iPhoneの標準ブラウザ「Safari」の基本操作・便利機能・小ワザまとめ

書いた人: mi2_303

カテゴリ: iPhone, iPhoneの標準アプリ, ガイド ,

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneの標準ブラウザ「Safari」の基本操作・便利機能・小ワザまとめ

iPhoneのWebブラウザ「Safari」。調べ物をしたり、オンラインショッピングができたりとiPhoneを使ううえで欠かせないアプリです。

ここでは基本的な機能やリーディングリストなどの標準機能から、使いこなすうえで覚えておきたいSafariのTipsをご紹介します。ぜひ活用してみてください。
なお、最新のiOS 8.3をベースに紹介していきます。(2015年4月時点)

iPhoneの標準ブラウザ「Safari」とは?使い方入門編

「ブックマークを見るだけの使い方だけではもったいない!」

そんなWebブラウザがiPhoneのSafariです。共有機能やリーディングリスト、共有リンクなど、Safariが搭載する基本的な便利機能からご紹介します。

Safariの基本操作

Safariのメイン画面
Safariのメイン画面

まずはSafariの画面の説明を説明しましょう。画面上部のアドレスバーの欄には、アドレスだけではなく検索ワードを入力して検索することもできます。

アンダーバー(画面下部)には、左からページの「戻る/進む」ボタン、ページの「共有」ボタン、「ブックマーク」ボタン、「タブ」ボタンがあります。

Webページの基本的な操作は、上下に指でスクロールさせ、文字に色が付いたリンクや画像をタッチすることで新しいリンクを開けます。

リンクを開いてから前のページに戻りたいと思ったら、画面下の「戻る」ボタンをタップするか、画面の左から右へページをめくるようにスワイプで戻ることもできます。逆に進みたい場合は、画面下の「進む」ボタンをタップするか、画面右端から左へページをめくるようにスワイプします。

またリンクを開く際に画面を長押しすると、リンクの開き方のメニューが表示されます。そのままリンクを開くだけではなく、新規のタブ(別のページ)で開いたり、リンク先をあとから読む「リーディングリスト」に登録したりすることができます。

リンクを長押しするとリンクのメニューが表示されます
リンクを長押しするとリンクのメニューが表示されます

なお、この画面の長押し操作を画像の上で行うと、画像をiPhoneに保存することもできます。

お気に入りのページをすぐに呼び出せる「ブックマーク」

「ブックマーク」とは、お気に入りのページや頻繁に見るページを登録する機能です。たとえば、ニュースサイト見るのに毎回アドレスを入力するのは面倒ですよね、そこでニュースサイトのトップページをブックマークに登録しておけば、アドレスを入力せずにすぐに呼び出せます。

アンダーバーの「共有」ボタンから「追加」を選びブックマークに登録します
アンダーバーの「共有」ボタンから「追加」を選びブックマークに登録します
登録したブックマークは同じくアンダーバーの「ブックマーク」ボタンから呼び出せます
登録したブックマークは同じくアンダーバーの「ブックマーク」ボタンから呼び出せます

ブックマークにはもう1つ「お気に入り」という機能があります。これは、タブがすべて閉じられている状態、もしくは新規にタブを開いた画面にアイコンで表示されるWebページのリンク集です。よく見るページは「お気に入り」に登録しておくといいでしょう。

新しいタブを開いた場合などに、「お気に入り」がアイコン表示されます
新しいタブを開いた場合などに、「お気に入り」がアイコン表示されます

便利なブックマークですが、登録したページが増えてくると目的のページを探すのも大変になってきます。そんなときはブックマーク画面の下にある「編集」機能を呼び出して、必要のないページを削除したり、フォルダを作ってページをまとめたりするといいでしょう。

ブックマークの編集機能では、「削除」「順番の入れ替え」「新規フォルダの作成」ができます
ブックマークの編集機能では、「削除」「順番の入れ替え」「新規フォルダの作成」ができます
作成したフォルダにブックマークを移動するには、「場所」をタップしてフォルダを選択し「保存」をタップします
作成したフォルダにブックマークを移動するには、「場所」をタップしてフォルダを選択し「保存」をタップします

以前見たページをもう一度見る方法は?

「ブックマークしてなかったけど面白いページがあったなあ、あれどこだっけ?」なんてときに役立つのが「履歴」機能です。ブックマーク画面の中の時計アイコンが付ついた「履歴」の中に、これまで見たページが記録されています。

アンダーバーの「ブックマーク」をタップしてブックマーク画面から「履歴」を選べば、これまで見たページがリスト表示されます
アンダーバーの「ブックマーク」をタップしてブックマーク画面から「履歴」を選べば、これまで見たページがリスト表示されます

ただし「履歴」は、人に見られたときに見たページが筒抜けとなってしまいますので、自分にとって必要ないようであれば、画面下の「消去」ボタンをタップして履歴を消しておきましょう。

履歴は消去ボタンで簡単に削除できます
履歴は消去ボタンで簡単に削除できます

また、履歴機能を記録しない「プライベートブラウズモード」という機能も利用できます。こちらはいつもとおりWebページを見ても履歴に残らないモードです。

アンダーバーの「タブ」をタップして画面下の「プライベート」ボタンを選択。すると履歴が残らないプライベートブラウズモードになります
アンダーバーの「タブ」をタップして画面下の「プライベート」ボタンを選択。すると履歴が残らないプライベートブラウズモードになります

使ってみると便利な共有機能とリーディングリスト

ニュースやお買い得情報などをみんなに知らせたい、共有したい! そんなときは共有機能を使ってみましょう。共有機能ではWebページの情報をメールやメッセージで送ったり、TwitterやFacebookといったSNSに投稿することができます。

メッセージでの送信やSNSへの投稿など、「共有」にはさまざまな項目が用意されている
メッセージでの送信やSNSへの投稿など、「共有」にはさまざまな項目が用意されている
Twitterを選ぶとページのタイトルやサムネールなど自動挿入されます
Twitterを選ぶとページのタイトルやサムネールなど自動挿入されます

この共有には、自分のための共有とも言うべき「リーディングリスト」機能も用意されています。これはWebページを「あとで読む」ためのリスト機能で、気になる情報や長い文献などを登録しておけます。リーディングリストへの登録は「共有」の他に、リンクを長押しすると表示されるメニューから選ぶことでも可能です。
登録したリーディングリストはブックマークの「メガネ」アイコンで確認できます。朝にニュースサイトをチェックして気になるニュースをリーディングリストに登録、そして電車のなかでゆっくりと読む、そんな使い方ができます。なお、同じiCloudアカウントを登録したiPadやMacでも見られます。

ブックマーク画面でメガネアイコンをタップするとリーディングリストが表示されます
ブックマーク画面でメガネアイコンをタップするとリーディングリストが表示されます

SNSのリンクを一気読みできる共有リンク機能

Safariの中でもユニークかつ実用的な機能が「共有リンク」です。これはニュースサイトの概要部分や、Twitterでフォローしているユーザーの投稿に含まれるリンク(Webページなど)を、簡単に「一気見」できる機能です。

Twitterなどの他に、たとえばアップルのトップページのように、アンダーバーの「共有」から「共有リンクに追加」できるページもあります
Twitterなどの他に、たとえばアップルのトップページのように、アンダーバーの「共有」から「共有リンクに追加」できるページもあります

共有リンクの呼び出し方は「ブックマーク」の中の「@」アイコンをタップし、読みたい記事を選べばOKです。さて、共有リンクのユニークな機能はここから。ページを下にスクロールさせて読み進んでいき、さらに下へスクロールさせると、共有リンクの次の項目が表示されます。

共有リンクには項目がタイムライン表示されます
共有リンクには項目がタイムライン表示されます
テキストを下へスクロールさせ最下段でさらに下へスクロールさせると、共有リンクの次の内容が表示されます
テキストを下へスクロールさせ最下段でさらに下へスクロールさせると、共有リンクの次の内容が表示されます

電子書籍を読むような感覚で、次々と情報を続けて読めるのが共有リンクの実用的なところです。移動の最中や休憩時間などにサクっと情報をチェックする際に役立つ機能です。

便利な小ワザを覚えよう!

iPhoneの標準ブラウザ「Safari」は、iOSと連携した多彩な機能と、直感的なインターフェイスが特徴と言えます。今回はこの多彩な機能をもつSafariを使いこなすうえで覚えておきたい、小ワザたちを紹介していきます。

ページの先頭にジャンプ

Webページの最上部に戻るには時間などが表示されている画面上のステータスバーをタップします。もしアドレスバーのWebアドレスが小さい表示になっている場合は、2回タップします。

ステータスバーをタップするとページの最初へジャンプ
ステータスバーをタップするとページの最初へジャンプ

アンダーバーを表示させる方法

アンダーバーが表示されてない状態で、画面を下へ素早くスワイプ、もしくは画面最上段か最下段をタップするとアンダーバーが表示されます。

ページを下方向へ素早くスワイプするか、画面の上下の端をタップ
ページを下方向へ素早くスワイプするか、画面の上下の端をタップ

よくアクセスするWebページをホーム画面に表示する

頻繁にチェックするWebサイトやブラウザゲームのページを、ホーム画面にショートカットとして配置することができます。方法はアンダーバーの「共有」から「ホーム画面に追加」を選択すればOKです。

アンダーバーの「共有」から「ホーム画面に追加」を選ぶ
アンダーバーの「共有」から「ホーム画面に追加」を選ぶ
ホーム画面にショートカットのアイコンが表示されます
ホーム画面にショートカットのアイコンが表示されます

パソコン用のWebページを表示する

アドレスバーをタップしてお気に入り画面を表示させ、下方向へスワイプ。すると「デスクトップ用サイトを表示」という項目が表示されるので、これを選択します。

アドレスバーをタップして表示されたお気に入り画面を、さらに下にスワイプさせ「デスクトップ用サイトを表示」をタップ
アドレスバーをタップして表示されたお気に入り画面を、さらに下にスワイプさせ「デスクトップ用サイトを表示」をタップ
パソコン用の表示に切り替わります
パソコン用の表示に切り替わります

戻る・進む操作をシンプルにしよう

「今見ているページから5ページ前に戻りたい」。そんなときは戻る操作を5回するより、アンダーバーの「戻る」ボタンを長押しして履歴からページを選びましょう。途中のページ表示で発生するモバイルデータ通信やキャッシュの読み込みをカットすることもできます。

戻る方向への履歴が表示されます。進む方向でも履歴を表示できます
戻る方向への履歴が表示されます。進む方向でも履歴を表示できます

分からない単語は辞書機能で調べよう

画面の文字を長押しすると文字が選択され、「コピー|辞書」というメニューが表示されます。文字の選択範囲の長さを調整し「辞書」をタップするとその語句の意味が表示されます。また、左下の「管理」から辞書の言語を追加することも可能です。

文字を選択して「辞書」をタップ
文字を選択して「辞書」をタップ
選択した語句がiPhoneの辞書で表示される
選択した語句がiPhoneの辞書で表示される

見たい情報に直行!ページ内検索

Safariの検索機能はWebページの検索だけではなく、表示しているページに含まれるキーワードも検索できます。アドレスバーに検索したい語句を入力すると「このページ(○○件一致)」とページ内検索結果が表示されます。

目的のキーワードがある場合は、ページ内検索を利用することで素早く情報にアクセスできるようになります。

「このページ」という見出しの検索結果が表示
「このページ」という見出しの検索結果が表示
検索ワードがハイライト表示されます
検索ワードがハイライト表示されます

意外と使える横表示!

iPhone 6やiPhone 6 Plusは画面が大きくなり文字や画像も見やすくなりました。さらにiPhoneの画面回転機能を利用して横表示にすると、ブックマークや共有リンクが分割画面で表示され、使い勝手がよくなります。

iPhoneを横に回転表示させるとパソコン用サイトも大きく表示されます
iPhoneを横に回転表示させるとパソコン用サイトも大きく表示されます
ブックマークや共有リンクなどは、画面分割で表示されます
ブックマークや共有リンクなどは、画面分割で表示されます

ちなみに、横表示にした場合のボタンなどのレイアウトは、iPadのSafariと同じものとなります。iPadを併用している人ならすぐに慣れるでしょう。

Safariが重いと感じたら!

Safariの動作が遅くなったと感じたときは、履歴やキャッシュといったデータを消去すると改善することがあります。データの消去は、「設定」→「Safari」にある「履歴とWebサイトデータを消去」を選択しましょう。また、iCloudで連携させている場合は、連携している相手側デバイスの履歴を消去することで、読み込みを軽減することができます。

履歴とデータを消去して、動作を軽くすることができます
履歴とデータを消去して、動作を軽くすることができます

まとめ

ページの最初へ戻る機能やページ内検索、アンダーバーの出し方は覚えておきたい小ワザです。また、頻繁にチェックするページはホーム画面にショートカットを作っておくと、すぐにアクセスできます。これらのTipsを駆使して、Safariを便利に使いましょう!

こちらの記事はいかがでしたか?

お役に立ちましたか?

送信する

もしよろしければお友達に
ご紹介お願いします!

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書いた人(編集:モバレコ編集部)

ゲーム会社でゲームデザインや音楽制作など経て、現在スマホやデジカメのレビューや写真撮を主とするフリーのライター。 オーディオとカメラ好き(撮影)で、好きなレンズは単焦点レンズ。中でも50mm F1.4はカメラに付けっぱなし。