本料金のみで、通話料金やオプションサービスの料金、ユニバーサルサービス料などは対象外となっています。

NifMoに乗り換え(MNP)する前に知っておきたい注意点

NifMoの乗り換え(MNP)に関する注意点

NifMoに乗り換える方法を振り返って、注意しておきたい点を紹介します。

まず、契約前に取得する必要があるMNP予約番号についてですが、NifMoの場合は申し込み時点で12日間以上の有効期限が必要です。
MNP予約番号の有効期限が発行日を含めて15日間であることを踏まえると比較的シビアなので、予約番号を取ったらすぐにNifMoの申し込みをするのがベストでしょう。

次に、@niftyのサービスを既に利用している方の一部を除いて料金の支払方法はクレジットカードのみとなっています。口座振替には対応していないのでご注意ください。

そして、契約の進捗やSIMカードの配送状況などはメールでのお知らせとなります。@docomo.ne.jp・@ezweb.ne.jp・@softbank.ne.jpなど、各携帯会社が発行しているメールアドレスはNifMoへの切り替えが完了すると同時に利用できなくなるので、Gmailなど他に利用できるメールアドレスを用意しておきましょう。

NifMoに乗り換え(MNP)するメリット

NifMoに乗り換え(MNP)するメリット

NifMoに乗り換えるメリットは多数ありますが、まずはやはり格安SIMに乗り換える動機として多いでしょう料金を安く抑えられるということが1つです。
NifMoの料金プランは通信量に応じたシンプルなプランで選びやすく、かつ大手キャリアよりも大幅に通信費を節約することができます。

3GB・7GB・13GBの3段階のデータ容量が用意されていて、余った分は翌月に繰り越すことができます。家族でまとめてNifMoに乗り換えるのであれば、容量をシェアでき無駄なく使える「NifMoファミリープログラム」もおすすめです。

他にも、様々なサービスの利用で基本料金から割引を受けられる「NifMoファミリープログラム」や、@niftyも利用していればセットでの割引が可能な「まるっと割」など、よりお得に使える仕組みがあることも魅力でしょう。

まとめ:NifMoへの乗り換えは月初めの契約がお得!

NifMoへの乗り換え(MNP)は、ネットでの申し込み・電話での申し込み・店頭での申し込みの3通りの方法で行うことができます。
申し込みの際には、本人確認書類・クレジットカード・連絡用のメールアドレス・MNP予約番号の4点を用意しておきましょう

乗り換えの申し込みはいつでも行うことができますが、特にお得なタイミングは月初めの契約です。以上、NifMoに乗り換え(MNP)する方法のまとめでした。ぜひ、参考にしてみてください。

NifMoの料金プランはこちら

◆NifMoの音声通話SIM

プラン名 容量 月額料金
音声通話対応SIMカード 3GB 3GB 1,600円
音声通話対応SIMカード 7GB 7GB 2,300円
音声通話対応SIMカード 13GB 13GB 3,500円

◆NifMoのデータ専用SIM

プラン名 容量 月額料金
データ通信専用SIMカード 3GB 3GB 900円
データ通信専用SIMカード 7GB 7GB 1,600円
データ通信専用SIMカード 13GB 13GB 2,800円

◆NifMoのSMS付きSIM

プラン名 容量 月額料金
SMS対応SIMカード 3GB 3GB 1,050円
SMS対応SIMカード 7GB 7GB 1,750円
SMS対応SIMカード 13GB 13GB 2,950円

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマートフォンやPC、カメラなどのデジタルガジェットを主に扱ったブログ「GeekDays」を運営。 元携帯ショップ店員で、現在はブロガー兼ライターとして活動中です。モバイル機器全般が好きですが、特にAndroidスマートフォンに興味あり。Twitter:@__agar