契約前によく確認!WiMAXの解約方法と注意点

書いた人: まきはら とよかず

カテゴリ: ガイド

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
契約前によく確認!WiMAXの解約方法と注意点

高速のデータ通信をデータ量無制限で使える「WiMAX(ワイマックス)」。

使う機器にモバイルルーターを選べば、自宅でも外出先でも通信手段として使用可能。それなのに月額料金は4,000円前後~と割安になっているなど魅力が多く、契約は前向きに考えたくなるサービスですね。

しかしWiMAXを契約する場合には、契約プランの吟味とあわせて、必ず解約方法や解約時の注意点も確認しておきましょう。便利に使えるサービスだとしても、解約時の手間が「予想以上に面倒だった」となっては悲しいですからね。

この記事ではWiMAXの解約方法と注意点を紹介していきます。

目次:

WiMAXとは

はじめにWiMAXの概要だけ、おさらいしておきましょう。

WiMAX(ワイマックス)は「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略で、3GやLTEと同じ、無線通信技術の一規格です。国際的に使われる規格であることから、海外でもWiMAXによる通信サービスを提供する事業者が存在します。

日本国内でWiMAXを提供する大元はUQコミュニケーションズ(ユーキューコミュニケーションズ)株式会社。2017年11月現在ではWiMAXをより高速化したサービスとして「WiMAX 2+(ワイマックス・ツープラス)」といったサービス名称が主に使われています。

もう少し詳しく確認したい場合には、以下の記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

WiMAX契約時には、専用のルーター機器とSIMカードをセットで購入・契約。通信はスマートフォンと同様、ルーター機器にSIMカードを挿して利用することになります。

「どういったものを使って通信をおこなうのか」については「基本的にはスマートフォンと大きく変わらない」と理解してOKです。

WiMAX解約時の注意点

WiMAXをより安く使おうと考えた場合、契約は年単位がベースとなります。2017年12月現在では2年単位・3年単位となっている料金プランが多いですね。

こうした長期間のプランで契約しているWiMAXを解約する際、おもに注意したいポイントは「料金プランに設定された契約解除料金」「キャンペーンに設定された違約金」「SIMカードに設定された損害金」の3つ。

料金プランに設定された「契約解除料金」

契約期間が終了した切れ目のタイミングで解約すれば、解約時に特別な費用がかかることはありません。

一方で契約期間の途中で解約する場合には、契約中の料金プランに応じた契約解除料金が請求されます。

契約解除料金の相場は10,000~20,000円前後。例えばUQ WiMAXのデータ通信量無制限プラン「UQ Flatツープラス ギガ放題(3年)」だと、次のように設定されています。

■UQ Flatツープラス ギガ放題(3年)
課金開始日を1ヶ月目として、

1~13ヶ月目まで 20,520円(税込)
14~25ヶ月目まで 15,120円(税込)
26~37ヶ月目まで 10,260円(税込)
38ヶ月目 無料
39ヶ月目以降 10,260円(税込)

利用期間に応じて契約解除料金が段階的に減額される場合もあるので、契約期間の途中で解約する場合には「いま解約する」「数ヶ月待って解約する」のどちらがよりおトクかをしっかりと確認しましょう。

キャンペーンに設定された「違約金」

料金プランに設定された契約解除料金とは別に、契約時に使ったキャンペーンの適用条件として違約金が設定されている場合も。

例えばBroad WiMAXでは初期費用(税込20,365円)が無料となる「Web割キャンペーン」を実施中。しかしこのキャンペーンには「契約開始の翌月から起算して24ヶ月以内に解約すると税込10,260円が請求される」というキャンペーン違約金も設定されています。

「ルーター機器の代金が0円」「後日現金をキャッシュバック」など、ほかにも魅力的なキャンペーンはさまざま見つけることができます。ですがこうしたキャンペーンの多くは「指定した契約期間をまっとうすること」が前提の設計であり、違約金が設けられていることも珍しくありません。

「契約時に何かキャンペーンを利用した記憶がないか」「契約時の書面にそういった記載がないか」もしっかり確認し、解約時に発生する出費をより正確に理解・把握しましょう。

SIMカードに設定された「損害金」

契約するWiMAX事業者(プロバイダー)によっては、ルーター機器に挿していたSIMカードの返却を必須としているところもあります。

この場合にもし「返却を忘れてしまった」「SIMカードを紛失してしまった」となると、別途SIMカード損害金という費用も発生。相場は3,000円前後です。

ルーター機器自体は契約時に「購入」した“私物”であるのに対して、SIMカードは通信サービスを利用するため契約時に「貸与」された“借り物”です。

もちろん使い終わったSIMカードは手元で処分してくれればOKという事業者も多く存在しますので、解約手続きの際には「SIMカードの返却が必要か?不要か?」も確認するように気をつけましょう。

WiMAXの解約方法

WiMAXの解約方法はおもに「電話で手続き」「Webで手続き」「書面郵送で手続き」の3種類。事業者により利用できる手段は異なります。

ここではUQ WiMAXを例に解約方法を見てみましょう。

2017年12月時点において、個人で契約したUQ WiMAXの解約方法として利用できるのは「電話で手続き」「書面郵送で手続き」の2つです。

電話で解約手続き

電話で解約手続きをおこなう場合は、UQお客さまセンター(電話番号:0120-929-8180)に電話します。

UQお客さまセンターの営業時間は9:00~21:00(年中無休)。ちなみに上記の電話番号は(一部のIP電話を除き)携帯電話やPHSからの発信も可能です。

電話は契約者本人がおこないます。本人確認のために「生年月日」「契約時に登録した電話番号や住所」を確認されることも想定されますので、答えられるように準備しておきましょう。

電話で解約手続きをおこなうことのメリットは、その場ですぐ解約手続きをおこなってもらえることですね。

書類郵送と異なり、手続きの申し込み(書類の発送)から受付(書類の受領)までに時差がなく、電話口で解約手続きの受付が完了します。月末のタイミングぎりぎりで解約手続きをおこなうなど、手続きを急ぐ場合には、電話での手続きがオススメです。

書面郵送で解約手続き

書面郵送で解約手続きをおこなう場合は、UQホームページ内、資料請求ページからダウンロードできる「UQ通信サービス解約届(個人)」を印刷し、必要事項を記入して送ります。

印刷したUQ通信サービス解約届(個人)。用紙は1枚
印刷したUQ通信サービス解約届(個人)。用紙は1枚

宛先は「UQコミュニケーションズ(株)登録センター」。UQ WiMAXでは住所など詳しい情報を記載済みの宛名用紙(送り状)が提供されています。

専用の宛名用紙。郵送手順の説明付き
専用の宛名用紙。郵送手順の説明付き

宛名用紙を使えば送料無料で書類が郵送できるので、ぜひこれを活用しましょう。

解約書類のダウンロードはこちら
宛名用紙のダウンロードはこちら

書類郵送で解約手続きをおこなうことのメリットは、手続きをおこなうまでの待ち時間がないこと。

電話での解約手続きはその場ですぐに受け付けてもらえますが、そもそもオペレーターに繋がるまでの待ち時間が長くなる場合も。また営業時間も限られているため、人によっては電話できる時間帯となかなか合わないこともあるかもしれません。

書類郵送であれば、手元で書類を用意して、ポストに投函するだけでOK。解約したい日付までにスケジュール的な余裕がある場合には、自分のタイミングで手続きをおこなえる書類郵送の利用もオススメです。

最後の料金請求は解約後1~2ヶ月遅れてくる

解約手続きを終えた後にも忘れないようにしたいのが「最後の料金請求は解約後、1~2ヶ月遅れてくる」ということ。

UQ WiMAXで利用できる支払い方法は「クレジットカード払い」「銀行口座からの口座振替」の2つ。いずれも当月利用分の料金を翌月以降に請求(振替)する形となっており、最後の料金請求は解約手続きを済ませた月の1~2ヶ月ほど後です。

解約から半年経っても料金が請求されている場合などを除き、「先月末で解約したのにまだ請求が届いている!なんで!?」と慌てることのないようにしましょう。

まとめ

WiMAXの解約方法、解約時に注意すべきことについて紹介しました。最後にポイントを整理しておきますね。

  • 解約時は「契約解除金」「キャンペーンなどの違約金」「SIMカード損害金」を確認
  • おもな解約方法は「電話で手続き」「Webで手続き」「書面郵送で手続き」の3種類
  • 利用できる解約方法は事業者により異なる

各事業者の契約解除金や解約方法は、それぞれのWebサイトに「よくある質問」などにまとまっています。また見つからない場合はWebサイト内に設置された検索フォームで「解約金」「違約金」「解約方法」などの単語で検索してみることも有効です。

魅力的なサービス(事業者)と思って契約したのに「解約時の手間が思いの外面倒だった……」などとならぬよう、気が早いと思わず、契約前に解約方法も確認しておきましょう。

Broad WiMAX を安く購入する方法

WiMAXを購入するなら「Broad WiMAX モバレコ店」がお得!

Broad WiMAX × モバレコ 特別キャンペーン中!初期費用が18,857円割引

Broad WiMAXの特徴は、

WiMAXのギガ放題プランなら通信制限がなしで高速通信が利用可能!※ 毎月気にしがちなスマホの通信制限も、もう気にする必要がなくなります! また複数台での接続も可能なので、家族で利用するのも安心。

スマホ・タブレット・自宅PCなどのデータ通信をWiMAXで利用するようにすれば、料金を抑えることが可能に! スマホのデータプランを一番安いものにしたり、自宅の固定回線の代わりにWiMAXを使うことで料金を節約!

WiMAXは下り最大440Mbps※の高速通信が可能! 動画やWebサイトの閲覧もストレスなく楽しめる。キャリアによって異なりますが、スマホの通信速度とおおよそ変わらない速度。

※詳しくはサポートページでご確認下さい。

対象端末「Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W04」「Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ WX03」「Speed Wi-Fi HOME L01」のどれも端末代金0円。

お得なWiMAX モバレコ店をチェックしてみよう!

WiMAX 2+ W04

Speed Wi-Fi NEXT
WiMAX 2+ W04

モバレコからの申込で、
初期費用 18,857割引 端末代 0

WiMAX 2+ WX03

Speed Wi-Fi NEXT
WiMAX 2+ WX03

モバレコからの申込で、
初期費用 18,857割引 端末代 0

L01

Speed Wi-Fi HOME
L01

モバレコからの申込で、
初期費用 18,857割引 端末代 0

モバレコでは、スマホと格安SIMがお得になる・役に立つ記事を平日12:00に配信中です。

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

スマホをはじめとする「ガジェット」に関心があるフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品。個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。