iPhone 8とiPhone Xを比較!外観・スペック・カメラ性能のおすすめポイントは?

書いた人: キリカ

カテゴリ: iPhone, 比較 ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone 8とiPhone Xを比較!外観・スペック・カメラ性能のおすすめポイントは?

2017年にAppleから同時に発表されたiPhone 8と10周年記念モデルのiPhone X。どちらを購入しようか迷っている方も多いのではないでしょうか。

今回は外観、スペック、カメラなどの面からこの2機種を比較してみました。

販売サイトはこちら

目次:

iPhone 8とiPhone Xの外観を比較

今までのホームボタン+ディスプレイが丸角長方形のボディに収まったiPhoneのスタイルから大きくデザイン変更されたiPhone X。対して従来のシリーズの流れを汲むのがiPhone 8です。まずは外観を比較していきます。

iPhone 8とiPhone X
iPhone 8とiPhone X

iPhone 8とiPhone Xを並べたところ。
iPhone Xはスペースグレイとシルバーの2色展開のうちの「シルバー」、iPhone 8はその2色に加えて、iPhone 8/iPhone 8 Plusのみにラインナップされている「ゴールド」を用意しました。

ホームボタンはiPhone Xでは無くなっている
ホームボタンはiPhone Xでは無くなっている

iPhone 8は従来のiPhoneと同じく指紋センサーのTouch IDを内蔵したホームボタンが前面下部に搭載されていますが、iPhone Xは上から下までディスプレイになっている狭額縁デザインに変更されており、指紋センサーおよびホームボタンが無くなっています

フレームの質感の差
フレームの質感の差

iPhone 8のフレームはサラサラなつや消しの質感ですが、iPhone Xはステンレススチール製の光沢感のあるフレームを採用。同社の「Apple Watch」が初代モデルから採用している通常モデルがつや消しのアルミ、上位モデルが光沢のステンレスという構成をそのままiPhoneのラインナップにも持ち込んだ格好となっています。

カメラレンズの設置場所の違い
カメラレンズの設置場所の違い

iPhone 8は1つのレンズを背面に搭載しているのに対し、iPhone Xは広角と望遠2つのレンズを搭載しています。また、同じく2つのレンズを搭載しているiPhone 7 PlusとiPhone 8 Plusは横並びだったのに対し、iPhone Xは縦並びに変更されています。

レンズ周りの処理が変更
レンズ周りの処理が変更

カメラがボディ本体から出っ張っているのは両者同じですが、iPhone 8はレンズ周りのフレームが斜めにカットされた金属になっています。一方でiPhone Xはボディから垂直に突き出ています。

画面サイズの比較
画面サイズの比較

iPhone XとiPhone 8の画面サイズを比較したところ。iPhone Xは分かりやすくするため画面に白い画像を表示しています。

iPhone 8とiPhone Xは近いサイズ感であるにも関わらず、iPhone Xは画面が縦長になった事で画面サイズがiPhone 8の4.7インチから5.8インチにサイズアップしています。

また、ディスプレイの方式もiPhone 8は液晶ですが、iPhone Xは有機ELに変更されています。有機ELの得意とする真っ暗な黒が活かされるよう、iPhone Xのベゼルはシルバー・スペースグレイともに黒となっており、白ベゼルのカラバリは用意されていません。

ステンレススチールの光沢フレームを採用した事によりiPhone XはiPhone 8と比べて高級感が増している一方で、指紋などの汚れや擦り傷などを気にする方はiPhone 8の質感に軍配が上がりそうです。

iPhone 8とiPhone Xのスペックを比較

iPhone 8とiPhone Xのスペックを比較します。

iPhone 8 スペック情報 / iPhone X スペック情報

iPhone 8 iPhone X
サイズ
(高さ×幅×厚さ)
138.4 × 67.3 × 7.3 mm 143.6 × 70.9 × 7.7mm
重さ 148 g 174 g
チップセット A11 Bionic A11 Bionic
RAM 2GB 3GB
ROM 64GB/256GB 64GB/256GB
ディスプレイ 4.7インチ
Retina HDディスプレイ
1,334 x 750ピクセル解像度
対角5.8インチ
HDRディスプレイ
2,436 x 1,125ピクセル解像度
カメラ アウトカメラ:約1,200万画素
インカメラ:約700万画素
アウトカメラ:約1,200万画素(広角カメラおよび望遠カメラ)
インカメラ:約700万画素
生体認証 Touch ID(指紋認証) Face ID(顔認証)
ワイヤレス充電 対応 対応
カラー スペースグレイ / シルバー / ゴールド スペースグレイ / シルバー

・サイズ感

画面サイズは4.7インチと5.8インチと大きく差があるものの、縦に伸びたiPhone Xの幅はそれほど太くなっておらず、67.3mmのiPhone 8と比べて微増の70.9mmに収まっています。

そのため本体のサイズ感としてはとても近く、iPhone 8 Plusのような大型に躊躇していた方にもiPhone Xはおすすめできるサイズ感でず。

重量はiPhone 8の148g、iPhone Xは174gと重く、サイズ感が近いためかなり重く感じます。しかしiPhone Xはステンレスフレームを採用している事もあり、持った際の印象としてはこの重さが高級感とも感じました。

・RAM

RAMはiPhone XはiPhone 8 Plus同様3GBのものを搭載しており、iPhone 8と比べると大容量。ゲームをプレイしながらスクリーンショットを撮影しSNSアプリを開き投稿、その後元のゲームに戻る、といったアプリを跨いだ使い方をする場合はRAM容量の多いiPhone Xに安心感があります。

2GBしかないiPhone 8の場合、バックグラウンドに送ったアプリが落ちてしまいポーズしていたゲームが最初から、といった事も起こります。マルチタスクをフル活用するのであれば3GBのRAMを搭載したiPhone Xがおすすめです。

・ディスプレイ

ディスプレイの進化はiPhone Xの目玉。iPhone 6以来iPhone 8まで変わることの無かった1,334×750の解像度が2,436×1,125まで飛躍的に増えており、326ppiから458ppiになり非常に高精細に。液晶から有機ELに変更されています。

・ホームボタン

生体認証は今回iPhone 8まで搭載されてきた指紋認証のTouch IDからiPhone Xでは顔認証のFace IDに変更されており、ホームボタンごと取り除かれています。これに伴い操作方法も変更されているため、今までどおりの操作感と指紋認証が使いたいという方はiPhone 8が第一候補になりそうです。

・カメラ

カメラはiPhone 8が1つの広角カメラのみ搭載しているのに対し、iPhone Xは2倍望遠のカメラも搭載。画素数は全て1,200万画素となっていますが、iPhone Xは2つのレンズを利用して背景をぼかしたり特殊なエフェクトをかけられるポートレートモードやポートレートライティングが利用できます

インカメラに関しては両機種とも700万画素と画素数は同じですが、iPhone XはFace IDの顔認証で利用するTrueDepthセンサーを利用する事によって背面カメラと同様に背景ぼかしエフェクトをポートレートモードで利用可能。インカメラで背景ぼかしができるのは自撮りの印象が大きく変わるのでおすすめの機能です。

両機種ともiPhoneシリーズでは初めて、ワイヤレス充電に対応しています

iPhone 8とiPhone Xのカメラ性能を比較

iPhone 8とiPhone Xはメインカメラは基本的に1,200万画素の同程度の性能。しかしiPhone XはiPhone 8と同じこの広角レンズに加え、2倍寄って撮影できる望遠レンズも備えています。今回はそれぞれの機種の写真撮影の作例や、大きく改善されたフラッシュ撮影などをピックアップして紹介していきます。写真をタップ・クリックすると大きなサイズで表示できます。

iPhone 8のカメラ性能

iPhone 8のメインカメラは1,200万画素で、F値1.8のレンズを搭載。従来機のiPhone 7から画素数こそは変わっていないものの、写真の味付けが大きく改善されています。

iPhone 8 カメラ作例:サラダを撮影
サラダを撮影

サラダをiPhone 8で撮影した作例。鮮やかな赤や緑の色がしっかり出ており、食欲をそそるバランスに仕上がっています。

iPhone 8 カメラ作例:銀座の夜景を撮影
銀座の夜景を撮影

銀座の夜景を撮影したところ。時計の文字盤までくっきり潰れずに写っており、夜であっても安心して撮れます。

iPhone 8 カメラ作例:夕焼けの海岸を撮影
夕焼けの海岸を撮影

海岸で夕焼けを撮影したところ。鮮やかな空と海の反射の色がしっかり出ている一方で、味付けも濃すぎる事もなく良いバランスで撮れている印象です。

iPhone 8 カメラ作例:立体文字を撮影
立体文字を撮影

とある飲食店の「肉」を撮影したもの。上方向の照明によるコントラストがよく出ています。

iPhone 8 カメラ作例:鶏肉を撮影
鶏肉を撮影

別の飲食店で肉料理を撮影したところ。肉汁のツヤが伝わってきます。

このように、iPhone 8は画素数こそは従来機と比べてスペックシート上の変化は見られないものの、撮れる写真に関しては非常にフォトジェニックな印象が強化されています

続いて、2つのレンズを搭載したiPhone Xの作例を取り上げていきます。

iPhone Xのカメラ性能

iPhone XはiPhone 8と違い2つのレンズを搭載しており、1つは通常の広角レンズ、もう1つは2倍望遠レンズとなっており、これら2つを組み合わせた背景ぼかし機能であるポートレートモードが利用できます。

iPhone X カメラ作例:夕焼けの海岸を再度撮影
夕焼けの海岸を再度撮影

先ほどiPhone 8で撮影した海岸を望遠レンズで撮影。通常のスマートフォンのカメラは広角レンズしか搭載されておらず、ズームした写真はどうしても広角の画像から切り抜くデジタルズームになってしまいます。

しかしiPhone Xはこのように最初から2倍寄ったレンズを搭載している事から、遠くの被写体もクッキリ撮る事が可能です。

iPhone X カメラ作例:サーキットの車を撮影※ナンバーのみ修正
サーキットの車を撮影※ナンバーのみ修正

ポートレートモードで綺麗に撮れるのは人物だけではないんです。
サーキットに並ぶ車をiPhone Xのポートレートモードで撮影した一枚。遠近感が強く出ており、車の並んだ様子を撮るにはぴったりの機能です。

iPhone X カメラ作例:駐車場にて車を撮影※ナンバーのみ修正
駐車場にて車を撮影※ナンバーのみ修正

駐車場にて逆光の車をポートレートモードで撮影。手前の車の陰になっている部分、後ろの建物、空の色がどれも潰れずに白飛び無く綺麗に収まっています。

iPhone X カメラ作例:暗所のイルミネーションを撮影
暗所のイルミネーションを撮影

iPhone Xは同じように望遠レンズを搭載したiPhone 7 PlusやiPhone 8 Plusと比べ、望遠レンズが暗所に強いのが特徴。

iPhone 8 PlusがF値2.8の望遠レンズを搭載しているのに対し、iPhone XはF値2.4のより明るいレンズを搭載。更にiPhone 7 PlusやiPhone 8 Plusには無かった望遠レンズ側の光学手ブレ補正を搭載する事によって、ブレやすいより暗いシチュエーションでも望遠レンズが使えるようになっています。

この作例では照明が乏しい暗所のイルミネーションをポートレートモードで撮影していますが、iPhone Xでは従来ある程度明るさが無いと使えなかったポートレートモードがここまで暗い場所でも使えるようになっているのは大幅な進化と言えます。

可愛い「アニ文字」可愛い「アニ文字」
可愛い「アニ文字」

iPhone Xはインカメラに関しても他のiPhoneとは違い、3Dセンサーにより使用者の表情をリアルタイムで検知してアバターに反映する「アニ文字」がメッセージアプリより使用可能。

また、Face IDに使われているTrueDepthカメラは自撮りにも使え、インカメラであってもポートレートモードの背景ぼかしが利用可能。非常にフォトジェニックな自撮りができる機種になっています。

iPhone 8 / iPhone Xの進化したフラッシュ

iPhone 8ではフラッシュ撮影が大幅に強化
iPhone 8ではフラッシュ撮影が大幅に強化

iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xは新たにスローシンクロ・フラッシュを搭載しています。これによりフラッシュを用いた撮影時にフラッシュを当てた被写体に対して背景が暗い場合でも、自動的に全体のバランスの撮れた撮影ができるようになっています。

今回はiPhone 7とiPhone 8でフラッシュ撮影をした実際の作例を紹介していきます。
その進化を見てみましょう。写真をタップ・クリックすると大きなサイズで表示できます。

iPhone 7で撮影
iPhone 7で撮影
iPhone 8で撮影
iPhone 8で撮影

映画「君の名は。」の舞台となったとあるレストランで撮影。iPhone 7でフラッシュを用いてブラータチーズを撮影してみました。背景は真っ暗でフラッシュの当たっている椅子より向こうは見えず、チーズは白飛びしてしまっています。店内の様子は全く分かりません。

iPhone 8で同じ被写体を撮影したものは、フラッシュに照らされたチーズも白飛びしておらず、背景のレストランの内部の様子もしっかり写っています。

iPhone 7で撮影
iPhone 7で撮影
iPhone 8で撮影
iPhone 8で撮影

別の飲食店でiPhone 7で撮影したもの。色が不自然になっており、白い皿は白飛び、机の外は真っ暗です。

同じ被写体をiPhone 8で撮影すると、色味がナチュラルに仕上がっており、机の外の背景も黒く潰れず収まっています。

iPhone 7以前のカメラはフラッシュを利用した撮影の場合はいかにもフラッシュで照らしたアンバランスな写真になりがちでしたが、iPhone 8以降のスローシンクロ・フラッシュ採用機種は元から被写体の照明の環境が良かったかのようなバランスの取れた写真に仕上がるようになりました。

スローシンクロ・フラッシュを用いた撮影は今回のiPhoneのカメラのアップグレードの中で最も差が出る部分かもしれません。

iPhone 8とiPhone X、それぞれに向いている人

iPhone 8とiPhone Xそれぞれ向いている人についてまとめました。

iPhone 8が向いている人

iPhone 8
iPhone 8

iPhone 8は従来のiPhoneシリーズから正統進化した完成度の高いモデルです。

ホームボタンとTouch IDの指紋認証による従来の操作感は変わらず、新たにワイヤレス充電が可能になり、カメラのクオリティも非常に高いレベルまで引き上げられています。

また、価格も78,800円(税別)とiPhone Xの税別112,800円(税別)と比べるとお手頃。RAMの容量やディスプレイ、望遠レンズの有無などの違いはあるものの、基本スペックが同じ機種がこの価格差で買えるので、iPhoneを使いたいけれども予算は抑えたいという方には最適です。

★iPhone 8が向いている人

・iPhoneを使いたいけれども予算は抑えたいという方

iPhone Xが向いている人

iPhone X
iPhone X

iPhone Xは初代iPhoneから引き継がれてきたホームボタンによる操作形態を大胆に変更した先進的なモデル。

Touch IDの指紋認証が無くなった代わりにFace IDの顔認証が採用され、望遠レンズはiPhone 7 PlusやiPhone 8 Plusと比べて大きく進化しており、光学手ブレ補正や明るいレンズのお陰で幅広いシチュエーションで活用可能に。

スローシンクロ・フラッシュと組み合わせる事によって撮れる写真のバリエーションが従来のiPhoneと比べて格段に広がっているため、写真のクオリティを重視する人はもちろん、写真を撮るのが好きな人には是非ともオススメしたい一台です。

Touch ID廃止に伴い採用されたFace IDも完成度が高く、親指をホームボタンまで運ぶ手間が無くなり、Touch IDと比べてスムーズに使えるようになった印象です。

★iPhone Xが向いている人

・写真を撮るのが好きな人
・Face IDが使えるiPhoneが欲しい人

評価まとめ

iPhone 8とiPhone X
iPhone 8とiPhone X

iPhone 8とiPhone Xの比較紹介でした。実際筆者はiPhone 8とiPhone Xを発売日より愛用し2台持ちしていますが、軽量で今まで通り使えるiPhone 8ずっしり高級感のある先進的なiPhone X、どちらも満足度の高い機種だと感じています。

iPhone 8は、今までのiPhoneの集大成となっています。iPhone Xは、新時代のiPhoneを一歩先に体験したい方には是非おすすめしたい一台。価格は高いですが、その分未来に踏み込める機種である事は間違いないです。

是非今回の比較を参考にしながら予算と用途を照らし合わせて選んでみてください。

販売サイトはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ブログ「ガジェットショット」を作った大学生、デザイナー、ライター。Apple製品を中心に愛用しています。