ゲオの格安SIMへ即日MNPしてわかったメリットと注意すべきポイント

書いた人: 菊池拓哉

カテゴリ: SIMカード

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲオの格安SIMへ即日MNPしてわかったメリットと注意すべきポイント

4月2日よりレンタルビデオ店のゲオで販売が開始された「ゲオ×OCN SIM」。アキバ店と渋谷センター街店では、店頭での即日MNPサービスも実施しています。

即日MNPのメリットは、音声通話SIMの移行時に生じる「空白期間」を数時間程度に抑えられる点。しかし、わざわざ店頭まで足を運んで手続きを行うとなると、待ち時間や移行に要する手間は事前に知っておきたいですよね。

そこで今回は、実際にゲオ店頭でMNP手続きをしてみてわかった注意点をレポートしていきます。

その他の格安SIMはこちらをご覧ください

目次:

「ゲオ×OCN SIM」とは?

MNPをする前に、「ゲオ×OCN SIM」の特徴を軽く確認しておきましょう。

実はこちらのSIM、基本的なサービス内容や料金プランに関しては以前からOCNで提供されている「OCN モバイルONE」と相違ありません。月額1,728円(税込)から音声通話とLTE通信を利用でき、「050Plus」などの独自オプションも用意されています。

「ゲオ×OCN SIM」には毎月100円分のレンタルクーポンが付与されるので(ゲオアプリ登録者に適用)、ゲオでDVDやBlu-rayをレンタルする機会が多いという方にとっては少しだけお得です。とは言え、これもオマケ程度の特典。やはり「通常のOCN SIMと同価格で即日MNPができる」という点がこのSIMを選ぶ最大のメリットと言えそうです。

ちなみに以前ゲオでは、So-netの「Smart G-SIM」の販売も行っていましたが、現在アキバ店では取り扱っていないとのこと。気になったので店員さんに確認してみたところ、今後は業務提携を結んだNTTコミュニケーションズのOCNのSIMを主流に販売していく方針なのだそうです。

店頭でMNPを行う前にしておく準備

MNPを行う際には、事前にいくつか確認しておかなければならないことがあります。まず第一にすべきは、自分のスマホが移転先のSIMに対応しているか調べること。「ゲオ×OCN SIM」の場合は、 こちらのページで対応端末をチェックできます。

OCNのページで自分の端末がSIMに対応しているか確認する。今回、筆者はXperia AをMNPすることにした
OCNのページで自分の端末がSIMに対応しているか確認する。今回、筆者はXperia AをMNPすることにした

次に、現在契約中のキャリアに問い合わせてMNP予約番号を発行します。格安SIMに限らず、他社への乗り換えでMNPを利用する際には、この予約番号を乗り換え先の携帯会社(ここではMVNO業者)に伝えなければ契約を行えません。

予約番号の発行は、契約しているキャリアの実店舗かホームページ、もしくは電話窓口から行えます。発行方法はキャリアによって異なるので、ホームページで確認しましょう。今回はドコモからのMNPなので、パソコンでMy docomoにアクセスして予約番号を発行しました。

ドコモの場合は、My docomoにログインした後、「ドコモオンライン手続き」の「ご契約内容の確認・変更」から、「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」へと進んで手続きを行います。なお、転出時には、MNP転出事務手数料として2,160円(税込)をキャリアに支払うことになります。2年縛り満了後の端末であっても、無料解約期間の2ヶ月を経過している場合は、さらに10,260円(税込)の途中解約金を取られるので留意しておきましょう。

My docomoにログインし、「ご契約内容確認・変更」をクリック
My docomoにログインし、「ご契約内容確認・変更」をクリック
「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」をクリック
「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」をクリック
手続きが完了すると予約番号が発行されるので控えておく
手続きが完了すると予約番号が発行されるので控えておく

これで事前準備は完了。予約番号の控えと顔写真付きの身分証明書、クレジットカードを用意して店頭へ行きましょう。

店内は激混み!来店時間によっては即日対応不可な場合も!?

諸々の事前準備をしたら、いざ店頭へ! 今回訪れたのはゲオアキバ店。こちらの店舗ではSIMの販売だけでなく、スマホの中古販売や買取、有償修理も行っているようです。

アキバ店では中古端末の販売のほか、iPhoneやiPadの修理サービスも行っている
アキバ店では中古端末の販売のほか、iPhoneやiPadの修理サービスも行っている

さて、ここで注意したいのが来店時間です。ゲオアキバ店では、即日MNPの対応窓口を1日に2つの便で区切っています。11時30分までに移行手続きを済ませれば当日の16時30分にSIMを受け取れるのですが、それ以降の時間から14時30分までの間に手続きをした場合は受け取り時間が19時30分にずれ込むとのこと。つまり、14時30分の受け付けに間に合わないとSIMの受け取りは翌日の16時30分となってしまうのです。

しかも各時間帯の受け付け定員は10件ずつ。ここから漏れてしまうと、締め切り時間前に手続きを完了しても当日中にSIMを受け取ることはできません。最近では開店前に店先で並んでいるお客さんも多いそうなので、確実に即日MNPをしたいのであれば、人が少ない平日の午前中を狙うのが賢明です。

ものの15分で手続き完了!気になる通信停止時間は……!?

店頭でのSIM購入手続きは15分程度で完了。SIMのパッケージ代金3,240円(税込)を支払い、あとは受け取り時間まで待つのみです。今回は14時30分の便で手続きをしたのでSIMの受け取りは19時30分。やはりビックカメラで実施している即日MNPサービスと違い、ゲオの場合は受け取りまで数時間待たされるのがネックですね……。

ただし、手続き完了からSIMを受け取るまでの間中ずっと今まで使っていたSIMの通信が停止されているわけではないので、その点は安心です。通信が利用できない時間は、最大でも受け取り前の3時間程度。ちなみに筆者の場合は受け取りの1時間前までは通信が行えました。これならスマホがつながらない「空白期間」もそれほど長くなりませんし、即日MNPを利用するメリットも損なわれていませんね。

そんなこんなでゲットした「ゲオ×OCN SIM」。その場でスマホに挿してAPN設定を済ませると、問題なく通信を行えました!

SIMを挿してAPN設定をすればすぐに利用できる
SIMを挿してAPN設定をすればすぐに利用できる

まとめ

即日MNPに対応しているゲオの店舗は、今のところアキバ店と渋谷センター街店のみですが、今後は全国各地での展開も予定されているようです。ゲオでは中古のスマホも販売しているので、その場で端末を選んでSIMと合わせて購入することもできます。

これから「ゲオ×OCN SIM」へのMNPを検討している方は、ここで紹介した受付時間の制約や待ち時間などの注意点をしっかりと押さえてから店頭へ行くことをオススメします。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集コンテンツ

d-card

どんなときもWifi

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

菊池拓哉

菊池拓哉

株式会社エディトル所属の編集者/ライター。IT系雑誌やムックの編集業のほか、コミック、文芸、お笑い、ライフハックなど多彩な分野の記事を執筆。愛用端末はiPhone 6。