iPhone Xのディスプレイ、故障・不具合の心配は? 修理費用など、もしものために知っておきたいこと

書いた人: 迎 悟

カテゴリ: iPhone ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年11月3日に発売され、大きな話題を呼んでいるiPhone X

前面のほとんどを覆うようになったディスプレイはただ存在感が増しただけでなく、上部に切り込みが設けられていたり、サイドの角が丸まったりと見た目にも大きな変化が加えられています。そして、何よりも革新的なのが、顔認証「Face ID」に対応するなど新たな技術が取り入れられていること。

このディスプレイこそ、iPhone X最大の特徴であり、アイデンティティと言える部分だと思います。

しかし、どうしても気になってしまうのが“今までと違うこと”です。

iPhone Xのディスプレイには、iPhone史上初となる「有機ELディスプレイ」が採用されていますが、その強度はいかほどのものなのでしょうか? 前面を覆うまでに大きくなったディスプレイを見て、私と同じように“壊れやすそう”という印象を受けた方も多かったのではないでしょうか。

ここでは、今現在の時点、iPhone Xのディスプレイに関して寄せられている「こんなトラブルが起きている」といった症例のまとめとともに、“もしも”のための修理の出し方や修理代金を紹介していきたいと思います。

これからiPhone Xとうまく付き合っていくための情報として、ぜひ参考にしてください。

公式オンラインショップから
新型iPhoneも予約・購入可能

目次:

ディスプレイ周りのトラブルを調べてみた

iPhone Xを買おうか迷っている人に話を聞くと「今までとディスプレイが違う」とか「いろいろ変わってるから初物は心配」といった声をよく耳にします。

そこで、iPhone Xのディスプレイにまつわるトラブルについて調べてみました。

画面の焼き付き、残像

iPhone Xを選ぶ理由に“今までよりも鮮やかなディスプレイ”を挙げる人も多いでしょう。iPhone・iPadに一眼レフで撮影した画像を取り込み、簡単なレタッチを行うことがある筆者もその1人でした。

iPhone Xのディスプレイが今までよりも鮮やかになった大きな理由は、従来の液晶パネルとは仕組み自体も異なる「有機EL」の採用です。
最近では高級な大画面テレビにも採用されている有機ELは、液晶の次に当たる「次世代のディスプレイ方式」として注目されています。そんな最先端の技術をiPhone Xでは採用しているのです。

しかし、有機ELには弱点があります。それが「焼き付き」や「残像」です

iPhone X以前に有機ELをスマートフォンに採用した例もあるのですが、長期間利用していると画面の「焼き付き」が発生し、ディスプレイの修理・交換が必要になってしまう問題が指摘されていました。

焼き付きを起こした有機ELディスプレイ
焼き付きを起こした有機ELディスプレイ

こちらはiPhone Xではありませんが、同じく有機ELをディスプレイに採用したスマートフォンです。
店頭展示品のため、通常使用よりもディスプレイを点灯している時間が長く、言うなれば“酷使した状態”に。そのため、発売から半年も経たないうちに、写真のように画面に焼き付きが発生してしまっています。

もちろん通常の使い方であれば、こんなに短期間で焼き付きが起こることはまずありえないと思います。ですが、液晶ディスプレイに比べて、はるかに「焼き付きができやすい」ことは前提として覚えておいたほうがいいでしょう。

焼き付きの主な原因は「同じ画面を表示し続けること」

例えば、スマホで何時間もゲームで遊び続けた場合、キャラクターは動き続けますが、操作に必要なボタンはずっと同じ位置に表示され続けますよね。
こうした「表示したまま」になっている部分は焼き付きが発生しやすくなりますので注意が必要です。

また「残像」についても同様に、有機ELは長期間の利用により劣化していくことで、表示していた内容が画面に薄く残る「残像」が出やすくなります。

焼き付き、残像が心配な場合、以下の対策が効果的です。

・画面を過度に明るくしすぎない
・同じ画面を長時間表示しない

画面の自動オフまでの時間を短くしたり、画面の明るさの自動調整をオンにしたり、長時間連続して使用する場合でも定期的に画面をオフにするといった、設定・操作を行うことも有効な対策です。

焼き付き、残像については、Appleも公式で対策方法を案内していますので、こちらも一度読んでおくといいでしょう。

参照:

iPhone X の Super Retina ディスプレイについて – Apple サポート

ディスプレイ、または背面のガラスが割れてしまった

これまでのiPhoneシリーズでも、ディスプレイのトラブルとして頻繁に話題に挙がっていた「画面割れ」。

これはiPhone Xでも遭遇する可能性が高いトラブルであり、従来のiPhoneよりもディスプレイが前面の端まで広がっているぶん、割れた際に「見えない」「使えない」といった不都合が生じやすくもなっています。

また、iPhone Xは背面にもガラスパネルを採用しています。
質感の高さはいい感じに所有欲を満たしてくれますし、実用的な側面からもベストな進化ではあるのですが、この部分もやはり割れてしまう危険性をはらんでいます。

発売からまだわずかですが、すでにディスプレイを割ってしまった人も。
ここまで壊してしまった場合の修理代金を考えると恐ろしいですね。

ただでさえ本体代金が高額なiPhone Xですから、取り返しがつかなくなる前に「画面保護フィルム」「ケース」を取り付けて予防しましょう。

筆者のiPhone X。備えあれば憂い無し?
筆者のiPhone X。備えあれば憂い無し?

詳しくは後述しますが、補償サービスに加入していても修理・交換にかかる費用は決して安いものではありません。

何もつけていないiPhone Xの質感は非常に素晴らしく、それを使っている優越感も楽しみたいのですが、そもそも壊してしまっては元も子もありませんよね。なので、私の場合、ディスプレイ保護にガラス保護フィルム、背面とステンレス製のサイドフレームの保護にハードジャケット、さらに手から落下するのを防ぐためにリングストラップまでつける完全防備仕様で使っています。

その他のディスプレイに関する不具合

前述の「有機EL」の他にも、iPhoneシリーズに始めて取り入れられた要素が原因ともいえる不具合が生じたという声が挙がっています。

例えば、発売当初に話題になった「寒い場所でiPhone Xのタッチパネルが反応しなくなる」という不具合。こちらはすでにiOS 11.1.2へのバージョンアップで修正されましたが、アップルの対応からも分かるように不具合の懸念があったことは事実のようです。さらに、海外では「ディスプレイに緑色の線が表示される」という症例もSNSなどで報告されています。

しかし、こうした不具合は“初物”にはツキモノ!

ソフトウェアのバージョンアップによる修正は今後も行われていくでしょうし、ハードウェアの不良が認められる不具合であれば、Apple Storeなどで交換プログラムを実施するなどの改善措置が行われるでしょう。

「iPhone Xは失敗作」のように、最初から極端に敬遠する必要はないと思います。

過去のiPhoneの不具合に対する交換プログラム:

iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム – Apple サポート

アプリの上下に黒帯が表示されてしまう

iPhone Xのディスプレイは従来のiPhoneよりも縦長です。
これにより、アプリを立ち上げると上下に黒帯が表示されてしまいます

iPhone X対応以前iPhone X対応アップデート後
iPhone X対応以前(左)とアップデート後(右)

画面が広くなった分、一画面に表示できる情報量が増えることを期待していた人はちょっとがっかりされたかもしれませんね。

ですが、これも“今だけ”の話です。

今後、多くのアプリがアップデートにより、iPhone Xの縦長の画面に対応していくことでしょう。黒帯が表示されるのは不具合ではなく、単純に現時点ではiPhone X向けにアプリが最適化されていないだけの話です。
使えないわけでもありませんので、アプリのアップデートを待ちましょう。

ディスプレイの修理費用はどのくらいかかる?

iPhoneシリーズ初の有機ELを採用したiPhone Xのディスプレイ。

万が一、落として割ってしまた場合、「どこで修理に出せるのか」「どのくらい修理費用がかかるのか」という部分が気になる方も多いのでは?

そこで、iPhone Xを修理に出す方法、そして修理にかかる費用をまとめてみました。iPhone Xを利用中の方はもちろん、今後iPhone Xを購入予定の人もぜひ確認してみてください。

iPhone Xを修理に出すには?

Apple Storeで購入した場合でも、キャリアショップや家電量販店などで購入した場合でも、従来のiPhoneと同様に、原則的にApple Storeでの修理対応となります。

修理窓口の「Genius Bar」は混雑するので、事前予約がオススメです
修理窓口の「Genius Bar」は混雑するので、事前予約がオススメです

Apple Storeは、日本国内に7店舗あります。

東北 仙台一番町
関東 銀座
渋谷  ※休業中(2017年12月7日現在)
表参道
東海 名古屋栄
関西 心斎橋
九州 福岡天神

Apple Storeで修理するメリットは、部品の在庫や交換可能な本体があれば「即日」修理・交換対応が完了することです。

Apple Storeが遠かったり、すぐに行くのが難しい場合、Appleの修理受付代理店として「Apple 正規サービスプロバイダ」を利用することもできます。

ビックカメラのApple製品修理カウンター
ビックカメラのApple製品修理カウンター

カメラのキタムラやビックカメラのように、正規サービスプロバイダとして修理受付を行っている家電量販店もありますので、こちらを利用してみてもいいでしょう。

参照:

iPhone修理・Apple製品の修理サービス|カメラのキタムラ
Apple製品修理サービス | ビックカメラ

また、ドコモショップ・auショップ・ソフトバンクショップの一部でも、店頭での修理受付を行っていますが、まだ対応している店舗数が少ないため、現実的な選択肢にはならないかもしれません。

遠方に住んでいたり、実店舗に行く時間がない場合はこちら
遠方に住んでいたり、実店舗に行く時間がない場合はこちら

Apple Storeなどの店頭で修理依頼をするのが難しい場合、宅配を利用して修理に出すこともできます。

参照:

iPhone の修理 – Apple サポート 公式サイト

気をつけなければいけないのは、いずれの方法で修理依頼をするにせよ、「部品がない」などの理由ですぐに修理できない場合もあること。最長で1週間ほど時間がかかる場合もあることを覚えておくといいでしょう。

携帯電話会社のショップで修理が行えるフィーチャーフォンやAndroidスマートフォンと違い、iPhoneの修理では代替機を借りられることがほとんどありません。修理の間は以前に使っていたiPhoneにSIMカードを入れ替えて使うなど、事前に対策を考えておく必要があります。

iPhone Xの修理代金は?

続いて、iPhone Xの修理代金について説明します。

iPhone Xの保証サービスには、大きく分けて製品購入時に付属しているメーカー保証」「Appleの延長保証サービス(Apple Care+)」「携帯電話会社が独自に行っている保証」の3つがあります。

修理代金や保証サービスの加入料・月額料は以下の通りです。

Apple NTTドコモ au SoftBank
保証サービス メーカー保証 Apple Care+ ケータイ補償サービス for iPhone Apple Care+ & au端末サポート あんしん保証パック with Apple Care Services
加入料・月額 22,800円 750円/月 1,190円/月 1,160円/月
保証期間 購入から1年間 購入から2年間 加入中ずっと
(2年間毎に2回まで)
最長4年間 加入中ずっと
(2年間毎に2回まで)
ディスプレイ修理 31,800円 3,400円 11,000円 3,400円 3,400円
バッテリー交換 8,800円 0円 0円 0円
本体修理 60,800円 11,800円 11,800円 11,800円
その他 リフレッシュ品との交換 auスマートパス特典「修理代金サポート」もアリ。
最大4回まで、最大11,800円の修理代金相当が還元される
修理代金相当の期間限定Tポイントが還元される

ディスプレイの修理代金はもっとも高いもので約3万円です。

それ以外の有償の保証サービスの場合、例えば2年間iPhone Xを利用すると、総額としては3万円弱の費用がかかる計算になります。この場合、1回のディスプレイ交換ではメーカー保証のみの場合の修理代金と変わりませんが、2回以上の修理を受けるとメーカー保証にしか入っていない場合よりも安く済むようになっています。

しかし、修理代金・保証代金の総額が高いことに変わりはありません。

以下はiPhone Xと、2年前に発売になったiPhone 6sの修理代金の比較です。

iPhone X iPhone 6s
ディスプレイ修理 31,800円 17,800円
バッテリー交換 8,800円 8,800円
本体修理・交換 60,800円 31,800円

iPhone Xの修理代金は、iPhone 6sの約2倍

これまでのiPhoneの費用で想定していると、その修理代金の高さに驚くことになるでしょう。

できることなら、トラブルなく使っていきたいところですが……。

有償の保証サービスには、購入時にしか加入できないといった制限もありますので、購入時にしっかりと加入を検討しましょう。

まとめ:iPhone Xのディスプレイはトラブルに注意。特に修理代金は高額

iPhone Xのディスプレイは、美しさや見た目のインパクト、縦に広くなった解像度……と、iPhone史上もっとも大きな進化を遂げた部位といえます。

しかし、有機ELに変わったことで、これまでとは違う部分に気をつけなければいけないのもたしかです。

修理代金も高額なため、保証サービスの加入・利用も視野に入れておかないと、もしものトラブルの際の出費が大きくなるのは間違いありません。

本体代金が高額であることはもちろんですが、せっかくiPhone Xで新たな快適さを得たのに、トラブルで以前の機種を使うようになってしまったら相当ストレスを感じてしまいますよね。何よりも大切なのは、大事に扱うこと。しっかりと保護アイテムを装備したり、保証に加入するなど、事前の備えを行ってから利用するのがベストです。

スマホの購入はネットがお得

公式オンラインショップから
新型iPhoneも予約・購入可能

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

三度の飯より携帯が好きすぎて、資格も仕事も投げだし20代のほとんどを携帯販売に費やした元携帯ショップ店員。家電量販店からキャリアショップ、併売店まで色々経験してきました。今は[kuropon.mobi]でブログを書きつつ、ライターとしてあちこちにて記事を執筆中。そうでないときは大体"夢の国"にいます。Twitter:@kuropon