注目のiPhone Xを格安SIMで毎月おトクに使う!利用方法とポイントを徹底解説!

書いた人: NINO

カテゴリ: SIMカード

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
注目のiPhone Xを格安SIMで毎月おトクに使う!利用方法とポイントを徹底解説!

iPhoneの象徴ともいうべき「ホームボタン」が廃止され、次世代の技術ともいうべき顔認証システム「Face ID」が搭載された新型の「iPhone X」は、未来のスマホともいうべき新たなステージを歩みはじめた新型iPhoneです。

これらの革新的な技術を搭載しているのはユーザーにとってメリットが多いことと思いますが、同時に端末代金が高価であるデメリットもあります。これに大手キャリアの通信費用が毎月7,000円程度上乗せになることを考えると、さらに通信費がかさんでしまいますよね。

端末代金が高いiPhone Xで負担が大きいと悩んでいる方には、格安SIMの利用をオススメします。

iPhone Xを格安SIMで運用すると、大手キャリアで利用するより毎月の通信費用が大幅に安くなるので、経済的な負担が相当軽くなります。今回は、格安SIMでiPhone Xを使う方法を紹介します。

目次:

格安SIMでiPhone Xを使う方法


格安SIMでiPhone Xを使う方法は、「SIMフリーのiPhone Xを購入して使う方法」と「キャリアのiPhone Xで格安SIMを使う方法」の2通りあります。

SIMフリーのiPhone Xを購入して使う

SIMフリーのiPhone Xを購入して使う

iPhone Xには大きく分けてSIMロックがかかったものと、SIMフリーのものと2種類存在します。見た目こそ全く変わらない両者ですが、中身は大きく異なります。

具体的には、通信キャリアが設定するSIMロックがかかっているとその通信キャリア以外では通信利用が制限されます。例えば、ドコモのSIMロックがかかったiPhone XにauのSIMカードを入れても通信ができない、といった具合です。

そこで、iPhone Xを通信キャリアにとらわれることなく自由に使うためには、SIMフリーのiPhone Xを購入するという方法が最適です。

まずは、格安SIMを入れて利用するために、SIMフリー版のiPhone Xを購入しましょう。SIMフリーのiPhone XはApple直営の公式ストアのみで取扱いされています。オンラインのApple公式サイト、あるいは全国のApple Storeにて購入しましょう。

端末が入手できたら、つぎに利用したい格安SIMを選びます。格安SIMを選ぶポイントは2つ。通信速度と独自の料金プランです。

SIMフリー版のiPhone Xを用意できたら、次は格安SIM
SIMフリー版のiPhone Xを用意できたら、次は格安SIM

格安SIMは大手キャリアより通信設備を間借りして通信サービスを提供しているため、お昼休みや夜など通信需要が混み合う時間帯においては、通信速度が低下しやすい傾向にあります。設備増強を適宜行っているMVNOでは、混雑時間帯でも快適に通信利用できるものもあります。

格安SIM各社の通信速度については、モバレコで毎週行っている通信速度測定検証記事を参考に安定して速いMVNOを選ぶことをオススメします

また、MVNOの料金プランについても自分の利用方法にあった最適なプランを選ぶことが重要です。人気の格安SIM、独自サービスがある格安SIMなど、サービス内容はさまざまなので、自分の使い方にあった料金プランがあるMVNOを選ぶことが重要です

乗り換えたい格安SIMが決まったら、今利用している大手キャリアからのりかえする手続きをしましょう。

キャリアからiPhone Xへのりかえ手続きしましょう
キャリアからiPhone Xへのりかえ手続きしましょう

MNP(マイナンバーポータビリティ)制度を使うと、今利用している電話番号を変えることなく、そのままの番号で格安SIMへ移行することが可能です。電話番号が変わってしまう新規契約だと大変なので、ぜひともMNPを使った方が良いです。

MNPを利用すると15ケタの期限付き番号が発行されるので、その番号を控えて、新しい格安SIMへ申し込みしましょう。

大手キャリア格安でのMNPする方法はコチラの記事で詳しく解説しています。

キャリアのiPhone Xで格安SIMを使う

キャリアのiPhone Xで格安SIMを使う

SIMフリー版ではなく、ドコモ・au・ソフトバンク・家電量販店でiPhone Xを購入した場合は、通信利用するキャリアのSIMロックがかかったiPhone Xとなります。このままでは一部制限があり自由に格安SIMを使えない場合があるので、まずは、SIMロック解除を行いましょう。

キャリアから購入当初はSIMロックがかかっているのですが、特定の条件を満たすことにより、このSIMロック解除を行うことができ、SIMフリーの状態にすることができます。

iPhone XのSIMロック解除については、それぞれの通信キャリアで条件が異なります。

【ドコモの場合】

端末を「一括払い」あるいは「分割払い」で購入したかによって、SIMロック解除の条件が異なります。

支払い方法 SIMロック解除の時期
一括払い※ 即日で解除(※)
分割払い 購入日から101日目以降、あるいは分割残金を完済後

※ただし、端末購入サポートを利用した一括払いの場合は購入後101日目以降あるいは端末購入サポート解除料の支払いが必要

また、SIMロック解除する方法については以下のとおりです。

SIMロック
解除方法
内容 手数料
WEB My docomoで手続き 無料
電話 「151」に電話
受付時間:午前9:00〜20::00
3,000円
店舗 全国のドコモショップ 3,000円

オススメはオンラインのWEBで解除する方法です。いつでもどこでも解除可能で手数料もかかりません。電話や店頭で解除する場合は手数料3,000円が必要になります。

【auの場合】

auでは2017年12月1日からSIMロック解除の条件が緩和され、一括払いまたは分割払いの残債を完済した後であれば、即日SIMロック解除が可能となりました。

支払い方法 SIMロック解除の時期
一括払い※ 即日で解除(※)
分割払い 購入日から101日目以降、あるいは分割残金を完済後

※ただし、au購入サポートを利用している機種は101日目以降に解除可能

また、SIMロック解除する方法については以下のとおりです。

SIMロック
解除方法
内容 手数料
WEB My auで手続き
受付時間 : 9:00〜21:30
無料
電話 対応なし
店舗 全国のauショップ 3,000円

オススメはMy auで解除する方法です。いつでもどこでも解除可能で手数料もかかりません。auでは電話でのSIMロック解除対応はありません。

【ソフトバンクの場合】

ソフトバンクでは2017年12月1日からSIMロック解除の条件が緩和され、一括払いまたは分割払いの残債を完済した後であれば、即日SIMロック解除が可能となりました。

支払い方法 SIMロック解除の時期
一括払い※ 即日で解除(※)
分割払い 購入日から101日目以降、あるいは分割残金を完済後

※ただし、一括購入割引を利用している機種は101日目以降に解除可能

また、SIMロック解除する方法については以下のとおりです。

SIMロック
解除方法
内容 手数料
WEB My Softbankで手続き 無料
電話 対応なし
店舗 全国のソフトバンクショップ 3,000円

オススメはMy Softbankで解除する方法です。いつでもどこでも解除可能で手数料もかかりません。ソフトバンクでは、電話でのSIMロック解除対応はありません。

各キャリアでのSIMロック解除が完了したら、SIMフリー版のiPhone Xを購入した時と同じく、格安SIMを選びMNPのりかえする手続きを進めましょう。

iPhone Xで格安SIMを使ったらいくら?

iPhone Xで格安SIMを使ったらいくら?

「格安SIMは大手キャリアより通信費用が安い」とはいっても、言葉では想像しがたいものがあると思います。

では、実際に格安SIMでiPhone Xを1ヶ月使った場合と、大手キャリアでiPhone Xを1ヶ月使った場合の通信料金を比較してみます。

ドコモとmineoの通信料金を比較

ここでは例として、iPhone X(64GB)を人気格安SIMの「mineo Dプラン」とドコモで利用した場合の通信料金で比べます。

項目 mineo
mineo Dプラン
(デュアルタイプ)
docomo
ドコモ
データ容量 6GB 5GB
(データMパック)
基本料金 2,280円 2,700円
パケット基本料金 5,000円
spモード
(WEB基本料金)
300円
合計 2,280円 8,000円
差額 △5,720円

1ヶ月で利用するデータ容量を約5GB程度とした場合、ドコモでは2年間継続利用で発生する毎月割引きを加味して毎月の通信料金は8,000円です。一方で、同じドコモ回線を利用したmineo Dプランの場合なら、シンプルに月額2,280円。

毎月の差額は5,720円もmineoの方が安くなる計算です。

これを1年間継続したら68,640円、2年間なら137,280円にもなります。相当大きな差が開くことがわかります。

ドコモでiPhone Xを購入した場合、2年継続契約の代わりに毎月割引きが効くので、約2,400円程度の割引きが入りますが、それを加味したとして、mineo Dプランの方が3,000円以上安くなる結果です。キャリアで利用するより格安SIMで利用した方が、このように毎月かかる通信費という固定費を大幅に節約できます

おすすめの格安SIM

格安SIM+iPhone Xを組み合わせて利用すると、月額利用料が大幅に安くすることが出来ます。ここでは、おすすめの格安SIMを紹介します。

●mineo

mineo

ドコモ・au・ソフトバンク回線を選べるトリプルキャリアの格安SIM。データ通信量の管理や高速/低速通信の切り替えがアプリ1つでできるだけでなく、パケットを家族や友人と分け合える仕組みや、フリータンクなどの独自サービスも展開。コミュニティサイト「マイネ王」ではユーザー同士が積極的に意見交換をしています。

→ mineo公式はこちらmineo

●BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

大手プロバイダ・ビッグローブが提供する格安SIM。豊富な料金プランや端末保証サービスが用意されており、スマホとセットになった「BIGLOBEスマホ」も販売中。YouTube等のデータ通信量を消費しない「カウントフリーオプション」も魅力的です。

→ BIGLOBEモバイル公式はこちらBIGLOBEモバイル

●UQ mobile

UQ mobile

モバレコの速度ランキングで40週以上連続トップを走り続けるau系MVNOの人気プラン。快適な速度で利用したい人におすすめな格安SIMです。かけ放題プランや無料通話付きプランなど、通話料を抑えられるオプションも充実です。

→ UQ mobile公式はこちらUQmobile

格安SIMおすすめランキングはこちら

格安SIMで使うデメリットはある?

格安SIMで使うデメリットはある?

格安SIMの通信料金は大手キャリアと比較して安いですが、その分、大手キャリアに劣ってしまうデメリットが存在するのも事実です。

通信速度が大手キャリアより劣ることも

一番大きなデメリットとしては、先ほど若干触れた通信速度についてです。大手キャリアでは時間帯を問わず十分すぎる程の快適な通信環境を提供しています。一方で、格安SIMの場合は混雑する時間帯では、通信速度が低下しやすい傾向にあります。

ただし、格安SIM全社がそういう状況ではなく、定期的に回線増強を行い安定した通信速度を維持している格安SIMもあります。そのような格安SIMは優秀であるといえるでしょう。

サポートがもの足りない場合も

格安SIMはサポートがオンラインのチャットがメイン。一部電話で対応している場合や数少ない店舗を構えている場合もありますが、基本的にはチャットやメールでの問い合わせが基本です。設定方法がわからない場合など、サポートを積極的に使いたい人からすると少しもの足りないと感じてしまうかもしれません。

裏を返せば、こういう形で人件費を削減しているからこそ、安さを提供できているということです。

支払い方法が限定的

支払い方法が限定的

格安SIMの料金支払いはクレジットカード決済のところがほとんどです。大手キャリアのように口座引き落としといったあらゆる支払い方法に対応はしていません。利用する前には必ずクレジットカードでの決済が必要になることは注意しましょう。

iPhone Xの機能や使い勝手は変わらない

iPhone Xの機能や使い勝手は変わらない

格安SIMで通信するにせよ、大手キャリアで通信するにせよ、顔認証・アニ文字・高画質なカメラ撮影といったiPhone Xの特徴的機能については、使い勝手が変わりません。iPhone Xの機能は通信キャリアの如何に問わず、便利な機能として十分使いこなせますよ。

まとめ:iPhone Xは格安SIMで使っても問題なし!

iPhone Xで格安SIMを利用した場合のメリットについて分かっていただけたでしょうか。
通信するキャリアが異なるというのは、通信速度や契約環境が異なることであり、iPhone Xの便利で最新の機能を使えることには全く変わりありません

音声通話をあまり利用せずに、iPhoneの通信機能や、iPhone Xの最先端機能を使いこなしたいという人には、格安SIMでの利用がピッタリです!

ぜひとも検討してみてはいかがでしょうか!?

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

Mac,iPhone,iPadなどのApple製品、最新ガジェットのレビュー、今WEBで話題になっている情報を発信するブログ「FatherLog」を運営、月間25万PV。プライベートでは1児の父で子供と触れあう時間を大切にしたいとの思いから地方へ移住。ワークライフバランスが人生のモットー。