お試しに最適!mineo(マイネオ)プリペイドパックのサービス内容を解説

書いた人: Jetstream

カテゴリ: mineo

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
お試しに最適!mineo(マイネオ)プリペイドパックのサービス内容を解説

申し込みガイドはこちら

当初au回線を利用する唯一の格安SIMとしてスタートした、関西電力系企業「株式会社ケイ・オプティコム」が運営する格安SIMサービス「mineo」。

ソフトバンク回線を利用するSプランも追加され、今ではau回線・ドコモ回線・ソフトバンク回線を選択することができるトリプルキャリアサービスを展開しています。プランやオプションサービスも豊富で、何より基本料金もお得なmineoは、毎月のケータイ料金を大幅に削減することができる格安SIMの中でも特にお勧め。

とはいえ特に初心者の場合、今までの利用環境からいきなり格安SIMに乗り換えるのも勇気がいりますよね。

そんな時に、一定期間定額でmineoを試すことができる「mineoプリペイドパック」が便利です。今回はそのmineoプリペイドパックについて詳しく解説させていただきます。

>>mineo公式サイトはこちらmineo(マイネオ)

目次:

mineoのプリペイドパックのサービス内容

mineoのプリペイドパックのサービス内容

mineoプリペイドパックは、最大2カ月間、1GBのデータ通信を手軽に利用することができるプリペイド型の使い切りデータ通信SIMカードです。一般的に開通作業に手間が掛かるSIM契約とは異なり、mineoプリペイドパックのパッケージを購入したら電話1本で開通手続きを行うことができる手軽さが最大の特徴となっています。

またmineoプリペイドパックは、au回線を利用する「Aプラン」とドコモ回線を利用する「Dプラン」に分かれていて、SIMサイズはナノSIMとマイクロSIMの2サイズがあり、更にAプランについては通常のSIMのほかのau VoLTE対応SIMまで用意されています。

mineoのプリペイドパック

つまりmineoプリペイドパックはmineoのデータ通信SIM「シングルタイプ」と同じ扱いのSIMカードとなります。

更にmineoプリペイドパックは最初に利用分が含まれたパッケージを購入するので、利用にあたってのクレジットカードの登録も不要。つまりクレジットカードがなくてもmineoをお試しすることができてしまうんです

開通作業もとても簡単なので、クレジットカードがなくても利用できるmineoプリペイドパックは、格安SIMを検討している初心者に優しいサービスとなっています。

そんなmineoプリペイドパックのパッケージ価格は、3,700円(税込み3,997円)です

パッケージ価格 データ容量 利用期限
3,700円(税込み3,997円) 1GB 最大2カ月

データ通信1GBにしては3,700円は高いと思われるかもしれませんが、実はmineoプリペイドパック、mineoシングルタイプの月契約に移行することも考慮されていて、その場合は登録事務手数料(3,000円)が無料となります。つまりパッケージ料金の中に登録事務手数料が内包されています

ただしmineoプリペイドパックから月契約に移行する場合、大元のプランを変更することはできません。AプランはAプラン、DプランはDプランです。月契約移行後のプラン変更は可能ですが、プラン変更手数料(2,000円)とSIMカード発行料(394 or 406円)が掛かります。

またmineoプリペイドパックの利用期限「最大2カ月」というは、開通手続きを行った翌月末までということで、つまり月初に開通手続きを行った場合は翌月末の約2ヶ月弱、月末に開通手続きを行った場合は翌月末までの約1ヶ月強が利用期限になります。

mineoのプリペイドパックのメリット

mineoのプリペイドパックのメリット

mineoプリペイドパックのメリットはざっと以下の4項目です。

ココがポイント!

・電話1本ですぐに開通できるので、試したいときにすぐ利用することができる
・mineo月契約の場合と同じく、Aプラン・Dプランの2種類のプラン、ナノSIMとマイクロSIMの2種類のSIMサイズ、そしてAプランの場合はVoLTE SIM、から選択してお試しすることができる
・パッケージを最初に購入するので、自身の利用環境では電波が弱かったりして気に入らなければ、使い切りでそのまま終了してOK
・回線を気に入った場合は登録事務手数料無料で、SIMの変更不要でシングルタイプの月契約に移行可能

ちなみにmineoプリペイドパックのデータ通信1GBでは、5分の動画を100回以上視聴したり、ウェブページの回覧も一般的なページであれば4,000ページ以上回覧できたりと、いろいろなことが利用可能。

データ通信SIMのシングルタイプなので音声通話を行うことはできませんが、LINE通話などのデータ通信を利用する通話はもちろん利用可能です。使い方次第でかなり便利に活用することができてしまいます。

mineoのプリペイドパックの利用の手順

mineoプリペイドパックは先の述べた通り、手軽に試すことができます。このパートでは、そんな手軽なmineoプリペイドパックの、実際の利用の手順を解説させていただきます。手順は大きく分けて2工程と、とっても簡単です。

手順① 開通手続き

mineoのプリペイドパックの利用の手順

まずはmineoプリペイドパックのパッケージを購入して手元に届いたら、mineoプリペイドSIM開通センターのフリーコール(186-0120-984-696)に電話をし、音声ガイダンスに従ってパッケージに記載の「ご利用番号」と「パスコード」を入力します。

このときに注意しなければいけないのは、必ず発信者番号通知を行うことと、フリーコールへの電話発信が可能な番号から電話を行うことです。このほか「ご利用番号」と「パスコード」の事前確認も行っておいた方がいいでしょう。

手順② SIMカードの挿入とAPN設定

mineoのプリペイドパックの利用の手順

開通手続きを行ったら、パッケージからSIMを取り外して、利用するスマートフォンに挿入します。そしてAPNの設定を行います。APN設定はAプランとDプランでは異なるのでご注意ください。

スマートフォンにSIMを挿すときの向きなども注意してください。向きを間違えてSIMスロットを破壊してしまったら最悪です。APN設定も以下の内容の通りに行ってください。間違ったとしてもパケ死するようなことはありませんが、そもそも通信自体ができません。

●AプランのAPN設定

ネットワーク名 mineo ※任意のネットワーク名で構いません
APN mineo.jp
ユーザーID mineo@k-opti.com
パスワード mineo
認証タイプ CHAP

●DプランのAPN設定

ネットワーク名 mineo ※任意のネットワーク名で構いません
APN mineo-d.jp
ユーザーID mineo@k-opti.com
パスワード mineo
認証タイプ CHAP

AプランとDプランのAPN設定の違いは「APN」の部分です。更に詳しいAPN設定については以下の記事を参考にしてください。

mineoのプリペイドパックでできないこと

mineoのプリペイドパックでできないこと

これまで解説させていただいた通り手軽に利用することができるmineoプリペイドパックですが、手軽に利用できる分、できないことももちろんあります。利用前にその点も抑えておきましょう。

・データ通信専用のシングルタイプと同じで音声通話ができない
・ドコモやauなどのキャリアメールはもちろん、mineo提供のメールサービス(@mineo.jp)も利用不可
・1GBを超えるプランは用意されていない

mineoプリペイドパックはシングルタイプとなるので音声通話機能は付いていません。またもし月契約に移行する場合も、まずはシングルタイプの契約となります。

シングルタイプ契約後は音声通話SIMのデュアルタイプに契約変更することはできますが、もちろんタイプ変更手数料(2,000円)とSIMカード発行料(394 or 406円)が掛かります。

またmineoプリペイドパックではキャリアメールはもちろん、mineo提供の無料で利用できるメールサービス(@mineo.jp)も利用することはできません。ただし、こちらも月契約に移行した場合は利用できるようになります。あくまでもmineoプリペイドパックの状態では利用できないというだけです。

そしてmineoプリペイドパックは現状、1GBを超えるプランは用意されておらず、1GBを最大2カ月間利用できる1プランしか用意されていません。パケットシェア・パットギフト・フリータンクももちろん利用不可。あくまでもお試しですからね。

>>mineo公式サイトはこちらmineo(マイネオ)

まとめ

mineoプリペイドパックはシングルタイプへの移行が考慮されていることもありパッケージ価格が3,700円と少々高めですが、パッケージの購入にクレジットカードが不要だったり開通も電話1本のみで即行うことができるなど、mineoを検討されている方のお試しとしては最適なサービスと言えるかと思います

またau回線を利用するAプランとNTTドコモ回線を利用するDプランが用意されているので、SIMフリーやSIMロックを解除したスマートフォンをお持ちの場合に、これまで利用してきたキャリア回線とは異なる回線のSIMを挿しての運用検証用としてもmineoプリペイドパックは最適です。

mineoのAプランではVoLTE SIMも選べるので、au VoLTEに対応したSIMフリースマートフォンでのお試し利用なんてのもいいですね。

mineoプリペイドパックの利用開始も簡単で、そのままのSIMで月契約への移行も簡単。月契約に移行する際は、一旦通信が停止することもなく、通信を継続したまま契約を移行できる点もmineoプリペイドパックの特徴となっているので、特に格安SIM初心者の人は、APN設定の勉強なども踏まえてmineoプリペイドパックを利用されることを強くお勧めいたします。

mineoの料金プランはこちら

●データ通信専用プラン(Dプラン:ドコモ回線)

プラン名 容量 月額料金
シングルタイプ 500MB 500MB 700円
シングルタイプ 3GB 3GB 900円
シングルタイプ 6GB 6GB 1,580円
シングルタイプ 10GB 10GB 2,520円
シングルタイプ 20GB 20GB 3,980円
シングルタイプ 30GB 30GB 5,900円

●音声通話対応プラン(Dプラン:ドコモ回線)

プラン名 容量 月額料金
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,400円
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,600円
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,280円
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,220円
デュアルタイプ 20GB 20GB 4,680円
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,600円

※シングルタイプ(データ専用)デュアルタイプ(音声通話付き)
※解約金はないが、利用開始翌月から12ヶ月以内にMNP転出する場合は手数料が11,500円がかかります

●データ通信専用プラン(Aプラン:au回線)

プラン名 容量 月額料金
シングルタイプ 500MB 500MB 700円
シングルタイプ 3GB 3GB 900円
シングルタイプ 6GB 6GB 1,580円
シングルタイプ 10GB 10GB 2,520円
シングルタイプ 20GB 20GB 3,980円
シングルタイプ 30GB 30GB 5,900円

●音声通話対応プラン(Aプラン:au回線)

プラン名 容量 月額料金
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,310円
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,510円
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,190円
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,130円
デュアルタイプ 20GB 20GB 4,590円
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,510円

※シングルタイプ(データ専用)デュアルタイプ(音声通話付き)
※解約金はないが、利用開始翌月から12ヶ月以内にMNP転出する場合は手数料が11,500円がかかります

●データ通信専用プラン(Sプラン:ソフトバンク回線)

プラン名 容量 月額料金
シングルタイプ 500MB 500MB 790円
シングルタイプ 3GB 3GB 990円
シングルタイプ 6GB 6GB 1,670円
シングルタイプ 10GB 10GB 2,610円
シングルタイプ 20GB 20GB 4,070円
シングルタイプ 30GB 30GB 5,990円

●音声通話対応プラン(Sプラン:ソフトバンク回線)

プラン名 容量 月額料金
デュアルタイプ 500MB 500MB 1,750円
デュアルタイプ 3GB 3GB 1,950円
デュアルタイプ 6GB 6GB 2,630円
デュアルタイプ 10GB 10GB 3,570円
デュアルタイプ 20GB 20GB 5,030円
デュアルタイプ 30GB 30GB 6,950円

※シングルタイプ(データ専用)デュアルタイプ(音声通話付き)
※解約金はないが、利用開始翌月から12ヶ月以内にMNP転出する場合は手数料が11,500円がかかります

>>mineo公式サイトはこちらmineo(マイネオ)

申し込みガイドはこちら

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

docomoのギガホ・ギガライト

Y!mobile 公式オンラインストアなら「限定商品!」「送料無料!」「24H受付OK!」

mineoの人気商品

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

国内外のガジェット情報や、移住して住んでいる沖縄での出来事を発信する個人ブログ「Jetstream BLOG」を運営している石井です。Twitter:@j_jetstream