WiMAX 2+対応のWX04とW04を比較。特徴を押さえて希望に合うルーターを選ぼう

書いた人: まきはら とよかず

カテゴリ: ガイド

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
WiMAX 2+対応のWX04とW04を比較。特徴を押さえて希望に合うルーターを選ぼう

データ量無制限で、自宅でも外出先でも便利に使える通信サービスWiMAX 2+。契約時には「UQ WiMAX」「Broad WiMAX」などの事業者選びとあわせて、どの機種を購入するかもよく検討したいもの。

年単位で使い続けるものであり、せっかくなら、より自分の希望に合う1台を見つけたいですよね。

そこでこの記事では、2017年11月時点でのWiMAX 2+対応機種のうち、メーカー別の最新モデル2種類「WX04」と「W04」を4つのポイントで比較。機種選びの参考にしてみてください。

目次:

携帯性を比較

“モバイル”ルーター選びで欠かせないのが「携帯性」。日々持ち歩いての使用を考えている場合はなおさらです。

まずはWX04とW04の本体サイズと重量から比べてみましょう。

WX04 横幅 111mm × 高さ 62mm × 厚さ 13.3 mm(約128g)
W04 横幅 53mm × 高さ 130mm × 厚さ 14.2mm(約140g)

各機種の外観、そして外寸(数値)で見てもわかるのが、2機種のデザイン設計の違い。WX04は横型(横長)、W04は縦型(縦長)の形状です。

横型のWX04(左)と縦型のW04(右)
横型のWX04(左)と縦型のW04(右)

また本体重量はWX04のほうが12g軽く設計されていますが、これに反比例して、バッテリー容量が大きいのもWX04(詳しくは後述)となっています。

持ち歩くことを想定した場合に大きなメリットといえるのが、WX04だけが備えるストラップホール。

WX04はストラップホール付き
WX04はストラップホール付き

ハンドストラップを付ければ操作時の落下防止に。ロングストラップを付ければ常に首から下げて持ち歩くこともでき、置き忘れ防止にも役立ちます。

一方W04はストラップホール非搭載。ただしこちらはデザイン設計が縦長なことに加え、形状もより棒のような細長い造りになっています。そのためちょっとした隙間にも入れやすく、バッグなどに入れて持ち歩く際には便利です。

ちなみにWX04とW04はいずれも、専用アプリを使えばスマホから遠隔で操作が可能。これも踏まえた上で、肌身離さず身につけるならストラップホール付きのWX04、基本はバッグに入れたままならW04、といった選択がよいのではないでしょうか

扱いやすさを比較

携帯性とは別に操作性などの「扱いやすさ」も見てみましょう。

WX04とW04はいずれも2.4インチで解像度が320×240ドットの液晶ディスプレイを搭載。操作もこの画面をタッチすることでおこないます。

ただ前述のとおり、WX04とW04ではデザイン設計(横型or縦型)が異なります。

たとえば片手での操作を想定すると、WX04は持ち手逆側の画面端まで指を伸ばすのは、手が大きい人でも難しさを感じます。

横型のWX04。片手での操作はややしづらさも
横型のWX04。片手での操作はややしづらさも

ストラップホールを活用すれば落下の心配をする必要はありませんが、片手操作向きとはいえません。

一方W04の縦型なデザイン設計は片手操作との相性◯。

縦型のW04。片手操作により向くのはコチラ
縦型のW04。片手操作により向くのはコチラ

同じく縦長デザインであるスマートフォンを触るのと近い感覚で使えるため、普段からスマホを使っている人にはかなり扱いやすく感じられることでしょう。

また日常での取扱い方法として忘れずチェックしておきたいのが充電方法。充電用端子の形状はWX04とW04ともにUSB Type-Cを採用しています。

充電端子はいずれもUSB Type-C規格
充電端子はいずれもUSB Type-C規格

どちらを選んでも端子の形状は変わりませんが、例えば今使っているスマホがMicro USB採用のモデルであれば、充電用に持ち歩くケーブルが2種類になることは事前に覚えておきましょう。

なおもし「どうしてもMicro USB端子のモバイルルーターがよい」という強い要望があれば、一世代前の機種(WX03など)も含めて検討してみることもひとつの方法ですね。

通信機能を比較

続いてはモバイルルーター選びの最重要ポイントともいえる「通信機能」を比較。

まず通信エリアですが、こちらは2機種で通信できるエリアに違いはありません。

WX04とW04はいずれも、2つの通信モード(ハイスピードモード/ハイスピードプラスエリアモード)に対応。

両機種ともHS+A(ハイスピードプラスエリア)モードに対応
両機種ともHS+A(ハイスピードプラスエリア)モードに対応

WiMAX 2+エリアをベースに、必要に応じて有料オプション利用でau 4G LTEエリアでも通信が可能です。

次に通信機能について見てみると、いずれも4×4 MIMO(フォーバイフォーマイモ)やCA(キャリアアグリゲーション)といった通信の高速化技術に対応。

ただし高速化技術に関しては、W04だけがこの2技術に加えて256QAM変調方式にも対応しています。そのため対応する最大通信速度(下り)がより優れているのはW04です。

参考までに以下はWX04とW04が各通信モードで対応する下り(ダウンロード時)の最大通信速度。

ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
WX04 下り最大440Mbps 下り最大440Mbps
W04 下り最大558Mbps 下り最大708Mbps

通信速度をとことん追求したい人にとっては、W04がオススメということになります。

一方でよりWX04にも、WX04のみで使える機能が用意されています。一時的にハイスピードプラスエリアモードが利用できる「ワンタイムHS+Aモード」や、ハイスピードプラスエリアモードでの通信量に応じて通知や通信遮断ができる設定がこれにあたります。

WX04は大容量のバッテリーを搭載するほか、節電できる自動休止設定と組み合わせると、手間を減らして賢くハイスピードプラスエリアモードが使えます。

通信速度重視ならW04。賢く使える機能・設定を重視するならWX04がオススメです。

バッテリー保ちを比較

最後はモバイル製品選びで外せない「バッテリー保ち」。

まずバッテリー容量で比べてみると、WX04が3,200mAh、W04が2,750mAh。本体重量はWX04のほうが12g軽いものの、バッテリー容量は反比例してWX04のほうが大型です。

連続待受時間と連続通信時間も見てみましょう。

●連続待受時間

【WX04】 【W04】
(休止時) 約700時間 約850時間
(ウェイティング) 約50時間 約38時間

●連続通信時間(Wi-Fi・ハイスピードモード)

【WX04】 【W04】
(ハイパフォーマンスモード) 約490分 約390分
(ノーマルモード) 約690分 約540分
(エコモード) 約830分 約630分

●連続通信時間(Wi-Fi・ハイスピードプラスエリアモード)

【WX04】 【W04】
(ハイパフォーマンスモード) 約480分 約260分
(ノーマルモード) 約630分 約390分
(エコモード) 約780分 約550分

休止時(電源オンで未使用時)の連続待受時間のみW04のほうが長くですが、それ以外はいずれもWX04のほうが長時間使える内容です。

あくまでメーカー公表値ではあるものの、同じ通信モードで比べてみると、WX04では(W04比で)プラス2~3時間長く使えるとする内容も見受けられます。

またバッテリー管理の面でWX04だけの特徴になっているのが、電池パック(バッテリー)を取り外せること

電池パックが取り外せるのはWX04だけ
電池パックが取り外せるのはWX04だけ

バッテリー残量が少ない状態でまだ使いたい場合は、充電しながら使うのが一般的。しかし充電した予備の電池パックを用意しておけば、電池パックを交換するだけですぐにバッテリー満タンの状態に回復させられます。

長時間使うことができ、バッテリー交換可能でプラスαの使い方もOK。バッテリー保ちや管理面で優れているのはWX04で間違いないでしょう。

まとめ:追求するのが「安定感」ならWX04。「通信速度」ならW04

4つのポイントで比べた結果をまとめると、モバイルルーターとして長時間使える「安定感」を重視するならWX04「通信速度」を重視するならW04がオススメです。

発表・発売されたばかりのWX04では、対応する通信モードが増加しW04と同じに。全モデルと比べ、より広いエリアで使えるモバイルルーターになりました。さらにWX04だけが対応する便利な機能・設定も登場しています。

一方で最大通信速度にフォーカスすれば、2017年11月時点でももっとも優れた性能を有するのは変わらずW04。「最新機種がすべてにおいて優れる、わけではない」ことは理解しておきたいですね。

UQ WiMAXでは契約前にモバイルルーター実機をレンタルして試すことができるサービス「Try WiMAX」を提供中。W04はもちろん、WX04もすでにレンタル機器のラインアップに追加されています。

1度利用した後、次回の利用まで90日間空ける必要があるため、続けて2機種をレンタルすることはできません。ただもし契約までスケジュールの余裕があれば、両機種をレンタルして試してみることをオススメします。

もちろん気になる機種が1つに絞られている場合も、ぜひ有効に活用してみましょう。

Broad WiMAX を安く購入する方法

WiMAXを購入するなら「Broad WiMAX モバレコ店」がお得!

Broad WiMAX × モバレコ 特別キャンペーン中!初期費用が18,857円割引

Broad WiMAXの特徴は、

WiMAXのギガ放題プランなら通信制限がなしで高速通信が利用可能!※ 毎月気にしがちなスマホの通信制限も、もう気にする必要がなくなります! また複数台での接続も可能なので、家族で利用するのも安心。

スマホ・タブレット・自宅PCなどのデータ通信をWiMAXで利用するようにすれば、料金を抑えることが可能に! スマホのデータプランを一番安いものにしたり、自宅の固定回線の代わりにWiMAXを使うことで料金を節約!

WiMAXは下り最大440Mbps※の高速通信が可能! 動画やWebサイトの閲覧もストレスなく楽しめる。キャリアによって異なりますが、スマホの通信速度とおおよそ変わらない速度。

※詳しくはサポートページでご確認下さい。

対象端末「Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W04」「Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ WX03」「Speed Wi-Fi HOME L01」のどれも端末代金0円。

お得なWiMAX モバレコ店をチェックしてみよう!

WiMAX 2+ W04

Speed Wi-Fi NEXT
WiMAX 2+ W04

モバレコからの申込で、
初期費用 18,857割引 端末代 0

WiMAX 2+ WX03

Speed Wi-Fi NEXT
WiMAX 2+ WX03

モバレコからの申込で、
初期費用 18,857割引 端末代 0

L01

Speed Wi-Fi HOME
L01

モバレコからの申込で、
初期費用 18,857割引 端末代 0

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。