iPhone X ユーザーなら知っておきたい!ポートレートモードの使い方!美容師さんをモデルに分かり易く検証◎

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone X ユーザーなら知っておきたい!ポートレートモードの使い方!美容師さんをモデルに分かり易く検証◎

2017年に発売された新しいiPhone、「iPhone X」「iPhone 8 Plus」に搭載された「ポートレートモード」。撮影をしようとすると「撮影モード」として現れるので、存在は知っているけれど、いまいち使い方がわかっていないという人も多いのではないでしょうか?

今回はそのポートレートモードに焦点を当てて、分かり易く説明をしていきたいと思っております。

iPhone

ポートレートモードって何ぞ?

そもそも「ポートレート」とは、「portrait = 肖像」つまり、ポートレート写真とは「人物をテーマにした写真」のことです。
基本的には人物を撮影する時に、人物に焦点を当てて、背景をぼかすことによってより人物が際立つ写真を撮るモードということです。

一眼レフの大きなレンズに比べて、スマホに内蔵されているレンズだと、従来背景をぼかしたポートレート写真は撮りにくかったのですが、「iPhone X」や「iPhone 8 Plus」は望遠レンズと通常のレンズの2つのレンズでの画像を組み合わせることによって、味のある背景のボケた写真を撮ることが可能になりました。

細かい話をすると、iPhone XとiPhone 8 Plusにも差があるのですが、その部分は置いておいて、わかり易く実際に撮影した写真を比較していきます。

ポートレートモードの使い方

ポートレートモードの使い方はとても単純。カメラを起動すると【シャッターボタン】の上部に【写真】と書かれた部分があります。ここをスライドすれば

  • 【タイムラプス】
  • 【スロー】
  • 【ビデオ】
  • 【スクエア】
  • 【パノラマ】

などのモードを切り替える部分があるのですが、ここに【ポートレート】が増え、選択できるようになりました。

iPhone モード切替

【ポートレート】を選択すると、今度はその上部に

  • 【自然光】
  • 【スタジオ照明】
  • 【輪郭強調照明】
  • 【ステージ照明】
  • 【ステージ照明(モノ)】

という選択肢が出てきます。この中から一つ選択して撮影をするだけ。基本的にはそれだけでお手軽なポートレート写真が撮れます。

実際の写真でポートレートモードを説明

では実際に、iPhone X のポートレートモードで写真を撮影していきましょう。
今回ご協力いただいたのは、原宿の竹下通りにある「Hair Salon H」。「スマホで自撮り」が大好きな女子達の街にある美容院で、iPhone X のカメラの感想を聞きながら撮影をしてみました。

スタイリストの林さん。iPhone 6sを使っています
スタイリストの林さん。iPhone 6sを使っています

通常撮影された写真と、ポートレートモードで撮影された写真を見てみましょう。

【通常のカメラの写真】

通常のカメラの写真

まず普通にカメラを構えた写真がこちらの写真。そのままでも奥行きがあってとても綺麗な写真です。

通常のカメラの写真 拡大

拡大してみて見ると、顔にピントを合わせていますが、後ろにある本棚もそれなりにクッキリと撮れています。

これをポートレートモードにすると・・・

■ポートレートモード【自然光】

ポートレートモード【自然光】

一目瞭然、背景がボケたのがわかりますね。

ポートレートモード 拡大

拡大してみるとさらにわかります。背景の本棚はもはや何だかわからないほど、ボケています。このボケ具合が雰囲気のあるポートレート写真ということです。

ひと昔前は一眼レフカメラでカメラマンが技術を駆使して撮影するものでしたが、今では誰もがお手軽にスマホで撮影できるようになったのです。

上の写真は、ポートレートモードの中の【自然光】モードで撮影した写真ですが、他のモードも見てみましょう。

■ポートレートモード【スタジオ照明】

ポートレートモード【スタジオ照明】

【スタジオ照明】を使うと、人物に照明が当たったように明るく描写されます。よりハッキリと顔を見せたいときに有効です。

■ポートレートモード【輪郭強調照明】

ポートレートモード【輪郭強調照明】

【輪郭強調照明】を使うと、さらに背景との輪郭の部分を強調し、明暗がハッキリとでるようになります。

■ポートレートモード【ステージ照明】

ポートレートモード【ステージ照明】

【ステージ照明】を使うと、ステージでスポットライトを浴びたように、背景を黒く人物を切り抜いてくれます。
しかし、多少強引なので【ステージ照明】を使って綺麗な写真を撮るには、シーンを選ぶ必要がありそうです。

■ポートレートモード【ステージ照明(モノ)】

ポートレートモード【ステージ照明(モノ)】

【ステージ照明(モノ)】はさらにモノクロ版でよりアート名写真が撮れるモードです。
個人的な見解では、白い服や明るい髪ではなく、暗めで厚みのある被写体を撮影するときの方が有効だと思います。

ポートレートモード撮影のテクニック

ポートレートモードを立ち上げると、被写体がグッと大きく表示されます。これは、ポートレートモードは望遠レンズを使用するからです。

【左】通常カメラ【右】ポートレート
【左】通常カメラ【右】ポートレート

ポートレートモードを立ち上げると、通常のカメラで撮影するよりも、若干離れて撮影することになります。
カメラと被写体、被写体と背景に適切な距離があることが、ボケ味のあるそれらしい写真が撮れる条件です。

被写体との距離が適切でないとメッセージが出る被写体との距離が適切でないとメッセージが出る
被写体との距離が適切でないとメッセージが出る

左の写真だと、被写体との距離が遠すぎるために、上部に「被写体を2.5メートル以内に配置してください。」とのメッセージが表示され、ポートレートモードのアイコンの上に表示されている「自然光」という文字もグレーに表示され、撮影できないことを表しています。

適切な距離に近づくと「自然光」の文字が黄色になりアクティブになったことを知らせてくれる。

被写体との距離や光の入り方、被写界深度など、細かいことを言い始めるとキリがないですが、そもそも、直感的に誰でも背景をぼかした写真が撮れるのがポートレートモードの醍醐味。
あれこれ考えるよりは、まずはポートレートモードを起動してみて色々と構えてみましょう。

ポートレート写真の例

ポートレートの写真の例をいくつか見てみましょう。

ポートレートモードを使った写真撮影

被写体に対しての背景の距離でボケ具合が違うのが見て取れます。背景がボケることによってより被写体を綺麗に見せることが目的なので、被写体にはしっかりとピントを合う位置にもって行きましょう。

ポートレートモードを使った写真撮影
ポートレートモードを使った写真撮影

もちろん、人物だけでなく、モノを撮ることもできます。上が普通のカメラモードで、下がポートレートモードです。
ポートレートモードの方が背景がボケて雰囲気のある写真になっていますが、モノの部分によって変なボケ方をしてるところがあり、ここが難しいところです。

通常のカメラポートレート
【左】通常のカメラ【右】ポートレート

上の作例はボケ味がうまく活かせてる例ですが、「黄色いイチョウの木」がテーマであれば【右】、「原宿の街並み」がテーマであれば【左】が適切な写真になりますね。

ポートレートモードを試してもらおう

最近の美容院は、スタッフやカットモデルのスタイルをSNSを使って発信していくのが主流になってきています。
「Hair Salon H」でも、Instagramでスタイルを撮影した写真を頻繁にアップしています。今回、スタッフの小島 遥香さんをモデルに、普段撮影しているのと同じ感覚で、iPhone X のポートレートモードで撮影してもらいました。

ポートレートモードを使った写真撮影
mobareco
普段、撮影しているのと比べてどうですか?
hayasi
まるで一眼レフで撮影しているみたいですね。すごく雰囲気がいいですね。
ポートレートモードを使った写真撮影
hayasi
背景はボケてるのに、髪の毛一本一本まで細かく出ているところが凄いですね。スタイルの写真だと、顔の表情よりも「髪が細く表現できていること」が重要なので、これはいいです。
mobareco
普段はどのように撮影しているんですか?
hayasi
普段はお店の「一眼レフカメラ」で撮影をしています。準備に若干時間がかかるのが難点です。このレベルをスマホで撮れるなら、思った時にすぐに撮れてしまうのでとても便利ですね。
kojima
えへへ
mobareco
若い女の子はそういう理由で「iPhone」の人多いですね。
iPhone X いいですよ! 6sからだと乗り換えるのにちょうどいいかもしれませんね。
撮影風景
mobareco
自身のInstagramやお店のスタイルの撮影など、写真を撮る機会は多そうですが、どんな点に気を使っていますか?
hayasi
Instagramはパット見でオシャレかどうかですね。色味は加工したり、単調にならないように画面の構成は工夫しています。
あと、セルフィーの時はぼかし気味で(笑
kojima
えへへ
hayasi
モデルのカット写真の時は、細かい髪の毛のディテールまでわかるようにしっかりと髪の毛にピントを合せて撮影することと、本当の色味を見せたいので、日光や照明などの光のあたり具合に気を使います。
mobareco
なるほど。美容師さんならではですね。
ところで、撮影されるってどんな気分ですか?
kojima
えへへ、ちょっと恥ずかしいですよ
mobareco
今回は、iPhone X のポートレートモードの撮影でしたが、また自撮り企画など、色々とお願いします!

まとめ

iPhone X のポートレートモードは、お手軽に背景をぼかした味のある写真を撮れる機能です。人物だけじゃなく、料理やモノなどにも使えますが、被写体や背景との距離、光の具合や被写体の色合いなどによって、すごくハマる時と、うまくいかない時もあります。

実際にiPhone Xをしばらく使ってみて思う所は、あれこれ考えて撮るよりも、まずはポートレートモードを立ち上げてみることです。表示される画像を見て、あんまりうまくいかないなと思ったら、通常の写真で撮影しましょう!
その時々ですが、うまくハマった時は感動的な写真が撮れるのでクセになりますよ。

協力店舗情報


「Hair Salon H」
東京都渋谷区神宮前1-10-11 パークアクシス1F-shop2
03-6447-1155
店舗HP http://h-company.jp/

林 真秀さん

Stylist
林 真秀
>>Profile

Instagram
maho_0207
Twitter
@m_0207

iPhone X を安く購入する方法

iPhone X を安く購入する方法

iPhone X を購入する際に様々なキャンペーンがあります。その中でもお得なキャンペーンをひとつご紹介します。
モバレコ内の「ソフトバンク モバレコ店」ならiPhone Xがお得! ソフトバンクでの機種変更はもちろん、他社からの乗換えでも最大45,000円のキャッシュバック

iPhone は評判は高いですが、端末代金が高いのがネックですね。是非このようなキャンペーンを利用して少しでも安くiPhone X を手に入れましょう。浮いた資金でQiやケーブルやケースを買うのがおススメですよ!

iPhone

Apple
iPhone X
[ソフトバンク モバレコ店]
■ 64GB
月々7,399円~
■ 256GB
月々8,158円~

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

新年、明けましておめでとうございます。今年はワールドカップの年ですね。その前に1.4東京ドームが大盛況だそうです。モバレコも時代の波にどんどん乗っかっていきたいところ。2018年もモバレコをどうぞよろしくお願いいたします。