カテゴリ: ドコモ

ドコモ「Xperia XZ1 Compact」レビュー!フラグシップ同等の性能を誇る今季最注目のコンパクトモデル

多くのスマートフォンが5インチ〜6インチのディスプレイを搭載していますが、手に収まり、片手で操作しやすい4インチ台の小さなスマートフォンの人気も根強いものがあります

中でも人気を集めているのがソニーモバイルのXperia Compactシリーズです。特に今季モデルはコンパクトさはそのままに性能はフラグシップモデルの「Xperia XZ1」と同等ということで高い人気に。執筆時点でドコモオンラインショップの売り上げランキングではXperia XZ1に次ぐ2位となっています。

今回は2017-2018冬春モデルで最注目のコンパクトモデル「Xperia XZ1 Compact」のレビューをお届けします!

Sony Mobile
Xperiaシリーズ

端末のご購入はこちら

目次:

-夏モデル続々発売中!-

ドコモ!

ドコモ

オンラインショップおトク割」6/17開始!

人気のXperiaやGalaxyが最大22,000円割引

さらに!!

5G WELCOME割」との併用で
最大44,000円割引も可能!

iPhone 13シリーズも対象!

最新機種が最大22,000円割引!
SIMのみでも10,000円分ポイント還元

Xperia XZ1 Compactの特徴

片手で操作しやすいコンパクトボディ
片手で操作しやすいコンパクトボディ

毎日、毎時間触るスマートフォン、サイズは非常に重要。ソニーモバイルの調査によれば購入の際に店頭で何を確認しましたか?という質問に対して「スマホの大きさや手に持った感触を試した」と答えた人は59.5%、「画面の大きさを確認した」と答えた人は42.9%で1位、2位にになっています。

コンパクトモデルに位置づけられるXperia XZ1 Compactは横幅65mmで手に心地よくフィットします。片手でも快適に操作できるサイズで男性はもちろん、手の小さい女性も扱いやすい。

一般的に小さなボディサイズのスマートフォンは機能や性能が劣ることがほとんどですが、最新のOS「Android 8.0 Oreo」、プロセッサ(処理性能)、メモリ(RAM)、メインカメラ、そしてバッテリー容量までフラグシップモデルの「Xperia XZ1」とまったく同じ。

特に女性が使うことが多いフロントカメラはXperia XZ1 Compactだけに搭載された「セルフィーカメラ」を謳う画角120度の超広角仕様。5人並んでも自撮り棒を使わず手に持ったままで背景をしっかり入れた写真が撮影できます。

Xperia XZ1 Compactのスペック

Xperia XZ1 Compactのスペックをフラグシップモデルの「Xperia XZ1」と比較しながら紹介します。

Xperia XZ1 Compact Xperia XZ1
OS Android 8.0 Android 8.0
サイズ 高さ:約129mm
幅:約65mm
厚さ:約9.3mm
高さ:約148mm
幅:約73mm
厚さ:約7.4mm
重さ 約143g 約156g
ディスプレイ 約4.6インチ
HD(1280×720ピクセル)
トリルミナスディスプレイ for mobile
約5.2インチ
フルHD(1920×1080ピクセル)
トリルミナスディスプレイ for mobile
HDR対応
プロセッサ Snapdragon 835 MSM8998
2.45GHz×4+1.9GHz×4
オクタコア
Snapdragon 835 MSM8998
2.45GHz×4+1.9GHz×4
オクタコア
メモリ 4GB 4GB
ストレージ 32GB 64GB
microSD 最大256GB 最大256GB
メインカメラ 1,920万画素
Exmor RS for mobile
3Dクリエイター
1,920万画素
Exmor RS for mobile
3Dクリエイター
フロントカメラ 画角約120度 超広角セルフィーカメラ
800万画素
Exmor R for mobile
1320万画素
Exmor RS for mobile
バッテリー 2,700mAh
USB Type-C
2,700mAh
USB Type-C
連続通話時間 VoLTE:約1290分
VoLTE (HD+):約990分
VoLTE ビデオコール:約340分
3G:約1010分
VoLTE:約1170分
VoLTE (HD+):約920分
VoLTE ビデオコール:約280分
3G:約990分
連続待受時間 LTE:約430時間
3G:約460時間
GSM:約350時間
LTE:約420時間
3G:約460時間
GSM:約340時間
充電時間 約160分〜170分 約160分〜170分
SIM スロット数:1
スロット:nanoSIM
スロット数:1
スロット:nanoSIM
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0 5.0
通信速度 受信時最大644Mbps
送信時最大50Mbps
受信時最大788Mbps
送信時最大50Mbps
防水、防じん IPX5/8、IP6X IPX5/8、IP6X
おサイフケータイ
ワンセグ/フルセグ ○/× ○/○
指紋認証
カラー ブラック
ホワイトシルバー
ホライズンブルー
トワイライトピンク
ブラック
ウォームシルバー
ムーンリットブルー
ヴィーナスピンク

大きな違いはやはりボディサイズ。手元にXperia XZ1がなかったので4.7インチのiPhone、5.8インチのiPhone Xと比べてみました。

やはりXperia XZ1 Compactは全体的に一回り小さく、片手に収まり操作性も良いです。もし、4.7インチのiPhoneからの買い替えを検討しているのであればサイズ的な問題は何もないでしょう。

サイズ比較
サイズ比較

先に書いたとおりバッテリー容量は「Xperia XZ1」と同じ2,700mAhですが、画面サイズに違いがあるため、電池持ちに小さくない違いがあります。ドコモが公称している電池持ち時間はXperia XZ1の110時間に対してXperia XZ1 Compactは140時間。画面の明るさを最大にしてYouTubeの動画を再生したところ約7時間で電池残量が0%になりました

Xperia XZ1 Compactの電池持ちはかなり良く、カメラレビューのため朝から昼にかけて数時間100枚以上の写真撮影を撮影しましたが電池持ちは余裕。この日は充電を忘れたため、外出前の電池残量が40%の状態でしたが0%になることはありませんでした。これから写真を撮影する機会も増えると思いますが、旅行など電池を消費しやすい場面でも安心できるはずです

そして処理性能。フラグシップモデルと同じプロセッサのため心配はありませんが、性能を数値化するベンチマークスコアを計測したところAnTuTuでは16万2000点を記録。今夏のフラグシップモデルGalaxy S8とほぼ同じ数値を計測。コンパクトモデルながらここまでの性能を叩き出すのは非常に魅力的です。

Xperia XZ1 Compactのベンチマークスコア
Xperia XZ1 Compactのベンチマークスコア

ベンチマークスコアどおり高い負荷のかかるゲームや地図アプリを使ってみましたが、特にもたつきを感じることがなく非常に快適な操作性を実現しています。ここまで高性能なプロセッサをコンパクトモデルに搭載したひとつの理由として、人の顔やオブジェクトをスマホのカメラでスキャンして3Dデータを作成する「3Dクリエイター」機能をXpera XZ1 Compactにも搭載したことがあげられるかもしれません。

3Dクリエイター自体は頻繁に利用する機能ではありません。まったく使わない人もいると思いますが、高性能なプロセッサが搭載されたことで全体的な操作性が押し上げられたのであればすべての人にとって嬉しいポイントです。

Xperia XZ1 Compactの外観・デザイン

デザインはディスプレイからサイド、バックへとなめらかにつながっていくシームレスで360°どこから見ても同じカラーになるように統一感のある美しい仕上がり。素材にはグラスファイバー強化プラスチックを採用することでコンパクトなボディの強度をアップ。

なお、ディスプレイの上下に配置されたフロントステレオスピーカーは約50%もボリュームアップ。外付けのスピーカーがなくてもみんなで迫力のある音楽が楽しめます。

デザイン・カラーともにシームレスで統一されたボディ
デザイン・カラーともにシームレスで統一されたボディ
デザイン・カラーともにシームレスで統一されたボディ

ベースはマットなプラスチックながらトップとボトムに配置したメタルラインによって高級感を演出しています。

右サイドには電源オン/オフと指紋認証センサーを兼ね備えるボタンを搭載。筆者のような左手でスマートフォンを操作する人にとっては押しづらい、指紋認証が解除されにくいといったデメリットもありますが、スマートフォンを握る自然な動作で画面ロックを解除してスムーズにホーム画面にアクセスできます。

トップにはイヤホン端子、ボトムにはUSB Type-Cを搭載していますが、Xperia XZシリーズから廃止されたストラップホールはXperia XZ1 Compactにもありません。

マットなプラスチックボディと指紋認証
マットなプラスチックボディと指紋認証
マットなプラスチックボディと指紋認証
トップとボトムに配置された高級感を演出するメタルライン
トップとボトムに配置された高級感を演出するメタルライン
トップとボトムに配置された高級感を演出するメタルライン

デザイン性・素材ともに大きな不満はありませんが、物足りないとすれば先進性です。iPhone Xで採用されたベゼルレス、フルディスプレイが今後スマートフォンのトレンドになることは間違いなく、AppleだけでなくSamsungやLG、Xiaomiなどが導入済み。対するXperia XZ1 Compactは太いベゼルを引き続き採用。デザインが古いとは言わないまでも新しいデザインとは言えません。

ベゼルレス、フルディスプレイデザインは見た目だけでなく、コンパクトサイズをさらに推し進めることにも繋がるため、今季モデルでぜひ採用して欲しいところでした。

Xperia XZ1 Compactのカメラ性能

Xperia XZ1 Compactのカメラ
Xperia XZ1 Compactのカメラ

2017年の新語・流行語大賞に年間大賞として「インスタ映え」が選出されるなど、スマートフォンのカメラを利用する機会はますます増えていて画質に妥協することはできません。だからこそXperiaを選びたいという人もいるはず

ということでXperia XZ1 Compactのカメラを使って様々なシーンを撮影してみました。

Xperia XZ1 Compact カメラ作例:明るい店内
明るい店内で撮影。被写体にかなり寄れるだけでなく、自動認識で美味しく撮れるため料理にも最適
Xperia XZ1 Compact カメラ作例:秋晴れの空でイチョウ
秋晴れの空でイチョウを撮影。青い空に黄色のイチョウが映える鮮やかな色彩も再現
Xperia XZ1 Compact カメラ作例:シングルレンズでもほど良く手前と背景がボケる
シングルレンズでもほど良く手前と背景がボケる
Xperia XZ1 Compact カメラ作例:夕景
夕景。サンセットの黄色から青空まで幅位広いコントラストをカバー。広角仕様で風景撮影も苦にしない
Xperia XZ1 Compact カメラ作例:ライトアップされた紅葉
ライトアップされた紅葉を撮影。光学式手ブレ補正非対応のため手ブレが起きやすい(デジタル5軸手ブレ補正には対応)

コンパクトモデルながら夜景を除けば多くのシーンでキレイに撮影できる。大型イメージセンサーによる明るく撮れるカメラは満足度が高いです。総合的に評価すれば不満が少ないバランスの取れたカメラと言えるが、欲を言えば光学式手ブレ補正とキレイな背景ぼかしとズーム撮影を再現するデュアルレンズが欲しいところ。

なお、今回は触れなかったが960fpsのスーパースローモーションや1枚+3枚の写真を自動記録することで瞬間を撮り逃さない「先読み撮影」、走っているペットや子どもをブレなく連写撮影できる「オートフォーカス連写」も利用できます。

評価まとめ:日本国産ならではの優しい親切な機能。安心サポートも充実

Xperia XZ1 Compact
Xperia XZ1 Compact

4インチ台のコンパクトモデルとしては12月下旬にauとソフトバンクから発売されるシャープ製の「AQUOS R compact」がXperia XZ1 Compactのライバル機となります。

3辺ベゼルレス・フルHD+・フルディスプレイといったディスプレイ周りでは劣りますが、AQUOS R compactがミドルエンド向けのプロセッサSnapdragon 660を搭載、メモリは3GB、バッテリー容量は2,500mAhのため、処理性能に加え、電池持ちでもディスプレイのサイズや解像度、バッテリー容量を考慮するとXperia XZ1 Compactが優れることになりそうです。ドコモがAQUOS R compactを発売しない理由はここにあるのかもしれません。

コンパクトモデルながら性能・電池持ちを妥協したくない人にXperia XZ1 Compactがオススメです。

●Xperia XZ1 Compactのおすすめポイント、購入をオススメしたい人

・片手でスムーズに操作できるコンパクトモデル
・大容量バッテリーによる優れた電池持ち
・コンパクトモデルでも性能は妥協しなくない人
・カメラの画質は譲れない人

Sony Mobile
Xperiaシリーズ

端末のご購入はこちら

ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアから発売されている「Xperia XZ1」が気になる人は、こちらもチェックしてみてください。

毎月のスマホ料金を安くしたい方は、ぜひプロに無料相談ください!

キシュヘン

ネットで色々なスマホプランを調べても、結局どのプランが自分に合っているのか迷いますよね。

そんな方は、直接プロに相談するのも手段の1つ!

モバレコの運用する「キシュヘン」であれば、チャットで最短3分と手軽に相談できるのでおすすめです。

しかも相談手数料は無料、営業活動も一切ないため安心して利用できます。

スマホプランに目星がついている方もぜひ一度、活用してみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

プロフィール

モバレコでは、2015年からレビュー記事を中心に寄稿しています。

また、スマートフォンやタブレット、アプリ、サービス、アクセサリを総合的に取り扱うモバイル専門のメディア「携帯総合研究所」を個人で運営。発表会の取材はもちろん、前職はシステムエンジニアでプログラミングの経験をいかして3キャリアの料金を比較できる料金シミュレーターなども開発しています。

得意カテゴリー

レビュー

ブログ・SNS

携帯総合研究所
https://mobilelaby.com/
Twitter(@xeno_twit)
https://twitter.com/xeno_twit

Let's Share!

  • Twitter シェアアイコン
  • facebook シェアアイコン
  • はてなブックマーク シェアアイコン
  • Pocket シェアアイコン